DCM系列ホームセンターの回収サービスは?利用条件等を解説【ホーマック/カーマ/ケーヨーデイツー】

DCK系列ホームセンターの回収サービス

「ホーマックで冷蔵庫やテレビなどの引き取りができる?」「DCM関連ではガーデニング用品や土を回収してもらえる?」

ホームセンターを利用する方は、ガーデニングやDIY関連の不用品処分にも悩みがちでしょう。

この記事では、DCM系列のホームセンター(DCMカーマ、DCMダイキ、DCMホーマック、DCMサンワ、DCMくろがねや、ケーヨーデイツー)での回収サービスを解説していきます。

ただし、利用する際には回収の条件や特徴を知っておく必要も。また、DCMで回収できないものの手軽な処分方法もご紹介します。

近くのDCMを利用している方は、買い物の際に回収を活用してみませんか?

また、DCMにお問合せしたい方はこちらの「お問合せ」にご連絡ください!

DCMホーマックの無料回収リサイクルステーション

DCMのリサイクルボックス回収

DCMホーマックでは、リサイクルステーションと購入時の引き取りが利用可能です。

まず、DCMホーマックの無料回収サービスからご紹介します。

リサイクルステーションの利用方法

DCMホーマック駐車場に、リサイクルステーションが設置されています。新聞や雑誌、ペットボトルなど資源物をボックス回収しています。

  1. 受付機のタッチパネルで受付をする
  2. 資源物を指定の回収ボックスへ投入する
  3. 資源物の量・種類に応じてリサイクルポイントが付与される

ただし、リサイクルステーションの設置は一部のみ。設置店舗は、徐々に増えています。

  • 200点貯まる⇒DCMホーマックで使える200円分の商品券に交換

自治体の資源回収と併用することもできます。資源ゴミが溜まるたびに、リサイクルステーションで処分ができて便利ですね。

DCMホーマック等の引き取りサービス【回収品目は?】

DCMでは、引き取りサービスも提供しています。ただし、対象品目は一部だけです。

  • 購入1点につき、持ち込んだ同等品1点を引き取り可能

DCM公式サイトで上記条件は掲載されていますが、各店舗ごとの対象品目の記載は、2024年4月現在ありません。

回収を行っている店舗において、以下の対象品目をまとめたチラシが店内にある場合も。チラシが見つからない場合でも、回収対応ができる店舗もあるかもしれません。事前に問い合わせしておくと安心です。

DCMホーマックやケーヨーデイツーなど店舗によっても、対象品目が異なります。

対象品目
体重計 物干し 照明器具
調理家電 掃除機 扇風機
台車 脚立 電動工具
大型健康器具 バーベキューコンロ 自転車
インテリア用品 家具 プラスチック収納
消火器 園芸用品 ホースリール
住設用品 蛇口 バッテリー
ペット用品 鍋・フライパン

台所用品

事務用品

買い替えの際に、持ち込みすればその場で回収してもらえるので、すっきりと新しいものを使えるようになるはずです。

ケーヨーデイツーの無料回収

ケーヨーデイツーでは、対象品を購入した場合、無料回収をしてもらえます。

無料回収の対象品目

対象品目
扇風機 ファンヒーター プランター
脚立 BBQコンロ 炊飯器
電子レンジ ガステーブル 掃除機
水栓 照明器具 カーテンレール
ブラインド テレビドアホン 自転車
消火器 バッテリー

対象品目でも一部引き取りができないものもあるため、購入前にサービスカウンターで相談しておくのが無難でしょう。

DCMカーマの無料回収

DCMカーマでも、無料回収に対応している店舗があります。

回収ボックスに資源物を持ち込んで処分が可能です。

対象品目であっても、古布には回収条件があるので確認した上で投かんしましょう。

対象品目
新聞・チラシ 雑誌 ダンボール
牛乳パック 古着 充電式電池・ボタン電池

たとえば、以下のカーマでは資源回収に対応しています。

  • DCMカーマ可児店
  • DCMカーマ岡崎店
  • DCMカーマ野々市店
  • DCM カーマ直江津店
  • DCM カーマ小松店

回収ボックスに入れた資源ゴミに応じてポイントが付与されるので、買い物の際に使えて便利です。普段利用しているDCMカーマで、回収ボックスがあれば活用してみましょう。

DCMダイキの無料回収

DCMダイキでも、回収ボックスに資源物を持ち込んで処分ができます。

対象品目
食用油 古着 インクカートリッジ
レジ袋 ボタン電池 小型家電

たとえば、以下の店舗では対象品目を回収しています。

  • DCMダイキ美沢店
  • DCMダイキ堺美原店
  • DCMダイキ松前店
  • DCMダイキ黒崎店

店舗ごとに回収対象品目が決まっているので、他のDCM系列と同じくダイキでも確認しておくことをおすすめします。

ちなみに、DCMニコットは北海道に店舗が多く、ホダカはプロ向け製品を取り扱うホームセンターです。DCMニコット・ホダカでも、同じDCM系列のホームセンターなので回収に対応しているところもありそうです。

  • DCMホダカ富士店 ボタン電池回収可

DCM系列店舗の回収サービス概要とは?【ホーマック等】

DCMの回収でできること・できないこと

DCM系列のホームセンターでは、回収サービスを展開していることが分かりました。

サービスを利用する際には、以下の概要をつかんでおくと活用しやすくなるでしょう。また、DCMで回収できないものと分かれば、別の処分方法を計画しやすくなります。

購入時に不用品を回収してもらえるサービス

DCMの店舗でご紹介したとおり、引き取りサービスを利用できるのは、購入することが前提です。新しく買い替えする際に、古いものの処分が同時にできます。

購入予定がある場合、DCMで購入すればその場で処分もできるので手っ取り早くできるでしょう。

不用品を単純に処分だけしたい場合、引き取りサービスは利用できません

購入した商品と同等品・同等数しか回収してもらえない

DCMの引き取りサービスは、購入した商品と同等品・同等数しか回収できません

たとえば、処分したい自転車が複数台あっても1台だけの購入なら1台しか引き取ってもらえないわけです。

DCMで回収してもらえない分の不用品は、自治体の粗大ゴミ回収や小型家電回収、不用品回収業者の利用を検討しましょう。

冷蔵庫・洗濯機・エアコン・テレビは有料でリサイクル回収

家電リサイクル法対象品目は、DCM店舗やオンラインにて回収ができます

ただし、DCMオンラインの家電リサイクル回収は、同一品目の商品を購入した場合のみ、回収可能となっています。

また、店舗での家電リサイクル回収の詳細までは、2024年4月現在、公式ホームページに掲載されていません。

家電量販店で回収を依頼する時と同じく、リサイクル料金と収集運搬料金がかかります。

DCM以外で家電リサイクル対象品目の回収は、主に以下の方法があります。

  • 家電量販店
  • 指定引取場所
  • 不用品回収業者

≫大型家電の処分方法8選!リサイクル費用は?【2F以上からの引越しなども】

土の回収はできない

ガーデニングや家庭菜園のためにホームセンターを利用する方も多いでしょう。その際に、古い土を回収してもらえると助かりますね。

DCMでは、土の回収はできません。また、石材も不可です。

以下のように、ホームセンターでも土の回収に対応しているところもあります。ただし、土の回収ができるホームセンターでも、量や条件が決められているので注意してください。

≫ユニディの土の回収!利用条件や注意点を解説【最も簡単な処分方法は?】

≫コーナンの回収サービスを上手に活用!対象商品と利用方法・注意点

【DCMホーマック以外なら回収できる?】ガーデニング・DIY用品の処分方法

自治体でゴミ処理が難しいもの

ホーマックを始めとするDCM以外でガーデニング・DIY用品を回収してもらうには、以下の2つの方法があります。

自治体回収を利用する【土は回収不可が多い】

土の処分は、自治体回収では受け付けていないところが多くなっています。土の回収ができないのは、土は廃棄物ではなくも自然にあるものだからです。(砂利や岩・庭石も同じ解釈)

ただし、自治体によっては「燃えないゴミ」「燃えるゴミ」で土を回収しているところもあります。出せる土の量や出し方は、自治体のルールに従いましょう。

自治体回収では処理やリサイクルができないために、土以外でも回収不可のものは意外とあります。

各販売店か回収業者に相談をしましょう。

土と合わせて植木や植物の処分方法が知りたい場合は、以下を参考にしてみてください。

≫植木・植物の処分方法5選!伐採するときの費用【捨て方は簡単】

≫植木鉢の処分方法10選!ガーデニングで大量に…【オフィス移転や店舗排出にも】

不用品回収業者に回収を依頼する

ガーデニング・DIY用品を処分をしたい時は、不用品回収業者への依頼もできます。不用品の種類に関係なく一括で回収してもらえるので手間がかかりません。

不用品回収業者を利用すれば、処分に困っていたガーデニング・DIY用品も手軽に片付けられます。

不用品回収の費用を抑えるには、軽トラック積み放題などの定額パックがおすすめ。

定額パックの詳しい内容は、以下の記事をご覧ください。

≫積み放題の不用品回収は本当にお得?トラックの大きさで料金・詰める量を比較

≫不用品回収業者でおすすめのトラック積み放題プラン【単品回収との違い】

【DCMホーマックで回収できない物も!】業者依頼のメリット3つ!

なかなか不用品を処分できない時は、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

大きなメリットは、以下の3つがあります。

業者依頼に躊躇している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ホーマックや自治体で回収不可の物も回収できる

DCMホーマックや系列店、他のホームセンターの回収サービスや自治体で回収不可のものも結構あります。不用品回収業者ならほとんどのものが回収対象となっているので、別々に処分方法を考えなくても済むので何より手軽です。

ガーデニングやDIY関連の不用品も一括処分できる

DCMホーマック・ケーヨーデイツーなどホームセンターを利用する方は、ガーデニング・DIY用品を購入する機会が多いでしょう。それだけに、不用品も溜まっていくことも多いはずです。

さまざまなガーデニング・DIY用品も一括で処分できるので、ご自宅や庭・倉庫を一気に片付けられるのもメリットです。

重量物もかさばる物も自宅まで回収してくれる

ガーデニング・DIY用品には、工具やレンガ、コンクリートブロックなど重いものも結構あります。また、剪定や伐採後の枝木、プランターや鉢、ダンボールなどは軽くてもかさばってしまいますね。

不用品回収業者なら、重量物もかさばる物もまとめて回収可能

運搬や搬出の負担もなく、片付かない悩みを一気に解決してくれます。

DCM系列(ホーマック等)での回収が難しそうなら

粗大ゴミ回収サービスDCM系列ホームセンターの回収は、条件を満たしていれば不用品を処分できます。

もし、家電や家具などをさまざまな不用品を一括で処分したい場合は、不用品回収業者がおすすめです。冷蔵庫やタンスなどの重い物から、プランターや鉢・土・植木などかさばるものまでまとめて回収してもらえます。

不用品の種類ごとに処分方法を考えずに済むため、とても楽。電話一本で、希望日時に駆けつけてくれます。

大型家具や家電といった廃品、粗大ゴミ、不用品回収からゴミ屋敷清掃ハウスクリーニング、片付け代行でお困りでしたらなら私たち『粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃のパイオニア!粗大ゴミ回収サービス』までご相談ください。

WEB限定キャンペーン 5000円オフ

特に、パックプランは定額でお得に回収ができるので、大好評!お見積もりは無料ですので、お気軽にお電話・メール・LINEでお問合わせください。

>> 無料見積もりはこちら

私達が選ばれる8つの理由!

  • 1

    即日対応 可能!

  • 2

    最短25分で スグに到着

  • 3

    早朝・深夜でも 対応可能

  • 4

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    リピーター 利用可能

スタッフ待機中|その場でお見積もり
・即回収!「地域と回収量をお伝えください」

スタッフ待機中・地域と回収量をお伝えください

粗大ゴミ回収サービス