ウォーターサーバーの処分方法5選!費用相場も紹介【捨て方は簡単】

ウォーターサーバーの処分方法5選!費用相場も紹介【捨て方は簡単】

2022年7月19日

この記事では、ウォーターサーバーの処分方法を解説します。記事を読めば、あなたに適した方法でウォーターサーバーを処分できます。

いらなくなったウォーターサーバーの捨て方に迷う人は多いです。ウォーターサーバーはレンタル型か買取型かで処分方法が異なるので注意してください。

レンタル型のウォーターサーバーを利用している場合は、メーカーに引き取りを依頼しましょう。とにかく簡単にウォーターサーバーを処分したい場合は、不用品回収業者の利用がおすすめです。

ウォーターサーバーの処分方法5選

ウォーターサーバーの処分方法5選

ウォーターサーバーの処分方法は以下の5つです。それぞれのメリット・デメリットを理解して、適切な処分方法を選びましょう。

  • メーカーに回収を依頼
  • 粗大ゴミで処分
  • リサイクルショップに売却
  • フリマ・オークションサイトに売却
  • 不用品回収業者に処分を依頼

メーカーに回収を依頼

レンタルしているウォーターサーバーは、メーカーに回収を依頼してください。レンタルしている場合、ウォーターサーバーを自分で処分する必要はありません

解約手続き後、ウォーターサーバーの回収を依頼してください。回収方法はレンタルしている業者によって異なります。主に以下の2つの方法です。

  • メーカーが自宅まで回収に来る
  • 本体を梱包して発送する

解約手続きの方法は、電話やインターネットなど業者によって違います。契約している業者のルールに従いましょう

粗大ゴミで処分

ウォーターサーバーは自治体の粗大ゴミとして処分できます。多くの場合「30cm角を超える大型のゴミ」が粗大ゴミに分類されるからです。

ウォーターサーバーを自治体の粗大ゴミとして処分するメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・自宅まで回収に来てくれる ・費用がかかる
・すぐに処分できない
・手続きがめんどくさい

ウォーターサーバーを自治体の粗大ゴミで処分する場合、以下の手順で進めてください。

  1. 自治体に連絡する
  2. 有料粗大ゴミ処理券を買う
  3. 指定日に自宅の外に出す

自治体の粗大ゴミは回収する日にちが決まっています。自治体の指定日までは、自宅で保管しなければいけません。邪魔だからといって自宅の外に出すと、近隣の迷惑になるのでやめましょう。

フロン類が使われているウォーターサーバーはNG

フロン類が使用されているウォーターサーバーは、自治体の粗大ゴミとしては出せません。家庭用のウォーターサーバーと異なり、フロン類が使用されている業務用のウォーターサーバーはフロン排出抑制法の対象だからです。

フロン類が使用されているウォーターサーバーを廃棄する場合は、第一種フロン類回収業者にフロンの回収を依頼してください。

リサイクルショップに売却

まだ使えるウォーターサーバーの処分を検討しているなら、リサイクルショップに売却するのも一つの方法です。中古のウォーターサーバーを探している人はいます

ウォーターサーバーをリサイクルショップに売却するメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・お金を得られる
・すぐに処分できる
・持ち込みの手間がある
・売却できるとは限らない

リサイクルショップに大きいウォーターサーバーを持ち込むのは大変です。車での持ち運びが必須となるので注意しましょう。

リサイクルショップに持ち込んだからといって、必ず売却できるとは限りません。あくまでも買取した後に販売する予定なので、状態が良いウォーターサーバーに限ります。また、想定よりも低い売却金額になることも多いので注意しましょう。

フリマ・オークションサイトに売却

ウォーターサーバーを売却したいなら、フリマ・オークションサイトの利用も検討してみてください。中古のウォーターサーバーを探している人は、インターネット上にもいるからです。

ウォーターサーバーをフリマ・オークションサイトでするメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・お金を得られる ・出品や梱包の手間がある
・売却するまで時間がかかる
・個人間トラブルの可能性がある

フリマ・オークションサイトは、自分の希望価格で販売できるのがメリットです。しかし、出品や梱包などに大きな手間がかかります

フリマ・オークションサイトは個人間取引であることに注意してください。何かトラブルがあった場合、面倒な事態に陥ります。心配な人は、別の処分方法を選択するのがおすすめです。

不用品回収業者に処分を依頼

ウォーターサーバーを手軽に処分したいなら、不用品回収業者の利用がおすすめです。不用品回収業者は最短即日、不要なウォーターサーバーを自宅まで回収しに来てくれます

不用品回収業者にウォーターサーバーの処分を依頼するメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・最短即日処分できる
・自宅まで回収に来てくれる
・他の不用品もついでに処分できる
・費用がかかる

費用はかかりますが、ウォーターサーバーを持ち運ぶ必要がいっさいありません。不用品回収業者は自宅の中までウォーターサーバーを回収しに来てくれます。

不用品回収業者は家庭用・業務用どちらのウォーターサーバーでも対応可能です。とにかく簡単にウォーターサーバーを処分したいなら、不用品回収業者の利用をおすすめします。

ウォーターサーバーの処分費用

ウォーターサーバーの処分費用

ウォーターサーバーの処分費用は以下の通りです。費用を考慮した上で、適切な処分方法を選んでみてください。

処分方法 処分費用
メーカーの回収 無料or送料のみ
粗大ゴミ 1,000円前後
不用品回収業者 5,000〜10,000円

メーカーの回収:無料or送料のみ

レンタルしていたウォーターサーバーの回収をメーカーに依頼した場合、費用は無料か送料のみです。メーカーごとに対応が違います

送料がかかるからといって、レンタルのウォーターサーバーを自分で処分してはいけません。必ずメーカーのルールに従ってウォーターサーバーを処分しましょう。

粗大ゴミ:1,000円前後

ウォーターサーバーを自治体の粗大ゴミで処分する場合、費用は1,000円前後です。自治体ごとにウォーターサーバーの処分費用が設定されています。

自分の自治体がいくらで回収してくれるのか、事前に確認した上で有料粗大ゴミ処理券を購入してください。

不用品回収業者:5,000〜10,000円

ウォーターサーバーの処分を不用品回収業者に依頼した場合、費用は5,000〜10,000円です。不用品回収業者ごとに処分費用は異なります

ウォーターサーバー以外にも不用品がある場合は、不用品回収業者のトラック載せ放題プランがおすすめです。トラックに載せられるだけの不用品を、一律料金で処分できます。トラック載せ放題プランを利用すれば、不用品一つあたりの処分費用を抑えることが可能です。

ウォーターサーバーの空ボトルを処分する方法

ウォーターサーバーの空ボトルを処分する方法

ウォーターサーバーの空ボトルを処分する方法は、ボトルの種類によって異なります。ウォーターサーバーのボトルの種類は以下の3つです。

  • ガロンボトル(リターナブル方式)
  • ペットボトル(ワンウェイ方式)
  • ボトル(ワンウェイ方式)

ガロンボトル(リターナブル方式)

ガロンボトル(リターナブル方式)の空容器は、メーカーが回収します。処分せずに自宅で保管しておいてください。

ガロンボトル(リターナブル方式)はメーカーが回収した後、滅菌処理をして再利用されます。自分で処分してはいけません。

ペットボトル(ワンウェイ方式)

ペットボトル(ワンウェイ方式)の空容器は、自治体の一般ゴミとして処分してください。素材ごとに分ける必要があるので注意しましょう。

  • 本体部分:ペットボトル
  • キャップ部分:不燃ゴミ

ゴミの分別方法は自治体によって違う可能性があります。自治体のルールに従って処分してください。

ボトル(ワンウェイ方式)

ボトル(ワンウェイ方式)の空容器は、自治体の一般ゴミとして処分できます。コンパクトに折りたたんだ上で、可燃ゴミまたは不燃ゴミとして捨ててください。

ウォーターサーバーを処分するときの注意点

ウォーターサーバーを処分するときの注意点

ウォーターサーバーを処分するときの注意点は以下の4つです。トラブルを防ぐためにも、必ず注意点を押さえてください。

  • ボトルを外しておく
  • 最低利用期間を確認
  • 自治体のルールを確認
  • 業者が第一種フロン類充填回収業登録等通知書を持っているか確認する

ボトルを外しておく

ウォーターサーバーを処分に出す前に、ボトルを外しておきましょう。ボトルの処分方法は、ウォーターサーバー本体とは異なります

ペットボトルや可燃ゴミ、不燃ゴミは粗大ゴミとしての処分ができません。自治体の回収サービスを利用する場合は、しっかり分別して処分に出してください。

不用品回収業者であれば、ウォーターサーバーとボトルを一緒に回収してくれる場合があります。分別して処分するのが面倒な場合は、不用品回収業者への依頼を検討しましょう。

最低利用期間を確認

ウォーターサーバーをレンタルしている場合は、最低利用期間を確認してください。最低利用期間以内に解約すると、違約金が発生します。

最低利用期間が2年だった場合、2年以内に解約すると違約金が発生。2年以上利用しているのであれば問題はありません。

最低利用期間は契約時の書類に記載されています。レンタルのウォーターサーバーを処分する場合は、最低利用期間を必ず確認しましょう。

自治体のルールを確認

ウォーターサーバーを粗大ゴミで処分する場合、自治体のルールを確認してください。各自治体ごとに対応が違うからです。

自治体によってはウォーターサーバーを粗大ゴミで処分できない場合もあります。ルールが分からない場合は、自治体に問い合わせるかインターネットで確認しましょう。

フロン類が使われているか確認する

ウォーターサーバーを処分する前に、フロン類が使われているか確認してください。フロン類が使われているウォーターサーバーは、粗大ゴミとして処分できません

フロン排出抑制法の対象となるウォーターサーバーは、第一種フロン類回収業者にフロンの回収を依頼する必要があります。

ウォーターサーバーの処分を検討しているなら

ウォーターサーバーの処分を検討しているなら

ウォーターサーバーの処分方法は以下の5つです。それぞれの特徴を理解して、自分に合った処分方法を選んでください。

  • メーカーに回収を依頼
  • 粗大ゴミで処分
  • リサイクルショップに売却
  • フリマ・オークションサイトに売却
  • 不用品回収業者に処分を依頼

ウォーターサーバーを手軽に処分したいなら、不用品回収業者の利用がおすすめです。不用品回収業者は最短即日、不要なウォーターサーバーを自宅まで回収しに来てくれます。

ウォーターサーバーをはじめとする廃品、粗大ゴミ、不用品回収、ハウスクリーニング、ゴミ屋敷清掃、片付け代行などにお困りなら『粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃のパイオニア!粗大ゴミ回収サービス』までご相談ください。

お見積もりは無料です。電話の他、メールやLINEでもお気軽にご相談ください。

私達が選ばれる8つの理由!

  • 1

    即日対応 可能!

  • 2

    最短25分で スグに到着

  • 3

    早朝・深夜でも 対応可能

  • 4

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    リピーター 利用可能

スタッフ待機中|その場でお見積もり
・即回収!「地域と回収量をお伝えください」

スタッフ待機中・地域と回収量をお伝えください

粗大ゴミ回収サービス