植木・植物の処分方法5選!伐採するときの費用【捨て方は簡単】

この記事では、植木や植物の処分方法を解説します。記事を読めば、あなたに適した方法で植木や植物を処分できます。

いらなくなった植木や植物の捨て方に迷う人は多いです。素人が下手に植木を伐採すると危険なので注意してください。

大型の植木を処分したい場合は、伐採業者に依頼しましょう。伐採した植木や観葉植物を処分したい場合は、不用品回収業者の利用がおすすめです。

植木・植物の処分方法5選

植木・植物の処分方法5選

植木や植物の処分方法は以下の5つです。それぞれのメリット・デメリットを理解して、適切な処分方法を選んでください。

  • 可燃ゴミで処分
  • クリーンセンターに持ち込む
  • フリマ・オークションサイトで売却
  • 伐採業者に処分を依頼
  • 不用品回収業者に処分を依頼

可燃ゴミで処分

植木や植物は可燃ゴミで処分できます。多くの場合「30cm角以内のゴミ」は一般ゴミに該当するからです。

植木や植物を可燃ゴミで処分するメリット・デメリットは以下の通りです。

メリットデメリット
・格安で処分できる
・自宅まで回収に来てくれる
・すぐに処分できない
・カット/伐採の必要がある

「30cmを超える大型のゴミ」は一般ゴミとして処分できません。大きめの植木や植物は、細かくカットしてゴミ袋に入れてください。

自治体の回収は日にちが決まっています。すぐに処分したい場合は、他の方法を選んでください。

クリーンセンターに持ち込む

植木や植物は、クリーンセンターに持ち込むことで処分できます。地域の処分場を調べてみましょう

植木や植物をクリーンセンターに持ち込むメリット・デメリットは以下の通りです。

メリットデメリット
・すぐに処分できる・費用がかかる
・持ち込みの必要がある
・車が汚れてしまう可能性がある

大型の植木や大量の植物を持ち運ぶのは大変です。クリーンセンターは無料で処分できるわけでもありません。

植木や植物を持ち運べる自家用車を持っていないと利用できない方法です。車が汚れてしまう可能性もあります。わざわざレンタカーを借りるくらいなら、他の処分方法を利用しましょう。

フリマ・オークションサイトで売却

部屋に置く観葉植物などは、フリマ・オークションサイトなどで売却できます。インターネットで植物を探す人は多いからです。

植物をフリマ・オークションサイトで売却するメリット・デメリットは以下の通りです。

メリットデメリット
・お金を得られる・すぐには処分できない
・個人間でトラブルの可能性がある
・出品、梱包、発送などの手間がかかる

フリマ・オークションサイトを利用すると、お金を得られるのがメリットです。しかし、状態の良い観葉植物でないと大した金額にはなりません

また、フリマ・オークションサイトは個人間取り引きです。何かトラブルが発生するとやっかいなので注意しましょう。

伐採業者に処分を依頼

植木や植物は、伐採業者に依頼することで処分できます。伐採業者は植木の伐採から、伐採した植木の引き取りまで対応しているからです。

植木や植物の処分を伐採業者に依頼するときのメリット・デメリットは以下の通り。

メリットデメリット
・伐採から引き取りまで対応している・費用がかかる
・近くの伐採業者を探すのが手間
・すぐに対応してくれるとは限らない

インターネットで伐採業者が見つからないときは、近くの植木屋に問い合わせてみてください。インターネットに掲載されていなくても、伐採や引き取りに対応している場合があります。

大型の植木を自分で伐採するのは危険です。植木を伐採するときは、伐採業者に依頼するのがおすすめです。

不用品回収業者に処分を依頼

植木や植物の処分を検討しているなら、不用品回収業者の利用も考えてみましょう。不用品回収業者を利用すれば、最短即日対応してくれます

植木や植物の処分を不用品回収業者に依頼するメリット・デメリットは以下の通りです。

メリットデメリット
・すぐに処分できる
・自宅まで回収に来てくれる
・伐採も対応している場合がある
・他の不用品も一緒に処分できる
・費用がかかる

不用品回収業者は、庭木などをそのまま回収してくれます。こちらでカットする必要がありません。

不用品回収業者によっては、伐採から請け負ってくれる場合もあります。不用品回収業者ごとに対応は違うので、一度問い合わせてみてください。

不用品回収業者は植木や植物以外の不用品も回収してくれます。植木や植物以外に捨てたいものがある人は、不用品回収業者の利用がおすすめです。

植木の処分費用

植木の処分費用

植木の処分費用は以下の通りです。

工程費用
伐採3,000円〜
抜根2,000円〜
重機80,000円〜

伐採:3,000円〜

植木を伐採する費用は、3,000円〜です。植木の大きさによって料金が変わります

高さ費用
〜1.5m3,000〜13,000円
〜3.0m3,000〜23,000円
〜4.0m4,500〜30,000円
〜5.0m6,500〜30,000円
〜6.0m6,500〜37,000円

植木が大型になるほど、伐採費用は上がります。6m以上の植木を処分するときは、個別で見積もりを取ってください。

抜根:2,000円〜

植木の抜根まで依頼する場合、費用は2,000円〜です。植木の高さや直径によって料金が違います

大きさ費用
高さ:〜1.5m2,000〜6,500円
直径:〜35cm8,700〜18,500円

直径が35cmを超える場合は、個別で見積もりが必要です。

重機:80,000円〜

大型の植木を処分する場合、重機が必要になります。重機を利用する場合の費用は80,000円〜です。

重機の種類費用
10t80,000〜100,000円
20t130,000〜200,000円

重機が必要かどうかは個別で問い合わせてみてください。小型の植木や植物の場合、重機を使う必要はありません。

植木・植物は早めに処分するべき理由

植木・植物は早めに処分するべき理由

植木や植物は早めに処分しましょう。理由は以下の3つです。

  • 害虫が発生する
  • 倒木の危険がある
  • 近隣に迷惑がかかる

害虫が発生する

伐採した植木を放置しておくと害虫が発生する可能性があります。シロアリなどの害虫は、腐って柔らかくなった木を好むからです。

害虫が発生すると、自宅の中まで入ってくる恐れがあります。シロアリが自宅に入ってくると大変です。

害虫の発生を防ぐためにも、植木を伐採したらすぐに処分しましょう。できるだけ早く処分するのがおすすめです。

倒木の危険がある

植木を手入れせずに放置していると、倒木のリスクがあります。植木が枯れてしまうこともあるからです。

台風などの強風や大雨などが起こった場合、弱った植木が倒れる可能性もあります。万が一倒木の下敷きになった場合、大怪我では済まないことも…。

安全を確保するためにも、不要な植木は早めに処分しましょう。あなただけでなく、近隣の住民にもリスクを与えます

近隣に迷惑がかかる

植木や植物を放置しておくと、近隣に迷惑がかかります。植木や植物が伸び過ぎると、他の住民のエリアに侵入することがあるからです。

伸び過ぎた植木や植物が近隣の住民の所有地にかかると、枯葉や枯れ木が落ちます。それだけでなく、日光の妨げになることもあり得るのです。

近隣トラブルを防ぐためにも、不要な植木や植物は早めに処分しましょう。トラブルが発生すると、その後のご近所付き合いに影響を及ぼします

植木を処分するときの注意点

植木を処分するときの注意点

植木を処分するときの注意点は以下の4つです。スムーズに植木を処分するためにも、必ず押さえておきましょう。

  • 雨の日に伐採しない
  • 切り株まで処分する
  • 伐採後は早めに処分する
  • 大型の植木は自分で伐採しない

雨の日に伐採しない

植木をスムーズに処分するためにも、雨の日の伐採は避けてください。伐採した植木が水分を含んで重くなります

植木の伐採は晴れた日にしておくのが無難です。植木が水分を含むと運ぶのが大変になります。

伐採した植木を処分するまでに期間が空く場合、ビニールシートなどを被せておくのがおすすめです。少しでも植木が濡れない工夫を施してください。

切り株まで処分する

植木を伐採したら、切り株まで処分することを忘れないでください。切り株を放置しておくと、シロアリなど害虫発生の原因になります

切り株は地中にしっかり根を張っています。素人にとって抜根作業は難しいです。必ずプロに依頼して、切り株まで処分してください。

伐採後は早めに処分する

植木を伐採した後は、なるべく早く処分しましょう。伐採した植木から、枯れ葉や枯れ木が大量に落ちてしまうからです。

伐採して時間が経つと、地面に大量の葉や枝が落ちます。植木だけでなく、葉や枝の処分もしなければなりません

植木に葉や枝がついたままであれば、そのまま処分できます。地面に落ちた葉や枝を処分する必要はありません。

大型の植木は自分で伐採しない

大型の植木を処分する場合、自分で伐採するのはおすすめできません。自分で伐採すると危険です。

植木を伐採すると幹が倒れます。素人が伐採すると、幹の下敷きになったり枝で怪我をしたりする危険性があります。

大型の植木は、プロに伐採を依頼してください。大型の植木でも、プロなら安全に伐採してくれます。

植木・植物の処分を検討しているなら

植木・植物の処分を検討しているなら

植木や植物の処分方法は以下の5つです。それぞれの特徴を理解して、自身に適した処分方法を選びましょう。

  • 可燃ゴミで処分
  • クリーンセンターに持ち込む
  • フリマ・オークションサイトで売却
  • 伐採業者に処分を依頼
  • 不用品回収業者に処分を依頼

とにかく簡単に植木や植物を処分したいなら、不用品回収業者の利用がおすすめです。不用品回収業者は最短即日、自宅まで植木や植物などの不用品を回収しに来てくれます。

植木・植物をはじめとする廃品、粗大ゴミ、不用品回収、ハウスクリーニング、ゴミ屋敷清掃、片付け代行などにお困りなら『粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃のパイオニア!粗大ゴミ回収サービス』までご相談ください。

お見積もりは無料です。電話の他、メールやLINEでもお気軽にご相談ください。

私達が選ばれる8つの理由!

  • 1

    即日対応 可能!

  • 2

    最短25分で スグに到着

  • 3

    早朝・深夜でも 対応可能

  • 4

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    リピーター 利用可能

パックがお得な 粗大ゴミ回収サービスの回収料金

19,800 円

14,800(税込)

目安 :1.5㎥

大型家具家電に!

39,800 円

34,800(税込)

目安 :3㎥

間取り :1R~1K

59,800 円

54,800(税込)

目安 :5㎥

間取り :1LDR~2LDK

遺品整理/ゴミ屋敷清掃に

無料お見積り

目安 :20㎥

間取り :一軒家

スタッフ待機中|その場でお見積もり
・即回収!「地域と回収量をお伝えください」

スタッフ待機中・地域と回収量をお伝えください

粗大ゴミ回収サービス