引っ越しで出た粗大ゴミの分別方法と粗大ゴミ処分の計画法

引っ越しで出たゴミの分別と粗大ゴミ処分の計画法 不用品回収業者の利用法

引っ越しで出たゴミの分別方法と粗大ゴミ処分の計画法をご紹介します。

引っ越しの準備をするうちに、新居には必要がない物が次々と出てきてどうやって処分をしたら良いのか分からないというお悩みはよくある事です。

可燃ごみや不燃ごみ、資源ごみやビン・缶ごみの処分なら問題はないでしょうが、なかなか出せない粗大ゴミの処分には手間がかかるものです。

ゴミ処分は計画的に行わないと二度手間、三度手間になってしまいます。

また引っ越し前の効率の良いゴミの処分方法が分かるようになります。引っ越しをする際、処分費が高くついたりや、またいつまでも処分ができず、引っ越しが計画どおりに進められなくならないように、プロの目線でゴミ処分の計画法を説明させていただきます。

引っ越しは粗大ゴミ処分をする大きなチャンス

生活をしていると欲しいと思ったものを衝動的に購入してしまうことがあります。また、思い出の詰まった古くなった家具も在るでしょう。しかしもし、こうした家具を使用しなくなったとしても、捨てられずに住居スペースにいつまでも置かれるケースが大半です。

また、近年では断捨離という言葉が流行語にもなり「不必要なものはなるべく置かない」という考えの方も増えていますが、多くの方は「またいつか使うかもしれないから取っておこう」という考えて保管されています。

このようにして増えた不用品は、気づかぬ内にいつしか生活スペースを圧迫していきます。

こうした状況は、引っ越しのような大きな転機がなければ、なかなか変えることができないものです。ですから、引っ越しの際に、「そうだ、不用品を整理し処分してみよう」という気持ちが起こることは、とても良い機会なのです。

引っ越しゴミの種類と分別について

ゴミの分別と一口では言っても、自治体によってその分類は大きく異なり、非常に細かく分別が指定されている所もあります。

一般的に多くの自治体で取られているゴミの分別の仕方を表にしました。

ただし、自治体によっては、表よりも細かく分別を指定しているところもあります。引っ越し前のゴミの処分を効率よくしたいのであれば、お住まいの自治体のゴミの分別方法は、事前に確認をしておくことをおすすめします。

ごみの分別 主な品目
可燃ごみ 生ごみ、紙くず、プラマークのついていないプラスティック製品、葉っぱ、枝、衣類など
不燃ごみ 金属、小型家電、ガラス、陶磁器、スプレー缶、ガスボンベなど
資源ごみ ペットボトルのキャップ、発泡スチロール、ビン、カン、古紙など
粗大ごみ 一辺が30cm以上を超える布団、椅子、カーペット、大型家具、家電など
家電リサイクル法対象品 冷蔵庫、テレビ、洗濯機、エアコンなど
資源有効活用法対象商品 パソコン、モニターなど

ある自治体では、雑誌や牛乳パック、模造紙やポスターなどの紙類・古紙は、可燃ごみとは別に「紙類」として分別を指定され、可燃ごみとは別に収集日を設けているところがあります。

また、金属製のハンガーやキャップ、傘の骨の部分など、不燃ごみとして扱われるゴミも「金属ごみ」として分類を指定され、収集日を別に設定している自治体があります。

このように行政サービスを利用して処分をする場合、自治体によっては分別方法が指定されており、事前の確認が必要になります。このため引っ越しをする際に大量の不用品を処分したいのであれば、ある程度に期間を長めに設定し、計画的に進めることをおすすめします。

引っ越し前の粗大ゴミの計画的な処分方法

 

引っ越しの際に出るゴミの処分は、基本的に行政サービスを利用されるのがほとんどです。ただし、自治体によって回収できないものもありますし、古着のリユースや家電のリユースを行っている自治体もあります。

お住まいの自治体がどのような行政サービスを用意しているのか事前にチェックしてみることが好ましいです。また食品のトレイや空き缶、紙パック、ペットボトル、空き瓶といったものは、多くのスーパーで処分してくれます。

このような取り組みをしている小売店をエコショップと呼んでいますが、エコショップを利用してゴミを処分することも賢い方法です。

自治体の違いによる分別の違いや、処分可能品目の違い、サービスの違いがあることから、事前の確認作業も含め、引っ越しの際のゴミ処分は計画的に行う必要があるのです。計画を立てる際の注意点が以下のポイントになります。

引っ越しまでの収集日を確認する

引っ越しの日時を決める前に当日まで、何回収集日が訪れるのかという点を確認しておくことをおすすめします。粗大ゴミに関しては、事前の予約が必要であり、予約時に収集日を決定します。

また粗大ゴミの場合は、自治体によって持込処分をすることも可能なところもあります。ただし直接持込の場合でも、平日の日中や日曜日のみなど、日時を限定されることが多いのが現状です。

日常的に処分できる可燃ゴミや不燃ゴミは計算できますが、引っ越し予定日から逆算して処分できますが、粗大ゴミなど事前の予約が必要な不用品の処分には、自分の希望通りに捨てられる保証はありませんので長いスパンで処分の計画を立てる必要があります。

ゴミを出さない工夫をする

引っ越しが近づいてきたら、なるべくゴミを出さないように工夫をすることも、計画的な引っ越しをするためには、大事なポイントになります。

例えば、なるべく買い物をしないようにして包装紙などを出さないように心がけたり、外食をするなどして生ごみや食品トレイを出さないようにするといった工夫を、引っ越し計画の一部として行います。

ゴミを残していく

ゴミを残していくという方法も賢い引っ越しのゴミ処分方法として挙げられます。残していくと言っても、ゴミを勝手に置いていくのはマナー違反です。

例えば賃貸住宅であれば、大屋さんに引っ越しをすることを伝え、菓子折りの1つでも持参して収集日に処分をして欲しいとお願いをする方法がおすすめです。

他にもご近所に友人や知人がお住まいであれば、お願いをして収集日に処分してもらう方法もあります。

ゴミ置き場に収集日でもないのに勝手に置いていくとカラスなどに荒らされる恐れがあります。また可燃ゴミの場合には、放火をされる恐れもありますから、ご近所に迷惑をかからないように分別と処分を計画的に行っていくことが望ましいです。

おすすめの粗大ごみ処分の方法

引っ越しの際におすすめのゴミ処分の方法を紹介しましたが、行政サービスなどでは、どうしても時間的な都合がつかないため、利用することが難しい方もいらっしゃいます。

またご近所にゴミの処分を依頼できる友人などがいない方もいるでしょうし、賃貸物件でも、その手の依頼は受け付けていない場合も十分に考えられます。このような場合に、ゴミを処分をする方法として2つの方法を紹介します。

引っ越し業者に依頼する

引っ越しの際に生じる不用品ですから、必要品の整理や運搬と一緒に不用品の処分も引っ越し業者に任せるという方法も賢い選択です。ただし引っ越し業者の場合には、搬送する荷物を載せてもトラックに余裕がある場合など条件をつけている業者が多くみられます。

不用品の処分サービスを有料で提供している引っ越し業者もありますし、リユース可能な家電なら、買取を行っている引っ越し業者も存在します。引っ越し業者を利用した不用品処分は、ごみの処分を長期的に計画を立てて処分するのが苦手だという方におすすめの方法です。

不用品回収業者に依頼する

次に不用品回収業者に依頼をするケースです。料金はある程度に掛かりますが、行政サービスでは処分ができない4大家電や、大型の家具なども処分してくれますから、不用品回収業者はゴミ処分に対してベストな方法と言えます。

単品での処分はもちろん、ごみ袋単位での処分も可能ですし、トラック積み放題といったさまざまなプランが用意されています。片付けてみないと、どのくらい不用品が出てくるか分からないという方にもおすすめです。

まだ使える不用品であれば、買取サービスを提供している不用品回収業者を利用することによって、ゴミ処分に掛かる費用を相殺できるケースもあります。上手に利用することで、引っ越し時に出てしまうゴミを無料で処分することも可能ですから、是非活用していきたい賢い処分方法です。

不用品回収を格安で依頼する

行政サービスを利用して引っ越し時のゴミを処分するには、引っ越し当日までに計画的なゴミ処分が必要になります。しかし不用品回収業者を利用すれば、都合の良いタイミングで処分が可能です。

エコスマイルでは、当日予約・当日依頼も受け付けております。不用品の量に合わせて4タイプの異なるトラックを用意し、単身者からファミリー向けの引っ越しまで業界最安水準の価格に設定しております。

買取サービスも提供させていただいており、処分費を更にお安く済ませることもできますので、引っ越しの折の不用品処分をお考えなら、お気軽にご相談下さいませ。

エコスマイル
口コミサイト高評価不用品回収業者

粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃のパイオニア「トラック積み放題」格安プランが好評!
不用品1点から全国No.1格安料金で回収させていただきます。

よくある回収事例
不用品格安回収
海老名市の1KアパートK様宅の不用品回収
間取り 作業人数 作業時間
1K 1人 20分
使わなくなった家電製品などの8点ほどの不用品回収をご依頼いただきました。実作業は20分で完了、部屋を占有していた大型不用品の処分により部屋に有効スペースが確保されました。
部屋の不用品回収&買取
新宿区の2DKマンションF様宅の不用品回収
間取り 作業人数 作業時間
1K 2人 25分
引っ越し時の部屋の整理をさせていただきました。新居で買い替えを予定されている家電や読まなくなった本・漫画など、可能なものは買取その他は格安にて回収させていただきました。
溜まったゴミの一括回収
杉並区 1LDK T様宅 2tトラック積み放題
間取り 作業人数 作業時間
1K 2人 45分
今回で3回目、お仕事で時間が合わず溜まってしまったゴミの回収をご依頼いただきました。軽トラパックピッタリの回収量で、回収後はお掃除まで手伝わせていただきました。
ゴミ屋敷の片づけ
横浜市の1LDKアパートS様宅の不用品回収 1.5tトラック積み放題
間取り 作業人数 作業時間
一軒家 2人 70分
事情により住まなくなった自宅の売却のため、全不用品の処分と清掃をさせていただきました。作業とともに空き家特有の臭いも消散し、引き渡しの準備が整いました。
不用品回収の受付
WEBサイト限定割引5000円OFF
お気軽にお見積りをご依頼ください!
ご相談・出張見積り無料
ここをタッチして今すぐお電話
メールで24時間無料見積もり
LINEで簡単見積り「お友達登録」
不用品回収業者の利用法
不用品回収
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり
お部屋と気持ちをスッキリ片付けます。
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり