カインズの回収サービス利用条件と手順!手間なしでお得な処分方法も【DIY/家具/園芸】

DIY・ガーデニング・インテリア・家具・ペット用品・日用品などまで品ぞろえが豊富なカインズ。

店舗面積も広く、プライベートブランドもあり魅力あるホームセンターの一つです。

今回は、カインズ(CAINZ)の引き取り回収サービスを解説していきます。

普段からカインズを利用する方は、買い物のついでに回収サービスを利用して不用品を処分もできるととても便利ですね。ただし、利用できるのは回収の条件を満たす場合のみ

また、カインズや自治体でも回収不可のものを処分する方法もご紹介します。この機会に、庭やお部屋などの不用品をすっきりと片づけて快適な住まいを実現しましょう。

カインズの回収サービス【利用条件と対象品目】

カインズの無料回収

カインズでは、「無料引き取りサービス」を行っています。

対象商品の購入が前提ですが、無料で回収できるサービスです。

この回収サービスは、購入商品と同等の機器・数量となっているため、回収対象品か確認しておきましょう。

早速、利用方法と対象品目をご紹介しましょう。あわせて、カインズの回収サービスを利用する際の注意点やリコール対象品についてもまとめました。

回収対象品

回収対象品
カーバッテリー ガステーブル 石油暖房機器
自転車 バーベキューコンロ 消火器
電動工具・機械器具 電子レンジ オーブントースター
刈払機

替刃

ジャッキ キャットインテリアタワー
照明器具 掃除機 扇風機

空気清浄機

炊飯器 物干し竿

物干し支柱

犬舎

上記の不要品が回収対象です。

消火器やバッテリーといった自治体では回収できない特殊なもの、炊飯器や掃除機など小型家電リサイクル法に含まれるものなども対象なので、カインズで買い替えをするならぜひ無料引き取りを活用してみましょう。

カインズの回収サービスは店舗のみ

ただし、上記のカインズの回収サービスは、店舗のみで受け付けています。オンラインショップで購入した場合には、最寄りのカインズで引き取りが可能です。オンラインショップであっても、不用品の引き取りを配送では行っていないので注意してください。

カインズでの回収の流れは、以下の通りです。

  1. 対象商品をカインズ店舗・オンラインショップで購入する
  2. 店舗購入の場合はレシート、
    オンラインショップ購入の場合は「納品書」か「明細書」を店舗へ持参する
  3. 店舗サービスカウンターに引き取り対象品と「レシート」「納品書」「明細書」のいずれか提示し引き取りを依頼する

ほとんどの店舗では回収サービスが利用できますが、一部店舗では回収の有無や品目が異なる場合もあります。念のため、電話で問い合わせしておけば安心です。

  • C'z PRO店舗(杉並井草店、品川シーサイド店、東名横浜店)は、無料引き取りサービスに対応不可
  • 沖縄の店舗は、消火器・カーバッテリー・自転車・ガステーブルのみの回収可能

【注意】家電リサイクル法対象品目は回収不可

カインズの回収サービスでは、テレビや冷蔵庫、洗濯機など家電リサイクル法対象品目の回収は受け付けていません。家電リサイクル法対象品目は、家電量販店や指定引取場所など適切な方法で回収してもらう必要があります。

家電リサイクル法対象品目の処分方法は、以下の記事を参考にしてください。

>>大型家電の処分方法8選!リサイクル費用は?【2F以上からの引越しなども】

【リコール対象】カインズの珪藻土製品を回収

カインズでは、珪藻土製品をリコール回収しています。

  • 2018年5月26日より2020年12月12日まで販売した一部の珪藻土商品
  • 法令の基準を超える石綿(アスベスト)が含まれている可能性あり
  • 17商品をリコール回収の対象

削ったり割ったりするとアスベスト飛散の可能性があります。回収手順や注意点は、カインズのホームページの珪藻土商品回収に関するご案内で確認してください。

>>珪藻土マットの処分方法4選!捨て方は簡単【アスベスト(石綿)に注意】

カインズの回収ボックスも活用しよう!処分できるものは?

カインズでは回収ボックスが設置されている店舗も多くあります。来店のついでに回収対象品を持参して処分すれば、自治体の回収日よりも早く捨てられる場合もあるでしょう。

古紙類は屋外回収ボックスを利用する

カインズには、古紙や古布の回収ボックスが屋外にあります。

  • 新聞・チラシ
  • 雑誌・雑紙
  • 段ボール
  • 古着・古布

古紙や古布を種類ごとに投かんするだけと簡単です。しかも、ポイントも貯められるのでお得!

電池類は店内回収ボックスを利用する

また、管球・電球、乾電池、ボタン電池などは、店内回収ボックスかサービスカウンターで無料で引き取ってくれます。

乾電池を持ち込む際、乾電池のプラスとマイナスの端子にセロハンテープを巻いて絶縁を行うよう注意してください。

【カインズで回収できないなら!】他のホームセンターの類似サービス

カインズ以外のホームセンターの回収

カインズのような回収サービスを、他のホームセンターでも受け付けているのかも気になるところですね。

ホームセンターによる回収サービスを以下にまとめました。

カインズ以外のホームセンター 回収サービス 利用条件
コメリ あり 対象品目を購入時に、不要になった同等品を無料で回収
コーナン あり 購入商品1点につき同等品1点を無料で回収
ユニディ 土の回収あり 買い上げ用土と同量の残土を無料回収可能
ホーマック/DCM/ケーヨーデイツーカーマ あり 購入1点につき、持ち込んだ同等品1点を引き取り可能

カインズで回収できない場合でも、他のホームセンターなら回収対象としているものもあります。

概ね、ホームセンターの回収サービスの条件は以下の通りです。

  • 購入商品1点につき同等品1点を無料で回収
  • 回収サービスを利用できるのは対象品目のみ

ホームセンターによって対象品目が異なるので、該当していないかをチェックしてみると良いでしょう。

【カインズ以外の回収方法も便利】捨てにくい物や大量処分なら

カインズ以外の回収方法も知っておくと、捨てにくい時に便利です。ガーデニング・DIY用品などを処分する方法を含めてご紹介します。特に、自治体で回収不可になっており処分するには注意が必要です。

捨てにくくと困っているものも、以下の方法なら安心して処分できます。

自治体の粗大ゴミ回収を利用する【土や砂利などは対象外】

自治体で処理が難しいゴミ

粗大ゴミは、各自治体で条件が決められています。対象品目なら事前申し込みをすれば回収または持込ができるので、計画的に利用するのがおすすめです。

  1. 自治体の粗大ゴミセンターに予約をする
  2. 粗大ゴミ処理券を購入する
  3. 粗大ゴミ処理券に必要事項を記入して粗大ゴミに貼る
  4. 指定場所に朝8時までに粗大ゴミを出す

ただ、自治体では処理や処分ができないものは、回収対象外です。

  • 危険物 灯油やガスボンベ
  • 複合素材 スプリング入りマットレスやピアノなど
  • 特殊素材 タイヤやコンクリートブロックなど
  • 事業系のゴミ
  • 自然物 土や砂利・庭石など

土や砂利などは、回収対象外の自治体が多くなっています。

これらは自然物なので、ゴミとして扱われないためです。土を回収している自治体でも、出す量に制限がありまとまった量は出せません。

販売元・購入店に回収を依頼する【消火器・灯油】

消火器や灯油など自治体で回収対象外のものは、販売元や購入店に問い合わせてみてください。カインズは、消火器の買い換え時なら回収可能ですが、処分のみはできません。

>>消火器の処分方法6選!消火器はゴミに出せる?安くて安全な方法まとめ

>>灯油の処分方法6選!やってはダメなこと・持ち込めない時の捨て方

不用品回収業者に依頼する【自治体回収外のものも対応可】

不用品回収業者に依頼すれば、柔軟な回収を一度にしてもらえるのが魅力です。

カインズで回収できないものや自治体の粗大ゴミで対象外のものも含めて、分別や運び出しの必要もなく自宅まで出張してもらえるので、手間がかかりません。

不用品回収業者を利用すれば、処分に困っていたガーデニング・DIY用品もすべてまとめて回収してもらえます。

少しでも費用を抑えるには、軽トラック積み放題などの定額パックがおすすめです。

>>積み放題の不用品回収は本当にお得?トラックの大きさで料金・詰める量を比較

産業廃棄物は産廃業者に依頼する【処理違反には重い罰則あり!】

産廃を適正処分しないと科せられる罰則一覧

事業として使用したものは、事業ゴミとして処分しなければなりません。産廃を適切に処理しないと、違反行為に応じて上記の罰則が科せられます。

産業廃棄物処理法の知識があれば、適切な処分が可能です。

もし、産廃業者に委託し不法投棄された場合には、「排出事業者に対して5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金、あるいは両方を科される」ことになります。

そのためにも、事業ゴミの処分を委託する際、産廃業者の選び方は入念に行いましょう。

【カインズで回収不可なら】不用品回収業者がおすすめ

カインズで回収不可!不用品回収なら対応可能

カインズで回収不可のものも各処分方法を検討することなく、まとめて依頼できるのが不用品回収業者です。不用品回収を利用するメリットを4つご紹介しましょう。

【カインズ・自治体で回収不可】の不用品・粗大ゴミも回収可能

カインズの回収、自治体の粗大ゴミ回収で対象外のものであっても、不用品回収業者ならほとんど回収してもらえます。

  • 一回の依頼で、一括回収可能!

販売店や製造元へ問い合わせだけでも時間がかかりますが、回収業者ならスピーディーに不用品の処分が終わります。

ガーデニングやDIY関連の不用品も一括処分できて早い

ガーデニングやDIY関連の不用品は、実際さまざまな種類が出てくるはず。それだけに、プランターや散水機、DIY機器、レンガなどの不要品も多く出てしまいます。

  • 不用品回収業者なら、ガーデニング・DIY関連・家電・家具なども一括で処分できて、手間いらず!

とにかく、面倒な手続きや分別・運搬も不要なので、引っ越しや大掃除などのタイミングにもおすすめです。

重量物やかさばる物も出張回収してもらえる

自治体の粗大ゴミ回収で出す場合、たとえば剪定枝の場合、長さや量の規定があり順守して出さなけばなりません。一度に出せるゴミの量に制限があれば、何度かに分けて出す必要があるでしょう。

  • 不用品回収業者なら、混合物があるもの、長さが長いものでも、すべてお任せで手間いらず!

積み放題定額パックで格安な処分ができる

不用品回収業者なら、積み放題定額パックを利用すると格安処分も可能です。出張回収、搬出、分別、処分もすべて業者にお任せするとなると、気になるのが費用でしょう。

  • 軽トラック積み放題の費用相場 10,000~15,000円

軽トラック積み放題なら、規定量の範囲内であれば定額で済みます。すべてコミの価格なので、不用品が多いほどおすすめです。

カインズで回収不可のものもまとめてお任せを!

カインズの回収は、対象条件を満たせば来店時に処分できます。

もし、ガーデニングやDIY用品、家具などを一括で処分したい場合には不用品回収業者がおすすめです。

さまざまな不用品を一度の依頼で、回収が終わるのでとても迅速!

しかも、カインズや自治体では回収不可のものでも、別の処分方法に頭を悩ますこともありません。急を要する回収なら、最短当日の回収も可能。

大型家具や家電といった廃品、粗大ゴミ、不用品回収からゴミ屋敷清掃ハウスクリーニング、片付け代行でお困りでしたらなら私たち『粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃のパイオニア!粗大ゴミ回収サービス』までご相談ください。

WEB限定キャンペーン 5000円オフ

特に、トラック積み放題プランは定額でお得な回収ができるため、不用品が多い時に最適!

お見積もりは無料ですので、お気軽にお電話・フォーム・LINEでお問合わせください。

>> 無料見積もりはこちら

私達が選ばれる8つの理由!

  • 1

    即日対応 可能!

  • 2

    最短25分で スグに到着

  • 3

    早朝・深夜でも 対応可能

  • 4

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    リピーター 利用可能

スタッフ待機中|その場でお見積もり
・即回収!「地域と回収量をお伝えください」

スタッフ待機中・地域と回収量をお伝えください

粗大ゴミ回収サービス