本の処分方法6選!お得で手軽な方法を解説!捨てるタイミングは?

【本の処分方法6選!】 お得で手軽な方法/タイミングはいつ? 単品回収
「本が増えてきたけど、捨てるしかないの?」
「たくさんの本をまとめて処分したいけれど、運ぶのが大変!」

本の好きな方は、だんだんと手持ちの本が増えてしまい保管場所がなくなってしまいがち。本棚からあふれて山積みに……。愛着のある本だけに、すんなりとは捨てられないですよね。

今回は、そんな本の処分についての皆様のお悩みを解決するために、納得のいく処分方法をまとめました。本の処分で困っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

本の処分方法6選

紐で結んだ本

本の処分には、ゴミとして捨てるだけでなく、売却や寄付などいろんな方法があります。ここからは、それぞれの処分費用や手間などをご紹介していきます。

処分方法1:自治体の資源ゴミとして出す

真っ先に思いつくのは、自治体のゴミ回収でしょう。可燃ゴミの中には、正しい分別をすれば資源になるもの(本や廃プラ、古布など)が含まれています。貴重な資源を無駄にしたいためにも、本は資源ゴミで出しましょう。

自治体で決められている資源ゴミの日に出す際には、本の種類(単行本や文庫本など)によって分けしっかりと結んで出しましょう。自治体によっては、雨天の日に本を出すには濡れないようにビニール袋に入れるよう指示しているところもあります。

メリット デメリット
無料で出せる

収集日まで待たなくてはならない

たくさんある時は運搬が大変

処分方法2:お店にある古紙回収ボックスに入れる

大型ショッピングセンターのイオンやイトーヨーカドーには、店舗前に古紙回収ボックスを設置しているところがあります。買い物のついでに本や雑誌などを処分できるなんて、便利ですよね。

また、手軽に処分できるだけではなく、本の重量に応じてポイントが獲得できてお得。いつも利用しているショッピングセンターに回収ボックスがあれば、活用してみましょう。

自治体の回収と同じく、しっかりと本を結んで出すようにしましょう。古紙回収ボックスの利用時間は、営業時間内と決められていることが多いので、持ち込む際には注意してください。

メリット デメリット

無料で出せる

ポイントが貯まる

店舗まで持ち込まなくてはならない

大量にある時は利用できない可能性もある

処分方法3:古本屋に買取してもらう

本の状態が良い場合には、捨てずに古本屋で買い取ってもらうのがおすすめです。新刊なら査定額が上がる可能性が高くなっています。

買取サービスには、以下3つの種類があります。本の量やメリット・デメリットを比較してご自身の都合に合うものを見つけましょう。

買取方法 メリット デメリット
店舗買取

最寄りに古本屋があると利用しやすい

すぐに現金化できる

持ち込む手間がかかる

持ち込む本が専門分野外の場合、高く買取してもらえないことが多い

宅配買取

手軽に家に居ながら買取してもらえる

まとまった量の本がある時も利用しやすい

宅配送料の負担がある買取業者もある

返送料の負担にも注意が必要

出張買取

手間をかけずに買取サービスを利用できる

たくさん処分したい本があるとき利用しやすい

出張買取の条件を満たしていないと利用できない

新品同様とまではいかない本でも、目立った汚れや変色、傷がなければ買取してもらえます。中には、絶版になっているなどして、思いがけず高価買取してもらえる古本も。本の処分で後悔したくないなら、捨てる前に一度価値がある本か目を通し、買取の選択肢も考えてみましょう。

逆に、買取できない本がどのようなものかを知っておくと役立ちます。ブックオフや買取王子などでは、以下のように買取できない本をホームページに掲載しているので、これを知っているだけで仕分けしやすくなります。

  • 表紙がない
  • 破れや切り取り・書き込みがある
  • 日焼けがひどいもの
  • カビやシミがあるもの
  • 変形しているもの
  • においがあるもの
  • 汚れが目立つもの

処分方法4:フリマアプリで出品する

人気のフリマアプリで本を出品する方法もあります。ご自身の希望額で出品できるのが大きな魅力。本を出品する前に、同じ本がどれくらいで購入されているのかをチェックして値付けしましょう。

一度読んだだけの本なら、新品に近い本と言えるのでやや値段が高くても売れ筋となっています。

本は、バーコードをスキャンすれば本の情報が自動で挿入されるので、他の中古品と比べて楽に出品できます。取引が成立したら、責任を持って発送しましょう。

メリット デメリット

手軽に出品できる

希望の金額で出品できる

いつまで経っても購入されない本もある

急いで処分したい時には不向き

処分方法5:寄付をする

まだ読める状態の本なら、寄付という選択肢もあります。本好きな方なら、身近な図書館との縁もあるでしょう。ベストセラーの本や話題の本は、予約が殺到するので寄付すると喜んでもらえます。

また、絵本や童話なら保育園幼稚園児童養護施設などに寄付することも可能です。子どもたちの心を豊かにするための本は、広く受け付けられています。

寄付先が見つからない時には、古本の寄付でNPOやNGOに寄付をしている会社を利用してみませんか?「charibon(チャリボン)」という会社では、本を送るだけで寄付ができ、やり方はいたってシンプルです。

  1. 支援したい団体を決める
  2. 本を送る(5点からチャリボンが送料負担)
  3. 寄付になる

ただし、以下のように寄付ができない本もあります。条件を満たしているかどうかを確かめておきましょう。

  • 2010年以前の本は寄付ができない
  • ISBNの無いものは査定ができない

手持ちの本から、寄付できる本についてだけ利用するのもおすすめです。そのまま捨ててしまうよりは、誰かの役に立てる喜びもありますね。

メリット デメリット

古本で寄付ができる

条件を満たす本しか寄付ができない

処分方法6:不用品回収業者に回収してもらう

本がたくさんある場合や買取対象にならない本もある場合には、不用品回収業者に回収してもらう方法が便利です。以下のような希望がある時には、不用品回収業者への依頼が向いています。

  • 資源ゴミの収集日まで待てない
  • 本を収集場所まで運ぶのが大変
  • 部屋の片づけを進めたいので早く本を処分したい
  • 引っ越しまでに本を処分しなくてはならない

不用品回収業者を利用するとそれなりの費用はかかりますが、希望に沿った回収をしてくれるので、すっきり片付けが終わります。それだけに問題となるのが費用ですが、コストパフォーマンス良く利用するなら定額パックがおすすめ。軽トラック載せ放題プランだと、一定量まで定額で処分ができます。

ただし、業者によって定額パックの基準が違うので、あらかじめ2〜3社の見積もりを取り比較するのが賢明です。

メリット デメリット

手間や時間をかけずに済む

大量の本でも処分できる

費用がかかる

業者選びをするには見積もりの比較が必要

本を少しでも高く売るコツ

虫眼鏡 査定 

本を売りたい時、少しでも高く売るにはコツがあります。急いで売らなくても良い方なら、ちょっとした一手間をかけて査定額アップを目指しましょう。

きれいに拭く・埃を払う

本をきれいにするために、除菌シートなどできれいに拭きましょう。弱アルカリ性洗剤を溶かした水でスプレーをして拭くのも有効。消しゴムメラミンスポンジで丁寧に表紙をこするだけでも、多くの汚れが取れます。

また、本の周りには意外と埃がたまっています弱設定にした掃除機、またはハンディーモップで埃を取り払いましょう。

本のジャンルによって買取店を変える

本の査定額は、買取店によって大きく違ってくることも珍しくありません。専門書を持っているなら、特定のジャンルに強い買取店を選ぶ方が、高く買取してもらえる可能性も

また、古書の買取を行う業者だと高度な鑑定ができるので正しい価値を認めてもらえるでしょう。高額な本は、少し手間をかけてでも高く買い取ってもらえる買取店を選ぶのが賢明です。

本の宅配買取のサービス内容を知る

本の買取サービスを利用する際は、「宅配買取」が便利。バリューブックス、Vaboo、買取王子、ネットオフなどでは、宅配買取を気軽に利用できます。

ただし、宅配買取は業者次第でサービス内容に大きな差があるので下調べが大切です。

A社 B社
宅配キット 有り 無し
送料の負担 無し 有り(1箱500円)
査定額が分かるまでの日数 2〜4日 それ以上かかる
買取成立で振込されるまでの日数 2〜7日以内 確認が必要な業者もある
買取不成立時の返送料の負担 無料(条件満たす時) 有料

宅配キットや送料の負担、振込が完了するまでの日数、返送料の負担についてもしっかり調べておきましょう。たとえば2つの業者で査定額が同じでも、送料の負担がある方を選んでしまうと、利益が少なくなってしまうことになります。

本を処分するタイミングはいつ?

本を処分するタイミングはいつが良いのでしょうか?

「そろそろ処分しなければ」と思いながらも行動に移せない時は、以下のようなタイミングで処分を検討してみましょう。

本棚に入りきれなくなった時

本棚に入りきらなくなった時は、いくら整理をしたところで、そもそも本棚の容量を超えているので、部屋が綺麗になりません。本に置き場所が確保できなくなったら、処分のタイミングと考えてみましょう。

本棚に入らない本が増えるにつれ、部屋全体が手狭な印象になってしまうことも。部屋の片づけをしたのに、すっきりしないのでは日々の片付けもやる気が湧きませんね。

再読しない本や好みが変わって読まない本がある時

本の中には再読をしないもの、好みが変わってもう絶対読まないものもあるでしょう。自分にとって必要ではなくなった本は、思い切って処分をしましょう。

買ったのに読まない本、途中で離脱した本など手放すのは、何となく後ろめたい気持ちになることも。しかし、ご自身の興味が薄れた本でも、その本のテーマに関心がある別の人の手に渡れば、また楽しんでもらえます。

本を放置し続けるよりも、手放してみる方が本にとっても自身にとってもプラスになるでしょう。

片付けや大掃除の際など心機一転したい時

部屋の片付けや大掃除は、時間も労力もかかります。それだけに、やり終えた後には心地よい部屋となり達成感もあるものです。何かの節目で心機一転したい時には、片付けが効果的と言われています。

こうしたタイミングで、本を処分するととてもすっきりした気持ちになれます。特に、本棚の並び方や本の量の変化は視覚的にわかりやすいため、効果的です。

大掛かりな片付けではなくても、何か気分転換をしたいと思った時は、本棚を整理し本を処分する良いタイミングと考えてみましょう。

大量に捨てたい本や不用品があるなら

処分したい本が大量にある時は、不用品回収業者への依頼が楽に早く処分できて便利です。処分したい本がたくさんあると、ゴミ回収に出そうにも制限があって出せない場合もあります。

また、「本棚を見られるのは裸よりも恥ずかしい」と言いますね。これは、趣味や思考を本から知られてしまうためです。そのため、そのまま捨てたり売ったりするのに、やや抵抗を感じる方も多いでしょう。人目につく方法で処分するのは、何となく恥ずかしいですよね。

本の処分にあたってそういった心配があっても、不用品回収業者なら何も気を遣うことなくスピーディーに回収してくれます。家から運び出してくれるので、手間も一切かかりません。

また、他にカラーBOXマットレスなどの粗大ゴミがあっても、まとめて回収可能です。捨てたくても捨てられずに困っていた不用品をまとめて回収してもらえるので、断捨離が一気に進みます

さらに、軽トラック積み放題のような定額パックなら、1冊当たりのコストを抑えて処分できるためおすすめです。この機会にまとめて他の不用品処分も検討してみませんか?

安心して不用品回収業者に本の処分を依頼するなら

この記事では、本の処分について6つの方法をご紹介しました。希望に合った方法が見つかったでしょうか?

もし、不用品回収業者に本の処分を依頼するなら、安心して任せられる『粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃のパイオニア!粗大ゴミ回収サービスにご相談ください。

  • 見積もり後の追加請求は一切なし
  • 清潔な身だしなみのスタッフが対応
  • 即日回収も可能
  • 不用品の買取も可能

不用品回収業者の利用が初めての方でも、当社では安心して依頼していただける体制が整っています。中でも軽トラック載せ放題のプランは大好評。今なら19,800円のところWEB割引で14,800円で利用いただけます。

大量の本の処分をしたい時の他、大掃除、断捨離、引っ越しなどでまとめて不用品を処分したい時に、ぜひご検討ください。お見積りはもちろん無料。気になることがあればお気軽に問い合わせください。

粗大ゴミ回収サービス|月間2,000件以上対応!
口コミサイト高評価不用品回収業者

粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃のパイオニア「トラック積み放題」格安プランが好評!
不用品1点から全国No.1格安料金で回収させていただきます。

よくある回収事例
不用品格安回収
海老名市の1KアパートK様宅の不用品回収
間取り 作業人数 作業時間
1K 1人 20分
使わなくなった家電製品などの8点ほどの不用品回収をご依頼いただきました。実作業は20分で完了、部屋を占有していた大型不用品の処分により部屋に有効スペースが確保されました。
部屋の不用品回収&買取
新宿区の2DKマンションF様宅の不用品回収
間取り 作業人数 作業時間
1K 2人 25分
引っ越し時の部屋の整理をさせていただきました。新居で買い替えを予定されている家電や読まなくなった本・漫画など、可能なものは買取その他は格安にて回収させていただきました。
溜まったゴミの一括回収
杉並区 1LDK T様宅 2tトラック積み放題
間取り 作業人数 作業時間
1K 2人 45分
今回で3回目、お仕事で時間が合わず溜まってしまったゴミの回収をご依頼いただきました。軽トラパックピッタリの回収量で、回収後はお掃除まで手伝わせていただきました。
ゴミ屋敷の片づけ
横浜市の1LDKアパートS様宅の不用品回収 1.5tトラック積み放題
間取り 作業人数 作業時間
一軒家 2人 70分
事情により住まなくなった自宅の売却のため、全不用品の処分と清掃をさせていただきました。作業とともに空き家特有の臭いも消散し、引き渡しの準備が整いました。
不用品回収の受付
WEBサイト限定割引5000円OFF
お気軽にお見積りをご依頼ください!
ご相談・出張見積り無料
ここをタッチして今すぐお電話
メールで24時間無料見積もり
LINEで簡単見積り「お友達登録」
単品回収
粗大ゴミ回収サービス
粗大ゴミ回収サービス
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり
お部屋と気持ちをスッキリ片付けます。
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり