倉庫を片付ける7つのコツと注意点【時間がないなら業者に依頼】

この記事では、倉庫を片付けるコツを紹介します。記事を参考にして片付ければ、作業が円滑に進む綺麗な倉庫で仕事が捗ります

自宅や会社の倉庫を片付けたくても、闇雲に作業を進めてはいけません。考えもなしに作業を進めるのは非効率的です。

倉庫を片付ける人員や時間がないなら業者に依頼するのも一つの方法です。手間をかけずに短時間で整理された倉庫が手に入ります。参考にしてみてください。

倉庫を片付ける7つのコツ

倉庫を片付ける7つのコツ

倉庫を効率良く片付けるにはコツがあります。以下の7つを押さえて倉庫の片付けを始めましょう。

  • 十分な人数で片付ける
  • 外に出してから片付ける
  • 処分するものとしないものに分ける
  • 用途・使用頻度ごとに分ける
  • ラベルを付ける
  • 期限を決めて処分する
  • 捨てにくい不用品は売る

十分な人数で片付ける

倉庫の片付けは十分な人員を確保してから行いましょう。少人数で倉庫の片付けを始めると、片付けが効率良く進みません

荷物によっては多人数で運ぶ必要があります。1つの荷物に人員を割くと、他の荷物の片付けが進みません

倉庫の大きさによって必要な人数は違います。余裕のある人員で倉庫の片付けを始めましょう。

外に出してから片付ける

倉庫を片付けるときは、まず中の荷物を外に出しましょう。倉庫内のスペースは限られているからです。

倉庫の外に出せば、広い空間で作業できます。ものを効率良く整理でき、スムーズに片付けが進むのです。

倉庫の中で片付けを進めると時間がかかります。無駄な時間を使わないためにも、まずは荷物を外に出て出しましょう。

処分するものとしないものに分ける

倉庫の荷物を「必要なもの」と「必要でないもの」に分けてください。必要でないものは処分しましょう。

必要なものと必要でないものが混ざっていると、片付けがスムーズに進みません。 仕分けすることで、倉庫に残すべきものが明確になります

用途・使用頻度ごとに分ける

倉庫に残すものを用途や使用頻度に分けてください。倉庫内からものを出すときに探す手間が省けます

用途ごとに分ければ、必要なものがどこにあるのかすぐにわかります。使用頻度が高いものは取り出しやすい場所に置きましょう

ものを探す時間は何も生み出しません。作業効率を上げるためにも、用途・使用頻度で分けることは大切です。

ラベルを付ける

必要なものをまとめたら、カゴや箱にラベルをつけましょう。中身を見なくてもものを探せるようになります。

倉庫内でものを探すときに、いちいちカゴや箱の中身を開けるのは手間です。時間と労力を無駄に使います。

ラベルは100円ショップなどで手軽に手に入れられます。費用対効果は非常に高いです。

期限を決めて処分する

倉庫内で使わないものは、期限を決めて処分するようにしてください。使わないものを倉庫内に置いておくのはスペースの無駄遣いです。

  • 1年使わないものは処分
  • 年末までに使わないなら処分

片付けの度に場所を変えているだけのものは処分しましょう。ラベルで期限を記載して、過ぎたら捨ててください

使うものだけ倉庫内にあるのは非常に効率的な使い方です。

捨てにくい不用品は売る

片付けの際に捨てにくい不用品が見つかったら売却しましょう。使わないなら売ってお金にしたほうが効率的です。

倉庫内にある以下のものは売却をおすすめします。

  • 高価なもの
  • 大型のもの
  • 珍しいもの

売却先は以下を利用しましょう。誰でも手軽にものを売却できます。

  • フリマ・オークション
  • リサイクルショップ
  • 不用品回収業者

捨てにくくても不用品なら倉庫内に置いておいても、無駄にスペースを使うだけです。

倉庫を片付けるべき理由

倉庫を片付けるべき理由

倉庫は定期的に片付けることをおすすめします。理由は以下の2つです。

  • 作業が円滑に進む
  • ストレスが軽減する

作業が円滑に進む

倉庫内が片付いていることで、作業が円滑に進みます。ものを探す時間と労力を節約できるからです。

ものを探す時間からは何も利益が生まれません。利益が生まれるのはものを使う時間からです。

会社の倉庫を片付ける場合、ものを探す時間にも人件費がかかっていることを理解しましょう。ものを探す時間を節約することは、人件費削減に繋がります。

ストレスが軽減する

倉庫を片付ければ、ものを探すストレスが軽減します。ものがなかなか見つからないと、イライラするからです。

ストレスフリーで生活するためにも整理整頓は大切です。ストレスが溜まると仕事上でも生産性が下がります。

会社の倉庫を片付ける場合、会社全体の生産性を上げるためにも定期的に倉庫を片付けましょう。倉庫を散らかったままにしていると、気づかないうちに大きな労力を失っている可能性があります。

倉庫を片付けるときの注意点

倉庫を片付けるときの注意点

倉庫を片付けるときは押さえるべき注意点がありす。以下の3つに気をつけながら片付けを進めましょう。

  • スペースに余裕を持たせる
  • ゴミの種類ごとに仕分けする
  • 化学薬品は専門業者に依頼する

スペースに余裕を持たせる

倉庫には、ある程度スペースに余裕を持たせましょう。スペースがないと、ものが綺麗に整頓できないからです。

無理やりものを倉庫に置いてはいけません。必要なものが奥に行ってしまい、見つからなくなります。

新しい荷物が現れても、倉庫へ綺麗に並ぶスペースが必要です。いらないものを定期的に処分して、常にスペースを作ってください。

ゴミの種類ごとに仕分けする

倉庫を片付けるときに出るゴミは、種類ごとに仕分けしてください。ゴミの仕分けは、各自治体で決まっています

「ゴミ」で一括りにまとめておくと、ゴミの仕分けに時間が必要です。倉庫を片付ける際、ついでに仕分けをしておけば、あとは捨てるだけになります。

倉庫を片付ける前に、大きめのゴミ袋を準備しておくと便利です。家族や会社の社員全員で情報を共有して、ゴミを種類ごとに分けましょう。

化学薬品は専門業者に依頼する

倉庫を片付ける際に化学薬品が出てきた場合は、専門業者に依頼してください。得体の知れない化学薬品を個人が扱うのは危険です。

例えば、化学薬品とは以下のことを言います。

  • 薬品
  • 試薬
  • 薬品ビン
  • 試薬ビン

中には、発火する化学薬品が混じっている可能性もあります。

安全第一で倉庫の片付けに臨みましょう。

片付けた倉庫の状態をキープする方法

片付けた倉庫の状態をキープする方法

倉庫を片付けても、対策をしなければまた散らかります。以下2つの方法を実践して綺麗な状態をキープしましょう。

  • 倉庫内の情報を共有する
  • 片付ける日を定期的に作る

倉庫内の情報を共有する

倉庫を片付けたら、家族や会社の従業員と情報を共有してください。情報が共有されていれば、倉庫が散らからことなく作業もスムーズに進みます

以下のポイントを全員で把握しましょう。

  • ものがある場所
  • 元の位置に戻すルール
  • 捨てていいもの・いけないもの

情報共有は、倉庫内の綺麗な状態をキープさせます。必ず倉庫内の情報が全員に行き渡るようにしてください。

片付ける日を定期的に作る

倉庫の片付けは定期的に行なってください。会社全体で気をつけていても、倉庫は少なからず散らかります

「月最初の金曜日は片付けの日」など、ルールを決めておくのがおすすめです。小まめに片付けを行うことで、1回あたりの時間や労力も節約できます。

片付けの日が不定期だと、ついつい忘れてしまうことも多いです。

定期的に倉庫の片付けができるように、ルールを決めましょう。

倉庫の片付けは業者への依頼がおすすめ

倉庫の片付けは業者への依頼がおすすめ

倉庫の片付けは業者に依頼するのがおすすめです。業界に倉庫の片付けを依頼するとメリットがたくさんあります。

  • 短時間で片付けできる
  • ゴミを分別して処分してくれる
  • 費用はトラック積み放題で14,800円〜

短時間で片付けできる

業者に依頼することで、倉庫の片付けが短時間で終わります。業者に所属するスタッフは、片付けに慣れているプロだからです。

業者のスタッフは、倉庫内の片付けを熟知しています。素人が行うよりも、はるかに効率的です。

倉庫を仕事で使う場合、片付けの時間は作業が止まってしまいます。なるべく片付けの時間を短くして作業に取り組みたいなら業者に依頼しましょう。

ゴミを分別して処分してくれる

倉庫の片付けを業者に依頼すれび、ゴミの分別も行って処分してくれます。業者は片付けだけでなく、処分までが仕事です。

倉庫内にあるゴミの分別は、想像以上に手間がかかります。知識がない人が混ざっていると、正確に分別できないことも多いです。

業者はゴミの分別も熟知しています。ゴミの分別に不安があるなら、業者に依頼すれば安心です。

費用はトラック積み放題で14,800円〜

業者に依頼するならトラック積み放題プランがおすすめです。倉庫内でいくら不用品が発生しても、定額料金で済みます

粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃のパイオニア!粗大ゴミ回収サービスの積み放題プランの費用を例に挙げると以下の通りです。

プラン 料金
軽トラック載せ放題 14,800円〜
1.5tトラック載せ放題 34,800円〜
2tトラック載せ放題 54,800円〜
4tトラック載せ放題 お見積もり
会社の場合、倉庫の片付けに従業員を使っているなら人件費が発生しています。業者に依頼するよりも高くなっている可能性も高いです。

費用を抑えつつ倉庫の片付けがしたいなら、業者に依頼するのは賢い方法です。

倉庫の片付けは業者に依頼しよう

倉庫の片付けは業者に依頼しよう

コツを押さえて倉庫を片付けましょう。定期的に倉庫を片付ければ、効率良く作業が進みます

倉庫を片付けるときのコツは以下の7つです。

  • 十分な人数で片付ける
  • 外に出してから片付ける
  • 処分するものとしないものに分ける
  • 用途・使用頻度ごとに分ける
  • ラベルを付ける
  • 期限を決めて処分する
  • 捨てにくい不用品は売る

粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃のパイオニア!粗大ゴミ回収サービスでは、倉庫の片付けも請け負っております。

トラックの積み放題プランを利用すれば、14,800円から倉庫の片付けが可能です。

倉庫を効率良く片付けたいなら「粗大ゴミ回収サービス」の利用をぜひ検討してください。

私達が選ばれる8つの理由!

  • 1

    即日対応 可能!

  • 2

    最短25分で スグに到着

  • 3

    早朝・深夜でも 対応可能

  • 4

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    リピーター 利用可能

パックがお得な 粗大ゴミ回収サービスの回収料金

19,800 円

14,800(税込)

目安 :1.5㎥

大型家具家電に!

39,800 円

34,800(税込)

目安 :3㎥

間取り :1R~1K

59,800 円

54,800(税込)

目安 :5㎥

間取り :1LDR~2LDK

遺品整理/ゴミ屋敷清掃に

無料お見積り

目安 :20㎥

間取り :一軒家

スタッフ待機中|その場でお見積もり
・即回収!「地域と回収量をお伝えください」

スタッフ待機中・地域と回収量をお伝えください

粗大ゴミ回収サービス