意外と知らない蛍光灯の適正な処分方法!費用相場はどれくらい?

使用済みの蛍光灯は無料で処分できるの?大量に処分したい蛍光灯がある時はどうしたらいい?そんな疑問に答えます。

蛍光灯は自治体によって処分方法のルールが異なります。したがって、まずは自治体のホームページを確認することが必要です。

とはいえ、基本的な処分方法を知っておけば、スムーズに捨てられます。ぜひ、記事を一読して、蛍光灯の正しい処分方法を理解していきましょう。

蛍光灯を処分する前に

蛍光灯

蛍光灯の内側には蛍光塗料や水銀などの有害物質が含まれています。大変危険なので、そのまま捨てたり、割ってゴミに出すのはNGです。

特に、水銀は微量だとしても環境汚染や健康被害につながる恐れがあるので、取扱いに注意が必要です。

一方、平成29年、環境省では水銀の回収を徹底するために、蛍光灯を「水銀使用製品廃棄物」として指定しました。それにより、収集運搬や処分の許可を受けた指定業者のみが、蛍光灯の回収が可能です。

ただし、法律が改正されて間もないため、許可を得ていない業者も存在します。正直、環境省から認可を受けている業者を見極めるのは難しいのが現状です。

そこで、どこに依頼するのが安全なのか、蛍光灯の正しい処分方法を詳しく紹介します。

蛍光灯を正しく処分する8つの方法

蛍光灯を処分する際のルールは自治体によって異なりますが、一般的には次のような処分方法が挙げられます。

  1. 不燃ゴミ回収
  2. 粗大ゴミ回収
  3. ステーション回収
  4. 回収ボックスへの持ち込み
  5. 家電量販店
  6. リサイクル業者
  7. 不用品回収業者
  8. 産業廃棄物処理業者

順番に説明します。

不燃ゴミ回収

自治体によっては、蛍光灯の処分は不燃ゴミ扱いになります。毎週もしくは月に1度など地域によってルールは異なりますが、手間をほとんどかけずに処分が可能です。

東京都世田谷区を例に挙げると、蛍光灯はケースに入れて不燃ゴミとして出すよう指示されています。同様に、大田区や文京区なども蛍光灯は不燃ゴミです。

割れてしまった蛍光灯も、新聞紙に包めば不燃ゴミとして捨てることができます。

粗大ゴミ回収

蛍光灯の種類は丸形や直管型などさまざまで、長さも異なります。自治体によっては、粗大ゴミ扱いとなる場合もあるので、捨てる前に確認が必要です。

自治体の粗大ゴミ回収の流れは、次のようになります。

  1. 粗大ゴミ受付センターに連絡する
  2. 粗大ゴミ処理券を自治体が指定する場所で購入する
  3. 粗大ゴミ処理券を蛍光灯のよく見える場所に貼る
  4. 指定日時に集積所へ持ち込みする

粗大ゴミ処理券は、コンビニや郵便局で購入でき、料金相場は200円~400円です。

ステーション回収

ステーション回収とは、路上や町内会の共有地になどに設けられた集積所(ステーション)に、家庭ゴミを捨てる方法です。ほほとんどの自治体で回収日が決められており、週に1度もしくは月に1度回収してもらえます。

実際、蛍光灯はリサイクル品目として回収が強化されているため、ステーション回収を行っている自治体は多いです。

ただし、回収してもらえるのは割れていない蛍光灯に限ります。割れている蛍光灯は、不燃ゴミ扱いになる自治体が多いので、注意しましょう。

回収ボックスへの持ち込み

自治体によっては、公民館やスーパーなどに蛍光灯を廃棄できる回収ボックスを設けている場合もあります。買い物や近くに行ったついでに捨てられるので、非常に便利です。

回収ボックスの設置場所は、各自治体のホームページに載っていますので、利用したい人はチェックしてみましょう。

蛍光灯と同じく、オフィスや自宅ワークスペースなどから出るパソコン扇風機なども回収ボックスに持ち込める場合があります。この機にまとめて処分して、すっきりしましょう。

家電量販店

蛍光灯を新しく買い換えるときは、家電量販店に持込するのも一つの方法です。無料で引き取りしてもらえるので、処分するのに時間もお金もかかりません。

ただし、家電量販店では、専用の回収ボックスを設置している場合と、店頭での引き取りになる場合に分かれますので、確認が必要です。

リサイクル回収業者

処分したい蛍光灯が何本かある場合は、リサイクル回収業者に依頼する方法もあります。リサイクル回収業者は、自宅まで回収に来てくれる場合もあるので、持込するのが面倒な人は便利に活用できるでしょう。

処分費用は1kg180円~、あるいは1本40円~など、業者によってさまざまです。利用する際は、複数の業者を調べて、金額に納得してから依頼するのがおすすめです。

不用品回収業者

処分したい蛍光灯が何本もある場合は、不用品回収業者に依頼するのが便利です。不用品回収業者は、状況によってお得になるプランを準備していたり、割引キャンペーンを行っていたりする場合があるので、リサイクル業者よりもお得に処分できる可能性があります。

特に、蛍光灯の他に家電や家具などの不用品も処分したい場合は、積み放題プランを利用して格安料金で回収してもらえます。

不用品回収業者は、作業をすべてお任せできるうえに、即日対応してくれる業者も多いのがメリットです。引っ越しに伴う片付けや、忙しくて時間が取れない人の見方になってくれるでしょう。

産業廃棄物処理業者

事業に伴って排出される蛍光灯は、原則、産業廃棄物として処分しなければなりません。産業廃棄物扱いになる蛍光灯は、一般の不燃ゴミや粗大ゴミ扱いとして捨てることはできないので、注意が必要です。

定期的に蛍光灯を処分している事業所などは、産業廃棄物処理業者(産廃業者)と契約を結び、会社の敷地内に回収ボックスを設置しています。一方、たまにしか蛍光灯を処分しないときは、持込することも可能です。

いずれにせよ、産業廃棄物扱いになる蛍光灯は、産業廃棄物処理の許可を取得している業者に依頼する必要があります。

蛍光灯を処分する際に知っておきたいポイント

Q&A

蛍光灯を新しく交換しようと考えている人も多いでしょう。この章では、蛍光灯の寿命や生産終了の情報など、知っておきたいポイントをお伝えします。

蛍光灯の寿命はどれくらい?

蛍光灯の寿命は約6,000時間~12,000時間で、蛍光灯の安定期の寿命は約10年です。近年主流になっているLEDの寿命は40,000時間なので、LEDに比べると蛍光灯の寿命は短いといえます。

「蛍光灯がチラチラする」「点灯まで時間がかかる」などの症状が現れたら、寿命が近づいている証拠です。見た目で判断する場合は、蛍光管のガラス部分が黒ずんできたら交換のサインと捉えましょう。

蛍光灯は2020年で生産終了になっている?

近年、電器店に行くと、蛍光灯よりもLEDの方が目につくようになりました。2020年に蛍光灯は生産中止されたともいわれており、蛍光灯の寿命がきたらどうすればいいのか迷いますよね。

ただ、正式には蛍光灯対応の照明器具が生産中止という意味を指し、生産は続けられています。つまり、蛍光灯は急に店頭から消えるわけではなく、しばらくは販売されているということ。

とはいえ、2030年を目標に蛍光灯からLEDへの切り替えが行われているので、早めにLEDに移行するのがおすすめです。

LEDはイニシャルコストは高いものの、ランニングコストは年間2,000円も蛍光灯より安くなります。寿命も蛍光灯よりも1.5倍長くなるので、総合的に考えて非常に効率的です。

蛍光灯の処分方法でお困りの方は粗大ゴミ回収サービスへ

蛍光灯の他にまとまった不用品が出た場合は、ぜひ粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃のパイオニア!粗大ゴミ回収サービスへご相談ください。

期間限定のキャンぺーンや通年利用できるトラック積み放題プランで、お得に処分することができます。もちろん、単品回収もお任せください。

粗大ゴミ回収サービスでは、回収作業教育による徹底した業務効率化により、作業時間の短縮や電話対応、見積もりなどお客さまの満足度向上に努めております。

ぜひ、この機会にお家の中を一気に片付けて、快適な暮らしを実現してみませんか?私たち粗大ゴミ回収サービスが、お客さまの生活を豊かにするお手伝いをいたします。

私達が選ばれる8つの理由!

  • 1

    即日対応 可能!

  • 2

    最短25分で スグに到着

  • 3

    早朝・深夜でも 対応可能

  • 4

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    リピーター 利用可能

パックがお得な 粗大ゴミ回収サービスの回収料金

19,800 円

14,800(税込)

目安 :1.5㎥

大型家具家電に!

39,800 円

34,800(税込)

目安 :3㎥

間取り :1R~1K

59,800 円

54,800(税込)

目安 :5㎥

間取り :1LDR~2LDK

遺品整理/ゴミ屋敷清掃に

無料お見積り

目安 :20㎥

間取り :一軒家

スタッフ待機中|その場でお見積もり
・即回収!「地域と回収量をお伝えください」

スタッフ待機中・地域と回収量をお伝えください

粗大ゴミ回収サービス