衣類の処分方法7選!着なくなった服の捨て方【無料で捨てられる?】

この記事では、衣類の処分方法を解説します。記事を読めば、あなたに合った方法で衣類を処分できます。

不要になった衣類の処分方法に困る人は多いです。相続放棄などで亡くなった人の衣類の処分に困る人もいます。

衣類は自治体の回収サービスで処分可能です。衣類の他にも多くの不用品がある場合は、不用品回収業者を利用しましょう。

衣類の処分方法7選

衣類の処分方法7選

衣類の処分方法は以下の7つです。それぞれのメリット・デメリットを把握した上で、適した処分方法を選んでください。

  • 自治体の回収サービスで処分
  • 寄付する
  • 知人・親族に譲る
  • 販売店の回収ボックスを利用する
  • リサイクルショップで売却する
  • フリマ・オークションサイトで売却する
  • 不用品回収行者で処分する

自治体の回収サービスで処分

自治体の回収サービスを利用すれば、衣類を処分できます。衣類は以下のゴミに分類されるからです。

  • 燃えるゴミ
  • 資源ゴミ
  • 粗大ゴミ

どのゴミに分類されるかは、自治体によって違います。各自治体のルールに従ってください。

自治体の回収サービスで衣類を処分する場合のメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・格安で処分できる
・自宅まで回収に来てくれる
・すぐに処分できない

自治体の回収サービスの場合、回収する日にちが決まっています。指定日になるまでは、自宅で不要な衣類を保管しなければいけません。

寄付する

衣類を処分したいなら、寄付するのも一つの方法です。NPOや市民団体では、海外支援のために衣類の寄付を募集しています。

衣類を寄付する場合のメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・手間がかかる
・社会貢献できる
・費用がかかる

寄付する場合、手間や費用がかかります。費用は各支援団体によって違うので確認してみてください。

知人・親族に譲る

知人や親族に譲れば、衣類を処分できます。あなたにとっては不要でも、知人・親族にとっては必要な場合もあるからです。

知人・親族に譲る場合のメリット・デメリットは以下の通り。

メリット デメリット
・無料で処分できる ・譲る人を見つけるのが手間

無料で処分できるのはメリットですが、そもそも譲る人がいることが前提です。衣類の状態によっては譲ることが失礼な場合もあるので注意しましょう。

販売店の回収ボックスを利用する

販売店の回収ボックスを利用すれば、衣類を簡単に処分可能です。以下の販売店では、回収ボックスを利用して不要な衣類をリサイクルに回しています

  • ユニクロ・GU
  • 無印良品
  • H&M

販売店の回収ボックスを利用する場合のメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・すぐに処分できる
・無料で処分できる
・持ち運びの手間がある

ユニクロ・GU・無印良品では、各ブランドの服しか回収してくれません。しかし、H&Mでは、ブランド問わず回収してくれます。

リサイクルショップで売却する

リサイクルショップで衣類を売却する方法もあります。中古の衣類を探す人は多いからです。

リサイクルショップで衣類を売却する場合のメリット・デメリットは以下の通り。

メリット デメリット
・お金を得られる ・持ち運びの手間がある
・状態によって売却できない可能性がある

リサイクルショップを利用する場合、衣類の状態によっては売却できません。あくまでも使えることが前提です。また、ブランド物などでない限り高額にはならないので注意しましょう。

フリマ・オークションサイトで売却する

フリマ・オークションサイトを利用するのも一つの方法です。中古の衣類を探す人はインターネット上にもいます

フリマ・オークションサイトで衣類を売却する場合のメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・お金を得られる ・持ち運びの手間がある
・出品・配送の手間がある
・状態によって売却できない可能性がある

フリマ・オークションサイトの場合、出品・配送の作業に手間がかかります。送料なども計算しないとほとんど利益が出ないこともあるので注意しましょう。

不用品回収行者で処分する

不用品回収業者を利用すれば、簡単に衣類を処分可能です。不用品回収業者は最短即日、自宅まで衣類を回収しに来てくれます

不用品回収業者で衣類を処分する場合のメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・最短即日処分できる
・他の不用品も処分できる
・自宅まで回収に来てくれる
・費用がかかる

不用品回収業者は費用がかかるのがデメリットですが、他の不用品も一緒に処分できます。大量の不用品をまとめて処分したい人におすすめの方法です。

衣類の処分費用

衣類の処分費用

衣類の処分方法は以下の通りです。

  • 燃えるゴミ:30〜40円(ゴミ袋代)
  • 寄付:0〜2,000円(送料)
  • 不用品回収行者:3,000〜5,000円

知人・友人に譲る方法や販売店の回収ボックスを利用する場合は、無料で処分できます。

燃えるゴミ:30〜40円(ゴミ袋代)

衣類を燃えるゴミとして処分する場合、処分費用は30〜40円です。自治体は無料で回収に来てくれます。ゴミ袋代だけでOKです。

寄付:0〜2,000円(送料)

衣類を寄付する場合の費用は0〜2,000円です。寄付する場所によっては、送料がかかります

配送料だけでなく、手数料がかかる場合もあるので注意しましょう。詳細は各支援団体に問い合わせてみてください。

不用品回収行者:3,000〜5,000円

不用品回収業者で衣類を処分する場合、費用は3,000〜5,000円です。不用品回収業者ごとに費用が違います

他の処分方法に比べると、不用品回収業者は高いです。しかし他の不用品も一緒に処分したい場合、トータルで見ると割安になります。

衣類を処分するときの注意点

衣類を処分するときの注意点

衣類を処分するときの注意点は以下の3つです。スムーズに衣類を処分するためにも、必ず押さえましょう。

  • 自治体のルールに従う
  • 売却するときは状態を良くする
  • 焚き火で衣類を燃やすは法律違反

自治体のルールに従う

衣類を自治体の回収サービスで処分するときは、自治体のルールを確認してください。自治体ごとにルールが違います

自治体によっては、大量のゴミだと一度に処分できません。また「燃えるゴミ」として分類される自治体もあれば「資源ゴミ」に分類される自治体もあります。

ルールを守らない場合、自治体は回収してくれません。必ず自治体のルールに従った上で、衣類を処分しましょう。

売却するときは状態を良くする

リサイクルショップやフリマ・オークションサイトで衣類を売却する場合、状態を良くしておきましょう。状態の良い衣類の方が、高く売却できます

衣類にシワや汚れがないように気をつけてください。シワや汚れがあるだけで、売却金額は低くなります。

フリマ・オークションサイトに出品するときは、美しく見えるように工夫しましょう。写真一つで、衣類の印象は変わります。

焚き火で衣類を燃やすのは法律違反

いくら安く衣類を処分したくても、焚き火で燃やすのはいけません。焚き火で衣類を燃やすのは法律違反です。

第十六条の二 何人も、次に掲げる方法による場合を除き、廃棄物を焼却してはならない。
一 一般廃棄物処理基準、特別管理一般廃棄物処理基準、産業廃棄物処理基準又は特別管理産業廃棄物処理基準に従つて行う廃棄物の焼却
二 他の法令又はこれに基づく処分により行う廃棄物の焼却
三 公益上若しくは社会の慣習上やむを得ない廃棄物の焼却又は周辺地域の生活環境に与える影響が軽微である廃棄物の焼却として政令で定めるもの

(引用元:e-gov 法律検索)

衣類は法律に則った方法で処分しましょう。

衣類を処分するタイミング

衣類を処分するタイミング

衣類を処分するタイミングは以下の3つです。該当する衣類がある場合は、処分を検討してください。

  • 1年以上着ていないとき
  • 劣化が激しくなったとき
  • 収納スペースがなくなったとき

1年以上着ていないとき

1年以上着ていない衣類は、処分を検討しましょう。今後、着る可能性が低いです。

「いつか着るかもしれない」といって、処分しないのはおすすめしません。収納スペースを圧迫し続けるからです。

1年を目安に着ていない衣類を処分すれば、必要な服だけが残ります。無駄な衣類は処分して、収納スペースに余裕を持たせましょう。

劣化が激しくなったとき

当然ですが、劣化の激しくなった衣類は、処分を検討してください。

劣化している状態とは以下の通りです。

  • よれている
  • 破れている
  • 色が褪せている

人の見た目は第一印象を左右します。劣化した服は処分して、清潔な格好を意識しましょう。

収納スペースがなくなったとき

衣類の収納スペースが足りなくなったら、服を処分するタイミングです。

これもまた当然のことで貼りますが、収納スペース以上の衣類は持てません

収納スペースに収まるだけの衣類を所持しましょう。収納スペースが足りないと感じたら、引越しを検討してください。

衣類を収納スペース外に置くと、部屋が散らかる一方です。収納スペースに見合った数の衣類に収めましょう。

衣類の処分を検討しているなら

衣類の処分を検討しているなら

衣類を処分する方法は以下の7つです。それぞれの特徴を理解した上で、適した処分方法を選びましょう。

  • 自治体の回収サービスで処分
  • 寄付する
  • 知人・親族に譲る
  • 販売店の回収ボックスを利用する
  • リサイクルショップで売却する
  • フリマ・オークションサイトで売却する
  • 不用品回収行者で処分する

衣類などの不用品をまとめて処分したいなら、不用品回収業者の利用がおすすめです。不用品回収業者は最短即日、自宅まで不用品を回収しにきてくれます。

衣類をはじめとする廃品、粗大ゴミ、不用品回収、ハウスクリーニング、ゴミ屋敷清掃、片付け代行などにお困りなら粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃のパイオニア!粗大ゴミ回収サービスへご相談ください。

お見積もりは無料です。電話の他、メールやLINEでもお気軽にご相談ください。

私達が選ばれる8つの理由!

  • 1

    即日対応 可能!

  • 2

    最短25分で スグに到着

  • 3

    早朝・深夜でも 対応可能

  • 4

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    リピーター 利用可能

パックがお得な 粗大ゴミ回収サービスの回収料金

19,800 円

14,800(税込)

目安 :1.5㎥

大型家具家電に!

39,800 円

34,800(税込)

目安 :3㎥

間取り :1R~1K

59,800 円

54,800(税込)

目安 :5㎥

間取り :1LDR~2LDK

遺品整理/ゴミ屋敷清掃に

無料お見積り

目安 :20㎥

間取り :一軒家

スタッフ待機中|その場でお見積もり
・即回収!「地域と回収量をお伝えください」

スタッフ待機中・地域と回収量をお伝えください

粗大ゴミ回収サービス