本棚の処分方法8選!燃えるゴミとして廃棄できる?【費用や注意点まで徹底解説】

本棚の処分方法8選!燃えるゴミとして廃棄できる?【費用や注意点まで徹底解説】

2022年9月21日

この記事では、本棚の処分方法を解説します。記事を読めば、あなたに適した方法で本棚を処分できるようになるでしょう。

不要になった本棚の処分に迷う人は多いです。本棚は粗大ゴミで捨てられるとはいえ、より安く処分できるに越したことはありませんよね。

本棚を燃えるゴミなどの一般ゴミとして捨てたい人は、解体して小さくする必要があります。とにかく簡単に本棚を処分したいなら、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

本棚の処分方法8選

本棚の処分方法8選

本棚を処分する方法は以下の8つです。それぞれのメリット・デメリットを理解して、適切な方法で処分してください。

  • 知人・親族に譲る
  • 粗大ゴミで処分
  • 解体して一般ゴミで処分
  • 買い替え時に引き取りを依頼
  • リサイクルショップに売却
  • フリマ・オークションサイトで売却
  • 引っ越し業者に引き取りを依頼
  • 不用品回収業者に処分を依頼

知人・親族に譲る

本棚を処分したいと思ったら、知人や親族に譲れないか考えてみてください。あなたにとっては不要な本棚でも、知人や親族にとっては必要な場合もあります

本棚を知人や親族に譲るときのメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット デメリット
・無料で処分できる ・受け渡しの手間がある
・欲しい人を探す手間がある
・欲しい人がいないと処分できない

知人や親族に譲る場合は、そもそも欲しい人がいることが前提です。欲しい人がいない場合、処分はできません。欲しい人を探す手間もかかります。

粗大ゴミで処分

本棚は粗大ゴミとして処分できます。多くの場合「30cm角を超える大型のゴミ」は粗大ゴミに分類されるからです。

本棚を粗大ゴミで処分するときのメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット デメリット
・自宅まで回収に来てくれる ・費用がかかる
・すぐには処分できない

粗大ゴミの回収は自治体で日にちが決まっています。すぐに処分したい場合は、別の方法を選択してください。

解体して一般ゴミで処分

本棚を解体すれば、一般ゴミとして処分できます。「30cm角を超える大型のゴミ」に該当しなければ、可燃ごみや不燃ごみ、プラスチックごみなどの一般ゴミに分類されるからです。

本棚を解体して一般ゴミで処分するときのメリット・デメリットは以下のとおり。

メリット デメリット
・低コストで処分できる
・自宅まで回収に来てくれる
・解体の手間がある
・分別の必要がある
・すぐには処分できない

素人にとって、本棚を解体するのは大変です。ドライバーや六角レンチ、ノコギリなどの工具を使って、ゴミ袋に入る大きさにしなければいけません。

可燃ごみやプラスチックごみなどの分別ルールは、おすまいの自治体HPなどを参照してください。時間や労力をかけてでも安く済ませたい人以外には、おすすめできない処分方法です。

買い替え時に引き取りを依頼

本棚を買い替える場合は、お店に引き取りできないか聞いてみてください。店舗によっては、購入時に古い本棚を引き取りしてくれる場合があります

本棚を引き取りしてもらうときのメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット デメリット
・新品を買うついでに処分できる ・費用がかかる
・条件がある場合がある
・新品を買う必要がある

引き取りの条件は店舗によって異なります。費用が発生する場合も多いので、事前に店舗へ確認してください。

リサイクルショップに売却

まだ使える本棚の処分を検討しているなら、リサイクルショップで売却するのも一つの方法です。中古の本棚を探している人はたくさんいます

リサイクルショップで本棚を売却するときのメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット デメリット
・お金を得られる
・すぐに処分できる
・持ち込みの必要がある
・大した金額にならない
・状態によっては売却できない

大型の本棚をリサイクルショップに持ち込むのはかなりの労力がかかります。頑張って持ち込んだとしても、大したお金にはなりません。状態が悪いと売却できないこともあるので注意してください。

フリマ・オークションサイトで売却

本棚を売却したいと考えるなら、フリマ・オークションサイトの利用も検討しましょう。中古の本棚を探している人は、インターネット上にもたくさんいます

フリマ・オークションサイトで本棚を売却するときのメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット デメリット
・お金を得られる ・大した金額にならない
・状態によっては売却できない
・個人間トラブルの可能性がある
・出品・梱包・発送の手間がある

フリマ・オークションサイトは個人間取引です。何かトラブルがあったときは厄介なので注意してください。

本棚は大型のため、送料が高いです。売却したとしても大した金額にはなりません。送料などを考慮したうえで、本当にフリマ・オークションサイトを利用するべきか考えてみてください。

引っ越し業者に引き取りを依頼

引っ越しの予定がある場合は、引っ越し業者に本棚の引き取りを依頼できないか問い合わせてみてください。引っ越し業者によっては、引っ越し作業時に引き取りを行ってくれます

引っ越し業者に本棚の引き取りを依頼するときのメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット デメリット
・引っ越しのついでに処分できる ・費用がかかる
・すぐには処分できない
・業者によっては対応していない

引っ越し業者によっては対応していないこともあります。業者によって引き取りに費用がかかるケースもあるので注意してください。

不用品回収業者に処分を依頼

とにかく簡単に本棚を処分したい人は、不用品回収業者の利用がおすすめです。不用品回収業者は最短即日、不要な本棚を自宅まで回収に来てくれます

不用品回収業者に本棚の処分を依頼するときのメリット・デメリットは以下のとおりです。

メリット デメリット
・すぐに処分できる
・自宅まで回収に来てくれる
・ほかの不用品も一緒に処分できる
・費用がかかる

費用がかかるのはデメリットですが、不用品回収業者は自宅の中まで本棚を回収に来てくれます。持ち運びの手間が一切なく、簡単に本棚の処分が可能です。

不用品回収業者が回収してくれるのは本棚だけではありません。あらゆる不用品を回収してくれるため、断捨離などのときに便利です。

本棚の処分費用

本棚の処分費用

本棚の処分費用の相場は以下のとおりです。費用も確認したうえで、自分に合った処分方法を選びましょう。

  • 粗大ゴミ:数百円〜
  • 解体して一般ゴミ:数十円(ゴミ袋代など)
  • 不用品回収業者:3,000円〜

粗大ゴミ:数百円〜

本棚を粗大ゴミで処分するときの費用は、数百円〜です。自治体や本棚の大きさによって費用が変わります

例えば、新宿区の場合は以下のとおりです。

大きさ 処分費用
最長辺と2番目に長い辺の合計が135cm以下 400円
最長辺と2番目に長い辺の合計が180cm以下 800円
最長辺と2番目に長い辺の合計が270cm以下 1,200円
最長辺と2番目に長い辺の合計が360cm以下 2,000円
最長辺と2番目に長い辺の合計が360cmを超える 2,800円

自治体で決められている費用を確認したうえで、有料粗大ゴミ処理券を購入しましょう。貼ってある有料粗大ゴミ処理券が間違っていると、自治体は回収してくれません

解体して一般ゴミ:数十円(ゴミ袋代など)

本棚を解体して一般ゴミとして処分する場合、費用は数十円で済みます。ゴミ袋代しかかからないからです。

本棚の処分方法としては、もっとも安く済みます。しかし、ドライバーや六角レンチ、ノコギリなどの工具がない場合は購入してから解体する必要があります。

不用品回収業者:3,000円〜

本棚の処分を不用品回収業者に依頼する場合、費用相場は3,000円〜です。不用品回収業者によって処分費用が違います

本棚以外にも不用品がある場合は、トラック積み放題プランがおすすめです。トラック積み放題プランは、一律料金でトラックに載せられるだけの不用品を一度に処分できます。
» 積み放題の不用品回収は本当にお得?トラックの大きさで料金・詰める量を比較

本棚を処分するときの注意点

本棚を処分するときの注意点

本棚を処分するときの注意点は以下の3つです。本棚をスムーズに処分するためにも、必ず確認しておきましょう。

  • 素材を確認する
  • 解体時は怪我に注意
  • 事業用は家庭用と処分方法が異なる

素材を確認する

本棚を処分するときは、素材を確認したうえで捨て方を検討しましょう。素材ごとに適切な処分方法が違うからです。

基本は木材を使っていても、部品にステンレスを使用している場合もあります。分解して本棚を処分する場合は、素材ごとにゴミを分類してください

解体時は怪我に注意

本棚を解体して処分するときは、怪我に注意してください。素人が本棚を解体すると、不慣れなため怪我をする可能性があります

本棚の解体は大変です。ドライバーや六角レンチ、ノコギリなどの工具を使って解体しなければいけません。解体に慣れていない人は粗大ゴミや不用品回収業者など、本棚を解体せずに処分できる方法がおすすめです。

事業用は家庭用と処分方法が異なる

事業用と家庭用の本棚で処分方法は異なります。事業用の本棚は粗大ゴミなどで処分ができません

事業用でも素材によって処分方法が異ります。

  • 木製なら事業系一般廃棄物
  • 金属製なら産業廃棄物

木製なら事業系一般廃棄物

事業用で木製の本棚を処分するときは、事業系一般廃棄物に分類されます。各自治体のルールに従って処分してください。

金属製なら産業廃棄物

処分したい本棚が事業用で金属の場合は、産業廃棄物に分類されます。正しく分別して、処理業者に引き渡してください。

本棚の処分を検討しているなら

本棚の処分を検討しているなら

本棚を処分する方法は以下の8つです。それぞれのメリット・デメリットを理解して、適切な方法で処分しましょう。

  • 知人・親族に譲る
  • 粗大ゴミで処分
  • 解体して一般ゴミで処分
  • 買い替え時に引き取りを依頼
  • リサイクルショップに売却
  • フリマ・オークションサイトで売却
  • 引っ越し業者に引き取りを依頼
  • 不用品回収業者に処分を依頼

本棚を手軽に処分したい人は、不用品回収業者の利用がおすすめです。不用品回収業者は最短即日、いらない本棚を自宅まで回収に来てくれます。

本棚をはじめとする粗大ゴミ、廃品、不用品回収、ハウスクリーニング、ゴミ屋敷清掃、片付け代行などにお困りなら『粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃のパイオニア!粗大ゴミ回収サービス』までご相談ください。

お見積もりは無料です。電話の他、メールやLINEでもお気軽にご相談ください。

私達が選ばれる8つの理由!

  • 1

    即日対応 可能!

  • 2

    最短25分で スグに到着

  • 3

    早朝・深夜でも 対応可能

  • 4

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    リピーター 利用可能

スタッフ待機中|その場でお見積もり
・即回収!「地域と回収量をお伝えください」

スタッフ待機中・地域と回収量をお伝えください

粗大ゴミ回収サービス