東京都の正しい粗大ごみの出し方|収集と持ち込み方法、無料回収の条件

東京都の粗大ゴミの出し方 粗大ごみの出し方

東京都にお住まいで大型の粗大ゴミが出た場合、出し方がわからない人も多いでしょう。自治体の回収サービスを利用する場合でも、リサイクル対象品目などは収集してくれない場合もあるので注意が必要です。

この記事では、東京都で粗大ゴミを処理したい場合の出し方を解説します。

申込み方法や受付できる数の制限、有料ゴミ処理券など詳しく解説するので参考にしてください。この記事の内容を実践すれば、誰でも簡単に粗大ゴミを正しい方法で処分できます。

粗大ごみの出し方|自治体回収(東京都)

東京都と一口で言っても23区ばかりではなく、市や町、村までが東京都です。ここでは各エリアを分け、粗大ゴミの簡単なルール、出し方を表にしました。

都心エリアの粗大ごみの出し方ルール

東京都の中でも、中心部に位置する港区、千代田区、渋谷区、中央区、新宿区、文京区の粗大ゴミの規定と出し方です。

申し込み方法手数料持込制限粗大ごみの規定
港区

電話

インターネット

取扱店にて処理券の事前購入が必要

(芝浦)

インターネットでの申し込み最大10個
(11個以上は電話で要相談)
1辺の長さが30cmを超える不用品
(細かく解体しても元が30cm以上のものも含む)
千代田区

電話

インターネット

取扱店にて処理券の事前購入が必要不可1度の申し込み最大10個30cm以上、長さ1.8m以下の大型ごみ
渋谷区

電話

インターネット

取扱店にて処理券の事前購入が必要
(品目ごとの規定有り)
不可インターネットでの申し込み最大10個
(11個以上は電話で要相談)
1辺の長さが30cmを超える大型ごみ
(自転車含む)
新宿区

電話

インターネット

取扱店にて処理券の事前購入が必要不可インターネットでの申し込み最大10個
(11個以上は電話で要相談)
1辺の長さが30cmを超える大型ごみ
(自転車含む)
中央区

電話

インターネット

取扱店にて処理券の事前購入が必要不可

最大10個まで

独自の不用品交換システムを採用

1辺の長さが30cmを超える大型ごみ
文京区

電話

インターネット

取扱店にて処理券の事前購入が必要
(A,B券の組合せ)
不可インターネットでの申し込み最大10個
(11個以上は電話で要相談)
1辺の長さが30cmを超える大型ごみ

東京都中心部では、ほとんど持ち込みでの処理は行ってくれません。唯一芝浦清掃所がある港区だけが持ち込み処分サービスを行ってくています。

城西エリアの粗大ごみの出し方ルール

続いて東京都の城西エリアと呼ばれている中野区と杉並区の2区の粗大ごみの出し方を見ていきましょう。

申し込み方法手数料持込制限粗大ごみの規定
中野区

電話

インターネット

取扱店にて処理券の事前購入が必要
(A,B券の組合せ)
不可インターネットでの申し込み最大10個
(11個以上は電話で要相談)
1辺の長さが30cmを超える家具や家電製品
杉並区

電話

インターネット

取扱店にて処理券の事前購入が必要
(A,B券の組合せ)

(5日以上前の予約必須)※日曜のみ

インターネットでの申し込み最大10個
(11個以上は電話で要相談)

 

1辺の長さが30cmを超える家庭から出る家具や家庭用品

杉並区は戸別回収のみならず、直接持ち込みが行えるようになっていますが、5日以上前の事前予約が必要なこと。また持ち込みができる曜日が日曜日のみとなっており、かなり制限が設けられている状況です。

城南エリアの粗大ごみの出し方ルール

東京都で城南エリアと呼ばれている品川区、目黒区、世田谷区、大田区の粗大ごみの出し方はどのようになっているのでしょうか。

申し込み方法手数料持込制限粗大ごみの規定
品川区

電話

インターネット

取扱店にて処理券の事前購入が必要


(資源化センター)

持込最大10個まで1辺の長さが30cmを超える不用品
目黒区

電話

インターネット

取扱店にて処理券の事前購入が必要不可特になし1辺の長さが30cmを超える家庭から出る家具や家庭用品
太田区

電話

インターネット

取扱店にて処理券の事前購入が必要
(品目ごとの規定有り)
可(京浜島)インターネットでの申し込み最大10個
(11個以上は電話で要相談)
1辺の長さが30cmを超える家具や家庭用品
世田谷区

電話

インターネット

取扱店にて処理券の事前購入が必要可(船橋)

持込1世帯1日1回
1回あたり10品まで

1辺の長さが30cmを超える家庭から出る家具や家庭用品

目黒区以外の3区では直接持ち込み処分サービスを行っています。

粗大ごみの定義は城南エリアは共通しており、1辺の長さが30cm以上の不用品が該当します。これまで紹介したエリアと比較すると、自治体サービスの使い勝手は良い方と言えるのではないでしょうか。

城北エリアの粗大ごみの出し方ルール

次に東京都の城北エリアと呼ばれる豊島区、北区、板橋区、練馬区の粗大ごみの出し方を紹介していきましょう。

申し込み方法手数料持込制限粗大ごみの規定
豊島区

電話

インターネット

取扱店にて処理券の事前購入が必要

不可

インターネットでの申し込み最大10個
(11個以上は電話で要相談)
1辺の長さが30cmを超える家具や家電など
北区

電話

インターネット

取扱店にて処理券の事前購入が必要不可1度の申し込み最大10個
(11個以上は電話で要相談)
家庭から出る30c㎥以上のごみ
板橋区

電話

インターネット

取扱店にて処理券の事前購入が必要
(品目ごとの規定有り)
可(西台)インターネットでの申し込み最大10個
(11個以上は電話で要相談)
1辺の長さが30cmを超える家具や家電製品
(鉄アレイ・ボウリングボールも可)
練馬区

電話

インターネット

取扱店にて処理券の事前購入が必要可(資源循環センター)

1度の申し込み最大15個
年度内3回まで

1辺の長さが30cmを超える家庭から出る家具や家庭用品

持ち込みが行える2区があり、粗大ごみの自治体サービスは比較的に充実しているエリアと言えるでしょう。

城東エリアの粗大ごみの出し方ルール

申し込み方法手数料持込制限粗大ごみの規定
台東区

電話

インターネット

取扱店にて処理券の事前購入が必要

不可

インターネットでの申し込み最大10個
(11個以上は電話で要相談)
1辺の長さが30cmを超える家具や家電など
(1m80cmを超えるものは不可)
墨田区

電話

インターネット

取扱店にて処理券の事前購入が必要可(亀沢)1度の申し込み最大10個
(11個以上は電話で要相談)
家庭から出る30cm角以上のごみ
(30cm未満でも収集に支障がきたすもの)
江東区

電話

インターネット

取扱店にて処理券の事前購入が必要(品目ごとの規定有り)不可インターネットでの申し込み最大10個
(11個以上は電話で要相談)
1辺の長さが30cmを超える家具や家電製品
(箱物家具は事前チェックが必要)
荒川区

電話

インターネット

取扱店にて処理券の事前購入が必要不可

1度の申し込み最大15個
年度内3回まで

1辺の長さが30cmを超える家庭から出る家具や家庭用品
(箱物家具は事前チェックが必要)
足立区

電話

インターネット

取扱店にて処理券の事前購入が必要可(5ヵ所)

収集:最大10個
持込:1回10個まで
年内2回まで

1辺の長さが30cmを超える家具や家電製品
(箱物家具は事前チェックが必要)
葛飾区

電話

インターネット

取扱店にて処理券の事前購入が必要可(奥戸・東水元)

収集:最大10個
持込:年度内30個まで

1辺の長さが30cmを超える家具や家電など
(1m80cmを超えるものは不可だが切断すれば可)
江戸川区

電話

インターネット

取扱店にて処理券の事前購入が必要可(篠崎・西葛西)

収集:最大10個
持込:1回10個まで
年内3回まで

1辺の長さが30cmを超える家具や家電など
(1m80cmを超えるものは不可だが切断すれば可)

持込可のエリアが多く、自治体サービスが充実していると言えます。特に足立区は5ヵ所もの集積所を用意しており、幅広い住民に重宝されている状況です。

粗大ゴミの出し方|回収業社(東京都)

東京都内23区の粗大ごみの出し方や制限などをざっくりと紹介しましたが、この他にも時間指定や曜日指定をしている自治体サービスがほとんどです。

運び出しなどに関しても、依頼者自身が行わなければならず、料金以外のメリットはほぼないと言っても過言ではありません。

東京都自治体サービス回収業者
処分可能な点数1回につき10点無制限
対応可能な日時土日祝日を除いた平日のみ・日曜のみなど年中無休
利用手数料

1点300円~
(ただし持ち込みであれば無料のところも有り)

1点2000円~

また家電リサイクル該当品は回収不可となっていたり、箱物家具も処分方法がそれぞれルールが決められているため、不便さを感じることが多いです。

トータルで考えると、不用品回収業者を利用することが圧倒的におすすめです。

東京都で不用品回収業者に依頼する粗大ゴミの出し方は、以下の手順で進めます。

  1. 見積もりを依頼
  2. 日時を指定

STEP1:見積もりを依頼

まずは事前に問い合わせをして、東京都に対応している複数の不用品回収業者に見積りを出してもらいます。その中から、サービスと料金に納得できた業者を選びましょう。

自治体に依頼する出し方とは違って見積もりは手間ですが、有料粗大ゴミ処理券の必要がないぶん簡単です。

STEP2:日時を指定

東京都対応の不用品回収業者で見積もりが取れたら、次に日時を指定します。日時の指定が完了したら、あとは自宅で待つだけです。

自治体で回収してもらう出し方とは違い、不用品回収業者は運び出す手間がありません。東京都の行政サービスでは、収集依頼をしても家の玄関前や集合住宅で指定された集積所まで運うことが必要です。

しかし、業者回収であれば、家の中からの運び出しからサポートしてくれます。

また、ハウスクリーニングやエアコンの解体作業などをサービスの一環としている業者もあるので、ご要望の方は無料でサービスを提供してくれる回収業者を選ぶことをおすすめします。

粗大ゴミの出し方(東京都)|エコスマイルがおすすめ

エコスマイル

店舗名

エコスマイル

おすすめポイント

WEB割引5,000円OFF、即日対応、買取りサービス

価格

軽トラック:1万5000円、2tトラック:5万4,800円~

内容

お部屋の片付け、不用品回収、遺品整理、ゴミ屋敷

受付時間

年中無休WEB受付 電話対応8:00~24:00

対応エリア

東京、埼玉、千葉、神奈川

支払い方法

作業完了後の現金支払い、クレジットカード決済

エコスマイルをおすすめする理由

エコスマイルは、東京都の中でも業界最安値を誇る不用品回収業者で、低価格でありながら、丁寧でかつスピーディーな対応に高評価を得ています。

少量の不用品から大量の不用品処分にも対応できるよう軽トラックから4tトラックまで配備。期間限定キャンペーンなども設定されており、費用を最小限に抑えたいと考えている利用者にはうれしい安心の業者です。

東京都で粗大ゴミの出し方に迷った時は、『エコスマイル』へお気軽にご相談ください。

エコスマイル|月間2,000件以上対応!
口コミサイト高評価不用品回収業者

粗大ゴミ回収・不用品回収・ゴミ屋敷清掃のパイオニア「トラック積み放題」格安プランが好評!
不用品1点から全国No.1格安料金で回収させていただきます。

東京都で粗大ゴミの出し方は回収業者がおすすめ

東京都では、10点以内でご自身が運び出しをできるサイズや重さの粗大ごみであれば、行政サービスを利用すると料金を安く済ませることができます。

しかし、東京都の行政サービスでは、日時の指定が利用者側が行えないことや、家電製品やパソコンなどを粗大ごみと一緒にワンストップで処分したい場合には不向きなので、不用品回収業者の利用がおすすめです。

エコスマイルでは、[email protected]やメールでの受付は24時間365日、対応時間を8:00~24:00と長時間に設定しており、さまざまな方にご利用いただけます。

まとまった不用品処分に合わせたトラック積み放題プランを業界最安水準の価格で提供させていただいております。

東京都で粗大ごみの出し方にお悩みの方は、お気軽にご相談くださいませ。

不用品回収会社が明かす東京都の不用品回収の料金相場を公開!!【料金表掲載】安く処分するために手引き
東京都の安さでおすすめの不用品回収業者5選|高評価人気ランキング
不用品回収エコスマイル
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり
お部屋と気持ちをスッキリ片付けます。
無料で見積もり・ご相談
不用品回収無料見積もり