ゴミ屋敷を掃除で解決、片づけ代行業者の上手な選び方

ゴミ屋敷 ゴミ屋敷の清掃方法

あなたが、家のゴミ処分に困っていたら、この記事を、ぜひ、参考にしてください。きっと、あなたの役に立つ情報が掲載されています。

ゴミ屋敷って聞くとあまり良いイメージはありません。テレビなどでは、家の外まで溢れかえるゴミ、家の中では足の踏み場も無く、ゴミの上を歩いて、ゴミをかき分けて進む映像が知られています。

自分の家は、大丈夫と思っていても、忙しさのあまり、知らない間に、気が付かない間に、ゴミ屋敷になっている人は、結構います。 また、高齢になると掃除や片づけが出来なくなることも多く、遺品整理など、遺族がゴミ屋敷清掃をすることもよくある話です。

この記事では、自分では、片づけられないゴミ屋敷を賢く、きれいにするための方法について、その片づけ方と、代行業者の上手な選び方についてまとめました。

ゴミ屋敷とは

ゴミ屋敷とは、第三者から見たゴミに埋もれた家のことでしょう。 ポイントは、「第三者から見た視点」であり、本人は、自分の家を「ゴミ屋敷」とは考えていない場合も多くみられます。

自分 (本人)にとっては大切な物?

そもそも「ゴミ」の定義は人によって異なります。第三者からみた「ゴミの山」も、本人にとっては「宝の山」かも知れません。

本人が、好きで収集しているコレクションや趣味で集めている物であれば、それが例え、お弁当の箱でさえ「ゴミ」にはならないでしょう。

ゴミの定義と人によって違います

どんな物でも、きちんと整理・整頓されているものは、第三者も「ゴミ」とは呼ばないものです。私たちの認識で「ゴミ」とは、乱雑に散らかり、整理されていない物を挿すことが多いようです。

ゴミ屋敷と呼ぶポイント

ゴミ屋敷|汚部屋

ゴミ屋敷と呼ぶポイントには、次のような事があります。あなたのご家庭で1つでも当てはまる項目があれば、他人から見たら「ゴミ屋敷」と思われるかも知れません。 ・ 物が収納グッツからはみ出している。

  • 同一の場所に集められた物に一貫性・共通性が無い。
  • 乱雑にあちこちに散らばっている。
  • 物が壁に触れ、一部 (又は大部分)の壁が埋まって見えない。
  • 扉や窓が物で全開にならない。
  • トイレなどに関係の無い物が積まれている。
  • 食品などの生ゴミが散らかっている (お弁当容器なども洗っていない)。
  • 中身が不明なビニールや箱に入った物が積まれている。
  • 床の1/3以上が見えない。
  • 歩く場所に沿って、物の道が出来ている。
  • 生活に支障を及ぼしている。

このような事象が、1つでも当てはまるようでしたら、「ゴミ屋敷」化していると思ってください。できるだけ早く専門業者にご依頼することをおすすめします。

ゴミ屋敷化しやすい人の特徴

多くの人が、清潔できれいな家に住みたいと願っているかも知れませんが、普段の生活をしていく上で、非常に難しい問題です。

少しずつ、家がゴミで汚れていき、いつの間にやら、ゴミ屋敷化している人も多いようです。 ここでは、そんな片づけができない、ゴミ屋敷化させてしまう人たちの心理を考えてみましょう。

ゴミに埋もれる心理

ゴミ屋敷化させやすい人には、次のような特徴を持つ人が多いようです。深層心理に関係するものから、精神障害による病気の可能性もありますので、自分がどのタイプか見つけてみましょう。

もったいない精神で物が捨てられない人

この心理は、高齢者に特に多いようです。戦後の物が無い時代を経験した人、または両親がその時代を経験した子どもたちは、日常生活の中で、「もったいない」精神が埋め込まれています。

このような世代は、使わない物であっても、捨てることができず、物が家の中に溢れかえる傾向があります。 このような人は、次のような特徴を持っています。

  • 「もったいない」、「いつか使う」をよく口にする。
  • 同じ物がたくさんある。
  • 片づけた場所を覚えていない。
  • どんな物があるか覚えていない。

居住環境に無頓着な人

家は「とりあえず、寝られればいい」と思う人に多いケースです。布団をひける一畳ほどのスペースがあれば、生活できると考えている人です。

このような人は、生活のすべてをほとんど布団の上で行う傾向があり、布団の周囲からゴミが増えていきます。 このような人は、次のような特徴を持っています。

  • 風呂に毎日入らない。
  • 体臭がきつい。
  • コンビニや出前などの食事が中心。
  • 同じ服を毎日着ている。
  • 休みでも布団の上にいることが多い。

片づけできない人

不用品の仕分け

身なりは清潔にしているので、部屋が汚い人って結構いるようです。家事代行サービスの調査では、女性の社会進出に伴い、一人暮らしの女性からの清掃サービスの依頼が年々増加しているようです。

忙しい日々の生活で、片付けがおろそかになることはありますが、生活に支障をきたすところまで行くと、ゴミ屋敷になってしまいます。 このような人は、次のような特徴を持っています。

  • 仕事の疲れが休みでも抜けない。
  • 精神的なストレスを受けている。
  • 孤独を感じている。
  • 香水などを使い、においを気にする。
  • 清掃代行サービスを利用したことがある。
  • 衣類のクリーニングが多い。
  • 休み以外は仕事で家にほとんどいない。
  • 買い物癖がある。

埋もれることに安心感を持つ人

せまい空間に自分が埋もれることで安心する心理状態があります。押入れやトイレ、カプセルホテル、机の下など、狭い空間が好きな人は、結構たくさんいます。

このような人は、壁や空間では無く、たくさんのゴミに埋もれることで、同じような安心間を家の中で得ようとしています。 このような人は、次のような特徴を持っています。

  • 仕事や生活でストレスを感じている。
  • 孤独を感じている。
  • 攻撃的に追いつめられる環境に接している。
  • 一人好き、自分好き。 ・ 他人が気になる。
  • 何かに触っていると安心する。
  • コミュニケーションが苦手、人見知り。

身体的、精神的な障害がある人

身体的な理由により、動けない人や、精神障害により他人には理解しにくい行動を取る人がいます。 このような人は、次のような特徴を持っています。

  • 自発的な行動が制限されている。
  • 過度なストレスを受けている。
  • お風呂に長期間入らない。
  • 何かに依存している。
  • なんでも集める収集癖がある。
  • 1つだけ、または1カテゴリーの物への執着が強い。
  • 精神的な病気や発達障害 (うつ病、認知症、ADHDなど)がある。

ゴミ屋敷で起こるさまざまな問題

ゴミ屋敷の住民の多くは、溜まった物を、ゴミと感じていない人や、家の中で、収まっているから大丈夫と思っている人が多いようですが、そこにはさまざまな問題が生じます。

異臭、環境問題

ゴミ屋敷では、さまざまなゴミがあるために、放置された期間が長くなるほど、異臭が周辺に広がり、環境問題になりまねません。ゴミ屋敷に居住している人は、普段の臭いなので、感じませんが、周辺地域には、悪臭に感じます。

火災の心配

足の踏み場も無いゴミ屋敷では、コンセントのプラグなどにもゴミが覆いかぶさっていることでしょう。コンセント周辺や電気配線が原因で、発火する事例がたくさんあります。

また、タバコを吸う方では、灰皿から溢れたタバコの燃えカスによって火事の危険があります。 大量にあるゴミは、一度、火が点くとあった言う間に燃え広がり、手に終えなくなります。

衛生的な問題

ゴミ屋敷|汚部屋の掃除・片付け代行

臭いの原因になっているので、残飯や水分、汗などに繁殖したカビや細菌によるものです。ゴミ屋敷では、積み上げられたゴミの下では、畳や床が湿気で腐り、細菌の温床になっています。

健康問題

不衛生な環境で生活すれば、さまざまな感染症、肺炎や胃腸炎、眼の炎症など、病気の原因になります。また、堕落した生活で、食生活も偏りやすく、肥満や栄養不足などの病気にもなりやすくなります。

家の劣化問題

床や壁が腐敗し、腐り落ちる修繕が必要ですが、家の大黒柱など主要な材木が駄目になると、家のリフォームだけでは修繕が不可能な場合があります。 賃貸を借りている場合、契約書に「退去時の原状回復」があり、莫大な敷金・修繕費を請求されることがあります。

遺品整理への着手

大切な思い出の品

ゴミ屋敷とは、違った意味で大変なのが、故人の遺品整理です。高齢者の場合、家の掃除にも苦労が多く、手付かずのままになっていることがほとんどです。両親が他界した後、残った家の整理は、とても大変です。

そのような時は、清掃専門会社でも「遺品整理」が得意な業者に頼みましょう。故人やご家族の思いを大切にしてくれるだけでなく、遺言や財産分与に必要な書類などもしっかり整理し、大切に保管してくれます。

専門業者にゴミ屋敷清掃を依頼しよう

丁寧な対応の業者

一度、ゴミ屋敷化してしまった家を、きれいな状態に戻すことは、一人ではもはや不可能に近いです。また、ご家族がいても、全員一丸となって行うことが難しい場合もあるでしょう。

そのようなことに1つ1つ悩んでも時間の無駄でしょう。ゴミ屋敷をきれいにしたいと本気で思うなら、専門の業者に依頼することが正しい選択です。

見積もりを取ろう

ゴミの量は、家によって違うものです。そのため、正確な費用には業者の「訪問見積もり」が必要です。電話やメールだけのイメージだと、依頼主と業者での認識の違いによって思わぬトラブルが発生することがありますので、訪問見積もりは大切です。

業者も掃除のプロです。家の状況を見れば、どのくらいの時間と人員と費用がかかるかおおよそ把握できます。そこに、各ご家庭の事情に合わせて見積もりを出してくれます。

見積もりを見極めるポイント

ゴミ屋敷レベルの片付けとなると数十万円の費用が発生するでしょう。そのため、見積もりは数社から取ることを必ず行いましょう。片づけ業者によって金額が数万円レベルで異なることでしょう。

激安業者を要注意

数社から見積もりを取ると、極端に価格が安い業者が現れることがあります。この時、激安に目をうばわれ、すぐに決めてはいけません。そのような業者こそ、要注意です。

ゴミ屋敷清掃には、人件費、処分費、リサイクル費、自動車代など削ることができない固定費が存在し、その上に業者の利益が上乗せされます。

激安の業者では、そのような固定費を曖昧にして、後から追加請求を行って、利益を上乗せする業者も多くあります。

細かい内訳を聞く

明朗な見積もり

見積もりには、基本料金など内容が不明な項目も多くあります。このような場合、後でトラブルにならないように、内訳を聞き、しっかり記載してもらいましょう。

追加費用が発生する場合の条件を聞く

追加費用にはとても大切です。訪問見積もりをしても、その時は分からなかった特殊な不要品が見つかった場合、追加料金が発生することがあります。次のような、処理が難しいもの、運び出しが難しいものなどが該当します。

・ 危険物:高圧ボンベ、ガスボンベ、医療廃棄物

・ 大型の家具:ピアノ、業務用冷蔵庫

・ 家電リサイクル法に該当する品:大量にある場合

訪問見積もりの際に、必ず「追加費用」が発生する条件について確認しましょう。また、後で「言った、言わない」といったトラブルにならないように見積もりに記載してもらうようにします。

優良な業者を選ぶポイント

さて、見積もり以外で、優良な業者を選ぶポイントを次に列挙していきます。

受付対応

電話、メール、訪問見積もりの際に業者の対応や話し方などしっかり覚えておきましょう。

親切、丁寧な言葉使いはもちろん、こちらの質問に対して、明確に答えてくれるかなど、対応の誠実さがある業者は、社員教育が行き届いているので、信頼できることが多いです。

明朗会計

見積もりの項でも記載しましたが、会計が分かりやすく記載されているか?追加費用について記載されているか?など、大きな字ではっきりと記載されているかが重要です。

許可書の有無

古物商許可証を取得

家庭ゴミを処分するには、「一般廃棄物収集運搬業の許可」もしくは、「小物商の資格」のどちらかが必要です。この許可または資格がないと、物を収集してはいけないルールになっています。

もし、業者がこのような許可・資格を有していないと不法収集に該当します。そのようなルールを守らない業者をあなたは信頼できるでしょうか?

迅速対応

業者の中には、相談連絡から、30分以内に作業を開始するフットワークの軽いとこもあります。ゴミ屋敷といっても、部屋数やゴミの量が少ない時は、対応の速さを重視してもいいかと思います。

作業時間

ゴミ屋敷清掃は、人員が多いほど早く終わらせることができます。もし、片づけ時間に余裕が無い場合は、人員を多く配置できる業者を選びましょう。

買取りサービス

不用品

買取りサービスを利用することで、費用を抑えることができます。特にブランド品が多いご家庭や、旧家で貴重品が多くあるご家庭では、買取り査定がアップし、清掃費用から減額されます。

ただ、買取り金額には注意しましょう。多量にある貴重品の鑑定をその場で一つ一つ行うには時間がかかります。そのため掃除当日では曖昧な金額を設定される場合があるので、価値を低く見られる恐れがあります。

鑑定には、事前の見積もりや他社で相場を確認してから依頼しましょう。

遺品整理

旧家や両親の家の整理には、遺品整理がおすすめです。財産分与に関わる書類や故人の大切な物を丁寧に扱ってくれます。

業界認定の遺品整理士の資格をもつ業者もいるので、利用する場合は、問い合わせて見ましょう。

ゴミ屋敷清掃、費用の相場

では、ゴミ屋敷清掃の費用の相場を見てきましょう。部屋の大きさによって、作業人員数や作業時間が異なります。

間取り

費用相場

作業人員

作業時間

1R1K

30,000円~80,000

~2

1~3時間

1DK1LDK

50,000円~250,000

3~5

2~6時間

2DK2LDK

90,000円~350,000

4~6

4~8時間

3DK3LDK

150,000円~550,000

5~8

6~12時間

4LDK以上

400,000円~要見積もり

6~10

8時間~

まとめ

少子高齢化が進んでいる日本では、お年寄りだけの世帯や一人暮らしなどが多くなっています。最近では本家を受け継ぐと言う文化もだんだんと減少してきました。

そのような社会背景から、どうしても部屋の片づけができなくなり、ゴミ屋敷化するご家庭も多くあります。 ゴミ屋敷化はさまざまな問題によって引き起こされるので、できるだけ早く解決する方が良いでしょう。

そんな時には、今回、お勧めした部屋の片付け代行業者を利用するのが、もっとも効率的です。一人では、ご家庭では掃除できない場合は、相談することをおすすめします。

エコスマイル
口コミサイト高評価不用品回収業者

粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃のパイオニア「トラック積み放題」格安プランが好評!
不用品1点から全国No.1格安料金で回収させていただきます。

よくある回収事例
不用品格安回収
海老名市の1KアパートK様宅の不用品回収
間取り作業人数作業時間
1K1人20分
使わなくなった家電製品などの8点ほどの不用品回収をご依頼いただきました。実作業は20分で完了、部屋を占有していた大型不用品の処分により部屋に有効スペースが確保されました。
部屋の不用品回収&買取
新宿区の2DKマンションF様宅の不用品回収
間取り作業人数作業時間
1K2人25分
引っ越し時の部屋の整理をさせていただきました。新居で買い替えを予定されている家電や読まなくなった本・漫画など、可能なものは買取その他は格安にて回収させていただきました。
溜まったゴミの一括回収
杉並区 1LDK T様宅 2tトラック積み放題
間取り作業人数作業時間
1K2人45分
今回で3回目、お仕事で時間が合わず溜まってしまったゴミの回収をご依頼いただきました。軽トラパックピッタリの回収量で、回収後はお掃除まで手伝わせていただきました。
ゴミ屋敷の片づけ
横浜市の1LDKアパートS様宅の不用品回収 1.5tトラック積み放題
間取り作業人数作業時間
一軒家2人70分
事情により住まなくなった自宅の売却のため、全不用品の処分と清掃をさせていただきました。作業とともに空き家特有の臭いも消散し、引き渡しの準備が整いました。
不用品回収の受付
WEBサイト限定割引5000円OFF
お気軽にお見積りをご依頼ください!
ご相談・出張見積り無料
ここをタッチして今すぐお電話
メールで24時間無料見積もり
LINEで簡単見積り「お友達登録」
ゴミ屋敷の清掃方法
不用品回収エコスマイル
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり
お部屋と気持ちをスッキリ片付けます。
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり