ケーズデンキのリサイクル回収とは?【対象品目・費用・メリット】を解説

2023年6月16日

引越しや断捨離で、不要になった冷蔵庫やテレビの処分に困る人も多いでしょう。引越し業者に依頼すると料金が高く付きそう、自分で処分するには運ぶ手間がかかるなど困っている人もいると思います。

そこで便利なのが、ケーズデンキの家電リサイクル回収サービスです。今回は、ケーズデンキのリサイクル回収を利用できる品目や、申込方法、回収費用など詳しく解説します。

ケーズデンキのリサイクル回収を利用するメリットやケーズデンキ以外でリサイクル回収してもらえる方法なども紹介します。家電の処分でお困りの方は、ぜひ記事を参考にしてください。

ケーズデンキのリサイクル回収を利用できる品目とは?

ケーズデンキのリサイクル回収品目は?

ケーズデンキのリサイクル回収は、大きく分けて以下の2つが対象です。

  • 家電リサイクル対象品目
  • 小型家電リサイクル対象品目

なお、上記家電以外の不用品は回収していません。

ケーズデンキのリサイクル回収は、家電の購入時だけでなく回収だけの依頼にも応じてくれる点が嬉しいポイントです。

回収は、家電リサイクル対象品目が中心ですが、それ以外の家電回収も積極的に幅広くおこなっています。

家電リサイクル対象品目は【テレビ、冷蔵庫、洗濯機、エアコン】

家電リサイクル回収品目とは以下の4品目が対象です。

家電リサイクル法とは、資源の有効利用を促進するために国が設けた法律です。これによって電気店やメーカーなどの家電販売店は、責任を持ってリサイクル回収をおこなわなければなりません。

一方、回収を依頼する側は、リサイクル料金と処分費用を回収店舗や業者への支払いが義務付けられています

小型家電リサイクル対象品目は【家電リサイクル以外の電子レンジやデジタルカメラなど】

小型家電リサイクル対象品目は家電リサイクル対象品目以外を指し、一部の例を挙げると以下のとおりです。

上記以外にも、リサイクル回収対象となる小型家電製品は多数あります。ケーズデンキの家電リサイクルや小型家電回収の料金は、後ほど詳しくお伝えします。

蛍光灯

ケーズデンキでは蛍光灯のリサイクル回収もおこなっています。

ただし、店舗によっては回収ボックスが設置してある場合と、店頭引き取りになる場合とに分かれています。中には、蛍光灯を購入した場合のみ引き取り可能な店舗もあるので、事前に確認が必要です。

>>蛍光灯の正しい処分方法

小型充電式電池・ボタン電池

電池は種類によって捨て方が異なるため、正しい捨て方を知っておく必要があります。

捨て方 捨てる際の注意点
ニカド・ニッケル電池 充電池式電池リサイクルBOXに入れる 電池の端子部分にテープを貼って電流が流れない状態にして捨てる
リチウムイオン電池 基本的には自治体の指示に従う 電池の端子部分にテープを貼って電流が流れない状態にして捨てる
ボタン電池 回収缶・ボックスに捨てる 不燃ゴミで廃棄してしまうと発火の原因になる。電池の端子部分にテープなどを貼って電流が流れない状態にして捨てる

 

表記載の電池については、ケーズデンキで積極的にリサイクル回収をおこなっています。不明な点は、店舗窓口もしくは電話にて相談しましょう。

パソコンやタブレット端末は店頭のみで引き取り

ケーズデンキでは、パソコンやタブレット端末もリサイクル対象です。

ただし、パソコンやタブレット端末は店頭引き取りのみとなっています。パソコン本体は無料引き取り可能ですが、PCモニターの回収は有料となるので事前に条件を確認しましょう。

ケーズデンキのリサイクル回収の申し込み方法

ケーズデンキリサイクル回収の申し込み手順とは?

まずは、ケーズデンキのリサイクル回収は以下の2つの方法があります。

  1. 新しい商品を交換したときに、古い商品の回収依頼をする
  2. 回収のみの場合は、店舗に電話連絡する

ケーズデンキのリサイクル回収は、「店舗持ち込み」か「自宅引き取り」のどちらかです。

回収に来てもらう場合は、リサイクル料金に加えて収集・運搬料金とは別にケーズデンキが定める出張費が別途かかります。

ただし、リサイクル品の回収は、ケーズデンキ配送エリア内のみです。

一方、店舗持ち込みすればリサイクル費用のみを支払い、処分できます。

ケーズデンキのリサイクル回収を依頼した際の費用

ここからは、ケーズデンキにリサイクル回収を依頼した際の費用をお伝えします。品目によっては回収費用が無料となるので、下記をチェックしてみてください。

家電リサイクル回収費用

ケーズデンキの家電リサイクル回収費用は、以下のとおりです。

リサイクル料金 収集運搬費用 合計
テレビ15型以下 1,320円~ 2,200円~ 3,520円~
テレビ15型以上 2,420円~ 2,200円~ 4,620円~
冷蔵庫 3,740円~ 2,200円~ 5,940円~
洗濯機 2,530円~ 2,200円~ 4,730円~
エアコン 990円~ 2,200円~ 3,190円~

上記でも少し触れたとおり、リサイクル回収のみ、「宅配お届け製品」を注文しリサイクル回収依頼をした場合は、上記に加えて3,300円の出張料金がかかります。

エアコンに関しては、以下の内容で別途取り外し費用が発生します。

  • リサイクルのために取り外す場合:6,000円(税別)
  • 再使用する目的で取り外しを依頼する場合:10,000円(税別)
  • 室内機器が2F、室外機器が1Fにある場合や室外機が屋根置きなど、特殊作業が費用な場合の追加料金:3,000円(税別)

地域によって運搬や出張、エアコン取り外し費用などが変わる場合もあるので、回収依頼する際は事前に店舗へ確認しましょう。

なお、製造メーカー(外国メーカーなど)によっても、リサイクル料金が下記のように多少変わる場合があります。

メーカー名・品目/料金
シャープ(株)
  • エアコン/990円
  • ブラウン管テレビ(大)/2,970円
  • 液晶・プラズマ式(大)/2,970円
  • 冷蔵庫・冷凍庫/4,730円
  • 洗濯機・衣類乾燥機/2,530円
ソニー(株)
  • ブラウン管テレビ(大)/2,970円
  • 液晶・プラズマ式(大)/2,970円
TVS REGZA(株)
  • ブラウン管式テレビ(大)/2,420円
  • 液晶・プラズマ式(大)/2,970円
東芝ライフスタイル(株)
  • エアコン/990円
  • 冷蔵庫・冷凍庫/4,730円
  • 洗濯機・衣類乾燥機/2,530円
パナソニック(株)
  • エアコン/990円
  • ブラウン管テレビ/2,420円
  • 液晶・プラズマ式(大)/2,970円
  • 冷蔵庫・冷凍庫/4,730円
  • 洗濯機・衣類乾燥機/2,530円
パナソニック(株)(三洋電機)
  • エアコン/990円
  • ブラウン管テレビ/2,420円
  • 液晶・プラズマ式(大)/2,970円
  • 冷蔵庫・冷凍庫/4,730円
  • 洗濯機・衣類乾燥機/2,530円

上記はメーカー別家電リサイクル料金の一部となります。お手持ちの家電リサイクル対象品目の料金を知りたいときは、ケーズデンキ窓口、メーカー窓口などでも確認可能です。

再商品化等料金一覧(家電リサイクル料金)

小型家電リサイクル回収費用

ケーズデンキでは、小型家電リサイクル対象品目が主に5つに分かれています。

ケーズデンキの小型家電リサイクル品目の分類

  • 特定品目
  • 小型品目
  • 中型品目
  • 大型品目
  • 超大型品目

このような分類に分かれており、リサイクル回収費用も以下のように異なります。

対象家電【例】
特定品目→無料 デジタルカメラ、ビデオカメラ、ゲーム機、携帯音楽プレーヤー

ポータブルMD・CD、テープレコーダー、ICレコーダー、電子辞書

電子手帳、ACアダプター、パソコン本体、タブレット端末

小型品目→500円(税込) ポータブルラジオ、ラジカセ、AVアンプ、レコーダー(BD、DVD、ビデオ)

電話機、FAX、布団乾燥機、食器洗い乾燥機、ホットプレート、扇風機

その他小型家電

中型品目→1,100円(税込) CD、MD、メモリーコンポ、シアタースピーカー、電子キーボードプリンター

炊飯器、ズボンプレッサー、ガステーブル、電気掃除機照明器具

パネルヒーター、こたつ、その他中型家電

大型品目→2,200円(税込) ホームシアターセット、投射型プロジェクター、DVDカラオケ、電子レンジ

オーブンレンジ、IHクッキンヒーター、石油ストーブ、ファンヒーター、FF式石油ヒーター

トレーニング機器、除湿機、シャンデリア、その他大型家電

超大型品目→4,400円(税込) マッサージチェア、シアターラックシステム、電子ピアノ、オイルヒーター

石油煙突ストーブ、その他超大型家電、その他超大型家電

回収のみの場合は、別途出張料金がかかります。

なお、小型家電リサイクル回収が対象となるのは家庭用品のみです。業務用の家電は回収不可となるので注意しましょう。

ケーズデンキのリサイクル回収を利用する3つのメリット

ケーズデンキのリサイクル回収を利用するメリットは?

ケーズデンキのリサイクル回収で利用できる品目や申し込み方法がご理解いただけたかと思います。

この項では、ケーズデンキのリサイクル回収を利用する3つのメリットをお伝えします。

搬出を依頼できる

ケーズデンキのリサイクル回収は、大型家電などの搬出をお願いできるのがメリットです。店頭持ち込みに比べて費用はかかりますが、手間と時間が省けます。

自力での搬出作業は、トラックを準備したり、搬出時に家の壁を傷つけてしまったり、何かと労力がかかります。

その点、電話一本で回収に来てもらえるので、依頼者は手軽に電化製品を手放せます。

家電の購入と同時に処分できる

家電を新しく新調する際は、既存家電の処分を同時にお願いできるので捨てる手間が省けます。他の業者に処分を依頼する必要がないので、購入と処分が同時にできるのは魅力です。

家電購入と同時に処分すれば下取りしてもらえる可能性も高まるので、お得に家電購入できます。

他店で回収していないストーブ等も回収可能

ケーズデンキでは、ヤマダデンキやビッグカメラなどで回収できない以下の回収もおこなっています。

  • 石油ストーブ
  • ファンヒーター
  • FF式石油ヒーター

もともと、ケーズデンキの回収商品は範囲が非常に広いのが特徴です。

上記製品の回収を他店で断られた場合は、ケーズデンキに相談しましょう。

ケーズデンキ以外で家電を回収してもらう方法

ケーズデンキのリサイクル回収以外の方法

ケースデンキ以外で、家電を回収してもらう方法はないかと考えている人も多いでしょう。

家電の回収は次の方法で回収してもらえます。

メリット デメリット
自治体回収 小型家電の場合は無料で捨てられる可能性がある ・運搬の手間がある

・家電リサイクル品目は回収していない自治体がほとんど

リサイクルショップで査定してもらう 大型家電の場合は出張買取りが利用できる 買取りの条件が厳しい
フリマアプリやネットオークションへ出品 多くの人の目に留まるのでリサイクルショップより売れる可能性が高まる ・売れるまで時間がかかる

・手数料や送料がかかる

不用品回収業者 ・搬出からすべてお任せできる

・他の不用品もまとめて回収依頼できる

・家電が5点以上あるときは、トラック積み放題でお得に処分できる

 

・単品だと割高

・悪徳業者に注意

ケーズデンキのリサイクル回収は、家電が数点程度であれば便利に活用できます。しかし、引越しや断捨離、遺品整理などで、家電を5点以上処分したいときは費用がかさむのが難点です。

ケーズデンキ以外で家電を処分できる方法をさらに詳しく知りたい方は、下記記事をあわせてご覧ください。

家電を処分する7つ方法と費用【無料業者と家電リサイクル法に注意】

不用品回収業者なら手軽にリサイクル回収できる

処分したい家電が2、3点なら、ケーズデンキのリサイクル回収を便利に活用できます。

しかし、5点以上の家電やその他処分したい不用品がある場合は、不用品回収業者の利用がおすすめです。

大型家電や家具といった廃品、粗大ゴミ、不用品回収、ハウスクリーニング、ゴミ屋敷清掃、片付け代行などにお困りなら『粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃のパイオニア!粗大ゴミ回収サービス』までご相談ください。

お見積もりは無料です。電話やメール、LINEにてお気軽にお問い合わせください。

なお、不用品回収業者のお得なトラック積み放題プランについて詳しく知りたい方は、下記記事をご覧ください。

不用品回収業者でおすすめのトラック積み放題プラン【単品回収との違い】

私達が選ばれる8つの理由!

  • 1

    即日対応 可能!

  • 2

    最短25分で スグに到着

  • 3

    早朝・深夜でも 対応可能

  • 4

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    リピーター 利用可能

スタッフ待機中|その場でお見積もり
・即回収!「地域と回収量をお伝えください」

スタッフ待機中・地域と回収量をお伝えください

粗大ゴミ回収サービス