意外と知らない傘の処分方法5選!分解方法や捨てる際の注意点も解説

単品回収

「傘の処分方法を知りたい」

「捨てるときはパーツごとに分別しないといけないの?」

このような疑問にお答えします。

傘は持っているけれど普段使わない、気付いたら使っていない傘が増えているといった状況の方もいるでしょう。

今回は壊れた傘をはじめとして、正しい傘の捨て方や分解方法について詳しく解説します。捨てる際の注意点も併せて紹介するので、ぜひ参考にしてください。

傘を正しく処分する5つの方法

傘 処分方法

傘はビニールや折りたたみなど種類がさまざまなうえに、金属やプラスチックなど素材もバラバラ。捨て方に困ってしまう人も多いでしょう。ここでは、一般的な傘の処分方法をわかりやすく解説します。

傘を捨てるのがはじめての方や、何ゴミに分類されるのかまったく検討がつかないという方は、ぜひ参考にしてください。

壊れた傘は分解せずに不燃ゴミ

壊れた傘は、多くの自治体で不燃ゴミ扱いになっています。

さいたま市を例に挙げると、傘の長さが90cmを超えなければ不燃ゴミ扱いです。一般的な傘の全長は70cm〜90cmなので、ほとんどの場合は収集してもらえます。

千葉市ではゴミ袋から傘がはみ出しても収集可能です。このように、傘をより気軽に捨てられる自治体もあります。

回収ボックスが設置されている場合も

自治体によっては、公民館やゴミ集積所に回収ボックスが設置されている場合もあります。
自治体での分別方法が分からない場合や、持込して自分のペースで捨てたい方は、回収ボックスを利用するのも一つの手段です。

各地域のホームページを見ると回収ボックスの有無や、設置場所などが記載されているので、チェックしてみましょう。

分解してパーツごと捨てる方法も

素材がバラバラな傘は、分解してパーツごとに分けて捨てなければならない自治体もあります

傘は以下3つのパーツに分かれている場合がほとんどです。

  • プラスチック素材の先端や取手部分
  • 金属素材の骨組み
  • 布地

捨てる際は、それぞれプラスチック部分はプラスチックゴミ、金属素材は不燃ゴミかガラス・金属ゴミに分類されることが多くなっています。

布地は、ポリエステルやナイロンに加えて綿や麻などの素材もあり、可燃ゴミになる場合とプラスチックゴミになる場合に分かれるので、注意が必要です。

なお、傘の分解方法については後ほど詳しくお伝えしますので、そのまま読み進めてください。

50cm以上の傘は粗大ゴミ扱い

傘の長さによって粗大ゴミ扱いになる自治体もあり、一辺の長さが50cm以上(※)で粗大ゴミ扱いとなる自治体が多いです。

粗大ゴミ扱いになれば分別の手間はかからないので、傘を大量に処分する際は便利でしょう。

回収依頼は、各地域の粗大ゴミ受付センターへ電話、もしくはインターネット受付ページで申し込みできます。リサイクル券は、郵便局やスーパー・コンビニなどで購入可能です。

一方で、粗大ゴミ回収は以下の点で融通が利かなかったり、手間になったりする場合もあります。

  • 回収場所や日時が決まっているため自分の都合で捨てられない
  • 急ぎの対応は行っていない
  • 申し込みやリサイクル券を購入する手間がある

リサイクル券は、回収依頼する傘の本数によって400円〜1,400円程度です。

※地域によっては傘の長さが30cm以上が粗大ゴミになるケースも

捨てるのがもったいない傘は寄付

子どもが小さい時に使っていた傘や、まだ使える傘などは、捨てるのがもったいない場合もあるでしょう。

そのような大切な傘は、捨てるのではなく必要な人や場所に寄付するのも一つの方法です。

例えばNPO団体の「ワールドギフト」では、国内・国外ともに傘の寄付活動を行っており、同時に募金ができます。

梱包サイズによって金額が定められており、ダンボール1箱につき2,900円〜3,700円です。そのお金がそのまま募金される仕組みになっています。

ワールドギフトでは、コンビニで購入したビニール傘や折りたたみ傘など種類を問いません。壊れた傘でも、少しの修理で使えるものは寄付可能となっています。

ブランド品は買取りショップに査定依頼

ブランド品かつ状態の良い傘は、買取りショップに査定依頼する方法もあります。

プレゼントしてもらったブランド品の傘をほとんど使用していない、車での移動がメインになり折りたたみのブランド傘が必要なくなったといった場合に便利に活用できるでしょう。

例えば、傘を含むブランド品の宅配買取サービス「ブランディア」では、下記ブランドの高価買取りが期待できます。

  • ルイ・ヴィトン
  • グッチ
  • エスメス
  • シャネル
  • プラダ

上記ブランド品の傘は、2,000円〜20,000円で買取りしています。該当する傘を手放したいとお考えの方は、試しに査定依頼してみるのも良いでしょう。

不用品回収業者なら手間いらず

急な雨が降るたびに新しい傘を買ってしまい、玄関が傘だらけになっている方はいませんか。

そのような状況では、不用品回収業者に依頼するのが便利です。

不用品回収業者は、大量の傘を一度に処分できるうえに、傘立てや玄関回りの不用品も同時に回収依頼できます。自分で傘を分解したり、集積所まで運んだりする手間がなく、丸投げできるのが特徴です。

効率良く処分ができるため、引っ越しシーズンや年末の大掃除などに重宝します。

ここまでは、傘を正しく処分する方法についてお伝えしてきました。ご自身の状況にピッタリな方法で後悔しない処分方法を選択しましょう。

次に、傘の分解方法について役立つ情報をお伝えします。

【傘の種類別】分解方法とは?

傘 分解方法

傘は一見分解が難しいように感じますが、手順を知って実際に試してみると比較的簡単に分解が可能です。

ただし、傘と一口にいっても種類はいくつかに分かれるため、ここでは種類別の分解方法を分かりやすく解説します。

ビニール傘の分解方法

ビニール傘の分解方法は以下の通りです。

  1. キャップのような先端部分を反時計回りに動かして外す
  2. 傘を広げて先端部分を地面につけ、布地部分を足で固定する
  3. 取手を引っ張り、骨組みと布地に分ける
  4. 取手部分も外す

※キャップや取手部分は外さず、まとめて不燃ゴミや金属ゴミに分類される地域もあります。

長傘の分解方法

長傘はビニール傘と違って、傘の骨組みが生地にしっかりと糸で結束されていることが多く、それを切り離す時に注意が必要です。

分解の仕方は以下になります。

  1. 傘を閉じた状態で先端のキャップを外す
    ※あらかじめ、カッターで切り込みを入れておくとスムーズに外せます
  2. 生地と骨組みを結束している糸をハサミやカッターで切る
  3. 取手を引っ張り、骨組みと布地に分ける
  4. 取手部分をペンチなどで外す

※キャップや取手部分は外さず、まとめて不燃ゴミや金属ゴミに分類される地域もあります。

作業する際は、手袋などの安全対策を行うようにしましょう。

折りたたみ傘

折りたたみ傘は開いた状態で作業するのがポイントです。
分解の仕方は以下になります。

  1. 生地と骨組みを結束している糸をハサミやカッターで切る
  2. すべての糸を切ったら傘をたたむ
  3. 先端部分を反時計回りに動かして外す
  4. 露先のキャップを骨組みからすべて外す
  5. 骨組みから生地を剥がす
  6. 手元も本体から外す

分解した傘は、地域のルールに従って不燃・可燃ゴミに出す、もしくは資源ゴミに出してリサイクルしましょう。

傘を処分する際の注意点

傘処分 注意点

壊れた傘を処分する際は、以下の注意点に気をつけましょう。事前に注意点を知っておけば、傘をスムーズに捨てられるはずです。

傘の捨て方は自治体ごとに異なる

上述した通り、傘の捨て方は種類や状態によってさまざまですが、重要なのは自治体ごとにゴミの分別ルールが異なることです。

地域によって、不燃ゴミ扱いになる場合とプラスチックゴミになる場合があり、分解の要否も異なります。

また、自治体によっては分別方法が変更になっている場合もあるので注意しましょう。以前は分解せずに不燃ゴミに出してよかった自治体が、素材ごと分別が必要になっている場合も。

いずれにせよ、傘を処分する際は、各自治体の「ゴミの出し方」をウェブサイトなどできちんと確認しましょう。

地域ごとの処分方法

地域によってどれくらい処分方法のルールが違うのか、一部をピックアップして以下の表にまとめてみました。

仙台市 家庭ゴミ(可燃)
さいたま市 不燃ゴミ
新宿区 ガラス・金属ゴミ
相模原市
  • 傘布を外して金属部分は金属ゴミ
  • 50cm以上のものは「粗大ゴミ」
柏市
  • 基本的に不燃ゴミ
  • 骨組みだけであれば金属類
名古屋市
  • 不燃ゴミ
  • 袋から傘が出た場合はゴミ袋の口を縛る
大阪市 家庭ゴミ(可燃)
福岡市
  • 不燃ゴミ
  • 袋から傘が出た場合はゴミ袋の口を縛る

(参照:2022年5月現在各自治体のホームページ)
このように、各自治体によって分別方法が異なりますので、お住まいの地域のルールを把握してから処分するようにしましょう。

傘の金属部分は養生テープと縛ると安全

傘を分解する場合は、広がりやすい骨組みは、養生テープやガムテープでしっかりと固定しておくと安全です。

万が一、とがった部分(露先、石突き)が作業員の方に触れてしまうと、ケガをする恐れがあります。

また作業の負担も減らせるといったメリットもあるため、紐で固定しておく気遣いが欠かせません。

傘は予備が数本あれば十分

傘を捨てるのに、どれくらい処分したらいいのか迷ってしまう場合もあるでしょう。

傘の本数が多いと、一人暮らしの賃貸アパートを筆頭に玄関廻りがごちゃごちゃしてスペースが狭くなってしまいます。また、どの傘を持って行くか迷う時間もストレスになりがちです。

快適な住環境を作るためには、過剰に所有することはおすすめできません。

傘は家族の人数分の他、予備として1・2本あれば十分です。必要な本数だけを確保して、残りは速やかに捨てることで暮らしやすさがアップするでしょう。

壊れた傘を素早く処分したい方は

今回は、傘の種類や状態別の処分方法を詳しくお伝えしました。急な雨が降るたびについ傘を新調してしまう人も多いと思います。

壊れた傘は各自治体のルールに従って処分すれば、手間もお金もほとんどかかりません。

一方で、「大量の傘を急いで処分したい」、「分解する面倒な作業を省きたい」といった方は不用品業者に依頼するのがおすすめです。

傘をはじめとする粗大ゴミや不用品などを捨てるのに、業者選びに迷ったら粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃のパイオニア!粗大ゴミ回収サービスへご相談ください。

お見積りは無料で、LINEや電話にて簡単にご依頼いただけます。出張対応もしておりますので、詳しい内容を知りたい方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

粗大ゴミ回収サービス|月間2,000件以上対応!
口コミサイト高評価不用品回収業者

粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃のパイオニア「トラック積み放題」格安プランが好評!
不用品1点から全国No.1格安料金で回収させていただきます。

よくある回収事例
不用品格安回収
海老名市の1KアパートK様宅の不用品回収
間取り 作業人数 作業時間
1K 1人 20分
使わなくなった家電製品などの8点ほどの不用品回収をご依頼いただきました。実作業は20分で完了、部屋を占有していた大型不用品の処分により部屋に有効スペースが確保されました。
部屋の不用品回収&買取
新宿区の2DKマンションF様宅の不用品回収
間取り 作業人数 作業時間
1K 2人 25分
引っ越し時の部屋の整理をさせていただきました。新居で買い替えを予定されている家電や読まなくなった本・漫画など、可能なものは買取その他は格安にて回収させていただきました。
溜まったゴミの一括回収
杉並区 1LDK T様宅 2tトラック積み放題
間取り 作業人数 作業時間
1K 2人 45分
今回で3回目、お仕事で時間が合わず溜まってしまったゴミの回収をご依頼いただきました。軽トラパックピッタリの回収量で、回収後はお掃除まで手伝わせていただきました。
ゴミ屋敷の片づけ
横浜市の1LDKアパートS様宅の不用品回収 1.5tトラック積み放題
間取り 作業人数 作業時間
一軒家 2人 70分
事情により住まなくなった自宅の売却のため、全不用品の処分と清掃をさせていただきました。作業とともに空き家特有の臭いも消散し、引き渡しの準備が整いました。
不用品回収の受付
WEBサイト限定割引5000円OFF
お気軽にお見積りをご依頼ください!
ご相談・出張見積り無料
ここをタッチして今すぐお電話
メールで24時間無料見積もり
LINEで簡単見積り「お友達登録」
単品回収
粗大ゴミ回収サービス
粗大ゴミ回収サービス
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり
お部屋と気持ちをスッキリ片付けます。
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり