練馬区の安さでおすすめの不用品回収業者3選|高評価人気ランキング

練馬区の安さでおすすめの不用品回収業者3選|高評価人気ランキング おすすめ不用品回収業者

練馬区で安くおすすめの不用品回収業者を3社ランキング形式で紹介します。

練馬区は都内23区の中でも5番目の面積があり、人口が世田谷区に次ぐ2番目の多さを誇る自治体です。実は23区の特別区の中で、一番最後に区の仲間入りをした最も新しい特別区になります。自然が多く残り、農林業従事者数は東京都内で一番多く、古くからの東京都民の住民度が高い自治体です。

また光が丘公園や石神井公園を代表とする公園の数も、23区では最も多い628ヵ所を有している住みやすいエリアと言えます。このような理由から居住希望者が多くなっており、特にお子さんのいる家庭の居住地として人気が高まっています。

引っ越しの頻度が多い自治体であることから、不用品業者のニーズも高めです。練馬区で不用品が出た場合、行政サービスを利用する方法と、民間の不用品回収業者を利用する2つの方法で処分が行えます。

ここでは練馬区の自治体サービスと不用品回収業者との比較を紹介します。また練馬区を対応エリアにしている不用品回収業者の中で、特に料金面で高い評価を受けている不用品回収業者を3社ランキング形式で紹介いたします。

練馬区の自治体サービスと不用品回収業者との違い

練馬区ではおおむね30cm角以上のサイズであり、耐久消費財を中心とした不用品を粗大ごみとして扱うルールになっています。耐久消費財とは、比較的長く使える商品のことを指します。

他の自治体と同じように、家電リサイクル法に該当する家電製品の回収、資源有効利用促進法に該当するパソコン・パソコン周辺機は、練馬区の行政サービスでは処分ができません。

また1m80cmを超える長尺品の回収も処分ができません。ただし、1m80cm以下サイズに切断するなど加工をすれば、処分が可能です。練馬区は、練馬区資源循環センターを持っており、持込での粗大ごみの処分も可能です。

処分施設を持っていない自治体と比較すると、戸別収集と直接持込の2つの処分方法が行えますので、自治体サービスは充実していると言えます。

行政サービスのメリット

練馬区の行政サービスを利用するメリットは、処分費を安く抑えることができるという点です。三輪車などは400円で処分ができますし、ダブルベッドやオルガンなど、高額品目でも2,000円までのコストで不用品の処分が可能です。

どうしても不用品の処分を安く抑えたいという方には、おすすめの処分方法になります。

行政サービスを利用するデメリット

前述のとおり、練馬区では、30cmを超えればどんなものでも処分ができるわけではありません。

練馬区で収集不可と指定されている品目がありますので、区のホームページで確認をするか、練馬区粗大ごみ受付センターへ問い合わせをして、事前に確認することをおすすめします。

練馬区は戸別回収を依頼して不用品を処分する方法の他にも、資源循環センターがありますから、直接持込での粗大ごみ処分も行えます。いずれの場合も練馬区粗大ごみ受付センターから事前の申し込みをする必要があります。

インターネットで申し込みをするのであれば、24時間受付してもらえます。ただし電話の場合には年末年始と日曜日を除く午前8:00~午後19:00までしか受け付けていません。

また収集依頼で処分できる不用品数は10点までとなっています。直接持込は15点まで可能ですが、年度内3度までという利用制限があります。

このように練馬区の行政サービスでは、時間と処分数に制限があり、時間の融通が利かない方や、一度に多くの不用品をまとめて処分したいという方には、不向きなサービスといえます。

・練馬区粗大ごみ受付センター

TEL:03-5703-5399 URL:https://www.sodai-city.jp/nerima/pc/index.html

不用品回収業者を利用するメリット

不用品回収業者を利用するメリットは、回収ばかりではなく、運搬サービスや清掃サービスも行ってくれるという点です。行政サービスでは、集積所への運搬は、利用者が行う必要があります。

他にも24時間365日対応をしている業者が多く、利用者の好きな時間に処分依頼を行うことができるという点もメリットです。品目数に制限はなく、利用制限もありません。

また、武器や爆発物などの危険物でもない限り、処分ができない品目は、ほとんどありませんので、ワンストップで不用品を処分を行うことが可能です。

不用品回収業者を利用するデメリット

不用品回収業者を利用するデメリットは、行政サービスでの処分と比較して、コストが高くなるという点です。行政はあくまでも徴収した税金を使い、処分費の補填を行っています。

民間業者は利益を出す必要がありますから、処分費が高額になってしまっても仕方がありません。ただし、コストが掛かるだけあって、利用される方に掛かる負担は非常に少なく済ませることができます。

自治体サービス 不用品回収業者
メリット 戸別回収の他にも持込処分ができ、少量で運搬可能な不用品なら格安で処分ができる
  • 回収だけでなく清掃付きのサービスを行ってくれる業者も
  • 24時間365日いつでも受付可能なところが多い
  • 何度でも依頼することが可能
  • 曜日はもちろん時間の指定もある程度可能
  • ゴミの量や使用回数の制限なし
デメリット
  • 事前の予約が必須(電話の場合は日曜・年末年始を除く:8:00~19:00)
  • 収集時間の指定不可
  • 家電リサイクル法該当品目、危険物など回収不可品目が多数あり
  • 10点までの品数制限有り
  • 持込は1回15品までで年3回まで

不用品数が少ない場合の処分費は練馬区自治体サービスよりも高くなってしまう

練馬区の不用品回収業者ランキング3選

練馬区では戸別収集の他にも持込での処分ができるとあって、自治体サービスは他の自治体と比較しても充実している環境です。

それでも大量の処分が必要になる引っ越しや、ゴミ屋敷の片付け、遺品整理などであれば、練馬区の行政サービスでの処分は現実的ではありません。

一定量以上の不用品を処分したい場合には、やはり不用品回収業者を利用するのがおすすめです。ここでは数多くある練馬区の回収業者の中でも評判の良い3社をランキング形式で紹介しますので、参考になさってください。

第3位:バックアップ

バックアップは、軽トラ詰め放題3Hパックが19,800円と格安な料金で不用品回収を行ってくれる優良回収業者です。トラックサイズのみのプランではなく、具体的な作業時間も含まれた料金設定がされており、安心して利用できます

食器などの小型家庭用品であれば500円からの単品処分も可能で、ご要望があれば、女性スタッフのみでの回収作業も可能です。1人暮らしで男性スタッフをあげたくないという女性ユーザーに、特に人気の高い回収業者です。

料金 軽トラック詰め放題(19,800円~)
回収品目 有害性・危険性のあるもの以外すべて
キャンペーン 特になし

第2位:ワンナップ

ワンナップは、家電リサイクル4品目はもちろん、家庭から出される粗大ごみなど幅広い不用品を回収してくれる業者として高い評価を受けています。

ワンナップが提供している定額プラン「エコパック」は、どのような不用品でも積み込める積み放題プランではなく、回収できる品目に条件があります。それでも大量の不用品処分に向いており、多くの利用者が高い評価をつけています。

個人向けの引っ越しやゴミ屋敷清掃はもちろん、法人向けのサービスや産業廃棄物処分まで行っています。見積り依頼から即決でお申し込みをされるときに適用される当日割や、10日以上前の申し込みに適用される早割10など、割引サービスも充実しています。

料金 エコパック(18,000円~)
回収品目 単品からでもOK。一般家庭ごみから産業廃棄物処分まで
キャンペーン 早割10、当日割、リサイクルパック割

第1位:エコスマイル

軽トラック積み放題プランが、業界最安水準で利用が可能な不用品回収業者がエコスマイルです。リピート利用で通常の処分料金から20%OFFの価格で利用が可能です。

不用品の処分量に合わせて、軽トラック~4トントラックまでの4種類のトラックでの回収が可能です。追加料金がない定額プランが充実しており、大量の不用品処分や、ゴミ屋敷清掃などのご利用には最適な業者です。

料金 軽トラックパック(15,000円~)
回収品目

エアコン(3,000円~)デスクトップパソコン(3,500円~)などの家電リサイクル法該当商品、一般粗大ごみの単品処分。

4種類のサイズが違うトラック詰め放題プランまで幅広く対応

キャンペーン WEB申し込みで割引5,000円、2回目以降20%割引

練馬区でおすすめの不用品回収業者

練馬区で不用品を処分する場合、行政サービスと回収業者を利用する2つの方法がありますが、不用品量が多い方や、時間の融通が難しい方は、民間の不用品回収業者を利用した処分がおすすめです。

エコスマイルでは、24時間365日不用品処分のご相談を受け付けております。家電製品、パソコン製品なども分別の必要なく処分させていただきます。

練馬区で不用品の処分にお困りの際には、お気軽にご相談下さいませ。

無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり
お部屋と気持ちをスッキリ片付けます。
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり