庭石の処分方法6つ!自分で捨てられる?注意点と費用相場【重量物も一括廃棄可能】

庭石の処分方法

庭石は、自分で処分したくてもかなりの重量で、びくともしないことの方が多いでしょう。今回は、そんな重くて大きい庭石から小さい庭石まで、正しい処分方法を徹底解説していきます。

庭全体のリフォームや解体などで、庭石の撤去のため、処分業者を選ぶ段階になって戸惑ってしまう方も多いもの。

庭石の撤去時は、適切な処分方法を理解しておくことが非常に重要です。

この記事を読めば、「庭石は、自治体で回収してもらえる?」「山や川に捨てると法律違反になる?」といった素朴な疑問も解消できます。

記事後半では、庭石処分にあたっての業者選びのコツまで詳しくご紹介。岩の廃棄に困っている方は、ぜひ最後までご覧ください。

庭石の正しい処分方法6つ【ケース別】

庭石の処分

庭石は、本格的な庭園づくり以外でも、ガーデニングにも一部に庭石や岩を用いられ、庭園には欠かせないものとなっています。

それだけに、年数経過と共に庭のリニューアルや庭以外の土地利用、ライフスタイルの変化などで庭石の処分に迫られる家庭も。

庭石の処分方法は、主に6つあります。撤去の目的、庭のその後の活用、石の大きさからケース別におすすめの方法を解説していきましょう。

小さい庭石を自治体のゴミ回収で出せる?

手軽に運搬できる小さい庭石でも、自治体のゴミ回収で対応しているところはわずかです。

たとえば、横浜市では土や石の回収は、以下の通り。

  • 一度に多量にならないようにする
  • 少量ずつ分けて燃えないごみの収集日に出す

もし、自治体で少量の小さい庭石の回収していても、量や重さのルールを守って出しましょう。

多くの自治体で、や石、砂は、廃棄するゴミではなく自然物と解釈されているため、回収不可となっているわけです。

ホームセンターで庭石の回収を問い合わせしてみる

庭石を置き換える計画があるなら、購入予定のホームセンターに古い庭石の回収ができないか問い合わせしてみましょう。

ホームセンター次第ですが、格安な費用で引き取り可能な場合も。

ただし、ホームセンターで回収可能なところは少なめです。たとえば、大手ホームセンターのコーナンコメリ、ビバホーム、DCM(ケーヨーデイツー)では回収してもらえません。

ちなみに、土の回収は条件を満たせばユニディで受け付けています。

造園業者に庭石の処分を依頼する

また、造園業者でも庭石の引き取りをしてくれます。

費用は、石の状態や種類、重さ、大きさ、周辺環境によりまちまちです。

庭石に用いられる石は、以下を始め多種類があります。

  • 堆積岩
  • 花崗岩(石材となると「御影石」と呼ばれる)
  • 変成岩

よほど希少性のある庭石ではない限り、重量のあるものなので処分には費用がかかるのが一般的です。

ただし、造園業者次第で庭造りや庭の手入れの依頼時のみしか、引き取りできない場合もあります。

解体業者に庭石の処分を依頼する

一方、建物の解体を行う業者でも庭石を引き取ってくれます。こちらも、造園業者同様に費用は状況や庭石の種類、大きさなどで変動します。

現地の見積りでは、場合によって費用が発生する場合も。

見積もりを取る際には、費用の有無をあらかじめ確認しておきましょう。

不用品回収業者に依頼する

造園業者や解体業者よりも早く処分したい時には、不用品回収業者の利用がおすすめです。片隅へ動かそうにも動かせない庭石でも、不用品回収業者なら依頼者の負担なく希望日時に回収してくれます。

手間がかからない、迅速な対応が可能な分、それなりの費用がかかります。信頼ある業者の見極めをするためにも、少し時間はかかりますが相見積りを取りましょう

格安で処分したい場合には、トラック積み放題のプランを利用しましょう。

庭石、枝、ブロック、土など一括で処分できます。

庭石を欲しい人に譲る

邪魔になっている庭石といっても、庭造りやガーデニングにこだわっている方なら譲ってほしいと思うこともあります。園芸や家庭菜園を楽しんでいる方なら、不要な庭石ならぜひ活用したいと思う方も見つかるはず。

ただし、重量物であり大型のトラックや重機が必要になる場合も。運搬・積み下ろしの費用は、どちらが負担するかも事前にしっかりと決めておきましょう。

一般的には、貰い手の方が費用を負担します。

価値ある庭石を有効利用できる方法ですが、貰い手が見つからない場合も。そのためにも、一定の期限を決めておく良いでしょう。

庭石の処分費用相場

重量物なので、庭石の処分はどれくらいの費用がかかるのか想像もつかない方も多いはずです。業者を決める際に、処分費用の目安が分かれば、選択しやすくなるでしょう。

庭石の処分費用の内訳と費用相場

庭石の処分費用の内訳は、以下の4つです。

庭石の処分費 費用相場
人件費 10,000円~20,000円/日
運搬費 約20,000〜30,000円
処分費 約30〜40円/kg
重機の使用費 約30,000〜50,000円/日

庭石の処分費用は、重さによって変動します。

  • 1kgあたり約30〜40円が費用相場
  • 1㎥あたり約30,000〜40,000円が費用相場

実際、撤去する際にも重く人力では動かせない庭石の場合、庭石の掘り出し、移動やトラックへの積み込みをクレーンなどの重機を使います。重機を使うと、1日あたり30,000~50,000円は追加料金が発生。

庭石の処分が効率よくできるため、それなりの費用がかかるのも腹積もりしておきましょう。

重機が現場で使えない場合

効果的に使える重機ですが、周辺環境によって使えない場合もあります。

  • 道路が狭く重機が入れない
  • 隣接している土地を影響が出そうな場合には、鉄板を敷くなどの対策が必要
  • 庭石を粉砕しないと運び出しできない

庭石を粉砕して人力で運んだり、外溝や隣接地に影響が出ない養生をしたりするため、時間と労力がかかります。その分、費用が高くかかってしまいます。

庭石の処分は砂利・庭木・ブロックなどと一括の場合が多い

庭石の処分時は、庭にある不用品の処分も同時にすることが多いはずです。

重くて動かせないもの、自治体で処分ができないものは、どうしても処分を先延ばしせざるを得ないでしょう。少しでも、庭石を始めとする不用品を経済的に処分するなら、不用品回収業者のトラック積み放題プランを検討するのがおすすめです。

トラック積み放題プランは、積載できる一定量まで載せられ、料金は定額なので非常にお得!

しかも、重くて動かせない石やブロックなどを負担なく処分できます。自治体では回収不可の土やブロックなど一括で廃棄できるので、撤去後にすぐにも有効利用できるのも魅力でしょう。

WEB限定キャンペーン 5,000円オフ 無料見積もり

庭石処分時の3大NG行動【法律違反で罰金も!】

庭石の処分で3大NG

庭石を処分したい時、絶対にしてはいけないNG行動が3つあります。山や川にある石と変わらないと思って、捨ててしまうと問題になってしまう場合も。

法律違反で罰金が科せられる場合もあるので、知らずに行うと後悔することにもなり兼ねません。

庭石の処分時に注意しておきたい行動を、チェックしてみましょう。

庭石を川や山などに捨てるのは法律違反

川や山には、庭石と似たような石がたくさんあります。しかし、庭石を川や山に捨てると不法投棄と見なされます。自治体では独自の条例があり罰金が科せられるケースも。

川や山だけではなく公園や道路、河川敷などでも同様に捨ててはいけません。なぜなら、それぞれ自治体や所有者が管理している土地だからです。

その土地に、庭石など廃棄物を捨てると廃棄物処理法第25条によって「不法投棄」に該当します。

庭石は、正しい処分を計画して進めましょう。

所有地でも庭石を埋めるには注意が必要

自身の所有地なら、庭石を庭に埋めてしまう場合もあるでしょう。小さめで数が少ないなら、埋めてもそれほど影響は出ないと考えられます。

しかし、大きい庭石またはたくさんの石を埋める場合は注意しておくべきです。

  • 先々、所有地を売却する計画があればその時に掘り起こしを要求される可能性
  • 代替わりして所有地の使い方が変わる場合、庭石が工事の支障になる可能性
  • 売却後に、石や砂利が多数見つかり買主とトラブルになる可能性

その時になり、トラブルに発展したり経費が必要になったりすることもあるので、冷静に考えてみてください。

不適切処理しないためにも悪徳業者を避ける

庭石の処分は、不適切処理されないためにも悪徳業者を避けるのが、とても重要です。悪徳業者を避けるには、以下の点をチェックしてみてください。

  • 口コミや評判が低い、少ない
  • 書面での見積もりを渋る
  • 過去に不適切処理をしたことがある
  • 料金相場や内訳が不明瞭

適切な処理をしている業者は、不明点や疑問点を問い合わせると、分かりやすく説明してくれるのが普通。

悪徳業者に依頼しないためにも、最低でも2~3社の見積りを行いましょう。

庭石処分の不適切事例【重い罰則】

産廃の不適切処理で事業者が受ける罰則

庭石を処分する際、不適切処理をすると重い罰則が科せられます。罰則は、罰金1000万円または5年以下の懲役となる事例も。

  • 悪徳業者に依頼してしまい、廃棄物を不法投棄された事例
  • 無許可業者へ委託処理してしまった事例

したがって、庭石の処分は適正処理ができる産廃業者を選ぶことが非常に大事です。

特に、庭石は自然にあるものと解釈してしまい安易に不法投棄してしまう事例もあるので充分注意を払いましょう。

庭石の処分・撤去を依頼する業者の選び方

失敗しない!産廃業者の選び方3選

産廃処分の許可業者を選ぶ

まずは、依頼する産廃業者が「産業廃棄物処理業」の許可を取得しているかを確認しましょう。

廃棄物処理法第14条では、産業廃棄物の運搬や処理を請け負う際、自治体の許可を得得ておく必要があるとされています。

許可番号・優良マーク・住所・氏名・代表者・許可の年月日、期限・事業の範囲などが「産業廃棄物処分業許可証」に記載されています。

もし、無許可業者に廃棄物の処理を委託してしまった場合には、廃棄物処理法違反となって、懲役または罰金が科される場合もあるので注意してください。

見積りや出張が無料の業者を選ぶ

産廃業者に処分を委託する場合、費用を少しでも抑えるためにも見積もりの比較が非常に有効です。

その時、出張や見積もりが無料の業者を選ぶようにしましょう。無料だと思い込んでいても、業者次第では有料に設定しているところや悪徳業者なら追加請求するところもあるからです。

見積もりが有料、口頭でしか見積もりを出さない業者は避けるのが賢明です。

定額プランが安い業者を選ぶ

見積もりの際には、庭石の処分費用を抑えるためにも、各業者の定額積み放題プランの費用を比較をおすすめします。

トラック積み放題プランなら、定額で載せ放題と、費用を抑えるのに有益。庭石以外の庭木・土・砂利・木材・タイヤ・レンガなどのゴミの処分も、一括で委託できるので経済的です。しかも、スピーディーな処分が実現できますよ!

まずは、見積もりを取り定額プランの金額を比較してみましょう。

庭石処分や産業廃棄物の廃棄をお得に済ませたいなら!

庭石は、適切な処理をする業者に依頼すれば確実な処分ができます。

庭石に伴いそれ以外の産業廃棄物の処分を依頼するなら、東京/ 千葉/埼玉/神奈川エリアの不用品回収に完全対応している『粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃のパイオニア!粗大ゴミ回収サービス』へお任せください。

当社は、一般家庭から出る不用品はもちろん、産業廃棄物・事業ゴミにおいても適切な処理が可能です。

庭石の他にも木・アスファルト石膏ボードコンクリートがらモルタル・残土など産業廃棄物の処分を検討している方は、お気軽に無料見積もりをご利用ください。

残土処分を業者依頼するメリット4選

>>  産廃業者への無料見積もりはこちら

私達が選ばれる8つの理由!

  • 1

    即日対応 可能!

  • 2

    最短25分で スグに到着

  • 3

    早朝・深夜でも 対応可能

  • 4

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    クレジットカード 利用可能

  • 5

    家電 高額買取

  • 6

    簡単! 無料見積もり

  • 7

    追加料金 なし

  • 8

    リピーター 利用可能

スタッフ待機中|その場でお見積もり
・即回収!「地域と回収量をお伝えください」

スタッフ待機中・地域と回収量をお伝えください

粗大ゴミ回収サービス