靴の処分方法7選!履かない靴を捨てるタイミング【捨て方は簡単】

この記事では、いらない靴の処分方法を徹底解説します。記事を読めば、あなたに合った方法で靴を処分できるようになるでしょう。

履かない靴を処分したくても、適切な捨て方が分からない人は多いです。たとえば、安全靴のように特殊な加工がされていると、燃えるゴミとしては捨てられません

一般的な靴であれば、燃えるゴミとして捨てられます。大量の靴や他の不用品もあるような場合は、家庭ゴミでの処分が難しいので他の方法を検討しましょう。

いらない靴の処分方法7選

いらない靴の処分方法7選

いらない靴の処分方法は以下の7つです。履かない靴を処分したい人は、それぞれの特徴を理解した上で適した方法を選びましょう。

  • 寄付する
  • 知人・親族に譲る
  • 販売店に引き取りを依頼する
  • リサイクルショップに売却する
  • フリマ・オークションサイトで売却する
  • 一般ゴミで処分する
  • 不用品回収業者で処分する

寄付する

いらない靴があるなら、寄付するのも一つの方法です。NPOや市民団体では、海外支援のために靴の寄付を募集しています。

靴を寄付するときのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・社会貢献できる ・費用がかかる
・発送に手間がかかる

靴を寄付する場合、費用がかかることがあります。送料や手数料など、各団体によって違うので確認してみてください。

知人・親族に譲る

いらない靴は知人や親族に譲ることも検討しましょう。あなたにとっては不要な靴でも、知人や親族にとっては必要かもしれません

知人や親族に靴を譲るときのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・無料で処分できる ・譲る人を探す手間がかかる
・譲る人がいないと処分できない

靴を譲渡する場合、無料で処分できます。しかし、譲る人を探すのに手間がかかるので時間がない人やすぐ処分したい人には向きません。譲る人が見つからなければ、処分すらかなわず手元にいらない靴が残ってしまいます。

販売店に引き取りを依頼する

販売店に靴の引き取りを依頼する方法もあります。販売店によっては、新しい靴を購入したときに古い靴を引き取ってくれるからです。

販売店に引き取りを依頼するときのメリット・デメリットは、以下の通りです。

メリット デメリット
・無料で処分できる
・すぐに処分できる
・店舗に出向く必要がある
・店舗によって対応が異なる

各店舗によって引き取りサービスの有無が違います。ABCマートでは靴の引き取りサービスを行なっていません。靴の引き取りを検討する場合は、事前に販売店へ確認しましょう。

リサイクルショップに売却する

いらない靴を処分したいなら、リサイクルショップに売却するのも一つの方法です。質の良い靴は値が張るため、中古の靴を探す人は案外多いからです。

リサイクルショップで靴を売却するときのメリット・デメリットは、以下の通りとなっています。

メリット デメリット
・お金を得られる
・すぐに処分できる
・持ち込みの手間がある
・売却できない場合がある

リサイクルショップの場合、靴の状態によっては売却できません。あくまでも履けることが前提です。ノーブランドなど価値の低い靴の場合、たいした金額にはならないので注意しましょう。

フリマ・オークションサイトで売却する

靴を処分したいなら、フリマ・オークションサイトで売却する方法もあります。中古の靴を探している人は、インターネット上にも多いからです。

フリマ・オークションサイトで靴を売却するときのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・お金を得られる ・売却できない場合がある
・出品・発送に手間がかかる

フリマ・オークションサイトで売却する場合、出品・配送の作業に手間がかかります。また、送料や手数料をしっかり計算に入れて売却しないと、ほとんど利益にならないので注意してください。

一般ゴミで処分する

少量の靴を処分したいなら、一般ゴミとして捨てましょう。靴は自治体の回収サービスでも処分できます

一般ゴミとして靴を捨てるときのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・低コストで処分できる
・自宅まで回収に来てくれる
・分別の必要がある
・すぐに処分できない

一般ゴミとして処分する場合、自治体によって分別方法が異なります。靴が「燃えるゴミ」になるのか「不燃ゴミ」になるのか確認してください。

不用品回収業者で処分する

多くの靴を簡単に処分したいなら、不用品回収業者の利用がおすすめです。不用品回収業者は最短即日、自宅まで靴を回収しに来てくれます

不用品回収業者に靴の処分を依頼するときのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
・最短即日に処分できる
・他の不用品も処分できる
・自宅まで回収に来てくれる
・費用がかかる

コストはかかりますが、他の不用品も一緒に処分すれば一つあたりの費用は安く済みます。靴をはじめとする大量の不用品を一度に処分したい人は、不用品回収業者を利用しましょう。

いらない靴を処分するタイミング

いらない靴を処分するタイミング

靴を処分するタイミングは以下の3つです。「いらない」と判断する目安にしてください。

  • 劣化が激しいとき
  • 流行が廃れたとき
  • 1年以上履いていないとき

劣化が激しいとき

当然ですが、靴の劣化が激しいときは、処分のタイミングです。履き心地が悪いだけでなく、見た目が悪ければ会う人会う人に悪い印象を与えてしまいます

靴が以下の状態の場合、処分を検討してください。

  • 破れている
  • 色が褪せている
  • 靴底が擦り減っている

「もったいないから」という理由で靴を履き続けるのはおすすめしません。靴は履けば劣化する消耗品です。

流行が廃れたとき

靴の流行が廃れたと感じたら、処分を検討しましょう。流行の廃れた靴を履いていると、どんなに服を着飾ってもダサく見えてしまいます

一時的に流行したデザインの靴を持っていても、今後履く可能性は低いです。履かない靴を下駄箱に収納していると、スペースを圧迫します。

靴を長い期間履きたいなら、流行に左右されないシンプルな靴を買いましょう。奇抜なデザインの靴だと、流行が廃れやすいです。

1年以上履いていないとき

1年以上履いていない靴は、処分を検討してください。今後、履く可能性は低いからです。

春夏秋冬を過ごしても履かないなら、あなたにとって不要な靴と言えます。思い切って処分するのがおすすめです。

ただし、フォーマルな靴は例外です。冠婚葬祭が1年以内になかった場合、履いていない可能性があります。結婚式や葬式があると困るため、フォーマルな靴は残しておきましょう。

いらない靴を処分するときの注意点

いらない靴を処分するときの注意点

いらない靴を処分するときは、以下の注意点を押さえましょう。トラブルなくスムーズに靴を処分できます。

  • 適切に分別する
  • 売却前は状態を良くする

適切に分別する

靴を処分するときは、適切に分別してください。分別しないと自治体が回収してくれません

安全靴などの特殊な素材を使った靴は、特に注意が必要です。「燃えるゴミ」ではなく「不燃ゴミ」に分類される場合があります。

分別のルールは自治体ごとに異なります。各自治体のルールを確認した上で、適切な処分方法を選択してください。

売却前は状態を良くする

リサイクルショップやフリマ・オークションサイトで売却するときは、靴の状態を良くしておきましょう。靴の状態によって、売却金額が変わります

綺麗に見える靴ほど、売却金額が高くなるのは当然です。フリマ・オークションサイトに出品するときは、写真を撮る前に汚れを除去してください。

靴箱の有無でも売却金額は変わります。残っていれば、売却前に揃えておきましょう。

いらない靴の処分を検討しているなら

いらない靴の処分を検討しているなら

靴の処分方法は以下の7つです。メリット・デメリットを理解した上で、適した処分方法を選んでください。

  • 寄付する
  • 知人・親族に譲る
  • 販売店に引き取りを依頼する
  • リサイクルショップに売却する
  • フリマ・オークションサイトで売却する
  • 一般ゴミで処分する
  • 不用品回収業者で処分する

履かない靴をまとめて処分したいなら、不用品回収業者の利用がおすすめです。不用品回収業者は最短即日、自宅まで不用品を回収しに来てくれます。

靴をはじめとする廃品、粗大ゴミ、不用品回収、ハウスクリーニング、ゴミ屋敷清掃、片付け代行などにお困りなら粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃のパイオニア!粗大ゴミ回収サービスへご相談ください。

お見積もりは無料です。電話の他、メールやLINEでもお気軽にご相談ください。

私達が選ばれる8つの理由!

  • 1

    即日対応 可能!

  • 2

    最短25分で スグに到着

  • 3

    早朝・深夜でも 対応可能

  • 4

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    リピーター 利用可能

パックがお得な 粗大ゴミ回収サービスの回収料金

19,800 円

14,800(税込)

目安 :1.5㎥

大型家具家電に!

39,800 円

34,800(税込)

目安 :3㎥

間取り :1R~1K

59,800 円

54,800(税込)

目安 :5㎥

間取り :1LDR~2LDK

遺品整理/ゴミ屋敷清掃に

無料お見積り

目安 :20㎥

間取り :一軒家

スタッフ待機中|その場でお見積もり
・即回収!「地域と回収量をお伝えください」

スタッフ待機中・地域と回収量をお伝えください

粗大ゴミ回収サービス