廃品回収とは?不用品回収との違い・無料廃品回収業者の注意点も紹介

不用品回収業者の利用法

片付けや引っ越しで、不要な物がたくさん見つかる場合があります。不要な物を処分する方法として、廃品回収を思い浮かべる方も多いでしょう。

しかし、「処分したい物が廃品に当てはまるのか」「本当に無料で廃品回収してもらえるのか」といった疑問があり、なかなか作業が進まないこともあるでしょう。

そこで今回は廃品回収とは何か、分かりやすくお伝えします。無料の廃品回収業者の注意点、おすすめの廃品回収方法などもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

廃品回収とは?不用品回収との違い

廃品回収とは、再生することを目的に廃品を回収する行為を指します。小学校の子ども会、自治体でビール瓶や新聞紙、雑誌などを廃品回収した経験のある方もいるでしょう。

回収した廃品は資源回収業者が引き取り、引き取った廃品の分だけお金を得るのが一般的です。

廃品回収は、不要な物を処分するという意味も持っています。処分に困る物を廃品回収してリサイクルする業者は、

とも呼ばれます。

なお、環境省により、呼び方は不用品回収業者に統一されました。

廃品回収と不用品回収の違い

廃品回収と不用品回収に、法的な違いはありません。回収する対象物の違いをまとめたので、ご参考ください。

【廃品回収の対象物】

  • 新聞紙や雑誌、ダンボールなどの古紙
  • 牛乳パック
  • アルミ缶・スチール缶
  • 古い布
  • まだ使える家電

廃品回収はリサイクル可能な、換金できる物を対象にしています。

【不用品回収の対象物】

  • 換金できるかは関係なく、所有者が不要な物

不用品回収で換金できるかは関係ありません。所有者が「不要」と判断すれば、不用品です。

不用品回収が可能な物は範囲が広く、廃品回収できる物も含まれています。

廃品回収も不用品回収も費用がかかる

「無料で不用品回収します」と宣伝する業者を目にした方もいるかもしれません。

しかし、廃品回収も不用品回収も、業者を利用すると費用がかかります。無料で回収を行う業者の大半は、違法だと考えてよいでしょう。

なお、自治体による粗大ゴミの廃品回収も費用がかかり、以下のような券を事前に購入するのが一般的です。券の名称は地域によって異なります。

  • 粗大ゴミ回収シール券
  • 粗大ゴミ手数料券

ただし、小型家電は無料で回収している地域もあります。2013年に「小型家電リサイクル法」が施行されたためです。

小型家電は多数あり、回収対象の一部を以下でご紹介します。

  • ラジオ
  • デジタルカメラ
  • 携帯電話
  • 体重計
  • ドライヤー
  • 時計
  • ゲーム機

回収する品目や回収方法は地域ごとに異なるため、詳細はお住まいの自治体にご確認ください。

家電リサイクル法対象の家電は別途料金が必要

次の家電4品目は家電リサイクル法により、回収には別途料金が必要です。

  1. エアコン
  2. テレビ
  3. 冷蔵庫・冷凍庫
  4. 洗濯機・衣類乾燥機

家電量販店や回収業者に引き取りを頼み、

  • リサイクル料金
  • 収集料金
  • 運搬料金

を支払います。

リサイクル料金は家電メーカー、収集料金と運搬料金は回収を引き受ける業者によって異なります。

無料の廃品回収業者によるトラブルに要注意

無料の廃品回収業者の多くは輸出業者、専門のリサイクル業者と関わっています。無料で回収した物であっても数百円以上で買い取ってくれるため、収益を得ているのです。

また、無料の廃品回収業者は以下のトラブルを招く恐れもあり、注意が必要です。

無許可で廃棄物処理を行っている

家庭のゴミを回収するには「一般廃棄物処理業許可」が必要です。無料の廃品回収業者は許可もなく、廃棄物処理を行っている可能性が高いでしょう。

「産業廃棄物処理業許可」を得ていても、家庭のゴミは処理できません。産業廃棄物処理業許可はあくまでも、工場や企業の廃棄物処理を行うための許可です。

家電リサイクル法に違反

エアコンや冷蔵庫、テレビ、洗濯機の回収には規定の料金がかかるため、無料で回収している廃品回収業者は家電リサイクル法に違反しています。

一部の家電には

  • フロンガス

などの有害物質が含まれるので、法律で定めた方法によって処理します。

家電リサイクル法に違反していれば、有害物質を放出している可能性もあるでしょう。

不法投棄・不法輸出

無料の廃品回収業者が回収した家電、粗大ゴミは不法投棄されるケースもあります。中には、回収した物を不正に輸出する廃品回収業者もいるようです。

違法な行為をしていると知った上で業者に回収を依頼した場合、依頼した側が罪に問われる可能性もあるため、注意してください。

自分の所有物が不法投棄された際、不法投棄した廃品回収業者ではなく、所有者に責任が問われるかもしれません。

廃品回収におすすめの5つの方法

違法な廃品回収業者を利用すると家電リサイクル法に違反したり、不法投棄に加担する恐れがあります。

きちんと廃品回収したいなら、次の5つの方法がおすすめです。

販売店やスーパーで回収

廃品回収をしている販売店、スーパーを見たことがある方もいるでしょう。

店舗によっては以下の廃品回収を行っています。

  • 牛乳パック
  • アルミ缶
  • ペットボトル
  • 電池
  • 新聞紙

これらは無料で廃品回収し、リサイクルに活用される場合があります。

近所に廃品回収を行っている店舗があれば、積極的に活用するとよいでしょう。

自治体に持ち込む

地域によって異なりますが、廃品回収している自治体もあります。

  • 資源回収ステーション
  • リサイクルセンター

こういった施設を置き、缶やペットボトル、古紙などを廃品回収しています。家電リサイクル法対象ではない家電、大型家具を回収している自治体もあるようです。

ただし、自治体ごとに回収できる物は違うため、利用する場合には事前に確認しましょう。

リサイクルショップに持ち込む

まだ使える物なら廃品回収ではなく、リサイクルショップに持ち込むのもおすすめです。中には高額買取してくれるリサイクルショップもあるため、相談してみましょう。

近くにリサイクルショップがあれば、自分で品物を持ち込めます。

  • 近所にリサイクルショップがない方
  • 回収したい物が多い方

は出張サービスが可能なリサイクルショップを利用するのもよいでしょう。

ただし、使える物であっても状態が悪い物や古いデザインの物は対象外となるケースがあり、必ずしも回収してくれるわけではありません。

引越し業者に依頼する

引越し予定で廃品回収してほしい物が多い場合は、引越し業者に頼むと非常にラクです。

  • 無料で回収する物
  • 有料で引き取ってくれる物

これらを引越しの作業をする際に判別してくれるため、余分な手間がかかりません。

しかし、自治体で回収するほうが安いケースもあります。依頼するかどうかは、見積もりを確認した上で決めましょう。

廃品回収業者に依頼する

廃品回収業者を利用すれば、自治体や引越し業者よりも幅広く回収を行っています。

  • 家電
  • 家具
  • 資源ゴミ

こういったさまざまな物を回収し、自治体では回収できなかった物を回収してくれることもあります。不要な物が多いときは廃品回収業者を利用するとよいでしょう。

また、以下のような廃品回収業者は作業がスムーズです。

  • 家電リサイクル法に基づいて家電を引き取る
  • 使える物はその場で買取に応じる

処分にかかった費用と買取の費用を相殺し、結果的に無料で廃品回収できるケースもあるため、相談してみましょう。

また、即日対応が可能な廃品回収業者を利用すれば、回収したいときにすぐ依頼でき、大変便利です。

信頼できる廃品回収業者の選び方

法律に基づいてきちんと回収している廃品回収業者がいる一方で、違反行為を繰り返す悪徳業者もいます。

悪徳業者を選ばないように、信頼できる廃品回収業者の選び方をご紹介しましょう。

必要な許可を受けているか

「産業廃棄物処理業」の許可を受けていても、家庭から出た廃棄物の回収はできません。

家庭の廃棄物の回収を行えるのは「一般廃棄物収集運搬許可」を受けた業者だけです。中古品を買い取り、リユース(再使用)するには「古物商許可」も必要です。

必要な許可をきちんと受けているか確認した上で、廃品回収業者を利用しましょう。

業者の所在地や電話番号を確認

廃品回収業者のホームページやチラシに、

  • 所在地
  • 固定電話の番号

が書かれているか確認しましょう。

携帯電話の番号しか書かれていない場合、必要な許可を受けていない廃品回収業者の可能性があります。

違法な宣伝をしていないか

軽トラックにスピーカーを付けて「ご家庭で不要の家電や家具を、ただいま無料で回収しております」と巡回する廃品回収車の宣伝を聞いたことがある人もいるでしょう。

こういった廃品回収業者の多くは「一般廃棄物収集運搬許可」がなく、違法営業をしています。

「どんな物でも無料で回収」と宣伝し、テレビや冷蔵庫などの家電リサイクル法対象の家電を無料で回収していれば、家電リサイクル法違反に該当します。くれぐれも、家電リサイクル法対象の家電4品目の回収は無料の廃品回収業者に依頼しないでください。

また、拡声機による悪質な宣伝は、拡声機の使用規制に違反している可能性もあります。

廃品回収の料金が明確か

「無料で廃品回収する」といいながら、実際は何かと理由をつけて高額請求する悪徳業者もいます。無料という言葉を安易に信じ、無料の廃品回収業者を利用するのは避けてください。

廃品回収業者を利用する前に、必ず見積もりで料金を確認しましょう。見積もりの際に

  • 見積もりの内容が分かりにくい
  • 廃品回収について聞いても、詳しい説明がない
  • 質問の答えが曖昧

このような対応をする業者は、悪徳業者の可能性が高いといえます。

見積もりで事前にきちんと料金を提示し、丁寧に説明する廃品回収業者を利用しましょう。

廃品回収できない物もある

「何でも回収します」と宣伝する廃品回収業者もいますが、中には回収できない物もあります。

以下は廃品回収業者であっても回収できません。

  • 汚物や生ゴミ
  • スプレー缶
  • ガスボンベ
  • 注射器などの医療廃棄物
  • 液体

思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあるため、「何でも回収する」と宣伝する廃品回収業者は利用しないほうが賢明です。

廃品回収をスムーズに終わらせたいなら

廃品回収したい物が多くあり、処分にお困りの方は『粗大ゴミ回収サービス』にぜひご相談ください。

分別から搬出、回収まで、面倒な作業はすべてスタッフが行い、使える家電は高額買取も可能です。即日対応も行い、最短25分で駆けつけます。

また、『粗大ゴミ回収サービス』では廃品回収の他、清掃や遺品整理にも対応しております。

お電話でのご相談はもちろん、メールやLINEでの無料のお見積りも365日年中無休で可能です。お見積り後に追加請求はございませんので、ぜひお気軽にご相談ください。

粗大ゴミ回収サービス|月間2,000件以上対応!
口コミサイト高評価不用品回収業者

粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃のパイオニア「トラック積み放題」格安プランが好評!
不用品1点から全国No.1格安料金で回収させていただきます。

よくある回収事例
不用品格安回収
海老名市の1KアパートK様宅の不用品回収
間取り作業人数作業時間
1K1人20分
使わなくなった家電製品などの8点ほどの不用品回収をご依頼いただきました。実作業は20分で完了、部屋を占有していた大型不用品の処分により部屋に有効スペースが確保されました。
部屋の不用品回収&買取
新宿区の2DKマンションF様宅の不用品回収
間取り作業人数作業時間
1K2人25分
引っ越し時の部屋の整理をさせていただきました。新居で買い替えを予定されている家電や読まなくなった本・漫画など、可能なものは買取その他は格安にて回収させていただきました。
溜まったゴミの一括回収
杉並区 1LDK T様宅 2tトラック積み放題
間取り作業人数作業時間
1K2人45分
今回で3回目、お仕事で時間が合わず溜まってしまったゴミの回収をご依頼いただきました。軽トラパックピッタリの回収量で、回収後はお掃除まで手伝わせていただきました。
ゴミ屋敷の片づけ
横浜市の1LDKアパートS様宅の不用品回収 1.5tトラック積み放題
間取り作業人数作業時間
一軒家2人70分
事情により住まなくなった自宅の売却のため、全不用品の処分と清掃をさせていただきました。作業とともに空き家特有の臭いも消散し、引き渡しの準備が整いました。
不用品回収の受付
WEBサイト限定割引5000円OFF
お気軽にお見積りをご依頼ください!
ご相談・出張見積り無料
ここをタッチして今すぐお電話
メールで24時間無料見積もり
LINEで簡単見積り「お友達登録」
不用品回収業者の利用法
粗大ゴミ回収サービス
粗大ゴミ回収サービス
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり
お部屋と気持ちをスッキリ片付けます。
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり