エアコンの処分方法4選!引越し直前どうする?【ゴミ屋敷・オフィス移転まで徹底解説】

2023年7月27日

  • 引越し間近で、エアコンを急ぎで処分したい!
  • エアコンは粗大ゴミに出せないって本当?
  • 大家さん、管理会社、業者から提示された処分料金は少し高いような…。

そんなお困り事や疑問を持つ方のために、エアコン処分の大原則から料金相場お得な処分方法まで徹底解説。

記事後半では、ケーズデンキやヤマダ電機といった大手家電量販店によるエアコンの回収についても比較しています。ぜひ参考にしてみてください。

家庭用エアコンの処分方法

さっそく、エアコンの処分方法をご紹介していきます。

一口に「エアコンの処分」といっても、買取してもらう方法から、無料で回収してもらう方法、有料で引き取ってもらう方法までさまざまです。

「クーラーは、自治体の粗大ゴミで出せる?」「家電リサイクル法でエアコンを処分するのは、ややこしい?」など悩みのある方も多いはずです。

処分方法を詳しくご紹介しますので、ぜひ自分にあった処分方法を探していきましょう。

家庭用エアコン処分の大原則

処分される複数の古いエアコン

家電リサイクル法により、冷蔵庫や洗濯機、冷凍庫、衣類乾燥機といった家電リサイクル法対象4品目家電製品については、適切にリサイクルを求めるルールが決められています。家庭用エアコンも、その一つなので消費者(排出者)は、守っていかなくてはなりません。

エアコンは、家電リサイクル法に基づく処分が求められています。他の家電のように、自治体の粗大ゴミ処理センターに出すことはできません。

そのため、エアコンをリサイクル処分するには、以下の4つの方法から選ぶようになります。

処分方法 おすすめの方
家電量販店で回収 エアコン1台だけ処分したい方・買い替えをしたい方
不用品回収業者に回収依頼 引越し・断捨離などエアコン以外も複数の粗大ゴミを処分したい方
指定引取場所に持ち込む 持ち込みが可能・取り外しも自分でできる知識がある方
買取業者を利用する 比較的新しいエアコンを保有している方

特に、利用頻度の高い家電量販店と不用品回収業者で処分する方法を次でご説明していきましょう。ご自身のケースでどの処分方法が向いているのかが分かりやすくなるはずです。

家電量販店

エアコンを1点だけ処分するなら、家電量販店がおすすめです。家電量販店は、家電リサイクル法に基づき適切に回収・リサイクルする義務があります。

  • エアコン引き取りのみ
  • 買い替え時に引き取り

どちらも家電量販店でスムーズに進めてくれるので、安心して依頼できます。エアコンの購入店が分からない場合でも、家電量販店に相談をすれば適切な回収やリサイクル券の記入等進めてくれるので便利です。

指定引取場所での処分なら家電リサイクル券の購入や手続きなどを自分で進めなくてはなりませんが、家電量販店での処分は、スムーズに進めてもらえます。

エアコンの処分だけを済ませたい時には、まず家電量販店の公式サイトを検索してみましょう。各家電量販店のエアコン処分方法を比較してみてから、絞り込むのもおすすめ。

エアコン以外の大型家電を処分したい時には、以下の記事もぜひ目を通してください。

≫大型家電の処分方法8選!費用や注意点まで徹底解説【無料で回収はしてくれる?】

不用品回収業者

一方、エアコン・クーラー以外にも粗大ゴミが大量にある場合、たとえば断捨離、大掃除、オフィス移転などの機会であれば、回収業者がおすすめです。

回収業者なら、家電リサイクル法対象品目、他の家電や家具などさまざまな不用品があっても一度の依頼で全て回収できるのがメリット。

エアコンは家電量販店へ、タンスやベッドは不用品回収業者へとそれぞれ依頼をしなくて済み、スピーディーかつお得な処分が実現できます。支払う際にも、よりお得な料金定額プランを使えるので経済的です。

しかも、回収業者なら最短即日回収も可能なところも多く、急な処分で困っている時も間に合うはずです。

窓用エアコンの処分に悩んでいる方は、以下も参考にしてください。

≫窓用エアコン(ウィンドウエアコン)はどう処分する?8つの方法をわかりやすく解説

家庭用エアコンの処分費用

電卓で費用を算出するイメージ

大型家電リサイクルの流れを確認したところで、それぞれの段階でかかる処分費用について見ていきましょう。

エアコン処分を始め、液晶テレビ、ブラウン管テレビ、プラズマテレビ・冷蔵庫、冷凍庫・洗濯機衣類乾燥機の処分にあたっては、大きく分けて3つの費用がかかります。

  1. エアコン取り外し料金
  2. 収集・運搬料金
  3. リサイクル代金

※引き取り業者によって呼び方は多少異なります。

①エアコン取り外し料金

エアコンの内部には、フロン入りの冷媒ガスが含まれています。そのため、ポンプダウンと呼ばれる作業で適切に行い回収してもらう必要があります。

エアコンの取り外しについては、引き取り義務のある販売店(家電量販店)なら、下表の通り4,000円〜10,000円程度が相場です。

しかし、2階屋根や屋上など、高所で取り外しが困難な場合は追加料金が発生します。また、搬出が困難な場合など、想定外の出費となることもあるので、事前に確認しておきましょう。

<大手家電量販店のエアコン取り外し料金相場>

家電量販店 エアコン取り外し料金
ヤマダ電機 6,600円〜
エディオン・100満ボルト 8,800円〜
コジマ 5,500円〜
(新規取付なしでも、追加料金3,720円で対応可)
ケーズデンキ 6,600円〜
ヨドバシカメラ 4,400円〜

上記の表でわかるように、コジマやヨドバシカメラは取り外し料金が比較的安くなっています。ヤマダ電機とケーズデンキは6,600円からと料金は同じです。

引越しの際に悩むのがエアコンの取り付け・取り外しでしょう。そんな時に役立つのが、以下の記事です。

≫引越し時のエアコンの取り付け・取り外し・処分はどこに依頼するべき?

②収集・運搬料金

収集・運搬料金は、家の玄関から運送業者などの「指定引取場所」まで引き取り業者が運ぶ料金を指します。

そのため、自分でエアコンを外して車で購入店舗などに持ち込む場合でも、少なからず収集・運搬料金はかかります

また、多くの家電量販店のエアコン回収サービスは、エアコンの買い替え時、かつ「設置日に設置住所で」古いエアコンを回収することを想定しています。

そのため、以下の場合は必ずといってよいほど追加料金が必要です。

  • 他の大型家電を購入して、エアコンを引き取ってもらう場合
  • 古いエアコンの回収が新しいエアコンの設置日と別の日になる場合
  • 新しいエアコンの設置先が古いエアコンのある住所と異なる場合
  • 購入したエアコンの台数よりも引き取り台数の方が多い場合*

*ただし、室外機に対して室内機が複数あるマルチエアコンの対応は量販店によって異なる。

さらに、次のような場合はそもそも引き取りを受け付けてくれなかったり、割増料金が発生したりする場合があります

  • 新規購入せず、古いエアコンの回収のみの場合*
  • エアコン設置を業者に頼まず、玄関先までの配達のみの場合*
  • 古いエアコンがリサイクル対象ではない場合(業務用など)
  • 古いエアコンが他店での購入品の場合

*購入店舗には引き取り義務があります。ただし、追加料金が発生します。

買い替え時・設置日・設置住所でのエアコン回収は、多くの家電量販店で1,000円〜2,000円程度です。

一方、引き取りのみの場合、設置日と別日、他住所でのエアコン回収はこれより1,000円〜3,000円程度高くなっています。

③リサイクル代金

リサイクル代金は、エアコンのメーカーごとに定められており、引き取り業者によって変わることはありません。

リサイクル料金の支払いは、以下の2つの方式があります。

料金郵便局振込方式 許可業者に依頼する場合
直接自分で持込する場合
料金販売店回収方式 家電量販店に処分を依頼する場合

もし、家電量販店が一般財団法人 家電製品協会に加入していない場合には、料金郵便局振込方式を利用します。

多くのメーカーのエアコンリサイクル代金は、室外機と室内機合わせて990円です。一部メーカーのエアコンについては2,000円と。なっています。

他の大型家電のリサイクル料金は2,000〜5,000円程度なので、エアコンのリサイクル料金は安い印象です。

ただ、冷蔵庫やテレビの取り外しに全く費用がかからないのと比べると、エアコンの処分費用は取り外し費用もかかるのでトータルではむしろ高いといえるでしょう。エアコンの場合、取り外しにも適切な技術を要するので、それなりの費用が発生するわけです。

ヤマダ電機やケーズデンキなどの家電量販店のホームページにも、リサイクル料金が記載されているので、気になる人は検索してしてみてください。

室外機だけの処分方法については、以下も参考にしてください。

≫エアコンの室外機だけの処分はできる?方法を徹底解説!

エアコン処分で便利な量販店の引き取りサービス比較

エアコン処分をサポートしてくれる家電量販店チェーンをまとめました。各家電量販店の公式サイトにて詳細な料金・出張対応の有無も調べられます。

家電量販店 収集・運搬料金 買い替え時以外の出張対応の有無
ヤマダ電機 1,650円 出張料金2,750円
エディオン・100満ボルト 1,100円(1台目) 購入時ではない場合:2,200円(同社商品)、3,300円(他社商品)
コジマ 1,650円(1台目) 宅配便利用商品の場合は収集運搬料金2,750円
ケーズデンキ 1,650円 >追加料金で引き取りのみの対応あり
ヨドバシカメラ 550円 購入台数より多いなどの場合、1台につき追加料金2,750円

※エアコンについてのサービスをまとめています。他製品のリサイクルについては、リサイクル料金や出張対応の有無が異なります。詳細は各社ウェブサイトをご確認ください。

※エアコン回収にあたっては、これらの費用に加え「エアコン取り外し料金」と「リサイクル代金」がかかります。

上記の表でわかるように、ヤマダ電機やコジマ、ケーズデンキなどと比較するとヨドバシカメラは収集・運搬料金が安いといえます。買い替え時以外の出張対応の有無もそれぞれ家電量販店ごと料金が異なるため、依頼する際は、事前に確認しましょう。

家電量販店によるリサイクルサービスの注意点

家電量販店による大型家電リサイクルサービスの利用にあたっては、以下の点に注意しましょう。

  • クーラーを購入した店舗やその系列店舗のみの回収対応でないか
  • 家の近くにある店舗が回収対応店舗かどうか
  • お住まいの地域が出張対象外でないか(沖縄や離島など)
  • 自ら取り外す場合は、確実に失敗しない専門知識や経験があるかどうか
  • 家電量販店に持ち込む場合は、車に乗るサイズか、また、自力で持ち運べるか

特に経験がない場合は、無理をして自分でエアコンを取り外さない方がよいでしょう。失敗すると、オゾン層を破壊するフロンを大気中に放出してしまうこととなり、環境破壊に加担してしまいます。

エアコン買取サービスは面倒?

エアコン

ここまでは、古くなったエアコンを引き取ってもらう場合の流れや費用を紹介してきました。しかし、比較的新しい機種で、定期的に掃除するなどしっかりメンテナンスされていた場合、買い取ってもらえる場合もあります。

商品情報の入力など多少の手間はかかりますが、買取対象のクーラーの場合、取り外しまでやってくれる業者も多いです。家電量販店に持ち込む場合と同じく、特にクーラーに関する知識・経験がない場合は、無理して自分でエアコンを取り外さない方がよいでしょう。

取り外しに失敗すると、買取価値がなくなってしまう場合も。

お近くの不用品買取専門業者やエアコン買取専門業者を調べてみましょう。高く買い取ってほしいなら、エアコン買取一括査定や不用品買取一括査定サービスを利用するのがおすすめですが、面倒に感じる人が多いかもしれませんね。

家庭用エアコンの買い替え時期

どのタイミングでエアコンを買い換えるべきなのか悩んでしまう人向けに、買い替え時期の目安をお伝えします。

ここでは、家庭用エアコンの耐久年数と消費電力性能を見ていきます。

家庭用エアコンの耐久年数

エアコンの種類 耐久年
家庭用 6年〜10年
業務用 10年〜15年

使い方にもよりますが、多くのエアコンの耐久年数は10年程度とされています。

ちなみに、メーカーは製品を売ってから10年間、修理部品を持っていなければなりません。つまり、10年経ってエアコンが故障すると、部品がないために修理できない可能性が出てきます。

消費電力性能性能の劣る古いクーラーを使い続けた場合、温度設定などで同じ使い方をしていても余計に電力を消費してしまいます。買い替え時期の検討にあたっては、月々の電気料金を含めたトータルコストから買い替え時期を考えるとよいでしょう。

2010年頃からエアコンの商品電力性能は上がっていない

実は、2010年頃からエアコンの商品電力性能は上がっていません。

一方、2005年頃に発売されたエアコンと2020年のものを比べると、およそ15%ほど節電できており、性能に大きな違いが見られます。

これほど使用電力量が違うと、月々の電気代、ひいては家計に響いてくると思われます。耐久年数と消費電力の性能を踏まえると、「2005年以前」のエアコンがまだ家にあるようであれば、あまり迷わずに買い換えた方がよいでしょう。

エアコンは暑い夏、寒い冬、かなりの頻度で使う家電です。当然買い替え時の初期費用はかかりますが、電力消費の少ない新しめのものに変えた方がお得に、しかも日々快適に暮らせます。

家庭用エアコン処分方法まとめエアコンの処分にあたっては、有償引き取りに対応しているお近くの家電量販店か、事前に見積もりを出してくれる回収業者に依頼しましょう。

家庭用エアコンの処分方法まとめ

家庭用エアコンの処分方法は、次の4つです。

  • 【引っ越し・断捨離・ゴミ屋敷片付け時など】不用品回収業者に引き取ってもらう
  • 【良品・美品】エアコン買取一括査定会社や買取専門業者を利用する
  • 【専門知識あり・安く】自分で取り外して「指定引取場所」に持ち込む
  • 【買い替え予定】家電量販店での新規購入に際し、設置時に引き取ってもらう

比較的新しいエアコン、元の値段が高かった機種、メンテナンスが行き届いた良品であれば、まずはリサイクルでなくリユースしてくれる買取業者の利用を検討しましょう。

古くなったエアコンについて、適切な手順で室外機・室内機を外す知識と経験があり、手間をかけてでも安くしたいなら、お近くの「指定引取場所」まで持ち込むのが一番お得です。ただし、リサイクル券の購入などの事前手続きを忘れないようにしましょう。

近場に指定引取場所がない場合は、家電量販店の対応店舗に持ち込む手もあります。エアコンの買い替え予定があるなら、設置時に引き取ってもらうのがよいでしょう。手間がかからない上、比較的費用もかけずに処分できます。

また、新規の購入予定がない場合、引っ越しで時間がかけられない場合は、不用品回収業者に引き取りに来てもらうのがおすすめです。最速かつ手間をかけずにエアコンを処分できます。

なお、引っ越し時にエアコンと一緒に他の家電なども処分される方は、ぜひあわせて以下の記事もご覧ください!

⇒分別不要で生活ゴミ・廃棄物・汚物・事業ごみを格安処分

エアコン処分は信頼できる業者へ!

エアコンの室外機3台

今回は、家庭用エアコンの処分方法や処分費用について詳しく解説しました。

エアコン取り外し時の環境への影響などを考えると、ヤマダ電機やケーズデンキなどの家電量販店に処分を依頼する方法があります。重い室内機や室外機を運ばなければならない手間を考えても、自力で処分するのは困難でしょう。

一方、古くなったエアコンと一緒に、家電やその他の不用品も処分される予定であれば粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃パイオニア!粗大ゴミ回収サービスにご相談ください。

粗大ゴミ回収サービスでは、お得な定額プランを実施しているので、エアコンはもちろんのこと、ご自宅の不用品をまとめて片付けることができます。エアコンの移動や店舗への持ち込みなど、お客様の手間は一切かかりません。

万が一、リモコンや取扱説明書などの付属品がない場合でも対応が可能です。

粗大ゴミ回収サービスでは電話はもちろん、メールやLINEでも連絡を受け付けているので、お困りごとがあればいつでも気軽にご連絡ください。

私達が選ばれる8つの理由!

  • 1

    即日対応 可能!

  • 2

    最短25分で スグに到着

  • 3

    早朝・深夜でも 対応可能

  • 4

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    リピーター 利用可能

スタッフ待機中|その場でお見積もり
・即回収!「地域と回収量をお伝えください」

スタッフ待機中・地域と回収量をお伝えください

粗大ゴミ回収サービス