電池バッテリーの処分方法5選!手順と注意点を解説【捨て方は簡単】

電池バッテリー(充電器)の処分方法5選!手順と注意点を解説【捨て方は簡単】

この記事では、電池バッテリー(充電器)の処分方法を紹介します。記事を読めば、あなたにピッタリの方法で電池バッテリーの処分が可能でしょう。

充電池を充電するときに使う電池バッテリー(充電器)。電気を通すもののため、捨て方に迷う人は多いです。正しい捨て方を知らないと、トラブルに発展するケースも……。

電池バッテリー(充電器)は自治体の回収サービスを使って処分できます

電池バッテリー(充電器)の処分方法5選

電池バッテリーの処分方法5選

充電池を充電できる電池バッテリーの処分方法は以下の5つです。それぞれのメリット・デメリットを把握した上で、適切な処分方法を選んでください。

  • 自治体の回収サービスで処分する
  • 親族・知人に譲る
  • リサイクルショップに売却する
  • フリマ・オークションサイトで売却する
  • 不用品回収業者に処分を依頼する

自治体の回収サービスで処分する

電池バッテリーは自治体の回収サービスを利用すれば、手軽に処分できます。電池バッテリーは不燃ゴミとして捨てられる場合が多いです。

電池バッテリーを自治体の回収サービス処分するときのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・低コストで処分できる
・自宅まで回収に来てくれる
・すぐには処分できない

自治体の回収サービスであれば、ゴミ袋代だけで処分できます。他の不用品もあると考えれば、ほぼ無料で処分が可能です。

ただし、自治体の回収サービスは日にちが決まっています。すぐに電池バッテリーを処分したい人には向きません。指定日まで自宅で保管しておく必要があります。

親族・知人に譲る

電池バッテリーがまだ使える状態であれば、親族や知人に譲ることも検討してみてください。あなたにとっては不要な電池バッテリーでも、親族や知人にとっては必要な場合もあります

電池バッテリーを親族や知人に譲るときのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・無料で処分できる ・受け渡しの手間がある
・譲る人を探す手間がある
・使える状態である必要がある

親族や知人に譲る場合は、前提として使える状態でないといけません。使えない状態の電池バッテリーを欲しがる人はいないからです。

電池バッテリーを欲しがっている人を探すのには手間がかかります。手軽に処分したい人には向かない処分方法です。

リサイクルショップに売却する

使える電池バッテリーは、リサイクルショップに売却することも検討してみましょう。中古の電池バッテリーを探している人は少なからずいます

リサイクルショップで電池バッテリーを売却するときのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・お金を得られる
・すぐに処分できる
・持ち込みの手間がある
・大した売却金額にならない
・売却できない場合もある

電池バッテリーをリサイクルショップに売却する場合は、前提として売れる状態でなければいけません。状態の悪い電池バッテリーや、使えない状態の電池バッテリーは売却を諦めてください。

電池バッテリーを売却できたとしても、たいした金額にならないことも理解しておきましょう。手間と売却金額を考えれば、おすすめはできない処分方法です。

フリマ・オークションサイトで売却する

使える状態の電池バッテリーは、フリマ・オークションサイトで売却することも一つの方法です。中古の電池バッテリーを探している人は、インターネット上にもいます

フリマ・オークションサイトで電池バッテリーを売却するときのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・お金を得られる ・すぐには処分できない
・大した売却金額にならない
・出品・梱包などの手間がある
・個人間トラブルのリスクがある

フリマ・オークションサイトは自分の設定した金額で売りに出せますが、あまり高い金額にすると売れません。リサイクルショップでの売却と同じく、たいした金額にはならないことを理解しておきましょう。

フリマ・オークションサイトは個人間トラブルです。売却後、電池バッテリーなどのトラブルが起きた場合、厄介なことに発展します。電池バッテリーの処分方法としてはおすすめできません。

不用品回収業者に処分を依頼する

不用品回収業者に依頼すれば、電池バッテリーを簡単に処分可能です。不用品回収業者は最短即日、不要な電池バッテリーを自宅まで回収に来てくれます

不用品回収業者に電池バッテリーの処分を依頼するメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・最短即日対応してくれる
・自宅まで回収に来てくれる
・他の不用品もついでに処分できる
・費用がかかる

費用がかかるのはデメリットですが、不用品回収業者に依頼すれば電池を取り出したり絶縁したりする手間がありません。他の不用品もついでに処分できます。

不用品回収業者は、多くの不用品や面倒な処分方法の不用品を処分するときに便利です。とにかく簡単に電池バッテリーなどの不用品を処分したい人は、不用品回収業者を利用しましょう。

電池バッテリーを処分する手順

電池バッテリーを処分する手順

電池バッテリーを処分する手順は以下の通りです。正しい手順で適切に処分してください。

  1. 電池をバッテリーから出す
  2. 絶縁させる
  3. 処分する

STEP1:電池をバッテリーから出す

電池バッテリーを処分するときは、中に入っている電池を取り出してください。電池バッテリーと電池は処分方法が異なります

電池は指定の方法で処分しなければいけません。詳しくは「電池を指定の方法で処分する」をご覧ください。

STEP2:絶縁させる

電池バッテリーから電池を取り出したら、次に絶縁させます。電池バッテリーは絶縁を行わないと、トラブルに発展する恐れがあるからです。

電気が流れる部分に、以下のアイテムを貼って絶縁させてください。

  • セロテープ
  • ガムテープ
  • ビニールテープ

電気の流れる部分が、他のものと触れないようにしっかりと絶縁しましょう。

STEP3:処分する

電池バッテリーを絶縁させたら、適切な方法で処分します。処分方法は「電池バッテリーの処分方法5選」で紹介した通りです。

不用品回収業者であれば、充電池を取り出したり絶縁したりする必要はありません。不用品回収業者は電池バッテリーを回収したあと、適切な方法で処分してくれます。大量の電池バッテリーを処分するときや、電池バッテリーの処分がめんどくださいと感じるなら、不用品回収業者を利用しましょう。

電池バッテリーの処分するときの注意点

電池バッテリーの処分するときの注意点

電池バッテリーを処分するときの注意点は以下の2つです。トラブルを起こさないためにも、事前に確認しておいてください。

  • 充電池を指定の方法で処分する
  • 電池バッテリーを解体しない

電池を指定の方法で処分する

電池バッテリーに入っている充電池は、指定の方法で処分してください。電池バッテリーと一緒には処分できません。電池バッテリーを処分するときは、必ず電池を抜いてください。

ちなみに、電池は種類によって処分方法が違います。電池の処分方法は大きく分けて3つです。

  • 乾電池・リチウム一次電池
  • ボタン形電池
  • 充電池(リチウム水素電池)

各電池の種類共通として、絶縁しておく必要があります。端子部分など電気が流れる場所にはセロハンテープなどを貼り、絶縁状態にした上で処分しましょう。

乾電池・リチウム一次電池

乾電池・リチウム一次電池は、自治体の指示に従って処分してください。自治体によって電池の処分方法が指定されています

乾電池・リチウム一次電池は、不燃ゴミとして処分できる自治体が多いです。しかし、透明や半透明の袋に入れるような指示がある自治体もあります。お住まいの自治体のルールを確認した上で、電池を処分してください。

ボタン形電池

ボタン形電池は、協力店に置いてある回収缶に入れて処分します。自治体の不燃ゴミとして捨ててはいけません

ボタン形電池とは、以下3つの電池のことを言います。

  • 酸化銀電池
  • 空気亜鉛電池
  • アルカリボタン電池

ボタン型電池の回収缶が置いてある店舗は「ボタン電池回収協力店の検索」から調べられます。回収缶のある店舗が分からないからといって、自治体の回収サービスに出してはいけません。

充電池(リチウム水素電池)

充電池は、協力店に置いてあるリサイクルボックスに入れて処分してください。充電池に含まれる素材は、ニッケルやコバルトなどの資源に再生させられます

充電池とは以下の3つのことです。

  • ニカド電池
  • ニッケル水素電池
  • リチウムイオン電池

リサイクルボックスが設置されている協力店は「協力店・協力自治体 検索」から調べられます。ボタン型電池と同じく、自治体の回収に出さないように注意しましょう。

電池バッテリーを解体しない

電池バッテリーを処分するときに、解体してはいけません。電池バッテリーを解体すると、発火したり爆発したりする恐れがあります。知識のない素人が扱うのは危険です。

電池バッテリーには、有害である希硫酸や水酸化カリウムなどが含まれた電解液が使われています。解体したときに流れ出てくると厄介です。

希硫酸や水酸化カリウムなどを処分するには、中和しなければいけません。余計に手間がかかってしまうため、電池バッテリーを解体するのはやめてください。

電池バッテリーの処分を検討しているなら

電池バッテリーの処分を検討しているなら

電池バッテリーの処分方法は以下の5つです。それぞれのメリット・デメリットを理解して、適切な方法で処分しましょう。

  • 自治体の回収サービスで処分する
  • 親族・知人に譲る
  • リサイクルショップに売却する
  • フリマ・オークションサイトで売却する
  • 不用品回収業者に処分を依頼する

電池バッテリーの他にも処分したいものがあるなら、不用品回収業者の利用がおすすめです。不用品回収業者は最短即日、自宅まで不要な電池バッテリーなどを回収しに来てくれます。

電池バッテリーをはじめとする廃品、粗大ゴミ、不用品回収、ハウスクリーニング、ゴミ屋敷清掃、片付け代行などにお困りなら『粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃のパイオニア!粗大ゴミ回収サービス』までご相談ください。

お見積もりは無料です。電話の他、メールやLINEでもお気軽にご相談ください。

私達が選ばれる8つの理由!

  • 1

    即日対応 可能!

  • 2

    最短25分で スグに到着

  • 3

    早朝・深夜でも 対応可能

  • 4

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    リピーター 利用可能

スタッフ待機中|その場でお見積もり
・即回収!「地域と回収量をお伝えください」

スタッフ待機中・地域と回収量をお伝えください

粗大ゴミ回収サービス