植木鉢の処分方法10選!ガーデニングで大量に…【オフィス移転や店舗排出にも】

植木鉢の正しい処分方法10選【ガーデニング・大量・オフィス・店舗】

植木鉢の処分方法はちょっと面倒です。

自宅の庭、リビング、オフィス、店舗で雰囲気を高めてくれる植物ですが、処分するとなると分別などに手間がかかる厄介者

「土はどこに捨てたらいい?」「植物は何ゴミ?」「植木鉢は素材によって捨て方が違う?」と、園芸周りの悩みが尽きないものです。

捨て方を間違うと不法投棄とされて罰則が科される可能性もあるので、十分注意して処分を進めましょう。

ここでは、少量の植木鉢処分から大量のガーデニング備品処分に至るまで、植木鉢の処分に悩む人に正しい捨て方を解説します。

植木鉢の正しい処分方法知ってる?【意外と面倒】

植木鉢を処分するときは、土、植物、植木鉢の3つに分けて処分する必要があり面倒なことを解説いざ、植木鉢を捨てるとなると、まずは、土、植物、植木鉢の3つに分けるところから始めなければなりません。

「土なんて公園に捨てたらいい」そう思う人もいるかもしれませんが、公共の場所に捨ててしまうと「不法投棄」にあたります。

不用になった植木鉢を正しく処分する方法をお伝えします。

植木鉢の処分方法3ステップ【正しく分けて捨てよう!】

植木鉢処分時の植物と土と鉢に分けるステップ

ここでは植木鉢の処分に悩む方に、分別後の捨て方3ステップを解説します。

植木鉢の正しい処分ステップ1【植物を捨てる】

植物は、可燃ゴミとして処分できる自治体が多いです。

自治体のゴミ袋に入れて、指定日に出しますが、4つの方法から選んで処分します。

  1. 30cm未満の植木や植物は可燃ゴミで処分する
  2. 30cm以上の植物は30cm未満にカットして可燃ゴミで処分する
  3. 園芸専門店などで引き取ってもらえる場合もある
  4. 30cm未満にカットできない植物は粗大ゴミで捨てる

しかし、自治体によっては、一度に処分できる量が制限されている場合もあるため、大量に処分したい場合は、数回に分けるか、処理センターに持ち込むなどして処分する必要があります。

まだ植物が元気なうちは、購入した店舗やお花屋さんで、引き取ってもらえる場合もあるので、相談してみましょう。

植物についた土の量が多い場合は、可燃ごみとしては処分できません。

土をきれいに払いとってから、可燃ごみの収集日に出しましょう。

植木鉢の正しい処分ステップ2【土を捨てる】

植木鉢に入った土は自然物とされ、通常自治体では処分できません

そのため、植木鉢まわりで、土が最も処分しづらいゴミと言えるでしょう。とはいえ、自治体によっては、少量なら燃えるゴミとして処分できるところもあるため、お住まいの自治体に確認して、正しく処分してください。

自治体回収NGゴミ

ここではそんな土の処分方法4つについて解説します。

  1. 自分の家の庭に撒く
  2. 購入したお店で引き取ってもらう
  3. 量が多ければ土の処理場か引き取り業者に依頼する
  4. ホームセンターのサービスを使う

自分の家に土を撒く庭があれば良いですが、公園や空き地、川など、自分の敷地以外に捨てることは「不法投棄」にあたるので気をつけましょう。

購入したお店で引き取ってくれる場合もあります、その場合、同量の土を購入しなければならないケースもあります。

さらに、購入した時のレシートの、提示を求められる場合があるため、意外と面倒です。

また、土の業者は、土のみしか引き取ってもらえないことがあるため、確認してから処分の方法を決めるのがおすすめです。

ホームセンターでの回収は、新しい土の購入が必要です。

料金相場
自己所有の庭に撒く 無料(運搬費がかかる場合も)
購入した店舗に持ち込む 無料〜新しく購入する土代
ホームセンターに持ち込む 新しく購入する土代
不用品回収業者に依頼する 単品で500円〜軽トラック積み放題プランで9,800円〜

植木鉢の正しい処分ステップ3【植木鉢を捨てる】

植木鉢にも様々な素材があります。

素材によって、処分の方法が異なるため、4つの方法を参考にして処分してください。

  1. 金属・陶器・ガラスの場合:不燃ゴミ
  2. 木やプラスチックの場合:可燃ゴミ
  3. 割って小さくできる場合は家庭ゴミとして処分できる
  4. 30cmを超えるサイズは粗大ゴミとして捨てる

上記は多くの自治体で採用されている一般的な分別方法です。お住まいの自治体によって、処分の基準が異なる場合があり、自治体のルールに従って処分しなければなりません。

処分に困る植木鉢の便利な処分方法【オフィスの鉢も】

家庭ゴ植木鉢の便利な処分方法を解説。不用品回収業者のメリットを詳しく紹介身近にあって、ゴミとして意識したことがなかった植木鉢も、いらなくなると処分に苦労することがお分かりいただけたと思います。

家庭ゴミとして自治体で処分できるものもありますが、ガレージや家の表にまとまった量の鉢がある場合など、大量になると大変です。

また、オフィスの緑化や店舗の店先にある場合など、事業系ゴミに該当する場合も、別の処分方法を考える必要があります。

ここでは、最もメジャーな処分方法である回収業者依頼以外の、3つの処分方法を解説します。

花屋に引き取ってもらえるよう相談する

花屋に引き取ってもらう場合は、レシートの提示や、同量の土を購入することが条件でした。

植え替えなどで、土が必要な場合は問題ありませんが、そもそもまとまった数の植木鉢を処分したい場合は、結局処分できずに、入れ替えするだけになります。

同じ量の植木鉢が必要な場合以外は、使えない方法です。

ホームセンターに引き取ってもらう

ホームセンターも、花屋と同じく同量の土を購入することを、条件としているところが多いです。

地域によっては、有料で回収してくれる場合があるため、一度確認してみてください。

>> ユニディの土の回収!利用条件や注意点を解説【最も簡単な処分方法は?】

自治体の粗大ゴミ回収で処分する

面倒な植木鉢処分は不用品回収業者依頼がおすすめ

個人なら、土以外は自治体の粗大ゴミを利用することができます。

しかし、まとまった量の植木鉢になると、一度に粗大ゴミとして処分することができないため、数回に分ける必要もあります。

全て処分が完了するまでに、数週間かかってしまうことがあり、また何度も指定日の決められた場所に運ぶ労力もかかります。

  1. 自治体へ事前に電話やインターネットで申し込みをする
  2. 指定された額面のチケットやシールをスーパーやコンビニで購入する
  3. ゴミ処理券に必要事項を記入し植木鉢に貼り付ける
  4. 指定日に決められた場所へ植木鉢を持っていく

粗大ゴミの捨て方や、自治体への申込方法は、お住まいの地域によって異なります。

相場は300円~1,500円で、植木鉢や、植物の大きさによっても価格が違うため、自治体まで相談してください。

面倒な上に結局処分できない土が残ってしまうので、最も一般的な不用品回収業者の利用がおすすめです。

>> 無料お見積もりはこちら

植木鉢の処分を業者依頼するメリット7つ

植木鉢の処分が面倒だと感じたら不用品回収業者に依頼。メリット7つをひとつずつ解説。ガーデニングなどで、植木鉢や土が大量にある場合や、他にも処分したい粗大ゴミがある場合は、不用品回収業者一択です。

不用品回収業者に依頼するときの、メリット7つをご紹介します。

最短即日で処分できる

不用品回収業者に連絡をして、まずは電話で概算の見積もりを出してもらいます。

実際に現場へ来てもらった際に、正式な見積もりを提示してくれます。

見積額に納得すれば、その場で回収してもらうことができます。

引き取りから運び出しまで全てお任せ

不用品回収業者に依頼すると、あなたは運ぶ必要がありません。

回収作業は、全て不用品回収業者が行ってくれるため、見ているだけで完了します。

重いものを運んで、部屋を傷つけたり、汚したりすることなく、安心してお任せできます。

植物、土、植木鉢の分別もせずそのまま予約するだけ

植木鉢を自治体のゴミで処分する場合、植物、土、植木鉢の3つに分別して、別々に処分する必要がありました。

不用品回収業者なら、スコップなどのガーデニンググッズまで含めても分別不要、現状のままなんでも引き取ってもらえるため、楽に処分できます。

大きさに関係なく引き取ってくれる

自治体は、サイズによって引き取ってもらえない場合がありますが、不用品回収業者なら、植木鉢のサイズに関わらず、回収してくれます。

自治体の基準を気にしながら、処分の方法を考えずに済むため、気楽に捨てることができます。

他の不用品も一緒に処分してもらえる

他に処分したい不用品がある場合は、不用品回収業者の利用が便利です。

別の不用品を処分することを、頭の中で考えてみてください。

自治体の基準に合わせて、粗大ゴミ処分の予約を入れたり、処理券を購入したり、自分で指定場所まで運んだりと、時間と労力がかかります。

不用品が大きな場合は、一人で運び出すことができないため、手伝ってもらう人が必要になります。

特に事業系ゴミの場合は、不用品のサイズが大きいため、全てお任せできる、不用品回収業者がおすすめです。

積み放題プランを利用すれば費用が抑えられる

不用品回収業者によっては、車のサイズによって価格の上限が設定された「積み放題プラン」が用意されています。

全て業者が運び出してくれるため、植木鉢の他にも、不用品がある場合は、積み放題プランがお得です。

軽トラック9,800円から利用できるため、場合によっては、自治体で処分するよりも安く収まる場合もあります。

事業系ゴミでも関係なく処分してくれる

不用品回収業者に依頼すれば、たいてい、家庭ゴミ、事業計ゴミの区別なく引き取ってくれます。

特に、植木鉢の処分を考える事業者は、移転や、レイアウト替えなどのリフォームを行うことがあり、その他にも不用品が出てくる場合がほとんどです。

事業系のゴミの処分をお考えなら、不用品回収業者の、積み放題プランがおすすめです。

植木鉢の処分に困ったらご相談ください

引越しの際にたくさんの植木鉢の処分に困っていたが、不用品回収業者に引き取ってもらって喜ぶ夫婦古い植木鉢を処分したい、大きすぎて家庭ゴミに出せない、土の処分方法がわからない、そんなお悩みは、不用品回収業者が解決します。

部屋片付け・ゴミ捨て代行顧客満足度No.1の「粗大ゴミ回収サービス」は、相談・見積もり無料で、植木鉢の回収なら即日対応可能。

たくさんある植木鉢も一度に回収する「積み放題プラン」もご用意しています。

植木鉢の処分にお困りなら、お電話のほか、無料問合せフォームLINE、お好きな方法でお気軽にご相談ください。

不用品回収 粗大ゴミ処分

 

私達が選ばれる8つの理由!

  • 1

    即日対応 可能!

  • 2

    最短25分で スグに到着

  • 3

    早朝・深夜でも 対応可能

  • 4

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    リピーター 利用可能

スタッフ待機中|その場でお見積もり
・即回収!「地域と回収量をお伝えください」

スタッフ待機中・地域と回収量をお伝えください

粗大ゴミ回収サービス