冷凍庫・冷凍ストッカーの処分方法!【店舗用と家庭用の違いも解説】

冷凍庫の処分方法 厨房の様子

冷凍技術の進化に伴って、飲食店やスーパーなどの業界では特にさまざまな冷凍庫・冷凍ストッカーが大活躍しています。

それだけに、使用頻度が高い業務用冷凍庫は、故障や移転などの事情で処分をしなければならない機会に遭遇することも多いものです。

そこで今回は、冷凍庫の処分方法をご紹介します。

家庭用と業務用の冷凍庫の捨て方、それぞれのおすすめの処分方法、処分費用をまとめました。さらに、処分費用をお得にするポイントもご紹介します。

これから、冷凍庫の処分を検討している方はぜひ活用ください。

【注意】業務用冷凍庫の処分は家庭用とは異なる

冷凍庫の処分での注意

冷凍庫は、飲食店やスーパーなどで使う業務用と一般の家庭用があります。それぞれ処分は、法律に従って処分しなくてはなりません。

処分方法が違うことを理解し、適切に進めましょう。

家庭用冷凍庫は家電リサイクル法に従って処分

家庭用冷凍庫は、家電リサイクル法に基づいた処分をします。有用な資源をリサイクルするための法律です。

冷凍庫の他にも、以下の品目が家電リサイクル法対象となっています。

メーカーにはリサイクルの義務が、消費者(排出者)にはリサイクルに必要な費用の負担がそれぞれあります。

業務用冷凍庫は産業廃棄物として処分

一方、業務用冷凍庫は産業廃棄物として処分をします。

業務用冷凍庫は、冷凍ストッカーや冷凍ケース、冷凍ショーケースなど種類や大きさも豊富です。基本的に、店舗で使用している冷凍庫は業務用と判断しやすいでしょう。

家庭で使っている業務用冷凍庫の処分はどうする?

家庭で業務用冷凍庫を使用しているところもあるはずです。

冷凍庫の使われ方やサイズなどに関係なく、家電リサイクル対象品目になるのか、あるいは産業廃棄物なのか判断に悩むケースも多いでしょう。

微妙な時は、自己判断で処分を進めるより回収業者と相談をしてみることをおすすめします。

また、下記サイトで家電リサイクル法対象製品に該当しているのかも調べることも可能です。

業務用冷蔵庫の処分方法を知りたい方は、以下の記事もご覧ください。

≫業務用冷蔵庫のお得で適切な処分方法5選!【家電リサイクル法対象?】

家庭用冷凍庫の処分方法4つ

冷凍庫の処分方法 リサイクルのイメージ

冷蔵庫とは別に冷凍庫を所有している家庭も中にはあるでしょう。一般家庭で使われている家庭用冷凍庫は、以下の4つの方法で処分します。

冷凍庫の状態や処分の期限などから適切な方法を選びましょう。

家電量販店による回収

一般的な処分方法は、家電量販店による回収です。冷凍庫の買い替え時、冷凍庫の引き取りのみでも、家電量販店に依頼ができます。

ヤマダ電機ケーズデンキビックカメラなど家電量販店によって、リサイクル料金と収集運搬料金が設定されています。

また、処分したい冷凍庫の購入店だったかどうか、買い替えでの引き取りかなど個々の状況によって費用が異なる場合も。

あらかじめ、家電量販店に相談をした上で申込をしてください。

指定引取場所へ持ち込み

冷凍庫の持ち込みが可能な場合は、全国にある指定引取場所(一般財団法人家電製品協会 家電リサイクル券センター)へ持ち込んで処分する方法も選べます。

自ら冷凍庫を持ち込むため、運搬料金がかからない分は安く抑えられます。

  1. 冷凍庫のメーカー・容量(扉か内側にあるシール)を調べる
  2. 郵便局で家電リサイクル券に必要事項を記入し、リサイクル料金を支払う
  3. 指定引取場所へ、処分したい冷凍庫と家電リサイクル券一式を持参する

指定引取場所の営業日や受付時間などを持ち込む前に確認しておきましょう。

リサイクルショップやフリマアプリで売却

状態の良い冷凍庫なら、売却する方法もあります。中古冷凍庫のニーズもあるので、リサイクルショップやフリマアプリで売却も可能です。

見た目をきれいにすると、購入される可能性もアップするでしょう。

リサイクルショップで思うような査定額がつかない時には、フリマアプリを使ってみるのもおすすめ。

ただし、フリマアプリの手数料や送料の負担を考慮しておく必要があります。事前に、想定した上で出品しましょう。

不用品回収業者に依頼

冷凍庫は、不用品回収業者に依頼して処分することもできます。家電量販店の回収は、申し込みしてすぐに引き取りしてくれるわけではありません。

急いで処分をしたい時は、不用品回収業者の利用が便利です。業者の見極めをするためには、見積もりを取りましょう。最短即日回収ができる業者も少なくありません。

冷凍庫だけではなく、家電リサイクル法対象家電やそれ以外の家電、家具など処分に困っているものを一括で回収してもえます。

引っ越しや断捨離など不用品が多く出るタイミングに、粗大ゴミの分別や処分方法をそれぞれ考えなくて済むので、非常に手軽です。

不用品回収 粗大ゴミ処分

業務用冷凍庫の処分方法4つ

冷凍庫の処分方法 業者のガッツポーズ

一方、業務用冷蔵庫の処分方法は以下の4つです。数多くの機種が出回っており、店舗で複数台の冷凍庫を使っているところも珍しくありません。それだけに、処分を迫られることも多いものです。

業務用冷凍庫の処分方法では、メリット・デメリットもご紹介しますので状況に合う方法を選んでください。

不用品回収業者に依頼

冷凍庫の確実な処分をするなら、不用品回収業者に依頼する方法があります。即日回収に対応しているため、急いでいる場合にも安心です。

メリット デメリット
適切な処分が迅速にできる 処分費用がかかる

ただ、注意してほしいのは一部の悪質な業者が存在している点。産業廃棄物処理を守らず、不法投棄をする場合もあります。産業廃棄物収集運搬許可を得ている業者に依頼しましょう。

また、冷凍ストッカーにはフロンガスが含まれているものがあるので、都道府県の許可を受けているフロン回収業者に依頼する必要があります。

フロン回収業者として許可を得ている不用品回収業者なら、適切にフロン回収を行った上で、冷凍ストッカーの廃棄処理まで可能です。

店舗厨房用品の買取業者に売却

冷凍庫・冷凍ケースなどを店舗厨房用品の買取業者に売却して処分する方法も選べます。

最寄りのリサイクルショップでも買取対象となる場合もありますが、適正な査定額にならないことも。専門業者なので、中古品の査定にも精通しており、適正な買取額が出やすくなります。

メリット デメリット
いくらかのお金が入る

処分費用がかからない

正常に使える冷凍庫のみ

有名メーカーの買取価格の一例をまとめました。

メーカー 買取相場
ダイレイ 冷凍ストッカー 22,000~25,000円
サンデン 冷凍ストッカー 12,000~15,000円
レマコム 冷凍ストッカー 8,500~10,000円
ホシザキ 冷凍ショーケース 40,000~44,000円

業務用冷凍庫よりも中古の供給量が少なめなので、買取強化している専門店もあります。

冷凍庫の買い替え時に引き取り

冷凍庫を買い替えるなら、同時に引き取りを利用するのがおすすめです。引き取りの際の料金、下取り対象の有無などを確認して買い替え先を決めると少しでもお得に処分できるはずです。

メリット デメリット
配送設置時に回収が可能

無料で処分ができる

買い替えを控えていないと利用できない

引き取り対応していない販売店もある

居ぬき物件として譲渡

閉店に伴って、業務用冷蔵庫が不要になるケースもあるでしょう。その場合は、居抜き物件としての譲渡を考えてみましょう。明け渡す際に、冷蔵庫や冷凍庫などの厨房設備や機器を残したままで売却する方法です。

必要な設備や機器が揃っていれば、物件の価値が上がります。次の入居者は、必要なものが揃っているので初期費用を抑えられるメリットがあるわけです。

メリット デメリット
無料で処分ができる

売却価格をあげられる

交渉が上手くいかない場合もある

早めに居ぬき譲渡の計画を立てなければならない

冷凍庫の処分費用の目安

冷凍庫の処分費用家庭用と業務用の冷凍庫の処分費用をそれぞれ一覧でまとめてみました。

◆家庭用冷凍庫

処分費用の目安
家電量販店 5,300~7,650円
指定引取場所 3,700~5,000円
リサイクルショップ

フリマアプリ

無料(送料や手数料を差し引く)
不用品回収業者 10,000円~

◆業務用冷凍庫

処分費用の目安
不用品回収業者 14,000円~
買取業者 無料(出張費がかかる場合も)
買い替え時 無料
居ぬき物件で譲渡 無料

店舗の冷凍庫をお得に処分するポイント

家庭の冷凍庫と同じく、店舗の冷凍庫を処分するなら少しでも費用を抑えたいものでしょう。上表で処分費用相場をお伝えしましたが、コストを抑えるポイントをご紹介します。

冷凍庫が壊れた場合や移転や閉店など店舗の事情がある場合、冷凍庫の処分をするなら一括でまとめるのがおすすめです。冷凍ストッカーや冷凍ケースなどの冷凍庫類を始め、厨房用品を一括で処分することで、費用を抑えられます。

不用品回収業者の定額パック料金だと、軽トラック載せ放題といったお得なプランが提供可能。業務用冷凍庫の他にも、店舗関連の不用品をまとめて回収してもらえます。

当社の安心パックは、4つのトラックサイズから最適なものを選べます。(2023年7月1日料金改定)

  • 軽トラック載せ放題 9,800円~
  • 1tトラック載せ放題 34,800円~
  • 2tトラック載せ放題 54,800円~
  • 4tトラック載せ放題 要見積り

店舗丸ごと片付けたい時に、一括で処分ができて大変お得です。

積み放題プランをもっと詳しく知りたい方は、以下も参考にしてください。

≫不用品回収業者でおすすめのトラック積み放題プラン【単品回収との違い】

≫不用品回収の軽トラック積み放題はお得?積める量と料金相場を紹介

冷凍庫を手間なく処分するなら

冷凍庫を手間なく処分するならは、不用品回収業者への依頼がおすすめです。

東京/ 千葉/埼玉/神奈川エリアの不用品回収に完全対応している『粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃のパイオニア!粗大ゴミ回収サービス』は、冷凍庫を始め、様々な厨房機器からオフィス用品の回収にも対応しています。

冷凍庫は、法人用・家庭用を問わず回収しますので、廃棄したい不用品の数々を丸ごとお任せください。

飲食店の移転や個人の引っ越しなどの際にも、面倒な分別や負担のかかる運び出しも一切不要です。積み放題プランで一括回収できるので、急いで処分したい時も間に合います。

また、WEB限定キャンペーンやリピーター割引をお使いになると、さらにお得に。

冷凍庫をはじめ冷凍ストッカー、ワインセラーや業務用冷蔵庫などの飲食店関連の不用品処分を検討している方は、どうぞお気軽にご相談ください。

WEBキャンペーン 5,000円オフ

 

私達が選ばれる8つの理由!

  • 1

    即日対応 可能!

  • 2

    最短25分で スグに到着

  • 3

    早朝・深夜でも 対応可能

  • 4

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    リピーター 利用可能

スタッフ待機中|その場でお見積もり
・即回収!「地域と回収量をお伝えください」

スタッフ待機中・地域と回収量をお伝えください

粗大ゴミ回収サービス