池袋の粗大ごみの出し方【決定版】|収集と持ち込み方法、無料回収の条件

池袋の粗大ごみの出し方【決定版】|収集と持ち込み方法、無料回収の条件 粗大ごみの出し方

池袋で粗大ごみを処分する方法を紹介いたします。

池袋は、東京都内の中でも各種さまざまなスポットがあり、特にショッピングには困らないエリアとして有名です。JR山手線をはじめとして、西武池袋線など各種電車のターミナル駅ともなっているため、居住地としても人気です。

特に埼玉県からの東京都内へのアクセスでは、玄関口のような存在でもあるため、埼玉県民の利用率が高いという特徴を持っています。池袋には商業施設やオフィスなども多く、まとまった不用品が出やすい環境でもあります。

池袋のみならず、東京都内ではごみの排出量に対しての関心が高まっており、それぞれの自治体が独自のごみ処分のルールを設けている状況です。このルールに従ってごみを出さないと、自治体では回収ができません。

池袋では、生ごみは十分に見ずを切り、新聞紙などに包み出すことになっていますし、紙くずやビニール紙、感熱紙、カーボン紙、写真は可燃ごみでも、資源ごみとしても出すことができず、「リサイクル可能紙」のみ資源ごみとして処分ができます。

一辺が30cmを超える家具や家電製品は、粗大ごみとして処分しなければなりません。このようにそれぞれのゴミには、池袋独自のルールに基づいて処分する必要がありますので、行政サービスを利用しての処分なら、ルールを覚えておく必要があります。

ここでは池袋で行政サービスを利用した粗大ごみの処分方法を具体的に紹介し、不用品回収業者を利用した場合との比較もいたします。池袋で粗大ごみの処分にお困りの方は、ぜひ参考になさってください。

池袋の粗大ごみの種類

池袋は豊島区の自治体ルールに従って粗大ごみを処分する必要があります。冒頭にもありますが、一辺の長さが30cm以上の不用品を粗大ごみとして扱われます。

可燃ごみでも紙類やプラスティック、革製品、紙おむつなどで違った捨て方が決められていますし、不燃ごみも金属、陶器、ガラスなどの素材の違いによって、出し方が変わってきます。

それぞれの捨て方を覚えておき、ルールに沿って処分をしないと、回収日に収集所に置いたとしても、回収されません。粗大ごみに関しても、家電リサイクル法に該当する製品、資源有効利用促進法に該当するパソコンは、豊島区の行政サービスでは処分ができません。

池袋で粗大ごみを処分したい方は、申し込みをする前に豊島区では処分できない品目がありますので、事前に確認することをおすすめします。

池袋で行政サービスでは処分ができない不用品

一辺が30cmを超える家具や家電製品であれば、どんな不用品でも豊島区の行政サービスで処分ができるかといえば、そうではありません。処分できない不用品を紹介しますので、お申込みの前に確認しておくことをおすすめします。

池袋で行政サービスでは処分できない品目
  • 家電リサイクル法の対象となる家電(テレビ、洗濯機、エアコン、冷蔵庫、冷凍庫など)
  • 資源有効利用促進法に該当するパソコン
  • 適正処理困難物(バッテリー、マフラー、オートバイ、自動車タイヤ、消火器、耐火金庫、コンクリートブロック、ガスボンベなど)
  • 収集運搬が困難なもの(長さ2m以上)『物干しざお、サーフボード、ウッドカーペットなど』
  • 事業ごみ
  • 不燃ごみ扱いになる品目(30cm角以下の傘やアイロンなど)

家電リサイクル法に該当する品目については、家電リサイクル受付センターがありますので、そちらで処分の申し込みを行うことをおすすめします。資源有効利用促進法に該当するパソコンに関しては、パソコン3R推進センターに問い合わせをするか、メーカーで処分を依頼いただけます。

対象品目 処分相談窓口 連絡先
家電製品 家電リサイクル受付センター https://kaden23rc.tokyokankyo.or.jp/Rc/Index
パソコン パソコン3R推進センター

TEL:03-5282-7685

URL:http://www.pc3r.jp

池袋での行政収集と回収業者の粗大ごみ処分を比較

池袋で粗大ごみが出た場合、豊島区の行政サービスを利用して処分する必要がありますが、利用制限も設けられています。一度の回収依頼で10点までという品数制限があり、11点以上の処分を希望の場合は、豊島区粗大ごみ受付センターに相談をする必要があります。

また、2mを超える不用品は、収集不可と判断される場合もありますので、事前の相談が必要になります。処理や運搬が困難と判断された不用品も、処分ができない可能性がありますので、事前の確認が必要です。

依頼先 豊島区粗大ごみ受付センター 不用品回収業者
品目数制限 10点まで 無制限
対応日時 月曜~土曜(年末年始を除く)8:00~17:00 24時間365日
手数料 1品400円~ 1品500円~

豊島区粗大ごみ受付センターへの申し込みは、インターネットを利用するとメンテンス時間以外、いつでもお申込みが可能です。表の対応日時は、電話での受付時間になります。

また、収集曜日が地域によって決められていますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

収集曜日 収集地域
月・水・金 上池袋、東池袋、南池袋
火・木・土 西池袋、池袋、池袋本町
全地域

このように地域ごとに収集曜日が指定されていますが、指定されている曜日ならいつでも処分ができるわけではありません。ご自身の希望どおりに収集してくれるとは限りませんので、事前に確認されることをおすすめします。

粗大ごみの出し方(豊島区役所)

池袋で粗大ごみを出したい場合の流れをご紹介します。前提として、池袋で粗大ごみを処分したいときには、事前の申し込みが必要な戸別収集での処分しか行えず、直接持込での処分はできません

STEP1:申し込みをする

池袋で粗大ごみを処分したい方は、豊島区粗大ごみ受付センターにインターネット、または電話で事前に申し込みを行います。インターネットでは、24時間いつでも受付可能、電話の場合には、年末年始を除く月曜~土曜の8:00~17:00までの受付時間になります。

申し込みの際には、不用品の数や品目名、またサイズを聞かれますので、事前にメモを取るなどしてすぐに伝えられるようにしておくことが望ましいです。申し込みの際に処分に掛かる費用や、収集日が通知されます。

申し込み先 豊島区粗大ごみ受付センター
電話番号 03-5296-7000
URL http://sodai.tokyokankyo.or.jp/Sodai/V2Main/13116/0
受付時間 24時間【インターネット】、月~土(年末年始を除く)8:00~17:00【電話】

STEP2:ごみ処理券を購入し粗大ごみを出す

申し込み時に通知された料金分のゴミ処理券を取り扱い店で購入します。自治体ごとにごみ処理券の種類や値段、処分費は違っていますので、池袋で粗大ごみの処分をしたい場合は、必ず豊島区のごみ処理券を購入してください。

・豊島区ごみ処理券取扱所:http://www.city.toshima.lg.jp/150/kurashi/gomi/shigen/documents/kouboten30.pdf

シールは、A券(200円)と、B券(300円)の2種類があり、指定された料金になるように組み合わせて購入をします。シールには、「氏名(集合住宅にお住まいの方は部屋番号も記入)」を記入するか、「受付番号」を記入します。粗大ごみの目立つ場所に必ず貼付し、収集予定日の朝8時までに申し込み時に決めた場所に出します。

手数料の免除・減額が受けられるケース

また、以下の条件を満たしている方なら、手数料の減額、免除が受けられる可能性があります。該当される方は、申し込み時に申請をしてください。

  • 生活保護受給世帯
  • 児童扶養手当受給世帯
  • 特別児童扶養手当受給世帯
  • 国民年金の遺族基礎年金受給世帯
  • 老齢福祉年金受給世帯
  • 災害等を受けた世帯
  • 中国残留孤児の世帯

粗大ごみの運び出しサービス

池袋が属する豊島区では、65歳以上の高齢者もしくは、障がい者のみの世帯の場合には、粗大ごみの運び出しサービスを受けることが可能です。ご利用になりたい際には、豊島区粗大ごみ受付センターではなく、豊島清掃事務局へお問い合わせください。

・豊島清掃事務局:03-3984-9681

粗大ごみの出し方(回収業者)

池袋で行政サービスを利用した粗大ごみの処分方法は、戸別収集でしか行えません。平日3日と日曜という週4日間の処分日が用意されていますが、ご自身の希望どおりに収集できるとは限りません。

また品目数が11点以上になる場合には、事前の問い合わせが必要になり、2mを超える処分や運搬が困難な品目は、処分できません。一方で不用品回収業者を利用しした粗大ごみの処分は用意に行えます。

池袋を対応エリアにしている回収業者をインターネット等でリサーチし、複数社に見積りを依頼します。料金はもちろん、サービス内容に納得ができる業者に申し込みをし、収集希望日に立ち会いをして料金を支払います。

分別等の必要もなく、業者によっては、収集・処分サービス以外にも軽い清掃サービスまで行ってくれるところもあり、業者任せで粗大ごみの処分が完了します。

行政サービスと不用品回収業者を比較すると、デメリットになる点は、料金面だけです。時間や労力を惜しみたいという方には、池袋では不用品業者を利用されることをおすすめします。

池袋の粗大ごみ格安回収業者

池袋で粗大ごみを処分したい場合、豊島区が提供する行政サービスを利用する必要があります。高齢者世帯向けの運び出しサービスや、エリアごとの収集受付が多めに設定されており、他自治体と比較すると充実しています。

ただし、家電製品、パソコン、収集・処分困難な不用品の回収はできません。また、1度の依頼では、10点までという品数制限も設けられており、大量の不用品の処分や、時間と労力を惜しみたい方には、不用品回収業者での処分をおすすめします。

エコスマイルでは、4種類の異なるトラックを用意しており、不用品の量に合わせた積み放題プランを提供させていただいております。粗大ごみの処分以外にも、ゴミ屋敷の片付け、遺品整理、事務所移転サービスも別途提供しております。

池袋で粗大ごみの処分にお困りでしたら、お気軽にご相談くださいませ。

エコスマイル
口コミサイト高評価不用品回収業者

粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃のパイオニア「トラック積み放題」格安プランが好評!
不用品1点から全国No.1格安料金で回収させていただきます。

よくある回収事例
不用品格安回収
海老名市の1KアパートK様宅の不用品回収
間取り 作業人数 作業時間
1K 1人 20分
使わなくなった家電製品などの8点ほどの不用品回収をご依頼いただきました。実作業は20分で完了、部屋を占有していた大型不用品の処分により部屋に有効スペースが確保されました。
部屋の不用品回収&買取
新宿区の2DKマンションF様宅の不用品回収
間取り 作業人数 作業時間
1K 2人 25分
引っ越し時の部屋の整理をさせていただきました。新居で買い替えを予定されている家電や読まなくなった本・漫画など、可能なものは買取その他は格安にて回収させていただきました。
溜まったゴミの一括回収
杉並区 1LDK T様宅 2tトラック積み放題
間取り 作業人数 作業時間
1K 2人 45分
今回で3回目、お仕事で時間が合わず溜まってしまったゴミの回収をご依頼いただきました。軽トラパックピッタリの回収量で、回収後はお掃除まで手伝わせていただきました。
ゴミ屋敷の片づけ
横浜市の1LDKアパートS様宅の不用品回収 1.5tトラック積み放題
間取り 作業人数 作業時間
一軒家 2人 70分
事情により住まなくなった自宅の売却のため、全不用品の処分と清掃をさせていただきました。作業とともに空き家特有の臭いも消散し、引き渡しの準備が整いました。
不用品回収の受付
WEBサイト限定割引5000円OFF
お気軽にお見積りをご依頼ください!
ご相談・出張見積り無料
ここをタッチして今すぐお電話
メールで24時間無料見積もり
LINEで簡単見積り「お友達登録」
粗大ごみの出し方
不用品回収
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり
お部屋と気持ちをスッキリ片付けます。
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり