ゴミ回収の料金相場を間取り・世帯人数で表示|適正処分費を3分で理解

ゴミ回収の料金相場・間取り・世帯人数 不用品回収の相場

ゴミ回収の料金相場を部屋の間取りや世帯人数という分かりやすい視点から紹介します。

まだまだ若い業界である不用品回収やごみ回収の利用料金は、ルールが定まっていないことから業者によって大きな差が出てしまっているのが現状です。引っ越しや遺品整理の需要は非常に高まっています。

いざ利用しようとした時、どんな業者を選んだらよいのか即決することは難しいもの。ここではゴミ回収の料金相場を間取りや世帯人数別で紹介します。是非、不用品回収業者選びの参考にしてみて下さい。

ゴミ処理に掛かる費用はどのように決まるのか

冒頭にあるとおり、ごみ回収業者の料金設定はさまざまです。ホームページなどで非常に安い料金の業者も見られますが、料金が安い回収業者の多くは基本料金を明示していない。

もしくは基本料金の中に、分別料や養生料、スタッフ追加料金等を含めていないケースが考えられます。結果として、依頼をした後に追加料金を請求されてしまい、トラブルに発展することも珍しくありません。

またトラック積み放題プランで「基本料金なし」「追加料金一切なし」と宣言している業者でも、同じ量の不用品を回収できるとは限りません。例えば同じ軽トラックでも平積みなのか、幌(ほろ)やコンパネなどで積み込める量を増やしているのかで全く違ってきます。

結果として平積みトラックの業者を選んだら1.5台分の料金を請求されることになってしまい、表示料金上では高めに設定されていた他業者よりも高くついてしまったなんてこともあり得る話なのです。

このため、積み放題プラン別やテレビ1台いくら、洗濯機1台でいくらといった品目別での料金を参考にするのはおすすめしません。より実際に利用した際の料金相場を知りたければ、間取りや世帯人数での料金を参考にするべきです。

部屋の間取り別ゴミ回収の料金相場

品目別でもなく、パックプランでも回収業者によって回収量に差がありますから、料金の指針にするのは後悔する可能性があります。そこで早速、間取りによる回収料金の相場を見ていきましょう。

間取り 料金相場
単品 9,720円
1R・1DK 48,480円

1LDK・2K・2DK

69,700円
2LDK・3K・3DK

148,640円

3LDK以上 182,320円

表の料金相場は、あくまでも単身者を対象としたごみ量になります。単身住まいで3LDK以上の住居スペースという方は、一部の富裕層に限られるかもしれませんが、間取りに応じた単身者の荷物量であれば、上記の料金相場になります。

あくまでも平均を取った「相場」になりますから、金額が低かった場合に即決するのではなく、事前に見積りを取ることをおすすめします。

世帯人数別ゴミ回収の料金相場

前述の表は、あくまでも間取り別の単身者の料金相場でした。次に現実的な間取りとその間取りに合った世帯人数別の料金相場を紹介します。実際に依頼する場合に非常に参考になりますから、是非覚えておきたいところですね。

間取り/世帯人数 単身 2人 3人 4人
ワンルーム・1K 9,720円 12,480円 59,500円
1LDK・2K・2DK 48,480円 78,520円 165,330円 123,820円
2LDK・3K・3DK 69,700円 165,330円 167,250円 181,260円
3LDK~ 148,640円~ 211.530円~ 226,800~ 236,200円~

こちらもあくまでも平均相場の料金表になります。世帯人数が多くなれば、自然と不用品の量が多くなり料金は高額になりますし、単身でも物の量が多ければ同じように料金は高額になります。

世帯人数が多くても、必要最低限度の物しか置いておらず、不用品の品数が少なければ、料金を抑えることが可能です。あくまでも目安として料金相場を覚えておき、必ず依頼前に複数の業者に見積りを取ってもらうようにしましょう。

ゴミ回収業者に依頼する前に注意すべきこと

間取りと世帯人数別による料金相場を紹介しましたが、優良な回収業者に依頼をし、後悔しないためには選び方のポイントを押さえておくことが重要です。必ず依頼前にはチェックしておきましょう。

事前見積りで確認すべきこと

回収業者を利用する前には、必ず見積りを依頼しましょう。事前に見積りをすることで、料金トラブルを防ぐことにつながります。前述したように同じトラック積み放題パックでも、詰める量は違いますし料金も変わってきます。

ほとんどの回収業者は、事前見積りは無料でサービスしてくれることが多いので、複数社に同じ条件で見積りを依頼し、料金を比較しましょう。また見積りの際には、どのような環境に不用品があるのかをなるべく詳細に伝えます。

ドア幅が狭く、ソファなどの大型家具が簡単に搬出するのが難しいケース。エレベーターの間口が狭く利用して作業ができないケース。中には家電リサイクル法対象の6大家電の処分にリサイクル料を請求するケースがあります。

見積りの際には、必ず「追加料金の有無」を確かめるようにしましょう。依頼をして作業が終了してしまった後の請求では、ユーザー心理として騙されたような感覚になりますからね。

信頼できる回収業者の条件

信頼できる回収業者に依頼をすることも、利用して後悔しないためには大事なポイントになります。信頼できる業者業者の条件の1つは、回収業に対しての許可を得ていること。

ごみを回収して手数料をもらうためには、それぞれの自治体から「一般廃棄物収集運搬許可」を受けている必要があります。公共事業の利権であったり、悪徳業者の管理作業の手間があることから、なかなか許可が下りないというのが現状です。

ホームページに記載されていても、小さな個人事業規模でまだ新しい業者の場合、嘘の記載である可能性もあります。ある程度に大規模な業者で、実績が多くある回収業者を選ぶように注意しましょう。

注意が必要な業者の傾向

回収料金が相場よりも明らかに安く設定されている業者には注意するべきです。まだルールが整備されていない業界のため、悪徳業者が残念ながら存在している業界です。

一般廃棄物の処理にはかならず処分費が掛かります。家電製品であれば家電リサイクル法対象品には、リサイクル料金。資源有効活用法に触れるパソコン製品等であれば、もちろん処分料が別途掛かります。

こういった事情があるにも関わらず、明らかに車両費や運搬費、燃料代といったものだけの料金のみというくらい安い料金の場合には、追加請求をされる恐れがありますから、注意しましょう。

また追加料金の請求がなかったとしても、乱暴だったり雑な作業で必要な家具や建物を傷つけられるといったことや、不法投棄をするといったトラブルに巻き込まれる可能性が高いため、注意が必要です。

依頼時の注意点が分かったところで、では、どのように業者にゴミ回収を依頼すれば安く回収サービスを利用できるのでしょうか。

ゴミ回収業者に安く依頼するコツ

業者に依頼する場合に安く済ませるコツをご紹介いたします。

  1. 処分量を減らす
  2. 相見積りを取る
  3. ゴミを分別する
  4. 回収日時を選ぶ
  5. オプションは使わない
  6. 作業当日できることは手伝う
  7. 作業当日に回収量を増やさない

ゴミの処分量をできるだけ減らす

ゴミ回収業者の回収料金の見積もりは、回収量+作業費+車両費+オプション(階段や吊り下げ、解体)等によって決まります。処分品が多くなれば比例して料金も高くなりますので、可能であれば通常通りの「可燃ゴミ・不燃ゴミ・資源」で出せる物は予め出しておくようにしましょう。

相見積りを取る

事前に2~3社から相見積もりをとりましょう。料金が安いことが1番ですが、料金を下げるにも限界があるため、他社に比べ極端に安い業者も避けた方が無難です。

また、それぞれの業者の対応から感じた事(誠実性・違和感)もしっかりと留意しておくことが大事です。

処理別にゴミを分別する

細かなゴミは分別しておくと、料金が2割程度安くなる場合があります。下記を参考に分別してみましょう。

ポイントは、素材毎で仕分けします。

  • 紙(新聞、ダンボール、その他の紙で分ける)
  • 電化製品(電気で動作する物)
  • スチール(鉄製の物や金属製の物、スプーンやフォーク類も含む)
  • 衣類(身につけられるもの、洋服や下着、手袋、帽子なども含む)
  • プラスチック類(プラスチックで全てできている製品)
  • その他、(上記以外の物)

一般家庭での分別方法とは異なります。

上記の分類でゴミを分別しておくと回収料金が安くなる場合が多いです。それぞれダンボールやゴミ袋に入れてまとめておいたり、部屋の四隅にに分けて置いておくだけでも効果があります。

安くなる回収日時を選ぶ

回収業者に作業日時を依頼する場合、下記の依頼方法があります。

  • 12~20日の間でいつでも良い(一定期間内の時間指定なし)
  • 15日・16日は終日良い(日にち指定あり・時間指定なし)
  • 17日の午前中(日にち指定あり・時間帯指定あり)
  • 19日の10時頃(日時指定あり)

この4つの中では1番の依頼方法が最も安く依頼できます。急ぎでない場合はお試しください。

オプションを使わない

オプションとは回収料金の他にかかる費用で、階段料金や解体料金等が代表的です。

回収オプションを使わないとは、下記の様な手間をあらかじめし省いておくという事になります。

  • 2階にゴミはできる限り事前に1階へ下ろしておく
  • ベットやデスクは解体してくおく

作業当日できる事は手伝う

大きな物や重い物はどうしても2名以上での回収作業が必要になります。

もし、回収品に1点だけ搬出困難な大きな物があった場合、それだけのために作業員を増員する必要が生じます。1名の作業員増だけで追加料金(相:場6,000円~10,000円)が必要となってしまいます。

作業当日に回収量を増やさない

事前に見積もりを取った回収量から作業当日に回収物を増やさないようにしましょう。追加料金は想定外の作業が必要になるため通常より料金が割増になるケースあります。

適正料金でゴミを回収してくれる業者

エコスマイルは、4種類のトラックを用意しており、大人気の基本料金等がすべて含まれた積み放題プランで回収サービスを提供します。紹介した世帯人数別、部屋面積別の料金相場よりも安い見積もりを出せていただきます。

自治体の許可を得ている業者であり、事前見積りも無料で詳細に出してくれるため安心です。

エコスマイル
口コミサイト高評価不用品回収業者

粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃のパイオニア「トラック積み放題」格安プランが好評!
不用品1点から全国No.1格安料金で回収させていただきます。

よくある回収事例
不用品格安回収
海老名市の1KアパートK様宅の不用品回収
間取り 作業人数 作業時間
1K 1人 20分
使わなくなった家電製品などの8点ほどの不用品回収をご依頼いただきました。実作業は20分で完了、部屋を占有していた大型不用品の処分により部屋に有効スペースが確保されました。
部屋の不用品回収&買取
新宿区の2DKマンションF様宅の不用品回収
間取り 作業人数 作業時間
1K 2人 25分
引っ越し時の部屋の整理をさせていただきました。新居で買い替えを予定されている家電や読まなくなった本・漫画など、可能なものは買取その他は格安にて回収させていただきました。
溜まったゴミの一括回収
杉並区 1LDK T様宅 2tトラック積み放題
間取り 作業人数 作業時間
1K 2人 45分
今回で3回目、お仕事で時間が合わず溜まってしまったゴミの回収をご依頼いただきました。軽トラパックピッタリの回収量で、回収後はお掃除まで手伝わせていただきました。
ゴミ屋敷の片づけ
横浜市の1LDKアパートS様宅の不用品回収 1.5tトラック積み放題
間取り 作業人数 作業時間
一軒家 2人 70分
事情により住まなくなった自宅の売却のため、全不用品の処分と清掃をさせていただきました。作業とともに空き家特有の臭いも消散し、引き渡しの準備が整いました。
不用品回収の受付
WEBサイト限定割引5000円OFF
お気軽にお見積りをご依頼ください!
ご相談・出張見積り無料
ここをタッチして今すぐお電話
メールで24時間無料見積もり
LINEで簡単見積り「お友達登録」
不用品回収の相場
不用品回収
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり
お部屋と気持ちをスッキリ片付けます。
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり