杉並区の粗大ごみの出し方【決定版】|収集と持ち込み方法、無料回収の条件

杉並区の粗大ごみの出し方【決定版】|収集と持ち込み方法、無料回収の条件 粗大ごみの出し方

杉並区の粗大ごみの出し方、収集と持ち込み方法、無料回収の条件をご紹介します。

杉並区は学生などの単身者からファミリー向けまで多くの住宅が密集しているエリアであり、引っ越しが頻繁に行われている自治体です。引っ越しの際に、出てくる不用品ですが、杉並区ではそれぞれのゴミをどのように処分すれば良いのかご存知でしょうか。

杉並区では、1辺の長さがおおむね30cm角以上の不用品は粗大ごみとして扱われます。また可燃ごみ、不燃ごみ、資源ごみは、出し方が細かく指定されているほか、収集頻度もそれぞれ違っている状況です。

ここでは杉並区で自治体サービスを利用して、粗大ごみの処分をする方法を詳しく解説します。また、杉並区を対応エリアにしている民間の不用品回収業者と比較をし、どのような違いがあるのかも紹介させていただきます。

杉並区の粗大ごみの種類

杉並区では1辺の長さが30cmを超える不用品を粗大ごみとして扱います。ごみの種類については、可燃・不燃・資源と分けられており、主に材質によって分別を行うルールです。

資源ごみは、「プラスティック製品」、「びん」、「缶」、「古紙」、「ペットボトル」に更に分別する必要があり、それぞれ収集頻度と出し方が指定されています。

杉並区では、30cm角以上の不用品でも、220cmを超えるものは、粗大ごみとしては回収できません。以下に杉並区の粗大ごみについての注意点をまとめてみました。

  • 一辺が30cmを超える不用品で220cm以内の不用品であること
  • 家電リサイクル法に該当するテレビ、洗濯機、エアコン、衣類乾燥機、冷蔵・冷凍庫
  • 資源有効利用促進法に該当するパソコン
  • タイヤ、ピアノ、バッテリーなど杉並区が収集できない品目
  • お店や事務所など企業の事業活動ででた事業ごみ

杉並区の自治体サービスを利用できない粗大ごみ

杉並区の自治体サービスでは、収集できない品目として指定されている主な不用品をより詳しく以下の表にまとめました。粗大ゴミとして申し込みをする前に処分できるかどうかを確認することをおすすめします。

杉並区の自治体サービスで処分できないもの
  • 殺虫剤、漂白剤、殺菌剤、防虫剤、除草剤、ワックス、ペンキ、シンナー、ワックスなどで中身が残っている場合
  • プロパンガスのボンベ
  • 消火器
  • バッテリー
  • 耐火金庫
  • ピアノ、タイヤ
  • 土、石、砂など
  • し尿、汚物
  • 石油、灯油

杉並区で収集できないものを紹介しました。引っ越しの際に処分したい品目が含まれています。指定品目を処分をしたい場合には、メーカーや専門機関へ処分を依頼します。

杉並区の自治体サービスで処分できない場合の相談先をまとめましたので、参考になさってください。

杉並区の自治体サービスで回収できない不用品の処分依頼先

品目 依頼先 問い合わせ先

家電リサイクル法に該当する家電製品

家電リサイクル受付センター https://kaden23rc.tokyokankyo.or.jp/Rc/Index

パソコン

パソコン3R推進委員会 http://pc3r.jp/
充電電池 各メーカーまたはリサイクル回収協力店 https://www.city.suginami.tokyo.jp/guide/gomi/seisou/1004892.html
オートバイ 自動車リサイクル推進センター https://www.jarc.or.jp/motorcycle/

杉並区役所収集と回収業者の粗大ごみ処分を比較

杉並区では、戸別回収のほか、堀之内中継所に直接持込をして粗大ゴミを処分することができます。杉並区の自治体サービスと、杉並区を対応エリアにしている不用品回収業者のサービスを比較表にしました。

杉並区の自治体サービス 不用品回収業者
品目数 1回10品まで(持込:5点まで) 無制限
対応日時

収集:年末年始を除く毎日

持込:毎週日曜日のみ(9:00~16:00)

年中無休
手数料 1品目400円~(持込は一律400円) 1品目500円~

引っ越しのたびに不用品が一定量出ることが予想される杉並区では、回収品数が制限されている杉並区の自治体サービスでの処分は、現実的ではありません。一度に処分が行えない可能性があり、引っ越しのタイミングで処分をしたい場合には、長期的な計画を立てた処分を検討する必要があります。

引っ越しのタイミングに合わせ、粗大ゴミの処分を終えたいなら、受付時間や処分できる品数に制限がある杉並区の自治体サービスよりも、不用品回収業者を利用するのがおすすめです。

粗大ごみの出し方(杉並区役所)

杉並区の自治体サービスを利用した粗大ゴミ処分の流れを紹介します。

STEP1:粗大ごみ受付センターに申し込む

杉並区では戸別回収と持込処分の2つから処分方法を選択することができます。どちらを利用する場合でも、杉並区粗大ごみ受付センターにインターネットか電話で事前に申し込みをする必要があります。

申し込みの際には、不用品の品目、高さや奥行き、幅のサイズを記載します。このため、処分したい不用品の大きさを測っておき、メモを取っておくことをおすすめします。

インターネットとFAXの窓口は24時間受付できますが、電話の場合は午前8:00~午後19:00までとなっています。年末年始を除く毎日受付が行えます。

粗大ごみ受付センター

  • 電話:03-5296-5300
  • URL:https://sodai.tokyokankyo.or.jp/Sodai/V2Main/13115/0

STEP2:処分したい不用品に見合ったごみ処理券を購入する

戸別収集と持込処分の両方のサービスが受けられる杉並区ですが、いずれの場合も手数料が発生します。処分したい不用品を公開されている料金表から探し、ごみ処理券を購入します。

購入したごみ処理券に「氏名」もしくは「受付番号」を記載し、処分したい不用品に貼り付けます。杉並区では土日・祝日も回収してもらえますが、時間の指定は行なえません。また持込処分の場合には、日曜日のみになります。

依頼先 受付時間 制限 料金
戸別回収 粗大ごみ受付センター
  • インターネット・FAX:24時間
  • 電話:8:00~19:00
1回につき10点 品目による(400円~2,800円)

粗大ごみの出し方|持ち込み方法(杉並区役所)

杉並区の場合、戸別回収だけではなく自前の処分場を持っているため、直接粗大ごみを持ち込んで処分をしてもらうことも可能です。場所は堀之内中継所になります。

持込処分はできるものの、1度の持ち込みは5点まで、1点につき一律で400円の手数料が掛かります。また、受付時間は日曜の午前9:00~午後16:00までと限られていることも、覚えておきたいポイントです。

依頼先 受付時間 制限 料金
持込 堀之内中継所 日曜午前9:00~午後16:00 1回につき5点まで 1点につき400円

粗大ごみの出し方(回収業者)

ここまで杉並区の自治体サービスを利用した粗大ゴミの処分方法を紹介ましたが、民間の不用品回収業者の利用方法を紹介します。

不用品回収業者の場合は、杉並区の自治体サービスとは違い、不用品数に制限はありません。家電リサイクル法に該当する家電製品や、資源有効活用促進法に該当しているパソコンも処分可能です。

直接持込のように処分施設まで運搬する必要はありませんし、指定場所への運搬の必要はありません。電話かインターネットの申し込みフォームから見積りを依頼し、料金面で納得ができれば、依頼をするだけです。

依頼をした際に決めた回収日に立ち会いをすれば、粗大ゴミの処分は簡単に終えることができます。

杉並区の粗大ごみ格安回収業者

杉並区の自治体サービスは、処分場を持たない自治体と比較すると、充実しています。しかし、杉並区の自治体サービスを使って不用品の処分が行えるのは、時間の融通が利き、不用品数が少ない方にのみ向いている処分方法といえます。

エコスマイルでは、種類の異なるトラックを用意し、業界最安水準の価格設定で追加料金のない定額プランを提案させていただいております。15,000円の軽トラック積み放題プランでは、ワンルーム分の不用品の処分が可能です。

杉並区で引っ越しの際にまとめた不用品の処分をお考えなら、お気軽にご相談くださいませ。

無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり
お部屋と気持ちをスッキリ片付けます。
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり