サカイ引越センターに不用品回収・買取は頼める?【粗大ゴミ対応品目も】

部屋片付けのコツ10選!どこから片付ける?【サクサク進む手順を解説】

本記事では、サカイ引越センターの不用品回収サービスや、依頼時の注意点を解説します。

  • サカイ引越センターは、粗大ゴミの処分までやってくれる?
  • 不用品回収まで頼むといくらくらいかかる?

上記のような疑問をお持ちの方は、必見の内容です。

引っ越し時、大量の不用品に悩まされるケースは少なくないでしょう。そんな時に頼りになる不用品回収業者とのサービスの違いもわかりやすく紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

サカイ引越センターに不用品回収も依頼できる?

サカイ引越センターに不用品回収も依頼できるか

サカイ引越センターは、引っ越し作業とあわせて不用品処分のサービスも提供しています。

引っ越しの際に出た不用品を同じタイミングで処分してもらうことは可能なので、まずは、その主な特徴をお伝えします。

  • 一部不用品を有料で処分してもらうことは可能
  • 委任状があれば不用品の処分をお願いできるエリアがある

一部不用品を有料で処分してもらうことは可能

サカイ引越センターは、引越しの際に出る一部の不用品の処分を有料でおこなっています。

一部の不用品とは、家電リサイクル法の対象となっている、「エアコン」「テレビ」「冷蔵庫」「洗濯機」の4品目のみです。

不用品回収の流れ(家電リサイクル品)

  1. 見積もり時に家電リサイクル品の回収を依頼する
  2. 引越し当日に「リサイクル券」を受け取り、対象の家財に貼り付ける
  3. スタッフにリサイクル料金と収集運搬料金を支払う

委任状があれば不用品の処分をお願いできるエリアがある

サカイ引越センターに処分してもらえる製品は「家電リサイクル法の対象製品のみ」となっていますが、エリアによっては家具などの不用品を処分してもらえる場合があります

ただし、その場合は不用品の処分を委任する旨を記載した委任状が必要になります。

サカイ引越センターの不用品回収の注意点

サカイ引越センターの不用品回収の注意点

サカイ引越センターに不用品回収を依頼するには、いくつか注意点があります。

以下の5つの点を中心に、実際に引っ越しを依頼する際はそれらを事前に確認しておきましょう。

  • 引っ越し依頼と併用する必要がある
  • 回収できない品目がある
  • 粗大ゴミを回収できない地域がある
  • 割高になる場合がある
  • 当日回収は難しい

引っ越し依頼と併用する必要がある

サカイ引越センターは不用品の処分をおこなっていますが、不用品回収サービスを提供しているのは引っ越しを依頼したお客様に対してのみです。

引っ越しを依頼せず、不用品回収のみをお願いすることはできません。

サカイ引越センターはあくまでも引越業者であることを前提に、引っ越しのタイミングであわせて依頼を検討してください。

回収できない品目がある

サカイ引越センターで回収できるのはリサイクル家電のみですが、引っ越し時に問い合わせの多い不用品アイテムの中で、主に回収できない品目の例を挙げます。

  • パソコン、コピー機
  • タンスやソファーなどの粗大ゴミ
  • 生活ゴミ
  • 仏壇・仏具
  • 金庫 など

サカイ引越センターで不用品処分の対象外となっているものは、各自治体が指定する方法で正しく処分するか、不用品回収業者へ回収を依頼しましょう。

粗大ゴミを回収できない地域がある

引っ越しで一番処分に困る粗大ゴミですが、サカイ引越センターでは一部地域に限り、粗大ゴミの回収を行っています。

しかし、対象エリアはごくわずかの地域のみ。たとえば関東エリア全域では、ほとんどの地域で粗大ゴミの処分は受け付けていません。

サカイ引越センターで粗大ごみを処分してもらいたい場合は、まずは引っ越しを担当する支社に確認することが必須です。

割高になる場合がある

サカイ引越センターは不用品回収も行ってはいますが、不用品回収を専門におこなっている業者ではないことから、依頼すると費用が高くなる可能性があります。

サカイ引越センターの公式サイトにも、不用品は自治体が行う粗大ゴミ収集に出すよう記載されていることからも、不用品回収に積極的ではないことが伺えます。

費用を抑えたいなら、引越業者でなく不用品回収専門の業者利用が得策。まずは無料見積もりを取って総額を比較してみるのがおすすめです。

>> 無料お見積もりはこちら

当日回収は難しい

引っ越しのタイミングとあわせて不用品回収をお願いしたい場合は、早めに予約を押さえておくが必須です。

特に引っ越しシーズンの季節の変わり目などは、当日に処分を忘れていた不用品を思い出しても、急に回収してもらうことは難しいでしょう。

急な引っ越しや処分し忘れていた不用品が急に出てきてしまった場合は、時間の融通が利きやすい不用品回収業者に依頼すべきです。

>> 当日回収可能な回収業者の無料お見積もり

サカイ引越センターが不用品回収できる品目と料金

サカイ引越センターが不用品回収できる品目・料金

サカイ引越センターが回収してくれる不用品の品目は限られていますが、その品目と料金を解説しています。

  • 粗大ゴミ(一部地域のみ)
  • リサイクル法家電4品目
  • ダンボール
  • ピアノ

粗大ゴミ(一部地域のみ)

タンスやベッド等の粗大ゴミは、サカイ引越センターに「委任状」を渡すことで代わりに処分してくれます。

委任状とは、第三者(この記事ではサカイ引越センター)が、本人に代わってゴミを処分するために必要な書類のことです。

自治体のホームページなどからダウンロードできますが、委任状での代理処分が不可能な自治体もあるため、必ず事前に確認しましょう。

>> 引っ越しの家具処分で最もお得な方法は?4つの処分方法を徹底比較

>> 引っ越し時の自転車の運び方とお得な処分方法4選!防犯登録の手続き!

リサイクル法家電4品目

家電の中で引取を行っているのは、家電リサイクル法の対象となっている「エアコン」「テレビ」「冷蔵庫」「洗濯機」の4品目です。

それぞれにかかるリサイクル費用を、表にまとめました。

料金は、家電のサイズやメーカーによって異なります。

対象家電 リサイクル料金/1台(税込)
エアコン 990円~
テレビ 1,320円~
冷蔵庫・冷凍庫 1,870円~
洗濯機・衣類乾燥機 3,740円~

上記のリサイクル料金に、サカイ引越センターでの収集運搬料金を足した費用は以下の通りです。

対象品目 処分料金(リサイクル料金+収集運搬料金(税込))
エアコン 8,690円
テレビ 9,020円
冷蔵庫・冷凍庫 11,440円
洗濯機・衣類乾燥機 10,230円

>> 引越し時のエアコンの取り付け・取り外し・処分はどこに依頼するべき?

>> 引っ越し時の洗濯機の処分方法6選!即日捨てられる?【2階以上・業者丸投げも!】

ダンボール

引っ越しで使用したダンボールは、引っ越し完了後に回収してもらえます。

注意点として、最大の繁忙期である3/15から4/15までの期間は利用できません。基本的な回収料は3,300円、ダンボールの回収料を含むパックプランも別途用意されています。

サカイ引越センターでは最大で50箱のダンボールを無料でもらえます。サカイ引越センター以外のダンボールの回収は原則NGなので、自前のダンボールを大量に回収してもらうのは難しいでしょう。

ピアノ

引っ越しの際、運ぶのに苦戦するピアノは、そもそも高価である上に、運送費用もかさんでしまいます。

サカイ引越センターならではの嬉しいポイントとしては、提携先であるヤマハピアノサービスが、処分および買取査定をしてくれます

無料査定額に納得できれば、処分費用もかからずにピアノ買取業者に引き取ってもらえるのです。

>> 【種類別】ピアノの処分方法とは?高く買取してもらう方法や相場も解説!

サカイ引越センターによる不用品回収時のオプションサービス

サカイ引越センターによる不用品回収時のオプションサービス

サカイ引越センターは、不用品回収の他にも様々なサービスを提供しています。どんなサービスを利用できるのかを見ていきましょう。

  • ハウスクリーニング
  • 家具の移動
  • 荷物の一時預かり

ハウスクリーニング

サカイ引っ越しセンターで提供しているハウスクリーニングのオプションサービスは、提携先であるダスキンのハウスクリーニングを、旧居と新居ともに利用できます。

清掃料金は標準価格で29,700円~165,000円で、価格は間取りや清掃箇所によって変動します。

賃貸にお住まいの場合、ハウスクリーニングを行うすることで敷金の返還額がプラスになることもあるので、気になる方は検討してみると良いでしょう。

>> 引っ越し掃除の悩みを解決!いつ?どこまで?チェックポイントや成功のコツ

家具の移動

安心保証パック(1,650円)の加入者に限り、引っ越し後6ヶ月以内に1回のみ、家具の移動を依頼できます。

ただし、このサービスは部屋の模様替えを行いたい人向けのサービスで、家具を動かせる範囲は、同一室内のみとなっています。

「不用品を自治体で処分するので外まで運んで欲しい」などの利用はできません。

※安心保証パックには家具の移動のほか、引っ越し後の掃除や家財の補償サービスなども含まれます。

荷物の一時預かり

建て替えやリフォームに伴う引っ越しに限り、サカイ引越センターの保管庫に荷物を預けられます

どちらの条件にも該当しない方は、トランクルームなどに荷物を預ける必要がありますが、トランクルームへの荷物の移動や搬出を、サカイ引越センターに頼むことは可能です。

サカイ引越センターより不用品回収業者がお得な理由

サカイ引越センターより不用品回収業者がお得な理由

サカイ引越センターで対応できる不用品回収やその他オプションサービスをご紹介してきましたが、やはり不用品の回収は、専門の不用品回収業者への依頼が便利です。

その理由として、以下の3つを解説します。

  • あらゆる品目を回収できる
  • パックプランで料金を抑えられる
  • 即日回収も可能

あらゆる品目を回収できる

リサイクル家電以外の不用品は、引っ越し業者では回収対応ができません。

不用品回収業者にそうした制限はなく、あらゆる不用品の引取が可能です。

>> なんでも回収業者はこちら!分別不要で生活ゴミ・腐敗物・汚物・事業ごみを格安処分

パックプランで料金を抑えられる

不用品回収業者は、トラック1台に積めるだけのゴミや不用品を、まとめて回収するプランを設定しているところが多いです。

価格はトラック1台あたりで計算されるため、引っ越し業者で1つずつ不用品を回収するよりもかなりコスパが良いと言えます。

 

>> 引っ越しゴミを大量に処分する5つの方法|緊急時に専門業者がおすすめの理由とは?WEB限定キャンペーン 5,000円オフ 無料見積もり

即日回収も可能

サカイ引越センターでの不用品回収サービスは、品目が限られているため、他の不用品の処分方法を考える必要があります。

しかし、自治体での回収を申し込む際は、引越し日とタイミングの合う予約が取れないことが実状です。

その点、不用品回収業者は、希望の日程が通りやすく、急な日程での処分が必要になっても柔軟に対応が叶います。

事前見積もりに納得できたら、そのまま即日回収対応することも可能。引越し当日に不用品がまったく片付いていないという事態が回避できるのです。

>> 無料見積もりはこちら

引っ越し時の不用品回収を検討しているなら

サカイ引越センターで不用品回収サービスを利用する際の詳細や注意点をご紹介しました。

引っ越し業者では、一部回収できない品目もあるため、不用品を確実に処分したい人は、不用品回収業者の利用がおすすめです。

粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃のパイオニア!粗大ゴミ回収サービスは、最短即日で、急な引っ越し時のあらゆる不用品回収に対応しています。

お問い合わせや見積もりは無料で対応いたしますので、お電話はもちろんのこと、メールフォームLINEからもお気軽にご相談ください。

>> 無料見積もりはこちら

私達が選ばれる8つの理由!

  • 1

    即日対応 可能!

  • 2

    最短25分で スグに到着

  • 3

    早朝・深夜でも 対応可能

  • 4

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    リピーター 利用可能

スタッフ待機中|その場でお見積もり
・即回収!「地域と回収量をお伝えください」

スタッフ待機中・地域と回収量をお伝えください

粗大ゴミ回収サービス