クッションの捨て方6選!手軽な処分方法は?【格安&大量OK】

気付けば増えてきたクッションを前に、以下のようなお悩みはありませんか?

  • 古くなって薄汚れたクッションを処分したい
  • 大きなクッションやビーズソファの処分方法がわからない
  • しまい込んだクッションが邪魔

クッションの捨て方に悩まれる場合は、ぜひこちらの記事をご活用ください

クッションの捨て方6選

クッションの捨て方

クッションの量や状態によって適正な処分法を選べるように、クッションの適切な捨て方を6つ紹介していきます。

  • 可燃ゴミとして処分する
  • 一定量以上は粗大ごみとして処分
  • ゴミ処理施設で処分
  • フリマアプリ・ネットオークションで売却
  • リサイクルショップで買取を打診
  • 不用品回収業者に依頼

可燃ゴミとして処分する

小ぶりのクッションは、一般の可燃ゴミとして処分できます。

自治体によって許容範囲の大きさは異なりますが、1辺30cm以下を基準に線引きしているところが多いです。

30cm角を超えるクッションは、中身を取り出し、クッションカバーも含めて切断することで規定のサイズ以下にすれば、可燃ゴミとして処分できます。

処分料金がかからないことは大きなメリットですが、一方で、回収日が制限される、大量のクッションをまとめて捨てられないなどのデメリットもあります。
複数のクッションを一気に処分したい場合は、別の方法も検討しましょう。

一定のサイズ・量を超える場合は粗大ゴミとして処分

一定サイズ・量を超えるクッションは、粗大ゴミとして処分する必要があります。
粗大ゴミ費用はかかりますが、燃えるゴミとしてわざわざ切断する手間もなく、確実に処分できます。

ただし、処分日を自由に決めることはできないことが難点。
収集日は月に1回だけと定めている自治体も少なくなく、予約も早めに行う必要があります

ゴミ処理施設で処分

自治体が管轄しているゴミ処理施設へ、自身でクッションを持ち込む捨て方もあります。
自治体へ申し込み作業や、運搬動線の確保は必須ですが、クッションのサイズを問わず持ち込める点、粗大ゴミ回収よりも希望のスケジュールを確保しやすい点はメリットといえるでしょう。

フリマアプリ・ネットオークションで売却

新品に近いクッションや人気のある「ヨギボー」などのマイクロビーズクッションは、フリマアプリやオークションサイトでも需要があるでしょう。
処分費用をかけず売上が見込める点や、リサイクルに直結する点は魅力的なポイントです。

一方で、出品作業ややりとり、発送に手間や費用がかかります。
売却金額よりも、労力や配送料などの諸経費が上回ってしまう事がないように、気を付けて価格設定をしてください。

また、出品したクッションに買い手がつかず、希望の処分日に間に合わない可能性もあります。

リサイクルショップで買取を打診

人気ブランドや状態のよいクッションは、リサイクルショップでの買取を相談してみるのも、ひとつの方法です。

フリマアプリのような出品や取引作業、発送などの手続きは不要で、自宅への出張買取を実施している店舗もあります。

ただし、売却価格はフリマアプリやオークションよりも低いことは念頭に置いておきましょう。

不用品回収業者に依頼

希望のスケジュールにあわせたい、手間は極力かけたくない、という方におすすめの方法は、不用品回収業者に依頼してクッションを回収してもらう方法です。

自宅まで業者が回収しに来てくれるため、大量のクッションを処分したい場合にも運ぶ手間が不要です。

加えて、リサイクルショップでは買い取ってもらえないようなボロボロのクッションでも、回収してもらえることも嬉しいポイント。
不用品回収ならではの定額積み放題プランの設定もあり、クッション以外の不用品も一気に処分できます。

>> 不用品回収の軽トラック積み放題はお得?積める量と料金相場を紹介

WEB限定キャンペーン 5,000円オフ 無料見積もり

クッションの捨て方に関する注意点

クッションの捨て方の注意点

クッションを自分で処分する時の注意点として、以下の3つに着目してください。

  • 水に濡れない場所へ捨てる
  • 大量のクッションは火災に注意
  • ビーズクッションの解体は要注意

水に濡れない場所へ捨てる

意外と盲点なのは、水を含んでしまったクッションの大変さ。クッションは、濡れてしまうと非常に重くなることにくわえて、水分を多量に含んだまま時間が経過すると、カビや異臭の大元となります。

処分場所に出す場合は、なるべく雨風を防げる場所に置くようにしましょう。どうしても雨の中でクッションを出さなければならないときは、切断して収集袋にいれるようにしてください。

大量のクッションは火災に注意

クッションは燃えやすい素材でできていることが多く、複数まとめてたまっていると放火の対象とされやすい側面が否めません。

水に濡れないように意識する一方で、火の元にも充分注意してください。

ビーズクッションの解体は要注意

ビーズやマイクロビーズを使用したクッションを、解体して一般ゴミに出す場合は、ビーズの扱いに注意が必要です。

ビーズはとても細かいため、中身を開ける時に部屋じゅうに飛び散ってしまったり、小さい子供の誤飲につながってしまったりしてやっかいです。

もし周囲に散らばってしまった場合は、掃除機ではなく、粘着させてビーズをまとめられるコロコロクリーナーで掃除するようにしましょう。掃除機で吸うと、細かい粒子のビーズが静電気を起こし、掃除機自体に不具合が生じる原因となってしまいます。

クッションの捨て方を選ぶポイント【ケース別】

クッションの捨て方のポイント

クッションの捨て方に迷っている場合は、重視したい希望ポイントから処分方法を選んでみてください。

  • 【価格重視】処分料金を安く済ませたい
  • 【時短重視】クッションを今すぐ処分したい
  • 【手軽さ重視】手間をかけずに処分したい

【価格重視】処分料金を安く済ませたい

クッションの処分を検討している中で、処分料金を安く済ませたい場合は、可燃ゴミ、もしくは粗大ゴミとして回収してもらうことが、一番低価格でしょう。高くても数百円程度で不要なクッションを処分できます。

しかし、自治体管轄の回収は、希望の日程が確保できないこともしばしば。クッションの量が多い場合や、日程が限られている場合は、不用品回収業者を検討するとよいでしょう。

ついでにクッション以外の不用品もまとめて処分する、ブランドものは買取を打診するなどの方法で、コストパフォーマンスの高さにつながります。

【時短重視】クッションを今すぐ処分したい

急な引越しが決まって退去日程がせまっている、などの理由から、急ぎでクッションを処分したい場合は、最短即日で対応してくれるリサイクルショップや不用品回収業者がおすすめです。

毎日営業しているリサイクルショップや、即日対応している回収業者であれば、その日のうちに不要となったクッションを処分できます。

リサイクルショップの難点としては、クッションの状態が悪いと値がつかないことが挙げられます。その点、不用品回収業者であれば、どのような状態のクッションでも、確実に回収してくれます。

【手軽さ重視】手間をかけずに処分したい

とにかく簡単に、手間ひまかけずにクッションを処分することを重要視するのであれば、不用品回収業者を検討しましょう。

まず、自宅まで回収しに来てくれるため、指定の場所や店舗へ出向く手間が省けます。

クッションの量や状態を考慮する必要もなく、さらには他の不用品もまとめて回収してくれる手軽さを兼ね備えているため、他の処分方法にはない利便性の高さを実感できます。

クッションのおすすめの捨て方【回収業者に丸投げ】

クッションと毛布をまとめて回収する捨て方

手間を惜しむ方や断捨離も一緒に計画している方には、不用品回収業者がおすすめです。以下のメリットを順に解説していきます。

  • 好きなタイミングで回収してもらえる
  • クッションの状態や量を気にせず回収してもらえる
  • 他の不用品と合わせてすっきり回収

好きなタイミングで回収してもらえる

処分したい希望の日時に、自治体回収の予約を取れないことも少なくありません。フリマアプリなどで買い手が現れるタイミングも計ることは難しい中で、不用品回収業者は、希望の日時に柔軟に対応してくれます。

問い合わせた即日に見積もりを確認、そのまま回収作業に移ることも可能という対応の迅速さは、不用品回収業者ならではの嬉しいポイントです。

クッションの状態や量を気にせず回収してもらえる

一つひとつは軽いクッションも、数が重なるとかさが増し、粗大ゴミ扱いとなることも。また売却や買取を期待する場合は、クッションカバーや中の綿の状態もシビアにチェックされます。

それに比べて不用品回収は、クッションの状態も処分量も気にせず、まるごとそのまま引き取ってくれるというスムーズさ。

手間のかからなさはダントツです。

他の不用品と合わせてすっきり回収

クッションの処分を検討しはじめると、あわせて気になってくる不用品はありませんか?

あまり座らなくなったビーズソファや丸まったままのブランケット、押し入れにしまいっぱなしの座布団など、周りを見渡すと一緒に処分したくなるリビングアイテムも多いはずです。

それぞれが粗大ゴミの申請が必要だったり、処分方法に悩む物だったりしても、不用品回収の定額積み放題プランを利用することで、すべて丸投げで回収してもらえます。

先延ばしにしがちな断捨離も、あっという間に実行に移せますね。

クッションの捨て方として業者依頼を選ぶ3つのポイント

クッションを捨てる時の業者選び

せっかく依頼するからには、満足できる業者と出会いたいもの。

後悔しない業者選びのポイントを、3つご紹介します。

  • 事前見積もりが明確か
  • ニーズにあうオプションサービスがあるか
  • 口コミ評価の高さを参考にする

事前見積もりが明確か

不用品回収業者は、事前の現地確認や見積もり作成を無料で行ってくれるところがほとんどです。

積極的に見積もりをもらいましょう。

その際は、総額だけでなく作業内容の詳細もチェックしてください。

単純に安い価格だと安心していても、あとから思わぬ追加料金が発生する可能性があるため、その点も踏まえて事前にしっかり確認するべきです。

ニーズにあうオプションサービスがあるか

業者が提供しているプションサービスの内容の有無も、重要な判断基準となります。

不用品回収とともにあわせて好評を得ているオプションサービスには、以下のような例があります。

  • ハウスクリーニングや片付けもあわせて依頼できる
  • 女性の一人暮らしに安心の女性スタッフを指定できる
  • プライバシーへの配慮を掲げている など

口コミ評価が高いか

不用品回収業者の口コミを確認することも、適正な業者選びをサポートしてくれます。

「Google口コミ」や公式サイトの「お客様の声」、SNSなどから、実際の利用ユーザーのリアルな声を確認してみましょう。

希望しているサービス内容の有無や、対応の良し悪しのわかりやすい判断材料となり得ます。

クッションの捨て方で悩まれているなら

小型のクッション一つであれば、燃えるゴミとして比較的簡単に処分できますが、大きさがあったり量がかさんだりする場合には、不用品回収業者に相談してみましょう。

粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃のパイオニア!粗大ゴミ回収サービスは、最短即日で、クッションだけでなく一新させたいソファやラグ、毛布などもあわせて回収できます。

スムーズな模様替えや急な引越しにも便利なサービスがもりだくさん。

お問い合わせや見積もりは無料で対応いたしますので、電話の他、メールやLINEでもお気軽にご相談ください。

>> 無料見積もりはこちら

私達が選ばれる8つの理由!

  • 1

    即日対応 可能!

  • 2

    最短25分で スグに到着

  • 3

    早朝・深夜でも 対応可能

  • 4

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    リピーター 利用可能

スタッフ待機中|その場でお見積もり
・即回収!「地域と回収量をお伝えください」

スタッフ待機中・地域と回収量をお伝えください

粗大ゴミ回収サービス