ストーブの処分方法!灯油の残りの処分方法や費用を徹底解説

2024年4月22日

この記事では、ストーブの処分方法を紹介します。ストーブが故障して使用を検討していない場合や、別のストーブを使うようになった方は必見です。

使わなくなったストーブは場所をとります。いらなくなったら、いち早く処分したいもの。しかし、処分の仕方がわかりにくい商品でもあります。

ストーブを一般ゴミとして捨てたい人は、分解する必要も。とにかく簡単に処分したいなら、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

ストーブを処分する方法6選

処分する古いストーブ

ストーブを処分する方法は様々です。基本的には以下6つの方法の中から選択して処分しましょう。

  • 粗大ゴミとして処分する
  • 家電量販店を利用する
  • 下取りサービスを利用する
  • リサイクルショップで処分する
  • フリマサイトやネットオークションに出品する
  • 不用品回収業者に依頼する

以下でそれぞれ詳しく解説します。

粗大ゴミとして処分する

ストーブは種類に関係なく粗大ゴミとしての処分が可能です。一般に一辺が30㎝以上だと粗大ゴミ、30㎝未満だと普遍ゴミとして扱います。自治体によって規定が異なるため、お住まいの自治体ホームページで確認しましょう。

処分費用は1台につき200円~700円です。

廃棄の流れは以下を参考にしてください。

  • 自治体の粗大ゴミ回収センターへ問い合わせをする
  • ストーブの大きさを確認後、粗大ゴミ処理券を購入する
  • 処分予定のストーブに粗大ゴミ処理券を貼り付けた後、必要事項を記入する
  • 指定場所にストーブを持っていく

自治体によっては直接処理場に持っていくことができます。

自治体に依頼の際には事前に灯油が残っていないかを確認しておきましょう。理由は事故の原因になる恐れがあるからです。

予約から回収日まで2週間以上かかることがあるため、気長に取り組む必要があります。

家電量販店を利用する【ヤマダ電機・ケーズデンキ・ビックカメラ】

ストーブの処分を検討の際には近くの家電量販店に処分を依頼するのも1つの手です。

ストーブは小型リサイクル法の対象ですので、商品ごとに料金を支払うことで処分を行ってくれます。

ヤマダ電機・ケーズ電気などの電気屋さんを利用するのがおすすめです。以下の表を参考にしてください。

量販店名 料金 その他条件
ヤマダ電機 1050円 買替えの場合:525円
ケーズデンキ 550円 自宅引取は別途料金必要
ビックカメラ 購入商品と同一商品の場合無料

家電量販店によって値段は異なりますが、処分費用は無料~1000円前後が多い印象です。

事前に引取してもらおうと考えている家電量販店が、引取を行っているかどうか確認しておきましょう。

下取りサービスを利用する

家電量販店で暖房機器を買い替える場合は下取りサービスの利用が可能です。

下取り価格は量販店によって異なりますが、上記で挙げたビックカメラのように格安で引き取ってくれる場合があります。

ストーブの中に石油や灯油が残っていると引き取ってもらえない場合があるため、ストーブの中身は事前に掃除してから持っていくようにしましょう。

リサイクルショップで処分する

ストーブの状態が良く、キレイな状態で保たれている場合はリサイクルショップで売却できるかもしれません。

主な買取メーカーとしては以下が挙げられます。

  • CORONA
  • Dainichi
  • Dyson
  • Rinnai
  • TOYOTOMI

買取価格は様々で、

  • 有名ブランド
  • 製造年数が5年以上経過していない
  • 年代の古い場合でもアンティークなら高額

などの要素で決定されます。気になる方は一度見積もりに出してみることがおすすめです。

事前に手入れ・掃除は行っておくのが良いでしょう。

フリマサイトやネットオークションに出品する

メルカリやヤフーオークションなど、フリマサイトやネットオークションを利用することでもストーブを処分することができます。

自身で値段が決められるため利益化しやすい一方で、出品の際には安全基準を示すためのPSマークの画像記載をしなければいけないことや、いつまでに売れるか分からないなどの懸念点があります。

一般に取引されているメーカーとして以下が挙げられます。

  • Aladdin
  • CORONA
  • Panasonic
  • Rinnai
  • SUNPOT
  • TOYOTOMI

製品状態を良く保った、年式が古くない商品の場合は検討してみる価値があります。

不用品回収業者に依頼する

「自分で持ち運んだりするのが面倒…」「わざわざ出品してまで売ろうとは思わないなぁ」とお考えの方は不用品回収業者がおすすめです。

日時に調整がきく上に事前の見積もりが可能です。さらに他にも処分したい物があれば合わせて引き取ってくれます。

楽な引取を希望の方は不用品回収業者を検討してみましょう。

無認可の業者には注意する

不用品回収業者に依頼する際には業者側が「一般廃棄物収集運搬業」の許可を得ているかどうか確認しましょう。

無許可の業者の場合、不当な高額請求を求めてくることや正しく処理してくれない場合があります。

ポリタンク(灯油缶)・携行缶の処分方法は?

処分する要らなくなった灯油缶・携行缶

ポリタンク・携行缶の処分の仕方は自治体によって異なります。

それぞれについて順に解説します。

ポリタンクの処分方法

ポリタンクは「有料」で処分することになりますが、可燃ゴミとして出すか、不燃ゴミとして出すかの違いがあります。

指定ゴミ袋に入れることで処分が可能です。燃やせるゴミの有料袋の大(約120円/5枚セット)に収まるため、大の袋で処分できます。

また地域によってはシールを貼って出せる場合が存在します。この場合でも数百円ほど必要になります。

灯油が入っている場合は処分ができないため、中身を処理しておくことが必要です。

携行缶の処分方法

携行缶は不燃ゴミとして処分する方法や、中身を完全に掃除後、資源ゴミとして処分することも可能です。

キャップを閉めたままの状態で廃棄すると、内部が気化ガスで満たされて火災の原因になる恐れがあります。そのため内部を十分に掃除することは必須です。

携行缶を処分する際にはガソリンスタンドや産業廃棄物処理業者に相談することがおすすめです。

処分のタイミングは?

まとめ 鉄くずを処分するなら

ストーブの処分のタイミングが判断しやすいように以下に判断基準をまとめました。

大きく分けて【故障】【寿命】の2点が存在します。

故障が原因で処分

故障が原因となり、処分に繋がる場合は以下が考えられます。

  • 炎が強すぎる
  • 電源コードが痛んでいる
  • エラーが度々表示される

順に解説します。

炎が強すぎる

ストーブを点火したした際に明らかに火が強すぎる場合、使用を続けることには危険が伴います。

発生原因は、灯油が点火部分である芯に十分に灯油が染みこんでいないことです。

頻繁に炎の燃えすぎは普通ではないため、買替え、処分を検討するのがベストです。

電源コードが痛んでいる

電源が入らなくなってしまった場合、コードタイプのものだと電源コードが痛んでいる可能性があります。

使用を続けていると火災の原因になる恐れがあるため、早急に処分するか使用を避けておきましょう。

エラーが度々表示される

ストーブやファンヒーターで起こりやすい不調が、エラーコードの表示です。

フィルターの詰まりなど、汚れが原因でエラーが表示されている可能性があるため、一度掃除をするのがおすすめです。

それでも改善が見られない場合は、修理に出すか廃棄の選択となるでしょう。

寿命が原因で処分

ストーブの寿命は気になるところです。

ガスファンヒーターは10年、石油ファンヒーターは8年を目処に交換・処分するのがおすすめ。

2000年以降に製造された商品には製造年月日がきさいされているため、確認していつくらいに処分するか把握しておきましょう。

ストーブを処分する費用相場

自治体でストーブを回収してもらう場合も、処分の際はある程度の費用が必要です。

以下の目安を参考にしてください。

  • 電気ストーブ:200円~400円
  • 石油ストーブ:200円~400円
  • オイルヒーター:200円~400円
  • 石油ファンヒーター:200円~700円
  • ガスストーブ:200円~700円

ストーブを処分する際の注意点

ストーブを収集していくごみトラック

ストーブを処分するときにはいくつか注意点があります。

正確な処分を行わないと火災の原因になる可能性があるため、十分注意を払いましょう。

灯油・電池は先に処分しておく

ストーブに残っている灯油・電池は必ず事前に取り除くようにしましょう。

発火リスクがあるため、事故を防ぐためにも事前に抜いておくことが大切です。

また、乾電池の取り付け場所はストーブによって異なるため、取扱説明書を利用して外すようにしましょう。

掃除後は乾燥させておく

灯油が空になった後はそれぞれのフィルターを完全に掃除してしまう作業が必須です。

完全に拭き取らなかった場合、残りの灯油が蒸発・気化して火災の危険性があります。

掃除部分としては、油フィルターや空気取り入れ口の編み目フィルター、温風送風機用の入れ愚痴フィルターを、掃除機を使って掃除しましょう。

掃除後は風通しの良い場所に置いておくことで、完全に気化させます。気化することで今後の内部の汚れを軽減することにも繋がるでしょう。

残りの灯油の処分方法

また、灯油の処分の仕方には以下の4つの方法があります。

  • 使い切る
  • ガソリンスタンド・灯油販売店に持っていく
  • 保存する
  • 新聞紙や布で拭き取る

それぞれ紹介していきます。

使い切る

まず検討して欲しいのが使い切る方法です。

灯油の残りが少ない場合は使い切る形で処分しましょう。単純に寒いときに灯油を使って暖まるのはもちろんですが、洗濯物で十分に乾いていない場合に効率よく利用することも検討に1つとしておすすめです。部屋干し週の軽減にもなります。

使い切るためにひたすら焚き続けるのは良いのですが、適度に換気を行うことが必要です。

一酸化中毒など体調を崩してしまう原因になりかねないため、気を付けましょう。

ガソリンスタンド・灯油販売店に持っていく

灯油の処分に困った際にはガソリンスタンドや灯油販売店に持っていくことを検討しましょう。灯油などの処理しにくい物は専門店に任せるのも手です。

無料で処分してくれるガソリンスタンドもあれば、有料で費用がかかってしまう場所があります。事前にどういった形で処分してくれるのか確認しておきましょう。直接尋ねることやホームページで確認可能な場合があります。

保存する

灯油は1シーズン中だけは保存することが可能です。しかし1シーズンを過ぎてしまうと翌年に使おうとしても劣化しているため使えません。湿気や夏場の暑さに耐えきれないため長持ちはしません。

無理に使おうとすると不完全燃焼を起こしてしまい、火災やガスによる中毒になってしまう恐れがあるため、注意が必要です。

シーズン中でも徐々に劣化はしていくため、対策方法として以下が挙げられます。

  • 日光に直接当たらないところに置く
  • 雨風に当たらないところに置く
  • ポリタンク

保存状態を良く保ち、長期間使用できるようにしましょう。

新聞紙や布で吸い取る

新聞紙や布で拭き取って処分することも可能です。しかし自治体が灯油を拭き取って処分する方法を認可している場合に限って行うことができます。

少量の灯油であっても灯油が染みこんだ新聞紙や布は、可燃ゴミと一緒に廃棄することが原因で発火してしまう恐れがあります。灯油は引火点(着火する最低温度)が40~60度なため、夏場に処理してゴミとして廃棄してしまうとゴミ袋内で気化し、より発火の可能性が高まります。

単に引火点に到達すれば発火するわけではないですが、発生原因を事前になくすためにも自治体の許可が無い限りは避けておきましょう。

ストーブの処分を検討しているなら

ストーブの処分の仕方に困った際には不用品回収業者『粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃のパイオニア!粗大ゴミ回収サービス』にお任せください。

自身で運ぶことや、灯油の処分やストーブの廃棄を自宅で行ってしまうと危険性や労力が伴います。

ダイニングテーブルのみならず、引っ越しや断捨離などでたくさんの不用品がある場合でも、パックプランなら大変お得にご利用可能です!

  1. パックプランやWEB割引で割安な処分をご提案
  2. 最短25分で到着のスピード対応
  3. 顧客満足度3冠達成の豊富で確かな実績

少しでも興味を持っていただけたら、お気軽にメール・フリーダイヤル・LINEでお問い合わせください。

私達が選ばれる8つの理由!

  • 1

    即日対応 可能!

  • 2

    最短25分で スグに到着

  • 3

    早朝・深夜でも 対応可能

  • 4

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    リピーター 利用可能

スタッフ待機中|その場でお見積もり
・即回収!「地域と回収量をお伝えください」

スタッフ待機中・地域と回収量をお伝えください

粗大ゴミ回収サービス