エアコンが壊れた!廃棄方法や費用相場を徹底解説【おすすめの方法も】

エアコンが壊れた!廃棄方法や費用相場を徹底解説【おすすめの方法も】

本記事では、「壊れたエアコン」をどうしたらいいか、壊れたエアコンの処分方法や費用相場を徹底解説していきます。

「風が出てこない」
「温度の調整ができない」

異常気象も多い昨今、上記のような症状に焦る方も多いでしょう。

本当に壊れたかどうかの確認ポイントからはじめ、各処分方法のメリット・デメリットを詳しくお伝えしていきます。

本当に壊れた?エアコンの確認ポイント

本当に壊れた?エアコンの確認ポイント

まずは、本当に壊れたかどうかを確認してみましょう。動作確認のポイントをふまえて解説します。

  • 本当に壊れてしまったのか
  • どうにか復旧できないか

順に確認していきましょう。

本当に壊れたか確認しよう

温度設定が適切でない

冷暖房が効かない場合は、適切な温度設定がされていない可能性があります。

たとえば、室温が25度のときに24度の暖房設定では室温の方が暖かいため温風は出てきません。エアコンが動かない時には、エアコンの設定温度や、運転モードを確認してみましょう。

室外機がふさがっている

設定している温度にエアコンが作用しない、部屋の温度がなかなか変動しない、などの症状は、室内機ではなく室外機に原因があるケースも見受けられます。

室外機の周辺が障害物で塞がっている場合などは、室外機が機能せず、連動してエアコンがうまく作動しません。

室外機の周囲にはできるだけ物を置かず、適切なスペースを空けておきましょう。

リモコンが故障している

操作してもエアコンが動かない原因として、リモコンが故障していないかどうかも確認しましょう。

リモコンの電池の交換やセンサー部分の掃除などをしてみても変化がなければ、試しに本体側から操作してエアコンが動くか試してみてください。

本体からは動かせるのにリモコンで操作できない場合は、リモコンが故障している可能性が高いです。

霜取り運転になっている

真冬に室外機に付着する霜でエアコンがうまく動かなくなることを防ぐために、エアコンには一時的に暖房を止めて霜を溶かす「霜取り運転」という機能があります。

霜取り運転は霜がなくなれば自動で終了するので、しばらく待てば暖房も再開します。

まずは復旧するか試してみよう

以下の手順で通常通り運転再開できれば、問題ありません。

  1. エアコンの電源を切る
  2. エアコンの電源プラグ抜く or エアコンのブレーカーを落とす
  3. そのまま5分程度待つ
  4. 電源プラグorブレーカーを戻して、再度エアコンの電源を入れる

動かない場合の壊れたエアコンの処分方法を、これからご紹介していいきます。

壊れたエアコンはどうやって処分すれば良い?

壊れたエアコンはどうやって処分すれば良い?

エアコンは、家電リサイクル法に基づく処分が求められています。他の家電のように、自治体の粗大ゴミ処理センターに出すことはできません

では、壊れたエアコンは、どのように処分すべきでしょうか。

  • 家電量販店で回収
  • 指定引取場所に持ち込む
  • 不用品回収業者に回収依頼

実は壊れていなかった場合や、復旧できそうな場合の処分方法を詳しく比較したい方は、下記記事もぜひご活用ください。

⇒ エアコンの処分方法4選!引越し直前どうする?【ゴミ屋敷・オフィス移転まで徹底解説】

ここでは壊れたエアコンの処分方法に絞って、順に解説していきます。

家電量販店で回収

エアコンの買い替えをする時などは、購入する家電量販店で引き取ってもらえます

主な家電量販店での回収内容を、表にまとめました。

家電量販店 収集・運搬料金 買い替え時以外の回収対応の有無や料金
ヤマダ電機 1,650円 出張料金2,750円
エディオン 1,100円(1台目) 引取のみ:2,200円(同社商品)・3,300円(他社商品)
コジマ 1,650円(1台目) 宅配便利用商品の場合は収集運搬料金2,750円
ケーズデンキ 1,650円 追加料金で引取のみの対応あり
ヨドバシカメラ 550円 購入台数より多い場合、1台につき追加料金2,750円

買い替えではなく回収のみの場合は、別途料金がかかることがほとんどです。

大手家電量販店での回収サービスは、下記記事で詳しく紹介していますので、興味のある方はご活用ください。

>>ヤマダ電機の家電回収サービスとは?方法と費用・持込や引取の手順を解説

>>ケーズデンキのリサイクル回収とは?【対象品目・費用・メリット】を解説

指定引取場所に持ち込む

自治体指定のリサイクル家電指定引取場所に、自ら持ち込むことで料金を抑えられます。

指定引取場所での処分は、家電リサイクル券の購入や手続きなどを自分で進める必要があるので、労力を惜しまない方、エアコン取り外し作業の知識や工具をお持ちの方に向けた処分方法です。

忘れてはならないのが、室外機の存在

エアコンとセットで野外に設置されている室外機も同じタイミングで取り外す必要があるので、その作業を見込んだ時間や人員確保に留意しましょう。

室外機の処分に特化した情報については、下記記事をご覧ください。

>> エアコンの室外機だけの処分はできる?方法を徹底解説!

不用品回収業者に回収依頼

売却ができず、運び出しも難しい場合は、不用品回収業者に処分を依頼するのがおすすめです。

即日対応してくれるところもありますので、なるべく早く処分したいという時にも向いています。

エアコンだけでなく室外機の取り外しも必要となるため、その作業こみで回収してもらえる不用品回収は、コストパフォーマンスが良い方法です。

家庭用でなく業務用のエアコン処分を検討されている方は、下記記事を参考にしてみてください。

>> 業務用エアコンの処分方法【適正かつお得な捨て方を解説】

壊れたエアコンを処分する時の諸費用

壊れたエアコンにかかる諸費用

リサイクル家電に指定されているエアコンの処分には、主に以下3つの費用がかかります。

  • 家電リサイクル料金
  • エアコン取り外し料金
  • 収集・運搬料金
家電リサイクル料金 エアコン取り外し料金 収集・運搬料金
990円~2,200円 4,000円~10,000円 550円~2,200円

それぞれ詳しく見ていきましょう。

エアコン取り外し料金

引っ越し時などにエアコンの取り外しを業者に依頼した場合、標準的な工事の費用相場は1台につき4,000円〜10,000円程度です。

工事内容としては、状況に応じて室内機や室外機の取り外し、配管用の穴埋めなどが含まれる場合もあります。

工事内容 費用目安 追加費用の有無や注意点
エアコン撤去 4,000円~ 搬出が困難な場合には追加料金発生の可能性も
室外機の撤去 5,000円~ 室外機が2階屋根や屋上などにある場合の作業には追加料金が発生
配管穴埋め 無料から5,000円 木造か軽量鉄骨などの壁の材質で変動

想定外の出費が発生することもあるので、事前にしっかり確認しておきましょう。

エアコンの取り外しに関する情報については、下記記事をご確認ください。

>> 引越し時のエアコンの取り付け・取り外し・処分はどこに依頼するべき?

収集・運搬料金

取り外されたエアコンは、「指定引取場所」という中継所を経由して、リサイクルプラントへと運ばれていきます。

家庭から指定引取場所までの収集・運搬に必要な費用は、排出者が負担することとなっており、それが収集・運搬料金として上乗せされるというわけです。

リサイクル代金

エアコンは「家電リサイクル法」対象の家電のため、「リサイクル料金」を支払い適切な処分をすることが定められています。

リサイクル法とは、環境に影響を与えない方法で処分するべき家電を指定している法律です。対象の家電は、エアコン以外に「テレビ」「冷蔵庫・冷凍庫」「洗濯機・乾燥機」が該当します。

エアコンのメーカーによって異なるリサイクル代金を確認し、「家電リサイクル券」として、郵便局や家電量販店から購入する流れです。

エアコン処分にかかる費用の総額は、以下の記事でも詳しくまとめていますのでご活用ください。

>> エアコンの処分費用総額は?室外機も廃棄OK?【節約のコツも解説】

壊れたエアコンを不用品回収業者に回収してもらうメリット

壊れたエアコンを不用品回収業者に回収してもらうメリット

動かないエアコンの処分方法についてご紹介してきましたが、エアコンの処分費用を抑えるには、回収業者に依頼することがおすすめです。その理由として、具体的なメリットを以下にまとめました。

  • 取り外しから運搬までやってくれる
  • 急なタイミングにも対応してくれる
  • パックプランでのお得な回収プランがある

順番に解説していきます。

取り外しから運搬までやってくれる

ほとんどの不用品回収業者はエアコンや室外機の取り外しから運搬までの一連作業をすべて行っているため、かかる手間と言えば、業者に連絡して引取依頼をするのみ。

依頼する際も、電話だけでなくメールフォームLINEなどから手軽に問い合わせできるのも嬉しいポイントです。

不用品の回収料金のみで、リサイクル料金や収集運搬料金はかかりません。

急なタイミングにも対応してくれる

業者や家電販売店での回収は、希望通りの日程に調整できないことも多いでしょう。季節の変わり目や異動の多い時期などの繁忙期には、料金が高騰する傾向も無視できません。

その点、不用品回収業者は、希望の日程が通りやすく、急な日程での処分が必要になっても柔軟に対応できます。

事前見積もり後、そのまま即日回収することも可能。時間帯も融通が利くため、仕事帰りの時間帯やすき間タイム、急な引越しが決まった時などにも便利なメリットです。

繁忙期に価格変動がないばかりか、早朝や深夜でも割増料金が発生しない業者も多く、不用品回収業者ならではの心強い体制が整っています。

パックプランでのお得な回収プランがある

不用品回収業者は、トラックに積めるだけの不用品や粗大ゴミをまとめて回収する「定額パックプラン」を設定しているケースが多いことも特徴です。

品目ごとの単品回収に比べて、定額パックプランは、トラック1台あたりでの載せ放題システムのため、1つずつ不用品を回収するよりもかなりコストパフォーマンスが良いと言えます。

エアコンは、リサイクル料金や運搬費用など、もろもろの処分費用がかかるとご説明しました。しかし、パックプランであればその他の不用品とあわせても運搬料金は同一です。

>>トラック回収の無料見積もりはこちら

壊れたエアコンを不用品回収依頼した時の費用相場

壊れたエアコンを不用品回収依頼した時の費用相場

それでは、エアコンの処分を不用品回収業者に依頼する時の料金相場をチェックしていきましょう。

不用品回収業者の料金設定は、以下が一般的です。

  • 単品回収
  • 定額積み放題プラン

エアコンや室外機をまとめて処分する場合は、定額積み放題プランがおすすめ。

定額積み放題プランは、軽トラックに積み放題で10,000円~というお得な価格設定です。エアコンだけでなく、室外機も処分が必要な場合は、単品回収よりもコストパフォーマンスがアップします。

積み放題プランはトラックの大きさで費用が異なりますので、以下の表を参考にしてください。

料金相場
軽トラック積み放題(作業員1人) 10,000円~25,000円
2tトラック積み放題(作業員2人) 50,000円前後
4tトラック積み放題(作業員2人以上) 80,000円前後

業者によっては車両料金、駐車料金などの追加料金が別途発生する場合もあるため、必ず事前見積もりで確認しましょう。

壊れたエアコンをどうすべきかお悩みなら

エアコンが壊れた時の、処分方法や費用相場を詳しくご紹介しました。

「自力で取り外しや運搬は無理」「せっかくだから断捨離もしよう」という方には、不用品回収業者に回収してもらう方法がおすすめです。

粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃のパイオニア!粗大ゴミ回収サービスは、壊れたアコンの取り外しや運搬などのやっかいな作業も、その他の不用品とあわせてまとめて回収できます。

お問い合わせ、見積もりともに無料で対応いたしますので、お電話はもちろんのこと、フォームやLINEからもお気軽にご相談ください。

今なら以下のバナーから安心パックプランをお申込みいただくと、嬉しい5,000円オフ!ぜひご利用ください。

WEB限定キャンペーン 5,000円オフ 無料見積もり>>  無料で見積もりをとってみる

私達が選ばれる8つの理由!

  • 1

    即日対応 可能!

  • 2

    最短25分で スグに到着

  • 3

    早朝・深夜でも 対応可能

  • 4

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    リピーター 利用可能

スタッフ待機中|その場でお見積もり
・即回収!「地域と回収量をお伝えください」

スタッフ待機中・地域と回収量をお伝えください

粗大ゴミ回収サービス