日野市の粗大ごみの出し方【決定版】|収集と持ち込み方法、無料回収の条件

日野市の粗大ごみの出し方【決定版】|収集と持ち込み方法、無料回収の条件 粗大ごみの出し方

日野市の粗大ごみの出し方や収集手続き、直接持込での処分方法。無料回収の条件等を紹介します。

「不用品が出たけれど、一般ごみでは処分できそうにない。」

こういった場合には、日野市が行っている粗大ごみ個別回収などの行政サービスを利用して処分されることを考えるものです。ここでは、日野市の行政サービスでは、どのような不用品を粗大ごみとして扱い、どのように処分すれば良いのかを解説いたします。日野市では戸別収集と直接持込の2つの処分方法から選ぶことができ、ごみの処分に対して積極的な活動を行っている自治体です。

ごみ問題に関心がある自治体ですので、ごみの分別には細かなルールが設けられています。日野市で粗大ごみを処分する方法、民間の不用品回収業者と行政サービスの比較、更にどのような不用品回収業者に依頼するのがおすすめなのか徹底解説させていただきます。

日野市の粗大ごみの種類

日野市では、市が指定しているごみ袋の中で、最大サイズの45リットル袋に入られないものは原則として粗大ごみとして処分しなければなりません。つまり、45リットルのごみ袋に入れられる不用品であれば、一般ごみとして処分できます。

冒頭でも紹介したように、日野市はごみ問題に関心の高い自治体です。可燃ごみや不燃ごみの他にも、金属ごみという分別種類があります。他の自治体では粗大ごみにされることが多い、電子レンジやプリンター、オーディオ機器などは「金属ごみ」として扱われ、袋に入れて捨てることができます。金属ごみの収集頻度は4週に1度で、地域ごとに決められている水曜日に収集が行われています。

日野市のごみ処分に関する行政サービスは、株式会社日野環境保全という会社に完全に委託して行っています。金属ごみの他にも、まだ使える家電や家具であれば、リサイクル事務所に持っていくことでリユースしてもらえます。

それぞれの情報を分かりやすく表にしたので参考にしてみて下さい。

ごみの種類 条件 申し込み先
粗大ごみ 日野市指定の45リットルごみ袋に入らないもの 株式会社日野環境保全:042-581-4331
金属ごみ 電子レンジ、食器洗い乾燥機、ワープロ、プリンター、卓上ミシン、金属タイヤチェーンなど それぞれの地域の収集日に出す
まだ使える家電・家具 まだ利用できるテレビ、ベッド、パソコンラック、食器類など リサイクル事務所:042-581-5960

日野市は他の自治体と比較すると、ごみ処分に関する行政サービスが充実しているエリアと言えます。しかし、家電リサイクル法や資源有効活用法に該当してしまう家電やパソコン、建築廃材や自動車部品といったものは粗大ごみでは処分できません

行政サービスは充実しているものの、分別のルールが細かく設定されているということもあり、ごみを処分するのにある程度の労力が必要になります。分別の手間を省きたいという方には、日野市を対応エリアにしている不用品回収業者を利用することをおすすめします。

日野市役所収集と回収業者の粗大ごみ処分を比較

粗大ごみとして処分しなければならない場合は、日野市の行政サービスを利用するか、民間の不用品回収業者を利用する2つの方法があります。それぞれの特徴を表にしましたので、参考にしてみて下さい。

日野市の行政サービス 不用品回収業者
処分可能な品数 制限なし(多い場合には要連絡) 無制限
収集日時 月曜~金曜 午前8:00~16:30 24時間365日
利用料金 200円~2,400円(品目による) 1点2,000円~

1回10点や年3回までなど、数量や利用回数に制限を設けている自治体が多い中、日野市の場合には、制限は設けていません。ただし、あまりに粗大ごみの量が多い場合には、事前に日野環境保全に連絡する必要があります。あまりに不用品の量が多い場合や、処分に手間が掛かる場合などは、処分ができないと断られる場合もありますので、必ず一報を入れることが望ましいです。

収集日時にどうしても粗大ごみの処分を行えない事情がある方などは、日野市を対応エリアにしている不用品回収業者を利用されることをおすすめします。

粗大ごみの出し方|持ち込み方法(日野市役所)

日時を予約する

日野市で粗大ゴミを処分する方法には、戸別収集と直接持込の2つから選ぶことができます。どちらの場合も申し込み制となっており、日野環境保全に電話をする方法と、東京共同電子申請・届け出サービス(インターネット)から収集依頼を申し込む方法があります。

電話の場合は、月曜から金曜の午前8:00~午後16:30が受付時間です。インターネットの場合には、メンテナンス時間を除く24時間受付が可能です。電子申請IDを登録する必要があり、入力画面に出てくる品目以外は処分することができません。

処分して欲しい粗大ごみが、入力画面に出てこなかった場合は、日野環境保全に直接電話をして処分が可能かどうかを問い合わせてみることをおすすめします。

直接持込の場合には、日野クリーンセンターに持ち込むことが可能です。受付は電話のみとなっており、持込希望日の3日前までに申し込みが必要です。持込希望日に受付件数が上限になってしまった時は、予約を断られてしまいますので、余裕をもって予約を入れることをおすすめします。

・日野市電子申請粗大ごみ収集依頼:http://www.shinsei.elg-front.jp/tokyo/navi/procInfo.do?fromAction=1&govCode=13212&keyWord=212142&procCode=274320

・直接持込の場合

持込場所 日野クリーンセンター
住所 東京都日野市石田1丁目210-2
電話 042-581-0444
受付時間 月~金曜 8:30~11:30、13:00~16:30(年末年始を除く)

処分したい品目のごみ処理券購入する

申し込みをして収集日や持込の日時を決定したら、日野市のインターネットの粗大ごみページに公開されている粗大ごみ料金表を確認し、該当する金額のごみ処理券を購入します。

日野市の場合、最低金額200円~最高金額2,000円までに設定されており、ごみ処理券は200円券と400円券、1,000円券の3種類が用意されています。料金表の金額になるように購入して、粗大ごみに貼付し、収集日の朝に収集場所に持っていきましょう。

日野クリーンセンターへ直接持込む場合は、1キロあたり42円で粗大ごみの重量分の料金を現金で支払うことになっています。車両持込の場合には10kg単位での料金を支払います。1kg単位は、四捨五入して計算されますから、なるべく多く不用品を積んで処分されることをおすすめします。

日野市で粗大ゴミを処分するには料金が掛かりますが、以下の条件を満たしている世帯は手数料の減額、もしくは免除を申請することが可能です。

  1. 生活保護受給世帯
  2. 児童扶養手当受給世帯
  3. 特別児童扶養手当受給世帯
  4. 老齢福祉年金受給世帯
  5. 母子福祉年金または準母子福祉年金受給世帯
  6. 市長が特別な理由があると認めている世帯

粗大ごみの出し方(不用品回収業者)

回収してもらいたい不用品の量が大量にあったり、行政サービスの時間内に処分できない方は、不用品回収業者を利用すると便利です。事前に申し込みをし、見積りを取ってもらって、金額面で納得をしたら後は依頼をするだけです。多くの不用品回収業者が無料での見積りを行ってくれますから、行政サービスを利用される前に一度は見積りを依頼することをおすすめします。

日野市の粗大ごみ格安回収業者

日野市の行政サービスを利用した粗大ゴミの処分方法を紹介させていただきました。日野市は他の自治体と比べ、粗大ゴミを始め、ごみ処分の行政サービスが充実している自治体です。ただし、どうしても行政サービスでは、時間的な制限がついて回ります。

エコスマイルでは、単身者からファミリー向けまで不用品の分量に合わせた4種類のトラックを用意し、業界最安水準の料金設定で回収サービスを提供させていただいております。また8:00~24:00までフリーダイヤル、メール、LINEアプリでの申し込みを受け付けております。日野市で粗大ゴミの処分が必要になった際には、お気軽にご連絡下さいませ。

無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり
お部屋と気持ちをスッキリ片付けます。
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり