ウォーターベッドの処分方法7選!費用や注意点を徹底解説【水抜きは自分で行う?】

ウォーターベッドの処分方法7選!費用や注意点を徹底解説【水抜きは自分で行う?】

2023年2月27日

この記事では、ウォーターベッドの処分方法を解説します。記事を読めば、あなたに適した方法で不要なウォーターベッドを処分できます

買い替えや破損などで捨てたいウォーターベッドが出た場合、処分方法に困る人は多いです。運べないほど重いウォーターベッドは、どのように処分したらいいのか分かりません

ウォーターベッドを一般ゴミとして捨てたい人は、解体して小さくする必要があります。とにかく簡単にウォーターベッドを処分したいなら、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

ウォーターベッドの処分方法7選

ウォーターベッドの処分方法7選

ウォーターベッドを処分する方法は以下の7つです。それぞれのメリット・デメリットを理解して、適切な方法で処分してください。

  • 粗大ゴミで処分
  • 解体して一般ゴミで処分
  • 知人・親族に譲る
  • 買い替え時に引き取りを依頼
  • リサイクルショップに売却
  • 引っ越し業者に処分を依頼
  • 不用品回収業者に処分を依頼

粗大ゴミとして処分

ウォーターベッドは粗大ゴミで処分できます。多くの場合、粗大ゴミは「30cm角を超える大型のゴミ」だからです。

ウォーターベッドを粗大ゴミで処分するときのメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット デメリット
・自宅まで回収に来てくれる ・費用がかかる
・すぐに処分できない
・水抜きの必要がある

粗大ゴミとしてウォーターベッドを処分する場合、自宅まで回収しに来てくれるので簡単です。しかし、自治体の回収日は決まっているため、すぐには処分できません。水抜きの手間がある点もデメリットです。

解体して一般ゴミで処分

ウォーターベッドを解体すれば、一般ゴミとして処分可能です。1辺の長さを30cm以内にすれば、一般ゴミとして扱われます

ウォーターベッドを解体して一般ゴミで処分するときのメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット デメリット
・低コストで処分できる
・解体後は普段のゴミ出しと変わらない
・解体・水抜きの手間がかかる
・分別の手間がかかる
・すぐに処分できない

ウォーターベッドを解体するのはかなり大変です。水抜きも必要なため、かなりの手間がかかります。

ほぼ無料で処分できるのはメリットですが、解体に慣れていないと怪我をする可能性もあります。ウォーターベッドを解体する場合は、十分に注意してください。

知人・親族に譲る

不要なウォーターベッドがあるなら、知人や親族に譲ることも検討してみてください。あなたにとっては不要なウォーターベッドでも、知人や親族にとっては必要な場合もあります

知人や親族にウォーターベッドを譲るときのメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット デメリット
・無料で処分できる ・持ち運ぶ必要がある
・譲る人が見つからない可能性がある

知人や親族にウォーターベッドを譲る場合、持ち運びの手間が発生します。また、ウォーターベッドを欲しがっている知人・親族がいない場合は使えない方法です。

買い替え時に引き取りを依頼

買い替え時にウォーターベッドの引き取りを依頼する方法もあります。販売店によっては、引き取りサービスを実施しているからです。

買い替え時にウォーターベッドの引き取りを依頼する場合のメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット デメリット
・買い替えのついでに処分できる ・費用がかかる
・買い替えの必要がある

店舗によっては、新規購入が引き取りの条件である場合も。ウォーターベッドを引き取ってもらうには、ウォーターベッドを新しく買わないといけません。ウォーターベッドの引き取りを検討しているなら、各店舗のサービス詳細を確認しましょう。

リサイクルショップに売却

ウォーターベッドがまだ使用できる状態なら、リサイクルショップへ買取を依頼するのも一つの方法です。中古のウォーターベッドを探している人もいるからです。

リサイクルショップにウォーターベッドの買取を依頼するときのメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット デメリット
・すぐに処分できる
・お金に換えられる
・買取できない場合がある

ウォーターベッドをリサイクルショップに買取してもらう場合、前提として使える状態である必要があります。使えない状態のウォーターベッドは買取してもらえません。

引っ越し業者に処分を依頼

ウォーターベッドは引っ越し業者に処分を依頼できます。引っ越し業者の中には引き取りサービスを行なっている業者もあるからです

引っ越し業者にウォーターベッドの処分を依頼するときのメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット デメリット
・引っ越しのついでに処分できる ・費用がかかる
・対応していない業者もある
・引っ越し以外の場合は対応できない

引っ越し業者によっては引き取りサービスに対応していない場合があります。引っ越し業者でウォーターベッドの処分を検討している人は、事前に引き取りサービスの有無を確認しましょう。

不用品回収業者に処分を依頼

不用品回収業者を利用すれば、ウォーターベッドを簡単に処分できます。不用品回収業者は最短即日、自宅まで座椅子を回収しに来てくれます

不用品回収業者にウォーターベッドの処分を依頼するときのメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット デメリット
・すぐに処分できる
・水抜きの手間がない
・自宅まで回収に来てくれる
・他の不用品もついでに処分できる
・費用がかかる

費用はかかりますが、持ち運んだり解体したりする必要がありません。とにかく簡単にウォーターベッドを処分したい人におすすめの方法です。

ウォーターベッド以外の不用品があれば、一緒に処分できます。部屋の模様替えや断捨離などで、ウォーターベッド以外の不用品が出た場合にもおすすめの処分方法です。

ベッドの処分方法に関してはベッドの処分方法8選!お得な捨て方徹底解説【粗大ごみ回収?ニトリ引き取り?も参考にしてください。

ウォーターベッドの処分費用

ウォーターベッドの処分費用

ウォーターベッドを処分するときの費用相場は以下のとおりです。予算に合わせてウォーターベッドの処分方法を検討してください。

処分方法 処分費用
粗大ゴミ 400〜3,000円
解体して一般ゴミ 数十円(ゴミ袋代)
ゴミ処理施設への持ち込み 300〜1,000円
買い替え時の引き取り 無料〜20,000円
引っ越し業者 5,000〜10,000円
不用品回収業者 5,000円〜30,000円

粗大ゴミ:400〜3,000円

ウォーターベッドを粗大ゴミで処分するときの費用相場は400〜3,000円です。処分費用などのルールは自治体によって違います。例えば、東京都新宿区の場合は、水や空気などの中身を抜いてたたんだ状態で400円です。

解体して一般ゴミ:数十円(ゴミ袋代)

ウォーターベッドを解体して一般ゴミで処分するときの費用相場は数十円です。ゴミ袋代だけで済みます

ただし、ウォーターベッドを解体する手間はかなり大変です。労力が費用に見合うか考えたうえで検討してください。

買い替え時の引き取り:無料〜20,000円

ウォーターベッドを買い替え時の引き取りで処分する場合、費用相場は無料〜20,000円です。ウォーターベッドの引き取りを依頼する店舗によって費用が設定されています

ただし、ウォーターベッドの引き取りには、新しくウォーターベッドを買わなければいけない場合が多いです。普通のベッドだと引き取りは行ってくれないことが多いので注意しましょう。

販売店に引き取りを依頼すると、買い替えのついでに処分できます。メリットとデメリットを考慮したうえで検討してみてください。

引っ越し業者:5,000〜10,000円

引っ越し業者にウォーターベッドの処分を依頼する場合、費用相場は5,000〜10,000円です。引っ越し業者によって費用は違います。引っ越し業者によっては引き取り自体を行なっていないケースもあるため、しっかり確認したうえで利用を検討しましょう。

不用品回収業者:5,000〜30,000円

不用品回収業者でウォーターベッドの処分を依頼する場合、費用相場は5,000〜30,000円です。不用品回収業者によって費用が設定されています

不用品回収業者での処分費用はやや高いですが、最短即日対応してくれるのがメリットです。自宅の中まで回収に来てくれます。水を抜いたり重いウォーターベッドを運び出したりする手間もありません。

ウォーターベッド以外にも不用品がある場合は、トラック積み放題プランを利用がおすすめです。トラック積み放題プランなら、一つあたりの処分費用を抑えられます。

トラック積み放題プランに関しては不用品回収業者でおすすめのトラック積み放題プラン【単品回収との違い】を参考にしてください。

ウォーターベッドを処分するときの注意点

ウォーターベッドを処分するときの注意点

ウォーターベッドを処分するときの注意点は以下のとおりです。スムーズにウォーターベッドを処分するためにも、必ず押さえておきましょう。

  • 水抜きは自分で行う
  • 素材によって処分方法が変わる
  • ウォーターベッドの寿命は約10年

水抜きは自分で行う

自治体の回収サービスなどでウォーターベッドを処分する場合は、自分で水抜きを行う必要があります。水の入った状態では回収してくれません

ウォーターベッドの水抜きをする手順は以下のとおりです。

  1. 水の挿入口にホースをつなぐ
  2. ホースの出口を洗面所やお風呂まで持っていく
  3. 水を抜く

水抜きには、ホースとウォーターベッドをつなぐ器具が必要です。容器に水を入れて自分で運ぶ方法もありますが、かなりの手間がかかります。

水抜きが面倒と感じるなら、不用品回収業者などに依頼してください。不用品回収業者は水抜きまで一括で行ってくれます

素材によって処分方法が変わる

ウォーターベッドは素材によって処分方法が変わります。ウォーターベッドのフレームには木を使ったものもあれば、スチールを使ったものもあるからです。

ウォーターベッドを解体して一般ゴミとして処分するためには、素材ごとに分別する必要があります。各素材ごとの処分方法を確認したうえで、ウォーターベッドを捨てましょう。

素材ごとに分別するのがめんどくさいなら、一般ゴミ以外の処分方法がおすすめです。不用品回収業者などは、素材に関係なく回収してくれます

ウォーターベッドの寿命は約10年

ウォーターベッドの寿命は約10年です。ウォーターベッドの処分を検討する場合は、10年を目安に考えてください

リサイクルショップで売却する場合、購入から期間が経っていると取り扱ってもらえません。きれいに使っていても、10年を超えるウォーターベッドは買取してくれないことが多いです。リサイクルショップでの売却を検討しているなら、購入から何年経っているか確認しましょう。

ウォーターベッドの処分を検討しているなら

ウォーターベッドの処分を検討しているなら

ウォーターベッドを処分する方法は以下の7つです。それぞれのメリット・デメリットを理解して、適切な方法で処分しましょう。

  • 粗大ゴミで処分
  • 解体して一般ゴミで処分
  • 知人・親族に譲る
  • 買い替え時に引き取りを依頼
  • リサイクルショップに売却
  • 引っ越し業者に処分を依頼
  • 不用品回収業者に処分を依頼

ウォーターベッドを手軽に処分したい人は、不用品回収業者の利用がおすすめです。不用品回収業者は最短即日、いらないウォーターベッドを自宅まで回収に来てくれます。

ウォーターベッドをはじめとする粗大ゴミ、廃品、不用品回収、ハウスクリーニング、ゴミ屋敷清掃、片付け代行などにお困りなら『粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃のパイオニア!粗大ゴミ回収サービス』までご相談ください。

お見積もりは無料です。電話の他、メールやLINEでもお気軽にご相談ください。

私達が選ばれる8つの理由!

  • 1

    即日対応 可能!

  • 2

    最短25分で スグに到着

  • 3

    早朝・深夜でも 対応可能

  • 4

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    リピーター 利用可能

スタッフ待機中|その場でお見積もり
・即回収!「地域と回収量をお伝えください」

スタッフ待機中・地域と回収量をお伝えください

粗大ゴミ回収サービス