ドライヤーの処分方法6選【コスパよく廃棄!おすすめの捨て方も】

愛用していたドライヤーが壊れてしまったけれど、いざとなると処分方法がわからない、という方も多いのではないでしょうか。

  • ドライヤーは何ゴミになるの?
  • ドライヤーの一番簡単な捨て方は?
  • ドライヤー廃棄に費用はかかる?

このような疑問をお持ちの方々に向けて、本記事では、ドライヤーを処分する際のおすすめの方法や費用の目安などをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

ドライヤーの処分方法6選!

ドライヤーを処分する方法

まずは、ドライヤーの主な処分方法を6つご紹介します。

処分方法によって費用や手間が異なってくるため、ご自身の状況に合った方法を選びましょう。

  • 自治体の回収規定に沿って処分する
  • 小型家電回収ボックスを活用する
  • 家電量販店の下取りを利用する
  • リサイクルショップやフリマサイトで売却する
  • 他人に譲る・寄付する
  • 不用品回収業者へ依頼する

一つずつ詳しく見ていきます。

自治体の回収規定に沿って処分する

ほとんどの自治体で、30㎝以下のドライヤーであれば不燃ゴミとして処分できます。

ただし、自治体によって分別方法が異なるため、まずは住んでいる自治体のルールを確認して、ドライヤーを捨てる際の分別を種類を確認してください。分別方法を確認したら、あとは自治体で指定されているゴミ袋に入れて、指定された不燃ゴミの回収日時にゴミ収集場所に出しましょう。

30㎝以上の大型ドライヤーの場合は、粗大ゴミとして出す必要が出てくるため、不安な場合は自治体側への確認が必要です。

小型家電回収ボックスを活用する

ドライヤーは、多くの自治体で小型家電リサイクル法」の対象品目になっています。

小型家電リサイクル法に沿った処分方法の一つとして、小型家電回収ボックスがあります。この小型家電回収ボックスは、その地域の住民であれば、誰でも無料で使用することが可能です。ただのゴミとして捨てるのではなく、資源の再利用や環境保護につながる方法です。

小型家電回収ボックスの設置場所は、自治体のHP等で確認しましょう。

設置場所の例

  • 家電量販店
  • ホームセンター
  • 一部の大型スーパー
  • 市役所や支所など市の施設

ボックスに投入したものは、原則返却してもらえません。また、投入口が小さく入らない場合は、他の処分方法を検討してください。

家電量販店の下取り回収を利用する

家電量販店では、ドライヤーなどの小型家電の下取り回収を行っている店舗があります。

下取り回収のみであれば、550円~1,100円程度の有料引取りとなりますが、ドライヤーを新しく買い換える場合は、無料で下取りしてもらえるケースもあります。

同一商品限定や店舗注文時のみ(ネット購入時は不可)などの条件もあるので、事前に購入予定の家電量販店への問い合わせが必須です。

リサイクルショップやフリマサイトで売却する

ドライヤーのような小型家電は、リサイクルショップやフリマサイトでの売却も利用しやすいです。

費用を支払わずにドライヤーを処分できるだけでなく、買取代金がもらえれば、収支がプラスになるでしょう。メーカーや状態に応じた1,000~10,000円あたりが買取相場ですが、ダイソンなどの高級ブランドのドライヤーは、30,000円以上の値段が付くケースもあります。

しかし、状態が悪いなどの理由から、リサイクルショップでも値段が付かなかったり、フリマサイトでも買い手が見つからなかったりする場合があります。

引っ越し日程にあわせた断捨離を検討している場合は、日程までにドライヤーを処分できない可能性も加味し、避けた方が良い方法と言えるでしょう。

他人に譲る・寄付する

ドライヤーの処分方法として、知人にゆずったり、慈善団体に寄付したりすることもひとつの手です。無償で不用品を処分できることに加え、必要としている人にゆずることができる、という心理的にも嬉しいものがあるでしょう。

欲しがっている人にゆずる際には、特定の知人だけでなく、SNSを活用して呼びかける手段も主流となってきています。不特定多数のユーザーが投稿を閲覧できるため、ドライヤーが欲しい人を効率よく見つけられる効果があります。

寄付先の慈善団体では、「製造してから〇年以内」「動作が確認できる」などの条件を設けているところもあるので、各団体の公式サイトを確認してください。

不用品回収業者へ依頼する

不用品回収業者とは、一般家庭で不要となったものを回収する業者です。

専門業者に依頼するメリットとして、ドライヤーのような小型家電だけでなく、大型の家具・家電、産業廃棄物のような処分方法が難しいものも引き取ってくれることです。

引っ越し時や、断捨離、遺品整理、年末の大掃除などで、ドライヤー以外の不用品が多数ある場合は、回収業者への依頼が得策です。

見積もりやプランの提案を無料で提供している業者も多いため、一度相談してみるのも良いでしょう。

>> 各種サービス料金はこちら

ドライヤー処分時の2つの注意点

ドライヤー処分時の注意点

運搬もしやすく、比較的手軽に処分できるイメージのドライヤーですが、以下の注意点も確認してください。

  • 使用直後にゴミ袋に入れない
  • 状態が悪ければ売却を控える

使用直後にゴミ袋に入れない

ドライヤーを処分する準備をする時には、使用直後にゴミ袋に入れないようにしてください。使用直後のドライヤーの熱で袋が溶けたり、同じ袋内の不用品に引火したりする危険性があります。

最悪の場合、火災に発展する恐れもあるため、本体が冷めた状態かを確認してから処分準備を進めましょう。

状態が悪ければ売却を控える

ドライヤーの寿命は平均3~4年とされているため、長い期間使っていれば、製品の劣化や不良が考えられます。

フリマアプリやネットオークションでの売却も一つの方法としてご紹介しましたが、売却を考えている方は、安全に使える状態なのかどうかを事前に確認しておきましょう。買い手が付かなかったり、取引した後にトラブルが起こったりする可能性が否めず、余計な労力が増えることになります。

以下の現象は、状態が良くない目安です。当てはまるものがあれば、自治体や不用品回収業者などで処分すべきです。

  • 本体から煙が出る
  • 使用時に焦げた臭いがする
  • 電源が入らない時がある
  • 温風が出ない時がある

ドライヤーの処分費用【コスパが良い捨て方は?】

ドライヤーの処分費用

ドライヤーの処分とあわせて他の不用品もたくさんある場合などは、以下の内容も参考にしてください。

  • コスパの良いおすすめの処分方法とは?
  • 不用品回収業者を利用する際の費用相場

コスパの良いおすすめの処分方法とは?

ドライヤーを単品で処分する際には、不燃ゴミや回収ボックスを手軽に利用できます。

しかし、自宅の断捨離のタイミングで古いドライヤーの処分を検討されている場合は、他の不用品とまとめて回収してくれる不用品回収の利用がおすすめです。

さまざまなジャンルの不用品は、それぞれの分別に手間がかかるうえ、そもそもの処分方法が難しいアイテムもありますよね。不用品回収業者が提供するサービス「トラック積み放題定額プラン」なら、あらゆる不用品の分別や状態、運搬作業なども気にせず、丸ごと引き取ってもらえます

トラックのサイズも選べる上に、トラックに積みさえすれば料金は定額という安心感も魅力。

軽トラックでもそれなりの量を積み込めるため、不用品がたまっている時には特に、コストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。

不用品回収業者を利用する際の費用相場

実際にトラック積み放題プランを利用する際の費用相場を、以下の表でご紹介します。

トラックの大きさの種類だけでなく、大きさごとに積める回収容量の目安もまとめましたので、あわせて参考にしてください。

トラックの大きさごとの料金目安

トラックの種類 料金相場
軽トラック積み放題(作業員1人) 10,000円~25,000円
2tトラック積み放題(作業員2人) 50,000円前後
4tトラック積み放題(作業員2人以上) 80,000円前後

トラックの大きさごとの積める容量目安

トラックの大きさ 回収可能な量 体積
軽トラック 1K~1DK程度 2.5㎥
2tトラック 2DK~2LDK 7.0㎥
4tトラック 3DK~4DK 30.0㎥

軽トラック1台分に載る不用品の目安

・冷蔵庫(高さ制限あり)・洗濯機・テレビ・ガスコンロ・炊飯器・電気ケトル・掃除機・・シングルベッド・マットレス

・本棚(高さ制限あり)・食器棚(高さ約130cmまで)・テーブル・イス ・その他すきまに積めるもの

上記のように結構積めるので、引越し時にはよりコスパ良く利用できるでしょう。

積み放題プランをよりお得に利用するための情報は、以下の記事からも確認できます!

>> 不用品回収の軽トラック積み放題はお得?積める量と料金相場を紹介

ドライヤー処分時に不用品回収業者に依頼する3つのメリット

ドライヤー処分時に不用品回収業者に依頼するメリット

ドレッサーだけでなく、その他の不用品もまとめて処分を検討している際に、不用品回収業者の利用がおすすめとお伝えしました。

処分方法を比較した上で、不用品回収業者への依頼がスムーズと言える、以下3つのメリットをご紹介します。

  • 自分の都合に合わせて処分できる
  • 便利なオプションサービスも併用できる
  • 他の不用品とあわせて断捨離できる

状態の良し悪しを気にせず処分できる

ドライヤーを人にゆずったり売却したりする際には、状態の良し悪しが大きく影響してきます。

見た目ではわからなかった動作の不具合などで、クレームに発展してしまうことも。梱包する労力も楽とは言えません。

その点、不用品回収業者は、部品が欠けていても壊れていても、どのような状態でも気にせず回収してくれます。もちろん梱包や配送の手間を心配する必要もありません。

便利なオプションサービスも併用できる

数ある業者の中には、利用者のニーズにあわせたオプションサービスを提案しているところがあります。

不用品回収と一緒に行うと便利なハウスクリーニングやプライバシーを守る配慮も、不用品回収業者のメリットです。

  • ハウスクリーニングや片付けもあわせて依頼できる
  • プライバシーへの配慮を掲げている
  • 女性の一人暮らしに安心の女性スタッフを指定できる など

ドライヤーやヘアアイロン、美顔器などのホームエステ用品などの女性ならではの不用品も、女性同士のスタッフだとよりスムーズな動線を提案してくれるでしょう。

他の不用品とあわせて断捨離できる

ドライヤーの処分だけでなく、自宅内には意外と多くの不用品が放置されているものです。

  • 壊れたまま放置していた他の家電
  • 買い換え前の機器に属するリモコンや機種交換後の充電器
  • DIYの残りのレンガや廃材
  • 最近調子が悪い洗濯機 など

そういえば、と思いあたるアイテムも多いのではないでしょうか?

不用品回収業者であれば、それぞれの分別や処分方法を検討する必要もなくまとめて処分が可能です。

WEB限定キャンペーンなどで、安心のパックプランも提案してくれるため、先延ばしにせずにご自宅をすっきり断捨離できるでしょう。

 

WEB限定キャンペーン 5,000円オフ 無料見積もり

ドライヤーの処分を検討しているなら

そんなに頻繁に捨てたり買い替えたりしないドライヤーの処分方法について、細かくご紹介しました。

「ドライヤーだけでなく、せっかくだから捨て方に悩む他の不用品も一緒に処分したい」という方には、ゴミの分別が不要な不用品回収業者の利用がおすすめです。

粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃のパイオニア!粗大ゴミ回収サービスは、お好きなタイミングで、一般ゴミでは処分できない不用品を、すべてまとめて回収できます。

お問い合わせや見積もりは無料で対応いたしますので、お電話はもちろんのこと、フォームLINEからもお気軽にご相談ください。

>> 無料見積もりはこちら

私達が選ばれる8つの理由!

  • 1

    即日対応 可能!

  • 2

    最短25分で スグに到着

  • 3

    早朝・深夜でも 対応可能

  • 4

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    リピーター 利用可能

スタッフ待機中|その場でお見積もり
・即回収!「地域と回収量をお伝えください」

スタッフ待機中・地域と回収量をお伝えください

粗大ゴミ回収サービス