冷蔵庫の処分方法5選|無料で処分することは可能なのか

冷蔵庫の処分方法5選|無料で処分することは可能なのか 粗大ごみの出し方

冷蔵庫の処分方法を5つ紹介いたします。

冷蔵庫は、2001年以降に施行されている「家電リサイクル法」によって、各自治体が提供する粗大ごみ収集サービスでの処分はできないようになりました。

冷蔵庫のみならず、エアコンやテレビ、洗濯機などの4大家電は、故障をしたとしても使われている部品がリサイクル可能なことから、特別な処分をしなければなりません。

埋め立て地の減少や有用な資源の再利用の観点から、廃棄物を少なくし、資源を有効に活用することを目的として法律が定められました。

冷蔵庫を処分したい場合、家電リサイクル法で定められている方法で処分をしなければ違法行為となります。不法投棄をしてしまえば、5年以下の懲役、1,000万円以下の罰金という厳しい罰則が待っています。

そこで本記事では、正しい冷蔵庫の処分方法や、リサイクル料金などの処分費について紹介します。また、実際に冷蔵庫を処分したい場合に気になる疑問などを解説いたします。

家電リサイクル法対象製品はどのように処分するべきか

テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機といった4大家電は、家電リサイクル法により定められたルールで処分をする必要があります。基本的には、販売店が処分しなければなりません。

処分したい冷蔵庫がある場合、その冷蔵庫を購入した販売店で処分をしてもらう方法がスタンダードな方法です。ただし、引っ越しをして店舗から遠方に離れてしまうこともあります。

また購入した小売店が潰れてしまうケースもあります。このような場合には、別の方法で処分することが可能ですが、基本的には購入した店舗での処分が通常です。

ただし、リサイクルは無料では行えず、リサイクル料が発生します。他にも冷蔵庫の処分方法を5つ紹介しますので、参考になさってください。

冷蔵庫を処分する方法5選

冷蔵庫を始めとする家電リサイクル法対象製品を処分するための主な方法を5つご紹介します。購入した店舗にリサイクル料金を支払う以外にも処分方法はありますので、覚えておくことをおすすめします。

買取サービスのある不用品回収業者に依頼する

処分は捨てるのではなく、売却するという発想を持つことも、一つの選択肢です。冷蔵庫でも傷が多かったり、使い古した痕跡が強い場合には、買取を拒否されることもあります。

ただし、年式が2013年以降の冷蔵庫の場合には、リサイクル料金や運搬料金が掛からず、更に買取金額をもらえて処分される可能性があります。年式が浅い5年以内に製造された冷蔵庫であれば買取可能です。

このような冷蔵庫の場合には、一部の部品をリサイクル(再生利用)するのではなく、リユース(再使用)できる可能性が高いため、売却を選択することが望ましいです。

リユース可能な冷蔵庫であれば、古物商の許可を得ている買取専門店に売却を依頼すれば、処分は掛からないどころか、300円~45,000円の収入を得ることも可能です。

買取専門店やオークションに出す方法もありますが、買取専門店では買取不可な状態である場合には、別途回収業者に依頼をする二度手間になります。

オークションでは、ご自身が希望される金額で落札されるまで、時間が掛かりますし、運搬の手続きなども行わなければならず、手間と時間が掛かります。

買取サービスを行っている不用品回収業者であれば、買取ができなくても不用品回収に切り替えて冷蔵庫の処分がその場で行えますし、手間が掛かることがないため、おすすめです。

年式/容量 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年
2ドア101L~129L 5,000円 5,000円 4,000円 3,000円 3,000円 2,500円 1,500円
2ドア201L以上 9,000円 8,000円 7,000円 6,000円 6,000円 4,000円 3,000円
3ドア~300L 10,000円 9,000円 8,000円 7,000円 7,000円 5,000円 4,000円
3ドア~400L 13,000円 12,000円 11,000円 10,000円 9,000円 7,000円 6,000円
4ドア~400L 32,000円 25,000円 23,000円 20,000円 18,000円 16,000円 9,000円

買い替えの際に購入店に引取を依頼する

冷蔵庫の買い替えをする際の処分をするのであれば、新しい冷蔵庫を購入予定の家電量販店に以前まで利用している冷蔵庫の引き取りを行ってもらう方法もおすすめです。

ただし無料で引取をしてもらうことはできません。リサイクル料金と収集運搬料金は別途発生しますが、新しい冷蔵庫を自宅に運搬される際に引き取ってもらうため、手間はそんなにかかりません。

過去に購入した店舗に引取をしてもらう

前にも触れていますが、過去に冷蔵庫を購入した小売店に引取をしてもらうという方法が挙げられます。購入した販売店を忘れてしまった場合には、家電製品を取り扱っている販売店へ収集を依頼することも可能です。

収集時にはリサイクル料金と収集・運搬料金が発生します。家電リサイクル法は、基本的に家電を販売している小売店に家電製品処分の「義務」が生じます。このため引取を依頼しても断られることはなく、安心して利用ができます。

大手家電量販店の冷蔵庫リサイクル料金(リサイクル料+収集・運搬料)
店舗/冷蔵庫のサイズ ヤマダ電機 ヨドバシカメラ ケーズデンキ
170L以下 4,752円 4,212円 3,400円+1,000円
171L以上 5,724円 5,184円 4,300円+1,000円

全国にある指定引取所へ持込をする

全国には家電製品をリサイクルできる指定引取所が用意されています。郵便局に用意されている家電リサイクル券に必要事項を記入します。郵便局の窓口に持って行き、リサイクル料金を支払うことで、指定場所へと冷蔵庫を持ち込むことができるようになります。

引っ越しをした先で以前に購入した小売店から遠くなった場合や、購入店を忘れてしまった場合、お住まいの近くに家電量販店がない方などにおすすめです。

指定されている引取場所までご自身で持ち込まなければならない手間はありますが、運搬料金がかかることはありませんし、比較的にコストを安く抑えることが可能です。

最寄りの指定場所は「一般財団法人 家電製品協会」でご確認下さい。

一般財団法人 家電製品協会:https://www.kaiketsukr.com/areasearch/

家電リサイクル受付センターへ申し込む

東京都内と一部の地域に限られてしまいますが、行政と連携している機関が、家電リサイクル受付センターです。前述した家電製品協会が提供している「家電リサイクル券センター」とは違う機関になります。

買い替えの予定がなく、単純に冷蔵庫を処分したい方で、過去に購入した小売店を忘れてしまった場合の処分方法としておすすめです。

処分の流れとしては、メーカー名を確認して、家電リサイクル受付センターに連絡をします。収集運搬会社と連絡先、収集予定日と料金が案内されます。

収集の前日から当日に提携している業者から確認の電話を受けます。収集当日に冷蔵庫を引き渡します。提携業者に現金で料金を支払い、家電リサイクル券を受け取れば、処分は完了です。

冷蔵庫のサイズ リサイクル料 運搬料 合計金額
170L以下 3,672円 3,100円 6,772円
171L以上 4,644円 3,100円 7,744円

家電リサイクル受付センター(東京):https://kaden23rc.tokyokankyo.or.jp/Rc/Index

冷蔵庫の処分なら不用品回収業者がおすすめ

冷蔵庫を処分する5つの方法をご紹介しました。買い替え予定の小売店や、以前に購入された販売店で処分をする方法でも、いずれの場合もリサイクル料金が掛かります。

運搬料が掛からない唯一の方法は、指定引取所へと直接持ち込む方法ですが、リサイクル料金は発生します。ワンストップで融通が利く冷蔵庫処分の方法としておすすめなのは、買取サービスを行っている不用品回収業者を利用することです。

エコスマイルでは、古物商の許可を得ており、確かな鑑定で不用品の買取サービスを実施しております。買取サービスの他にも、ごみ屋敷清掃や遺品整理、ハウスクリーニング等のサービスも提供させていただいております。

冷蔵庫の処分にお悩みの際には、お気軽にご相談下さいませ。

無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり
お部屋と気持ちをスッキリ片付けます。
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり