引っ越しのゴミ捨てが間に合わない!?【退去前の対処法5選】

引っ越しのゴミ捨てが間に合わない!?【退去前の対処法5選】

「引っ越し当日までにゴミ捨てが間に合わない!」という状況での適切な対処法をご紹介していきます。

実際に荷づくりを進めてみるとゴミが予想外の量まで増えてしまったり、気づいたら最後の回収日を過ぎていて焦るケースもあるでしょう。

ゴミ捨てが退去に間に合わないような状況でもなんとかなる方法はあります。ぜひこの記事を参考に、引越し前の大変な時期を乗り越えてください。

引っ越しのゴミ捨てが間に合わないときの対処法5選

引っ越しのゴミ捨てが間に合わない時の対処法

計画的に動いていたつもりでも、引っ越しの作業では予定外のゴミや不用品が出てしまうものです。

  • 新居に持っていく
  • 自治体の焼却場に直接持っていく
  • リサイクルショップへ持ち込む
  • 引っ越し業者に回収を依頼
  • 不用品回収業者に依頼

上記の5つを中心に、ゴミの処分が間に合わないときの対処法を見ていきましょう。

新居に持っていく

どうしてもゴミの処分が間に合わないとき、新居に持っていけるのであればそちらの自治体で処分できます。

引っ越し業者を利用する場合には、トラックで他の荷物と一緒に運んでもらえるかもしれません。しかし、粗大ゴミとして回収してくれる引っ越し業者は一部のみなので、あくまでも「引っ越し荷物」として運ぶイメージ。

ゴミの量によっては、規定の積み込み量をオーバーして追加料金が発生する場合もあるため、トラックに乗りきる程度の少量のゴミなら可能な方法と言えるでしょう。

自治体の焼却場に直接持っていく

退去前の自治体が管轄する焼却場に、ゴミを直接持ち込むことも可能です。
一般的な持ち込みの手順は、以下のとおり。

  1. 車にゴミを積み込み、焼却場のゲート(受付)で受付を済ませる
  2. 許可が下りれば、指定されたルートでゴミを下ろしていく
  3. ゲートで精算(数百円程度が多い)を済ませる

自分で持ち込む労力はかかるものの、自治体によっては、一般ゴミであれば日程が迫っているタイミングでも処分できます。

しかし、持ち込みでも予約が必要な場合もあるので、事前確認をしておくべきです。

リサイクルショップへ持ち込む

不用品とはいえ、比較的綺麗なものはリサイクルショップに持ち込むことも一つの方法です。

リサイクルショップなら、即査定・買取で手間なく引き取ってくれるので、不用品を少しでもお金にしたい方には得策です。いずれ必要とする人に譲ることができるので、時代にあったサスティナブルな方法でもあります。

その反面、リサイクルショップでは、引き取ってもらえる品目に限りがあります。主に以下商品は対象外としているショップが多いです。

  • コピーのブランド品
  • ナイフやエアガンなど武器になるもの
  • 薬機法(旧薬事法)に違反するもの
  • 防犯登録が抹消されていない自転車
  • 部品の再利用ができない家電
  • 状態の悪い家具

業者によって引き取ってもらえないものは若干異なります。自分で判断がつかない場合は、事前に問い合わせるとよいでしょう。

メルカリのような「フリマアプリ」で売るのも一つの手ですが、引っ越しのゴミ捨てが間に合わないような状況では、かなり手間と時間がかかるるため、現実的でないと言えます。

引っ越し業者に回収を依頼

引っ越し時のゴミ処分を引っ越し対応をしてくれる業者に依頼できれば、一石二鳥と考える方も少なくないのではないでしょうか。

しかし、引っ越し業者はすべてのゴミを引き取ってくれるわけではありません

粗大ゴミは一部地域のみ、一般ゴミ回収には対応していない業者がほとんどなので、もし引っ越し業者にゴミ回収を依頼したい場合は、必ずサービス内容を確認することが大切です。

引っ越し当日に結局片付かない事態を避けるため、あらかじめ他の方法で処分を検討するか、不用品回収業者に別途依頼するほうが安心と言えるでしょう。

不用品回収業者に依頼

引越し前にゴミの処分が間に合わない事態に陥ったら、「不用品回収業者」に依頼することを検討しましょう。

不用品回収業者であれば、自治体や引っ越し業者では対応できないゴミや不用品でも引き取ってくれます

24時間対応で受け付けている業者も多いため、引っ越し直前の時間調整が難しい時に強い味方になってくれます。

>> 無料お見積もりはこちら

引っ越しのゴミ捨てが間に合わない時の注意点

引っ越しのゴミ捨てが間に合わない時の注意点

ゴミはいつでも捨てられると思い込んでいませんか?

  • 土日の場合はゴミの回収ができない自治体がある
  • 不法投棄は絶対にNG

引っ越し日までにゴミの処分が間に合わない可能性がでてきたら、上記2点に注意が必要です。

土日の場合はゴミの回収ができない自治体がある

退去当日が土日の場合、自治体の収集がないばかりか、持ち込みも受け付けてもらえない可能性が高いことを、あらかじめ考慮しておくべきです。

退去日が収集日と合わない場合に、「小さなゴミなら…」とついゴミ捨て場に出してしまいがちですが、近隣の住人の方にとっては迷惑行為です。

ゴミの収集指定日と処分したい日程が合わなくても、ゴミ捨て場にゴミを放置するのは絶対にやめましょう

不法投棄は絶対にNG

ゴミの処分が間に合わないからといって、ゴミや不用品を不法投棄してはいけません。

ゴミや不用品を不法投棄するのは、正真正銘の違法行為です。

不法投棄が発見された場合には、個人では5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金、またはその両方が科せられます。法人の場合は、3億円以下の罰金とさらに重い処罰です。

心機一転するはずの新生活も台無しになってしまうため、不法投棄をするくらいなら即日対応が可能な不用品回収業者に連絡しましょう。

>> 対応エリアはこちら

引っ越しのゴミ捨てが間に合わない?回収業者に頼るメリット3選

ゴミ捨てが間に合わない場合の対処法を挙げてきましたが、引っ越し寸前の慌ただしい時には、一括で処分できる不用品回収業者が一番頼りになります。

  • 退去日にあわせて柔軟に対応
  • 引っ越し業者よりもコスパが良い
  • 幅広い品目をまとめて回収

上記のメリットを詳しく説明していきます。

退去日にあわせて柔軟に対応

引っ越しの日時が迫っている中、回収品目の少ない引っ越し業者に不用品回収を依頼する計画は得策とは言えません。

加えて、自治体での回収を申し込む際は、引越し日にあった予約が難しいことが実状です。

その点、不用品回収業者は希望の日程が通りやすく、事前見積もりに納得できたらそのまま即日回収対応することも可能

引越し間際に不用品が発生してしまっても、柔軟に対応してもらえるでしょう。

引っ越し業者よりもコスパが良い

不用品回収業者は、トラック1台に積めるだけのゴミや不用品を、まとめて回収するプランを設定しているところが多いです。

価格はトラック1台あたりで計算されるため、処分が間に合わない不用品を積めるだけ積んで料金は同一。1つずつ不用品を回収するよりもかなりコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

一方で、引っ越し業者には、オプションサービスとあわせた引っ越し用のプランはあっても、不用品回収が安くなるトラック乗せ放題プランはありません

幅広い品目をまとめて回収

自治体のゴミ回収は、こまかいルールや分別が求められます。

引っ越し業者も、可燃ゴミ、不燃ゴミなどの一般ゴミや、個人情報の漏洩が危ぶまれるパソコンなどの処分ができず、引っ越し間際に急に処分先を探すのはかなり難しいでしょう。

一方で、不用品回収業者に分別や品目の制限はなく、あらゆる不用品の引取が可能です。

不用品回収業者であれば、安心パックを利用してラックに載せ放題で価格は同一、というシンプルさで処分が実現します。

引っ越しゴミ捨てが間に合わない時の依頼費用相場【即日回収は高い?】

引っ越しゴミ捨てが間に合わない時の依頼費用相場

不用品回収業者に回収を依頼する際には、即日回収だからといって割高になるわけではないところが大きな魅力

退去日がせまっているときに一挙に回収してもらえる、心強いシステムと費用相場を解説します。

  • 不用品回収業者の料金システム
  • 不用品回収の料金相場

まずは、不用品回収業者の料金システムから見ていきましょう。

不用品回収業者の料金システム

不用品回収業者の料金システムは、以下の2種類が一般的です。

  • 単品回収
  • 定額積み放題プラン

不用品回収業者が提供するサービスで、最も人気があるのがトラック積み放題定額プランです。トラックのサイズも選べる上に、トラックに載せさえすればどれだけ積んでも料金は定額!

不用品回収の料金相場

実際のトラック載せ放題プランについて、間取りに基づいた容量や費用を表にまとめました。

まずは、トラックの大きさごとの積める量の目安を間取りにあわせてご確認ください。

トラック 回収可能な量 体積
軽トラック 1K~1DK程度 2.5㎥
2tトラック 2DK~2LDK 7.0㎥
4tトラック 3DK~4DK 30.0㎥

続いて、トラックの大きさごとの費用相場をまとめています。

トラックの種類 料金相場
軽トラック積み放題(作業員1人) 10,000円~25,000円
2tトラック積み放題(作業員2人) 50,000円前後
4tトラック積み放題(作業員2人以上) 80,000円前後

引っ越し間際に急に出る不用品は、軽トラックでも充分収まるはず。

まずは無料見積もりの作成をお願いしてみましょう。

引っ越しのゴミ捨てが間に合わない事態を避けるには【段取りが大事】

当日に慌てないためには、引越しが決まった時点でゴミを処分する段取りを立てておくことが大切です。

以下のような手順を参考にして段取りを立ててみてください。

  • ゴミの種類によって異なる回収日があることを把握する
  • 引越し当日までの最終回収日から逆算し、いつまでにどのゴミをまとめておくべきか確認する
  • 粗大ゴミや資源ゴミは、自治体のサービスを早期に予約する
  • 引っ越し業者が回収してくれる不用品の種類や費用を確認する
  • 引っ越し業者や自治体が回収してくれないゴミがあるなら、不用品回収業者を検討する

細かい日程や計画を立てる時間がない方は、問い合わせから見積もり作成、回収までをすべて対応してくれる不用品回収業者を活用すべきです。

ゴミや不用品の全体量によっては、手間面だけでなく、コストパフォーマンス的にもまとめて回収できる専門業者がお得と言えるでしょう。

引っ越し時にゴミ捨て間に合わないかも…と思ったら!

退去日がせまる引っ越し時に、想定外のゴミが出てきてしまった場合の対処法をご紹介しました。

「土日の作業で自治体の回収がない」「引っ越し業者では引き取ってくれない品目があった」などの理由で、ゴミ捨てが間に合わない場合には、分別や品目を制限することなく依頼できる不用品回収業者の利用がおすすめです。

粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃のパイオニア!粗大ゴミ回収サービスは、引っ越し間際の急な日程でも、不用品回収に柔軟に対応しています。

お問い合わせや見積もりは無料で対応いたしますので、お電話はもちろんのこと、フォームLINEからもお気軽にご相談ください。

WEB限定キャンペーン 5,000円オフ 無料見積もり

>> 無料見積もりはこちら

私達が選ばれる8つの理由!

  • 1

    即日対応 可能!

  • 2

    最短25分で スグに到着

  • 3

    早朝・深夜でも 対応可能

  • 4

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    リピーター 利用可能

スタッフ待機中|その場でお見積もり
・即回収!「地域と回収量をお伝えください」

スタッフ待機中・地域と回収量をお伝えください

粗大ゴミ回収サービス