カーペットの処分方法9選!捨て方は簡単【費用相場はいくら?】

この記事では、カーペットの処分方法を解説します。記事を読めば、あなたに合った方法でカーペットを処分できるようになるでしょう。

タイルカーペットやウッドカーペットなどが不要になった場合、捨て方に困る人は多いです。カーペットは大きさや素材によって捨て方が違うため、注意しなければいけません。

特にホットカーペットの処分には注意しましょう。中に電熱線が通っているため、切断して捨てることはできません。

カーペットの処分方法9選

カーペットの処分方法9選

カーペットの処分方法は以下の9つです。それぞれのメリット・デメリットを把握して、適した処分方法を選んでください。

  • 粗大ゴミとして処分
  • 処理施設に持ち込む
  • 可燃ゴミとして処分
  • 不燃ゴミとして処分
  • 親族・知人に譲る
  • 販売店の引き取りを利用
  • リサイクルショップに買取を依頼
  • フリマ・オークションサイトで売却
  • 不用品回収業者に処分を依頼

粗大ゴミとして処分

カーペットは粗大ゴミとして処分できます。多くの場合、粗大ゴミは「1辺の長さが30cm以上のもの」と定義されており、カーペットのほとんどは「1辺の長さが30cm以上」に該当するからです。

粗大ゴミとしてカーペットを処分するときのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・自宅まで回収に来てくれる ・費用がかかる
・すぐに処分できない

カーペットを粗大ゴミとして処分する場合、自宅まで収集しに来てくれるのは大きなメリットです。

しかし、自治体の回収日は決まっています。回収日まで不要なカーペットを家に置いておかなければいけません。

処理施設に持ち込む

カーペットを処理施設に持ち込むのも一つの方法です。処理施設に持ち込めば、すぐにカーペットを処分できます

処理施設にカーペットを持ち込む場合のメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・すぐに処分できる ・費用がかかる(自治体による)
・持ち込みの必要がある

カーペットを処理施設で処分する場合、移動や持ち運びの手間がかかります。大きさや場所によっては、車で移動しなければいけません。

カーペットを処理施設に持ち込むのはすぐに処分できるのがメリットですが、労力のかかる方法です。

可燃ゴミとして処分

切断すれば、カーペットは可燃ゴミとして処分できます。自治体によってルールは違いますが、多くの場合「1辺の長さが30cm未満」であれば一般ゴミとして捨てられるからです。

可燃ゴミとしてカーペットを処分するときのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・無料で処分できる
・自宅まで回収に来てくれる
・分別の必要がある
・すぐに処分できない
・切断の必要がある(大きさによる)

カーペットをカットしてサイズを小さくするのはかなり手間がかかります。カーペットをカッターやハサミで切ると壁・床を傷つける恐れもあるので注意が必要です。小さくカットしたマットは、紐でまとめておくと捨てやすくなります。

不燃ゴミとして処分

切断したカーペットは、不燃ゴミとして処分しなければいけない場合もあります。タイルカーペットやナイロン素材のカーペットは、燃えるゴミとしては処分できません

不燃ゴミとしてカーペットを処分するときのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・無料で処分できる
・自宅まで回収に来てくれる
・分別の必要がある
・すぐに処分できない
・切断の必要がある(大きさによる)

タイルなどの硬いカーペットの場合、切断するのは難しいです。他の方法でカーペットを検討してください。

親族・知人に譲る

不要なカーペットは親族や知人に譲ることも検討しましょう。あなたにとっては不要でも、親族や知人にとっては必要かもしれません

親族や知人にカーペットを譲るときのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・無料で処分できる ・持ち運ぶ必要がある
・譲る人が見つからない可能性がある

親族や知人にカーペットを譲る場合、前提として使える状態であることが必要です。模様替えでカーペットが不要になる場合など「もったいない」と感じたら、親族・知人に引き取ってもらいましょう。

販売店の引き取りを利用

販売店にカーペットの引き取りを依頼する方法もあります。販売店によっては、引き取りサービスを実施しているからです。

販売店にカーペットの引き取りを依頼する場合のメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・すぐに処分できる ・費用がかかる(店舗による)
・持ち込みの必要がある

販売店の引き取りでは費用がかかる場合があります。ニトリの引き取りサービスの費用は3,000円です。IKEAでは、IKEA製品を購入した場合のみ無料になります。

リサイクルショップに買取を依頼

まだ使えるカーペットであれば、リサイクルショップへの買取依頼も検討しましょう。中古のカーペットを探している人はいるからです。

リサイクルショップにカーペットの買取を依頼するときのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・すぐに処分できる
・お金に換えられる
・持ち込みの必要がある
・買取できない場合がある

リサイクルショップにカーペットの買取を依頼する場合、状態が良くなければ引き取ってくれません。また、無名ブランドのカーペットでは大した買取金額にならないことも……。

大きめのカーペットをリサイクルショップに持ち込むのも大変です。カーペットの処分にリサイクルショップを利用するのは労力に見合わないことが多く、あまりおすすめできません。

フリマ・オークションサイトで売却

フリマ・オークションサイトで売却することでも、不要なカーペットを処分できます。中古のカーペットを探している人は、インターネット上にも多いからです。

フリマ・オークションサイトでカーペットを売却するときのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・お金に換えられる ・すぐに処分できない
・出品・発送の手間がある
・売却できない可能性がある

フリマ・オークションサイトにカーペットを出品するには手間がかかります。わざわざカーペットを広げて綺麗に見える写真を撮らなければ、ユーザーが買う価値を感じません。

ブランドものなど、よほど魅力的なカーペットでなければ、フリマ・オークションサイトでカーペットを売却するのは難しいでしょう。

不用品回収業者に処分を依頼

不用品回収業者を利用すれば、簡単にカーペットを処分できます。不用品回収業者は最短即日、自宅までカーペットを回収しに来てくれます

不用品回収業者にカーペットの処分を依頼するときのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・すぐに処分できる
・自宅まで回収に来てくれる
・費用がかかる

不用品回収業者のデメリットは、他の処分方法と比べて費用がかかること。しかしカーペットの素材や大きさに関わらず、すぐに処分できることが魅力です。古物商の許可を得ている不用品回収業者であれば、カーペットを買い取ってくれる場合も。

カーペット以外の不用品があれば、ついでに処分できます。部屋の模様替えや断捨離などで、複数の不用品が出た場合におすすめの処分方法です。

カーペットを処分するときの費用相場

カーペットの処分費用

カーペットの処分費用は捨て方によって大きく異なります。一般ゴミとして捨てたり人に譲ったりすれば、処分費用はかかりません。

粗大ゴミ・処理施設・不用品回収業者でカーペットを処分する場合の費用は以下の通りです。

  • 粗大ゴミ:400〜1,200円
  • 処理施設:0〜500円
  • 不用品回収業者:2,000円〜

カーペットを粗大ゴミとして処分する場合、自治体によって処分費用は変わります。正しい料金の粗大ゴミ処理券を貼っていないと、自治体は回収してくれません。必ず費用を確認した上で、粗大ゴミ処理券を購入しましょう。

カーペットを処理施設に持ち込んだ場合も粗大ゴミと同様、自治体によって費用が違います。自治体によっては、持ち込めば無料で処分してくれる場合も。事前にいくらかかるのか確認しておきましょう。

不用品回収業者にカーペットの処分を依頼する場合は、他の捨て方に比べるとやや費用が高くなります。しかし不用品回収業者に依頼すれば、カーペットの素材や大きさに関わらず処分可能です。また、最短即日に対応してくれます。

カーペットを他の不用品と一緒に処分すれば、1つあたりの処分費用を安くすることも可能です。場合によっては、不用品回収業者を利用したほうがいいこともあります。

寝室やリビングのカーペットを処分する人は、この機会に断捨離も検討してみてください。寝室やリビングにある以下のようなものも一緒に処分すれば、一つあたりの費用を抑えられます。

ベッド » ベッドの処分方法を見る
マットレス » マットレスの処分方法を見る
テレビ » テレビの処分方法を見る
ソファ » ソファの処分方法を見る

断捨離を検討している人は「断捨離で部屋を片付ける7つのコツ!片付けの順番は?」も参考にしてみてください。

カーペットを処分するときの注意点

カーペットを処分するときの注意点

カーペットを処分するときの注意点は以下の3つです。スムーズにカーペットを処分するためにも、必ず押さえておきましょう。

  • 自治体によってルールが違う
  • 素材によって処分方法が違う
  • ホットカーペットは扱いに注意

自治体によってルールが違う

カーペットは自治体によってルールが違います。各自治体ルールを確認した上で、カーペットを処分してください。

多くの場合、粗大ゴミは「1辺の長さが30cm以上のもの」と定義されています。しかし、自治体によって定義が違うので捨て方には注意が必要です。

素材によって処分方法が違う

カーペットを処分する前に、素材を確認してください。カーペットの素材によって捨て方が変わります。ラグの素材として使われている素材は以下の通りです。

  • ウール
  • レーヨン
  • アクリル
  • ポリエステル

カーペットの素材が綿や麻、ウッドなどの場合は燃えるゴミです。しかし、ナイロン素材やタイルカーペットの場合は燃えないゴミに分類されます。

カーペットによっては芯が入っている場合もあります。カーペットの主な素材は可燃ゴミに分類されるものでも、芯にはプラスティックを使っている場合もあるので捨て方に注意してください。カーペットの芯は、ノコギリなどで切断して捨てる必要があります。

ホットカーペットは扱いに注意

ホットカーペットを処分するときは注意してください。ホットカーペットは中には電熱線が通っているからです。ホットカーペットをハサミで切断しようとすると、感電する恐れがあります。

安全のためにも、ホットカーペットは粗大ゴミとして処分するか、不用品回収業者を利用するのがおすすめです。
とにかく簡単にカーペットを処分したい人は「なんでも回収業者はこちら!分別不要で生活ゴミ・腐敗物・汚物・事業ごみを格安処分」も参考にしてください。

カーペットの処分を検討しているなら

カーペットの処分を検討しているなら

カーペットの捨て方は以下の9つです。それぞれの特徴を理解して、あなたに合った捨て方を選んでください。

  • 粗大ゴミとして処分
  • 処理施設に持ち込む
  • 可燃ゴミとして処分
  • 不燃ゴミとして処分
  • 親族・知人に譲る
  • 販売店の引き取りを利用
  • リサイクルショップに買取を依頼
  • フリマ・オークションサイトで売却
  • 不用品回収業者に処分を依頼

カーペットを簡単に処分したい人は、不用品回収業者の利用がおすすめです。不用品回収業者を利用すれば最短即日、自宅までカーペットを回収に来てくれます。素材や大きさは問いません。

カーペットをはじめとする廃品、粗大ゴミ、不用品回収、ハウスクリーニング、ゴミ屋敷清掃、片付け代行などにお困りなら粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃のパイオニア!粗大ゴミ回収サービスへご相談ください。

お見積もりは無料です。電話の他、メールやLINEでもお気軽にご相談ください。

私達が選ばれる8つの理由!

  • 1

    即日対応 可能!

  • 2

    最短25分で スグに到着

  • 3

    早朝・深夜でも 対応可能

  • 4

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    リピーター 利用可能

スタッフ待機中|その場でお見積もり
・即回収!「地域と回収量をお伝えください」

スタッフ待機中・地域と回収量をお伝えください

粗大ゴミ回収サービス