引越し時のベッドは処分すべき?判断基準や廃棄方法を徹底解説

この記事では、引っ越し時ベッドの処分をどうするか迷われている方に、処分の判断基準や具体的な方法などを詳しくご紹介していきます。

読者の方の中には、引っ越し後の新生活にむけて、家具を買い替えるか、転居先に持って行くか悩んでいる方も多いでしょう。

特にベッドは、大きさ・重量があり、運搬が困難。解体が必要なケースもあり、引っ越し時の悩みの種にもなりがちです。

近々引越しを予定している方は、本記事をぜひご参照ください。

引越し時ベッドは処分?持って行く?

引越し時のベッド処分

まずは、新居にベッドを持っていくか、処分をするかを決めるチェックポイントをお伝えします。

  • 部屋や家からベッドを運び出せるかどうか
  • 新居に設置スペースはあるか

部屋や家からベッドを運び出せるか

ベッドの運搬ができないと、そもそも新居にベッドを持っていけません。「ベッドを運び出す搬出動線が確保できるかどうか」が重要なポイントになります。

一度搬入したからには搬出もできるだろうと考えていても、解体が必要になる場合もあります。部屋や家からベッドが運び出せるかを事前に確認しましょう。玄関や廊下の幅や高さに加えて、、マンションやアパートなどの集合住宅はエレベーターの大きさ、一軒家の2階以上に寝室がある場合は、階段の幅も確認が必要です。

解体が難しい、もしくは解体できないベッドは、クレーンを使ってベランダなどから運び出すための追加料金が発生するので、運搬はあきらめて処分を検討すべきと言えます。

新居に設置スペースはあるか

もう一方で、引っ越し先の新居に、今まで使っていたベッドの設置スペースがあるかどうかも事前に確認しましょう。

ベッドは家具の中でも特に大きいため、新居の広さによっては設置できないケースもあります。また、搬出時と同様に、新居への搬入動線が確保できるかどうかも重要なポイントです。

搬出、搬入にベッドは大きな難関になりえます。引っ越しの頻度が多い方は、そもそも大きなベッドを選ばないというのもひとつの考え方です。

引越しでベッドを処分する前に確認すべきこと

引越しでベッドを処分する前に確認すべきこと

処分すると決めた場合、以下の確認事項によって処分方法に幅が出てきます。事前に確認すべきことを3つ挙げていきます。

  • 自力で解体できるかどうか
  • 搬出に階段料金や吊り下げ料金が発生するか
  • 利用予定の引越し業者でベッドを処分できるか

自力で解体できるかどうか

まずは、ベッドが解体可能かどうか確認しましょう。

ニトリやIKEAなどで販売している組み立て式のベッドは自分で解体できます。解体して持ち運びできれば、それほど苦労せずに粗大ゴミとして処分可能です。

解体できない、もしくは解体が難しい場合は、業者に依頼する必要があります。

搬出に階段料金や吊り下げ料金が発生するか

部屋から運び出せない場合は、処分するにしても搬出を業者に依頼する必要があります。

ベッドサイズやベッドが設置されている階数によっては、階段料金や吊り下げ料金といった追加料金が発生する場合があるのでまずは見積もりをとって検討しましょう。

>> 無料お見積もりはこちら

利用予定の引越し業者でベッドを処分できるか

利用予定の引越し業者にベッド処分を依頼できるかも確認しましょう。

引越し時の不用品回収を同タイミングで対応してもらえない場合は、粗大ゴミ・家具店の引取サービス・不用品回収業者などが候補となります。

引越し時におけるベッドの処分方法

引越し時におけるベッドの処分方法

いざ処分すると決めた時の、ベッドの処分方法を5つ紹介します。

  • 粗大ゴミとして処分する
  • 可燃ゴミ・不燃ゴミとして処分する
  • 引越し会社に処分してもらう
  • 家具店の引取サービスを利用する
  • 不用品回収業者で回収する

粗大ゴミとして処分する

粗大ゴミとは、主に1辺30cmを超える家庭ゴミです。

ベッドと一言で言っても、ベッドフレーム・マットレス・布団・毛布・抱き枕などはすべて粗大ゴミに該当します。

処分費用が安いというメリットがある一方、指定場所まで自分で運ぶ必要がある点がデメリットです。特に、処理施設への搬入が義務付けられている自治体の場合は、指定場所まで運搬する人手が必要でしょう。

また、シーズンによっては1ヵ月待ちにもなる自治体もあるため、日程に余裕を持って行動することをおすすめします。

可燃ゴミ・不燃ゴミとして処分する

規定のサイズまで解体・切断すれば、ベッドも粗大ゴミではなく一般ゴミとして処分できます。

たとえば組み立て式のベッドは、解体も比較的行いやすいこと、木材であれば切断もしやすいことなどから、労力をいとわなければ処分費用を節約できます。

分別ルールは自治体ごとに異なるので、処分の際には必ず各自治体のルールを確認しておきましょう。

引越し会社に処分してもらう

引越し会社が不用品回収サービスも提供している場合、引越し片付けと同時にベッドを処分してもらうことができます。

引越し会社に頼める場合は、「運搬する人員が確保できなかった」「自治体に処分する日程が合わなかった」などの問題もクリアできるので、便利な方法と言えます。

しかし、引越し会社に依頼するといっても、処分作業は不用品回収業者に外注されるケースが多く、料金的には割高と言えるでしょう。引越し会社に依頼する場合も、事前に見積もりを行い、価格の比較検討を行いましょう

>>  不用品回収に対応している引っ越し業者7選【おすすめの処分方法を紹介】

家具店の引取サービスを利用する

家具販売店の中には、商品購入のタイミングでと古いベッドの引取サービスを提供している店舗もあります。

大半の店に共通して言えるのが、「引き取りは同種類の家具に限る」というものです。たとえば、テーブルを購入してベッドを引き取ってもらうことはできません。

また、配送先以外での引き取りを断っている家具店もあります。引越し前の場所で古いベッドを引取り、引越し先へ新しいベッドを運ぶ、というケースは該当しないと考えたほうが良いでしょう。

購入先として人気の以下大型販売店での、引取サービスの例をご紹介します。

ニトリの家具回収サービスの条件

ニトリでの家具回収サービスは、結論からいうとベッドの回収が可能です。条件を満たせば、ニトリ以外で購入した家具も回収してくれる嬉しいシステムです。

メリット
  • 回収対象の家具は、ニトリ以外の製品でも可能
  • 購入した家具と同数量または同容量を回収可能
  • ベッド・マットレス・ソファをはじめ配送員設置マークのある家具が回収可能
注意点
  • ニトリで該当している家具を購入するのが前提
  • 配送先と引取先が違う場合はNG

>> ニトリの不用品回収「家具引取サービス」を利用しよう!条件や注意点

IKEAの家具回収サービスの条件

IKEA(イケア)も、ベッドの回収が可能です。イケアで購入した商品のみ、という縛りはありますが、買取にも対応しているので、IKEAで次のベッドを買う際には、とても嬉しいサービスです。

メリット
  • 自主回収の品目が多い
  • マットレスの買い替え時の回収が無料
注意点
  • IKEAで購入した対象家具に限る
  • 店舗配送を利用する時には送料がかかる

>> IKEAで不用品回収?お得なイケアの買取・引取サービスと注意点

不用品回収業者で回収する

不用品回収業者の特筆すべき特徴は、ベッドをはじめとした大型家具、捨て方に迷う家電、その他一般ゴミに至るまで、幅広い不用品を回収してくれる点です。

引越しでは大小さまざまな不用品が出ますが、それらの分別を気にせずまとめて処分できるのは、なにかと忙しい時期には最適な方法と言えます。

不用品回収にあわせて、退去元の掃除や片付け、家具の移動といった引越しのお手伝いも依頼できます。

引越しでベッド処分を不用品回収業者に依頼するメリット

引越しでベッド処分を不用品回収業者に依頼するメリット

運搬自体が手間となる大型家具であるベッドだからこその、不用品回収業者に依頼するメリットを3つ挙げていきます。

  • 解体や運搬の手間がはぶける
  • 急なタイミングでも最短即日回収
  • 処分に困る他の不用品もまとめて回収

解体や運搬の手間がはぶける

たとえば組み立て式のベッドであったとしても、解体するにはそれなりの道具や時間がかかります。解体できた後の分別も意外と面倒くさいもの。解体せずに運搬する場合も、一人では到底運べないでしょう。

不用品回収業者は、解体や運搬を全て作業員が行うため、手間は一切かかりません。プロならではの手際の良さで、引越しのサポートを行てくれるでしょう。

急なタイミングでも最短即日回収

自治体の粗大ゴミ回収を申し込む際は、引越しシーズンの時は特に先の日時まで予約が取れないことが実状です。

引越し日がせまっている時に、大型家具であるベッドを希望のタイミングに処分できないと、一気に作業が滞ってしまうでしょう。

その点、不用品回収業者は、希望の日程が通りやすく、急な日程での処分が必要になっても焦りは不要です。

事前見積もりに納得できたら、そのまま即日回収対応することも可能。時間帯も融通が利くため、仕事帰りの時間帯やすき間タイム、深夜早朝などに予約ができるのも嬉しいメリットです。

>> 無料お見積もりはこちら

処分に困る他の不用品もまとめて回収

ベッドの処分を考える時のような、模様替えや引っ越しのタイミングでは、他にも処分を検討する不用品が発生するものです。

ベッドまわりだけでも、マットレスや布団、枕など一新したいものが多いでしょう。サイズの違うベッドに買い替える場合は、今までのシーツなどもすべて処分することになるはずです。

不用品回収業者であれば、それぞれの分別や処分方法を検討する必要もなくまとめて処分が可能です。安心パックを設定している業者も多いので、存在を忘れていた!というアイテムでも、トラックに載せられさえすれば価格は同一で処分できます。

WEB限定キャンペーン 5,000円オフ 無料見積もり

引越しでベッド処分を回収業者に依頼する際の費用相場

引越しでベッド処分を回収業者に依頼する際の費用相場

不用品回収業者に回収を依頼する際の、具体的な料金システムや相場をご紹介していきます。

  • 不用品回収業者の料金システム
  • 不用品回収の料金相場

不用品回収業者の料金システム

不用品回収業者の料金システムは、以下が一般的です。

  • 単品回収
  • 定額積み放題プラン

不用品回収業者が提供するサービスで、最も人気があるのがトラック積み放題定額プランです。トラックのサイズも選べる上に、トラックに詰め込めさえすればどれだけ積んでも料金は定額!

軽トラックでもそれなりの量を積み込めるため、引越し時のような不用品がたまっている時には特に、コストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。

不用品回収の料金相場

実際のトラック載せ放題プランについて、間取りに基づいた容量や費用を表にまとめました。

トラックの大きさごとの積める容量目安

トラック 回収可能な量 体積
軽トラック 1K~1DK程度 2.5㎥
2tトラック 2DK~2LDK 7.0㎥
4tトラック 3DK~4DK 30.0㎥

トラックの大きさごとの料金目安

トラックの種類 料金相場
軽トラック積み放題(作業員1人) 10,000円~25,000円
2tトラック積み放題(作業員2人) 50,000円前後
4tトラック積み放題(作業員2人以上) 80,000円前後

引越しでベッド処分を検討中なら

引越し時にベッドの処分を迷われている方に向けて、おすすめの処分方法などをお伝えしました。

引越しのタイミングで、ベッド以外の大型家具処分を悩む方も多いでしょう。捨て方に困る家具や不用品などを一気に処分したい人は、積み放題プランでコスパよく依頼できる不用品回収業者の利用がおすすめです。

粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃のパイオニア!粗大ゴミ回収サービスは、最短即日で、引っ越し時のあらゆる不用品回収に対応しています。

お問い合わせや見積もりは無料で対応いたしますので、お電話はもちろんのこと、フォームLINEからもお気軽にご相談ください。

>> 無料見積もりはこちら

私達が選ばれる8つの理由!

  • 1

    即日対応 可能!

  • 2

    最短25分で スグに到着

  • 3

    早朝・深夜でも 対応可能

  • 4

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    リピーター 利用可能

スタッフ待機中|その場でお見積もり
・即回収!「地域と回収量をお伝えください」

スタッフ待機中・地域と回収量をお伝えください

粗大ゴミ回収サービス