港区の粗大ごみの出し方【決定版】|収集と持ち込み方法、無料回収の条件

港区の粗大ゴミの出し方 粗大ごみの出し方

港区の粗大ゴミの出し方をご紹介します。

家の片付けをしていると古くなった家電や家具がたくさんできてくることがあります。そろそろ買い替え時期と思っていても、どうやって捨てればいいかわからないことはありませんか

この記事では、港区の粗大ごみの出し方と、収集・持ち込み方法、無料回収などの情報を分かりやすく紹介していきます。

まず、大まかに説明すると、不用品や粗大ごみの処理は、大きく分けて区役所などの自治体にお願いする方法と、不用品回収業者やリサイクル買取り業者にお願いする2つの方法があります。どちらを選択するかは、自分の置かれた状況によって異なりますので、双方のメリットやデメリットを理解することが大切で、詳しく解説していきます。ぜひ、利用の際の参考してください。

港区の粗大ごみの種類

不用品には、家具や布団、家電、おもちゃなど実にさまざまな品がありますが、大きなものは粗大ごみだとわかりますが、小さいものは、可燃物や不燃物で捨ててはいけないのでしょうか。

港区にお住まいの方は、ごみの分別など区役所から捨て方の一覧をもらっているのではないでしょうか。港区では、おおむね30cm角以上の不用品を粗大ごみとして扱っています。仮に、指定ゴミ袋に入ったとしても、30cm角以上の粗大ごみとして扱われた場合、回収業者に持っていかれないケースもあります。

港区の自治体サービスでは、以下の品目は回収の対象外となります。

粗大ゴミに該当しない不用品
家電リサイクル法対象品目:テレビ・冷蔵庫・エアコン・洗濯機・衣類乾燥機など
家庭用パソコン・リサイクル法対象品目:デスクトップパソコン、ノートパソコン、ディスプレイ、ディスプレイ一体型など
一般粗大ごみではないもの:事業者の産業廃棄物
処理が困難なもの:自動車、タイヤ、オートバイ、ピアノ、耐火金庫、消火器、物干しブロックなど

港区の自治体サービスでは、1品ずつ処理費用が決められています。区のホームページより確認できますが、該当する項目が無い場合は、平日に問い合わせる必要があります。

役所収集と回収業者の粗大ごみ処分比較

さて、自治体の収集サービスを利用するとある程度の不用品の処分が簡単にできます。それでは、回収業者とは、どのような違いがあるのでしょうか。それぞれのいい所、悪いところなど特徴をまとめました。

役所の収集 回収業者
処分可能な点数 1回につき合計10点(それ以上出す場合は電話連絡が必要) 無制限
対応可能な日時 土日祝日を除いた平日のみ 年中無休
利用手数料

1点500円~

1点2000円~
支払い方法

有料粗大ごみ処理券の利用

現金、クレジットカード等

このように少量の不用品の処理には自治体サービスの利用、多ければ回収業者の利用が有益だと考えられます。

では、実際に自治体の収集や回収業者を利用する場合の手続き方法を紹介していきます。

粗大ごみの出し方(港区役所)

日時の予約

自治体サービスの場合、必ず事前に粗大ごみ受付センターへ申し込みする必要があります。申込方法は、電話またはインターネットが利用できますが、10点を越える不用品を出す時は、電話対応のみになります。インターネットで申し込む場合は、24時間いつでも可能ですが、電話の場合は、平日および土曜日の午前8時から午後7時まで対応しています。

一方、不用品回収業者を利用する場合は、電話またはインターネットが利用でき、即日に取りに来てくれることもあります。電話での対応も24時間行っている業者もありますが、基本的にインターネットを利用する方が簡便です。

有料ごみ処理券の購入

港区では、粗大ごみを出すためには、事前に「有料粗大ごみ処理券」を最寄りも販売所で購入しなければなりません。販売所は、お近くのスーパーマーケットやコンビに、清掃事務所など「港区有料ごみ処理券取扱所」の標識が目印です。処理券はシールになっていて、1枚あたりA券200円とB券300円です。自治体サービスでは、不用品ごとに400円~2800円まで処理料金がかかりますので、A券とB券を不用品に貼り付けて、申し込み時に、指定した収集の予約日と排出場所に、当日の朝8時までに粗大ごみを出します。

一方、不用品回収業者では、そのような処理券はなく、現金またはクレジット払い、銀行振り込みなど支払い方法は多岐にわたります。また、時間や場所の指定など無く、自分の空いた時間に業者が取りにきてくれます。

不用品の処理が無料な場合

港区の自治体サービスでは無料で粗大ごみを回収してくれることがあます。港区では、状態のよい木製家具を無料で引き取ってくれ、他の方に格安でリサイクルしています。運び入れる手間はありますが相談してはいかがでしょうか。高齢者や身体障碍者などで運び入れが難しい方には、無料で収集するサービスもありますので活用されてください。

不用品回収業者では、リサイクル買取りを実施しているかを確認しましょう。買取りできるものは、無料若しくは、処理費用からの減額が可能になる場合があります。有用な業者ほど、しっかりとした査定金額を出してくれます。

自治体の廃棄物処理手数料の減額・免除が受けられる

港区では、次のような条件に当てはまる人は、廃棄物処理手数料の減額・免除を受けることができます。

  • 生活保護受給者(生活保護受給証明書の原本が必要)
  • 児童扶養手当受給者(児童扶養手当証書の写しが必要)
  • 特別児童扶養手当受給者(特別児童扶養手当証書の写しが必要)
  • 遺族基礎年金(旧母子、準母子福祉年金)受給者(遺族基礎年金証書の写しが必要)
  • 老齢福祉年金受給者(老齢福祉年金証書の写しが必要)
  • 中国残留邦人等支援給付受給者(中国帰国者等支援給付の「本人確認証」の写しが必要)

不用品回収業者では、通常、そのような減額サービスはありません。

粗大ごみの出し方(回収業者)

大量の不用品がある人(10点以上)や、時間余裕が無い人には、不用品回収業者がおすすめです。不用品の量に応じてさまざまなプランがあることや、電話やメールで日時が決まれば、当日には指定場所まで来てくれます。自分で梱包等をする必要も無く、基本的にすべての作業を業者が行いますので、簡単です。

デメリットとしては、自治体よりも高くなります。また、悪徳業者などは見積もり金額以外の請求を後日行うところもあり、注意が必要です。信頼できる業者選びが大切になってきます。

港区の粗大ごみ格安回収業者

港区には、さまざまな不用品回収業者がありますが、例えば、24時間年中無休で行っているエコスマイルはどうでしょうか。業界でもトップの格安料金で粗大ごみを回収可能で、不用品回収、遺品整理から、汚部屋・ゴミ屋敷清掃まで、軽トラックから4tトラックを使い対応してくれます。

基本料や運搬に関わる車両代が無料、トラック載せ放題は料金設定がわかりやすいため、ご自分のライフスタイルや家の大きさ、不用品の量で安心してお願いすることができます。

時間が無く、早く不用品を整理したい人にはお勧めの回収業者さんです。

無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり
お部屋と気持ちをスッキリ片付けます。
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり