狛江市の粗大ごみの出し方【決定版】|収集と持ち込み方法、無料回収の条件

狛江市の粗大ごみの出し方【決定版】|収集と持ち込み方法、無料回収の条件 粗大ごみの出し方

狛江市の粗大ごみの出し方を紹介します。

狛江市で不用品が出た場合、最初に考えるのは自治体が提供する行政サービスを利用するという方は多いです。狛江市では、東京都内の他の自治体では利用ができるインターネットでの申し込みや、持込での処分ができない状況です。

また3種類のごみ処理券があり、処分したい粗大ごみに見合ったごみ処理券を購入して、粗大ごみに貼り付け、戸別収集してもらう必要があります。狛江市で定められえたルールを守り、処分をしなければ、粗大ごみの処分はできません。

ここでは、狛江市で粗大ごみを処分したい場合の申し込み方法はもちろん、処分に掛かる手数料の支払い方、行政サービスでは収集できない粗大ごみの種類などを詳しく解説いたします。

また狛江市を対応エリアにしている不用品回収業者との比較、回収業者の利用方法も紹介いたします。

狛江市の粗大ごみの種類

狛江市のみならず、東京都内全体の自治体がごみ減量の活動に取り組んでおり、ごみの分別ルールや、ごみの収集回数制限などが厳しくなっている状況です。家電リサイクル法や、資源有効利用促進法が施行されており、以前までのように行政サービスで処分できるごみの種類や量は減っています。

狛江市では、大きさが50cm以上、または重量が5kgの不用品を粗大ごみとして扱うルールになっています。一般の家庭ごみに関しては、狛江市指定の有料収集袋を使い決められた曜日に集積所へ持って行きます。

ただし、1度の収集で1世帯5袋までという制限が設けられています。

狛江市では処分できない不用品

粗大ごみの条件を満たした不用品なら、狛江市ではなんでも処分が可能なわけではありません。狛江市の行政サービスでは処分ができない品目を表にしましたので、粗大ごみの依頼を申し込む前に確認することをおすすめします。

狛江市の行政サービスで処分できない品目

家の建築物、石類、厚さ10cm以上の板、医療廃棄物、衣類乾燥機、エアコン、エレクトーン、大型ゲーム機、オートバイ、看板、
玄関ドア、原動機付自転車、コンクリート、サーフボード、事業ごみ、室外機、自動車部品、消火器、将棋・碁盤、洗濯機、洗面台、
耐火金庫、タイヤ、タイル、たたみ、土、テレビ、ドラム缶、廃油(燃料、塗料など)、バッテリー、パソコン、ピアノ、プロパンガスボンベ、
塀、便器、ホーロー浴槽、ボウリングの球、餅つき用臼、物置、有害薬品、冷凍庫、冷蔵庫、レンガなど

これらの品目を処分したいときは、販売店に引取や処分の相談をするか、専門の処理業者に依頼することになります。家電リサイクル法や、資源有効利用促進法に該当する製品が処分できないのは、他の自治体と同様です。

狛江市役所収集と回収業者の粗大ごみ処分を比較

狛江市では、一般の家庭ごみでも5袋までという制限があり、粗大ごみとして処分できない品目が多く指定されています。行政サービスを利用するのは、現実的ではなく、民間の不用品回収業者を利用する方が手間と時間が掛からずに済みます。

狛江市の行政サービスを利用する場合と、民間の不用品回収業者に依頼する場合を比較しましたので、参考になさってください。

依頼先 狛江市役所清掃課 不用品回収業者
品目数制限 7点まで(以後1ヵ月の再収集は不可) 無制限
対応日時 月曜~金曜日8:30~17:00(祝日・年末年始を除く) 24時間365日
手数料 1品300円~ 1品500円~

狛江市では粗大ごみの収集でも数量に制限があります。1度の収集依頼で処分ができるのは7点までで、1ヵ月以上期間を空けなければ、次の収集依頼はできないルールになっています。

土曜、日曜を含み、祝日での受付も行っておりません。平日の8:30~17:00ではご利用できる方も限られてきます。一方で不用品回収業者への依頼なら、いつでも依頼や相談が行え、不用品の数に制限はありません。

単品回収を行っている業者なら、小さく軽い品物であれば、500円前後で処分が行えます。

粗大ごみの出し方(狛江市役所)

狛江市の行政サービスを利用して、粗大ごみを処分するには、事前に申し込んで戸別収集を依頼する方法しかありません。狛江市では、自前の処分場がありませんので、収集しか処分方法がないのです。

STEP1:申し込みをする

狛江市で粗大ごみを処分したい場合は、事前に申し込みが必要です。東京都内の他の自治体ではインターネットからの申し込みも可能ですが、狛江市の場合には、電話か、狛江市役所清掃課の窓口に直接出向き、申し込みをする方法しかありません。

目安として、申し込み日から実際の収集までは約2週間かかります。立ち会いの必要はありませんが、収集作業は申し込み順に行われるため、日時の指定ができません。

万が一、申し込み後に粗大ごみを追加する場合や、キャンセルをしたい場合は、収集日前日の午前中までに清掃課に連絡をすれば変更が可能です。ただし、収集日前日が日曜、祝日の場合には、受け付けていませんので注意が必要です。

申し込み時は、「粗大ごみの品名」、「数量」、「名前」、「住所」が必要です。また粗大ごみの大きさにより、料金は変わりますので、粗大ごみの奥行、幅、葉かさを測ってから申し込みをするのが望ましいです。

申し込み先 狛江市役所 清掃課
電話番号 03-3488-5300
受付時間 月曜~金曜日(祝日・年末年始を除く)8:30~17:00

必要なごみ処理券を購入し貼付して収集してもらう

申し込み時に受付が完了すると、収集日と粗大ごみシールの枚数と種類が伝えられます。処分に必要なシールを取り扱い店で購入をし、「収集日」と「名前」を必ず記載して、処分したい品物に貼り付けます。

申し込みの際に伝えられた収集日の朝8:30までに、収集車が寄せられる道路沿いの敷地内、もしくは集合住宅なら指定の集積所に粗大ごみを置いておきます。時間厳守が鉄則ですので、遅れた場合には収集されませんので注意が必要です。

注意点としては、1度の収集依頼で処分できる粗大ごみは7点までです。また、以後30日間は次の粗大ごみの収集依頼は行えません。

粗大ごみのシールは300円券、500円券、1,000円券の3種類があります。主な品目の手数料を表にしたので参考になさってください。

品目 手数料
扇風機、換気扇 300円
物干し竿 300円
ビデオデッキ

500円

スーツケース 500円
カーペット 500円
ソファ(1人掛け) 500円
ミシン 800円
本棚 1,000円

手数料の免除が受けられるケース

狛江市では一定の条件を満たす方の場合、粗大ごみ手数料が免除、減額される場合があります。該当する場合には、申し込みをする際、事前に狛江市役所清掃課に問い合わせをすることをおすすめします。

条件 必要書類
生活保護受給世帯 生活保護受給証明書
児童扶養手当受給世帯 児童扶養手当証書
特別児童扶養手当受給世帯 特別児童扶養手当証書
中国残留邦人支援給付世帯 支援給付受給証明書
天災被害を受けた方 市役所で発行される被災証明書
火災などの被害を受けた方 消防署で発行される被災証明書
老齢福祉年金受給世帯

粗大ごみの出し方(回収業者)

狛江市の行政サービスでは、品数制限や受付時間が限られていることから、利用できない方もいらっしゃいます。処分をしたい日時を指定されたい方や、7点以上の不用品や粗大ごみを一度に処分したい方は、不用品回収業者を利用されることをおすすめします。

狛江市が対応エリアに入っている回収業者をリサーチし、複数社に見積りを依頼して、料金やサービスが納得できる業者を選びます。収集希望日に立ち会いをし、作業をしてもらったら、料金を支払うだけで粗大ごみの処分が完了します。

行政サービスと比較すると、デメリットとなる点は料金面だけですので、時間や手間を惜しみたい方には、おすすめの方法です。

狛江市の粗大ごみ格安回収業者

狛江市の行政サービスは、東京都の他の自治体と比較しても、充実しているとは言い難い環境です。処分費こそ安いものの、1度の依頼で7点まで、受付時間は平日の夕方まで、依頼後30日の再収集の不可など、制限が非常に多くあります。

急な引っ越しや事務所の移転、大量な不用品が出ることが予想される遺品整理などの際には、民間の不用品回収業者を利用するのがおすすめです。

エコスマイルでは、4種類の異なるサイズのトラックを用意しており、不用品の量に合わせた定額プランを提供させていただいております。ゴミ屋敷の清掃や遺品整理サービスも別途提供しております。

狛江市で粗大ごみの処分にお困りでしたら、お気軽にご相談くださいませ。

無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり
お部屋と気持ちをスッキリ片付けます。
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり